スラムダンク 第一部完。 スラムダンクの最後のセリフがジャンプとコミックでは違う?第一部完の意味についても

スラムダンクの第2部はいつになったら始まるの?

スラムダンク 第一部完

スラムダンク連載終了秘話 本作は事前の予告なしに、突然連載を終了した。 物語がインターハイのトーナメント戦の途中にあり、まだ連載は続くと思われていたことや、後の強敵として登場した名朋工業、愛和学院、大栄学園らとの試合は結局描かれないままに終了したこともあり、全国の読者に大きなショックを与えた。 本誌の後書きでは作者が「続きはやりたい」とコメントを残している。 実際、本誌上では最終ページに「第一部完」と書かれて終了している。 また、ジャンプコミックスの紹介でも既刊(全31巻ではなく、以後続刊)扱いされている。 そのため数年は多くのファンが続編を待ち望んだ。 しかしながら、10年以上が経過した現在でも本格的な続編の執筆の話は全くない。 結局のところ、「第一部完」という名目と、「続きはやりたい」というコメント自体は、ジャンプ編集部の勝手な付けたしによるものと推測されている。 なお、単行本の最終回最終ページでは、本誌とは異なり「第一部完」という言葉がない。 そして最後に作者のあとがきが載せられている。 作者の井上はNHK「トップランナー」に出演した際にもスラムダンクについて言及しているが、やはり続編について明確な答えはなかった。 ただし「あるかもしれない」という含みのある発言はしており、公共放送においてあえてその話題を口にしたことからも、作者の本作に対する思いが醒めているわけではないことを伺わせている。 正直今は何しているのかわかりませんが、、WANDSの『世界が終わるまでは』は スラムダンクを見て感動したあのころを思い出させてくれる名曲です・ この歌と、漫画のコマだけの映像ですが。。 非常に感動できるないようです。 『世界が終わるまでは〜』 一日中ループで頭の中流れてます!! 井上雄彦 本名は成合雄彦(なりあいたけひこ)で鹿児島県出身 1967年生まれ。 「楓パープル」で第35回(1988年上期)手塚賞準入選。 2000年、第24回講談社漫画賞一般部門、第4回文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞受賞 2001年、第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞 現在は、モーニングでバガボンドを、ヤングジャンプでリアルを連載中である。 過去の作品に 「BUZZER BEATER」「カメレオンジェイル」「赤が好き」「BABY FACE」「HANG TIME」「ピアス」 などがある。 バスケットゲーム「1ON1」のキャラクターデザインを担当したりさまざまな分野で活躍している。

次の

「第一部完!」のまま、いつまで待っても始まらなかった漫画9選

スラムダンク 第一部完

スラムダンク連載終了秘話 本作は事前の予告なしに、突然連載を終了した。 物語がインターハイのトーナメント戦の途中にあり、まだ連載は続くと思われていたことや、後の強敵として登場した名朋工業、愛和学院、大栄学園らとの試合は結局描かれないままに終了したこともあり、全国の読者に大きなショックを与えた。 本誌の後書きでは作者が「続きはやりたい」とコメントを残している。 実際、本誌上では最終ページに「第一部完」と書かれて終了している。 また、ジャンプコミックスの紹介でも既刊(全31巻ではなく、以後続刊)扱いされている。 そのため数年は多くのファンが続編を待ち望んだ。 しかしながら、10年以上が経過した現在でも本格的な続編の執筆の話は全くない。 結局のところ、「第一部完」という名目と、「続きはやりたい」というコメント自体は、ジャンプ編集部の勝手な付けたしによるものと推測されている。 なお、単行本の最終回最終ページでは、本誌とは異なり「第一部完」という言葉がない。 そして最後に作者のあとがきが載せられている。 作者の井上はNHK「トップランナー」に出演した際にもスラムダンクについて言及しているが、やはり続編について明確な答えはなかった。 ただし「あるかもしれない」という含みのある発言はしており、公共放送においてあえてその話題を口にしたことからも、作者の本作に対する思いが醒めているわけではないことを伺わせている。 正直今は何しているのかわかりませんが、、WANDSの『世界が終わるまでは』は スラムダンクを見て感動したあのころを思い出させてくれる名曲です・ この歌と、漫画のコマだけの映像ですが。。 非常に感動できるないようです。 『世界が終わるまでは〜』 一日中ループで頭の中流れてます!! 井上雄彦 本名は成合雄彦(なりあいたけひこ)で鹿児島県出身 1967年生まれ。 「楓パープル」で第35回(1988年上期)手塚賞準入選。 2000年、第24回講談社漫画賞一般部門、第4回文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞受賞 2001年、第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞 現在は、モーニングでバガボンドを、ヤングジャンプでリアルを連載中である。 過去の作品に 「BUZZER BEATER」「カメレオンジェイル」「赤が好き」「BABY FACE」「HANG TIME」「ピアス」 などがある。 バスケットゲーム「1ON1」のキャラクターデザインを担当したりさまざまな分野で活躍している。

次の

【全まとめ】スラムダンクのヤバい都市伝説・裏設定や実話!

スラムダンク 第一部完

初めて「スラムダンク」を読んだのは確か小学5年生の時でした。 兄弟が買い始めた少年ジャンプが家にあったのがきっかけです。 当時は連載開始からあまり間もなく、スラムダンクを知らない子の方が多いくらいでした。 小5女子だった私は早々にハマり、同じくハマったクラスの男の子数人とコミックスの貸し借りをしていたのを覚えています。 そうこうしている内に人気はまたたく間に広がり、中学に上がった直後にテレビアニメ化され人気大爆発。 ほぼ同時期に開幕したJリーグの影響でサッカー部とバスケ部はエライ人気でした。 花道の熱さと流川のクールさ、次々と現れるイケメンサブキャラ。 毎週ジャンプを心待ちにし、コミックスを集め、バスケやらないのにやたらバスケのルールに詳しくなりました。 読み始めた時は「高校生のお兄さんお姉さんが出てくるバスケの漫画」だったのが、陵南との練習試合からインターハイ予選、そして本戦へと続き、「第一部完」の字を読む頃には同級生になっていました。 「第二部はいつから始まるんだろう?半年?イヤ、1年か、2年待てば読める?大学生くらいには読めるに違いない!」と勝手に期待して心踊らせていましたが、始まる気配も全くなく…(笑)。 高校を卒業後、大学入学卒業留学就職結婚出産と続くうち、漫画自体を手にすることもなくなり40歳になりました。 花道も流川も春子ちゃんも立派なオッサンオバサン、あの時は考えもできなかった日本人NBAプレーヤーが活躍する時代になりました。 あと2、3年たてば、初めてスラムダンクを読んだ年齢に子供が追いつきます。 5年生になったらコミックスを子供に渡してみようかな…。 「お母さん、昔この漫画大好きだったのよ」って。 でも、読みたかったなあ、「スラムダンク 第二部」。 モチロン、あの時の続き。 高校生の話しとして。 宜しければ、皆さんのスラダン思い出話をお聞かせ下さい。 ユーザーID: 1031208800 私は現在アラフィフで当時は地上波のアニメしか見ていなかったのですが、最近もCS放送でやっていたのを見てました。 好きなシーンはいろいろありますけど私はやはりミッチーこと三井寿ですね。 真ん中分けの髪型で不良だった時に仲間のバイク乗り長髪テツオ達と体育館へ乗り込んで花道や流川達とバトルのシーン。 安西監督やミッチーの名ゼリフが出ましたね! 後は笑えるシーンで同じ湘北でミッチーの元不良仲間だったリーゼント頭の人達が「炎の男みっちゃん」ってデザインの旗を持って試合を応援に来たシーン。 桜木軍団が花道の為に活躍してくれるのに最終的に花道に殴られちゃうシーン。 試合中にサブイケメンキャラ達を巻き込んで大爆笑を呼ぶシーン。 いやぁスラムダンクは名作だと思いますよ。 何故か残念ながら続編は無かったんですよね。 もちろんアニメも無かった。 でも作者はバスケが好きみたいで今もバスケの漫画を連載していますよ。 週刊ジャンプではないんですが。 ユーザーID: 3029743965• 2部じゃないけど イイ年したおばさんですが、スラダンで同人に足を突っ込みました。 はまってすぐに、原作が終了してしまいましたが 同人活動していた時期はまさに、遅れてきた青春そのものでした。 アニメが始まった時には、画面を見ながらセリフを一言一句たどることができたので 子供たちに尊敬されました 笑 子供をダシにガチャガチャやりまくりました。 今でも、私にとってこの世で一番愛しいオトコは三井寿です。 たまたま彼と全く同じ体重身長の男子高校生と知り合い、これがリアル三っちゃんか!と感動したアヤシイおばさんでした。 コミックスは全巻+豪華版+お気に入りの巻+お気に入りの巻の中国語版とフランス語版があります 笑 ビデオは最初にアニメ放送が開始した時のがあるためなかなかDVD版が買えずにいます。 今も買おうかどうしようか悩み中です。 ユーザーID: 6284678268• 大人になってからの方がなお面白い ドラゴンボールが好きでジャンプを読み始めました。 スラムダンクももちろん大好きで、妹がコミックスを集めていたので 連載終了後もよく読み返していました。 スラムダンクは年齢が上になってから読むほど、面白さが増します。 なぜかわからないけど。 そして何度読んでも面白いです。 子どもの頃は花道や流川が好きだったけど、大人になってからは 赤木が好きになりましたね。 もちろん全員好きなんですけど。 10年くらい前、原画展が開かれましたが、流川くんTシャツを買って ずっと着てましたよ。 流石にボロボロになって捨てましたけど ほんっとーにボロボロになるまで着てました。 ネットでまたかえるからまた買おうかな。 ユーザーID: 3240829352• トピ主です ニラ子さま ニラ子さまはみっちーファンだったんですね!私はメガネ君こと、小暮先輩が何気に好きでした。 あの毎週変わるTシャツの柄を見てはくすくす笑っておりました。 みっちーと安西先生のシーンは名場面ですよね!私達が就職活動をしている時は超就職氷河期で何十通とエントリーシートを送っても落とされるなんてザラ。 その中で、誰ともなく「あきらめたらそこで試合終了だよ…」とつぶやいておりました。 返しは必ず「安西先生…」「バスケがしたいです…」でした。 懐かしい思い出です 笑 かなみさま モデルになった高校があるんですね!全く存じておりませんでした!!早速動画を検索してみます!花道の赤頭&リーゼント ? はそのままなのかしら?気になります! ユーザーID: 1031208800• 生活・身近な話題ランキング• トピ主です その2 ななほしてんとうさま ななほしてんとうさまもみっちーファン!私の周りは「綾ちゃん!」と叫ぶリョータファンが多かったです。 豪華版に付け加え、中国語版とフランス語版までお持ちとのこと!すごいです! ジャンプに連載中、最後のもくじページにあった「作者の一言」で、井上先生が 「最近アジア圏からファンレターをもらう。 何て書いてあるかはわからないけどありがとう」 と、書かれておられたことがあって、「アジアでも有名なのかあ。 すごいなあ」と思ったのを覚えていますが、フランス語にまで翻訳されているとは存じませんでした! ガチャガチャやりまくりなお母さん!お子様が羨ましいです! あいさま あいさまは原画展に行かれたのですね!私は行けず仕舞いでした。 またやってくれないかなあ。 流川Tシャツがどんなだったかすごく気になります。 後ほど検索させて頂きます。 笑 確かに大人になり、立場が変わるとまた新たな発見があるかもしれませんね!「となりのトトロ」を初めて見たのは小学生の時で、その時にはさつきちゃんの気持ちしか分からなかったのが 「男の子きらーい!」とか 、子供が生まれ、一緒に見ていたら今度はお母さんの立場で見ていることに気づいた時があったんです。 コミックス、もう一度読んでみます! ユーザーID: 1031208800• アニメ観て好きになりました 放映当時、わたしは既に30代のいい歳になってまして。 そのいい歳した女が、毎週土曜の夜7時半、一人で大笑いしてましたね〜。 多分、隣の住人に聞こえてたと思う。 汗 あの頃のわたしは仕事が辛い時期で、スラムダンク観て大声で笑うのが結構なストレス発散と憩いの時間でした。 毎週ホントに楽しみにしてました。 わたしは既に大人だったし、特定のキャラに入れ込むとかは無くて、ただ、作品が面白くて好きでした。 敢えて言えば、安西先生が好きだったかな。 ・・・折角の大量イケメンキャラマンガだったのに、何故だ、わたし笑 友人宅に単行本があったので、読ませてもらいました。 やっぱりマンガも面白かった。 ユーザーID: 9033351320• すごいブームでしたよね 私は、主さんより若干下の世代ですが、男子は中学になるとみんなバスケ部入ってました。 昔読んでて、一番笑ったのは、流川の「近いから」(翔北にはいった理由 でした。 仙道とかもすきでしたねー。 名場面と言えば、山王戦ですかね。 だんだんとセリフが無くなって画だけで、表現して。 そして、ラストの花道のシュートがスラムダンクではなく、努力で築いた、ゴール下のシュート 左手はそえるだけ! もう一度読みたくなりますね。。。 井上先生は、山王戦よりいい試合はもう描けないってことで、やっぱりスラムダンクはあれで終了なんだと思ってます。 なので、第一部にしたのは編集部なんじゃないかなぁと思ってます! ユーザーID: 9457842656• 私もメガネくんが好き 地味なんですけど、いつも喧嘩っ早い部員をまぁまぁと仲裁してくれるメガネくん大好きです。 赤木の熱量に他の部員が付いて来れなく、心がささくれ立っていた時に体育館に行くと机相手にリバウンドの練習を一人でしていたメガネくん。 赤木を見つけて「正確にパス返してくれないんだよ〜」と明るく赤木を練習に誘うメガネくん。 なんていいやつなんだー!! そんなメガネくんがミッチーの代わりに試合に出た綾南戦、スリーポイントを決めたシーンでは涙腺崩壊でした。 花道の「引退が伸びたな」も泣きました。 飛びぬけたスター性があるわけでも、才能や素質があるわけでもない普通の高校生なメガネくんが一途に頑張る姿は青春そのものでしたね。 そしてメガネとると意外にイケメンだし(笑) プレーヤーとしては仙道が一番好きでした。 飄々とした雰囲気も好き。 付き合うなら仙道、結婚するならメガネくんかなぁ〜なんて高校生だった私は勝手に思っていました(笑) 私も立派にオバサンになり、息子は小6冬休みに家にあったコミックスでスラダンにドハマり、中学でバスケ部に入りました。 夏休みも毎日頑張って練習してますよ。 庶民シュートが入るようになったそうです(笑) 親子での会話もマニアックなスラダンのシーンで盛り上がってます。 息子の目標は花道。 親としては勉強も頑張ってほしい。。。 湘北のその後を廃校の黒板に描いたというショートストーリーが動画で残されていると思います。 あと、ギャツビーか何かのCMもカッコイイので探してみてください。 動画サイトに両方あると思います。 ユーザーID: 4185424449• まだ全巻持ってます 当時のコミック版の単行本、まだ家にあります。 子供に読ませてあげようと、置いてあったのですが、 少し読んで「黒子のバスケ」の方がいいと言われてしまいました。 子供と一緒に、「黒子のバスケ」(アニメ版)を見てると、チラホラと「スラムダンク」を思わせるようなシーンが…。 どちらの作品が面白いか、子供と言い合いになってました。 俳優の松坂桃李さんが、スラムダンクのファンで、中学の時に宮城リョータにあこがれて髪型をマネしてた(当時は、松坂さんは背が低かったらしい)話を聞いて、親近感持ったこともありますね。 2004年のアテネオリンピックで、体操団体優勝したときのエースの冨田選手は流川君とイメージ被りまくりでした。 写真だけ見ても「えー似てない」って思うかもしれませんが、チームの立ち位置というか雰囲気というか無口なところとか、流川君そっくりで、当時の、体操とスラムダンク両方好きなファンからは、流川君を連想するって言われてました。 私は誰のファンというわけではありませんが、 山王戦、ラスト1分弱のセリフなしは、圧巻だと思います。 漫画なのに、本当の緊張感が伝わってくるような気がしました。 続編は、読みたいような、読みたくないような。 ユーザーID: 5275692944• 読み始めたのは小学校4年生でした。 友達の弟さんから借りた少年ジャンプとスラムダンクの単行本を読んだのがきっかけです。 あまりの面白さに一気にはまりました。 それからは毎週月曜日(私が住んでた地域ではジャンプは月曜日発売でした)は朝早くからコンビニに行ってジャンプとジュースを買い、学校に行く前にジュースを飲みながらスラムダンクを真っ先に読んで…。 そんな小学生時代を送ってました。 地味な話ですが私にとっては楽しい記憶です。 文房具もスラムダンクの使ってました。 下敷きとか…。 お年玉の貯金を少しおろしてスラムダンクの単行本を全巻購入したら、家族も読むようになって、一家全員でスラムダンクにはまりました。 好きなキャラが家族それぞれ違って、家族でスラムダンクの話をしつつ、推しキャラのアピールもしあってたなぁ。 父は水戸君、母は仙道くん、姉は藤真さん、弟は花道、私は牧さんが好きでした。 小学生で牧が好きって私だけだったなぁ(笑) 思い出話でもなく好きなシーンという訳でもないのですが… 常に頂点を走り続けている海南の主将であり、常勝・神奈川No1、帝王などなどの看板を背負っている牧にしか見えない景色というものがあると思う。 彼のそのメンタリティーがすごいなと思ってるので今でも牧が大好きです。 「じいとじじい。 まだマシかな」「ちぇっ互角だったかな」「うわちゃあ〜…」などオフコートでは極めて温厚な人柄になっていて、天然っぽいお茶目なところもツボです。 脱線しましたが、生まれて初めてファンレターを作者の井上先生に送りました。 なんとお返事が来たんです!嬉しさのあまり飛び上がりました。 第二部を描かれる事はないと思うので勝手に想像してます。 国体編とか。 ユーザーID: 5425821928• 高3息子の保護者面談 20年以上昔、保護者面談の時、 「漫画ばっかり読んでないで、勉強にも云々。 」と言われたとき、 思わず反応しました。 「先生、私もマンガ読みます。 スラムダンクは云々。 読み応えあります!」 と推薦しちゃいました。 努力、ひたむき、成長、生命力を感じる安心感。 こんな子供に育ってほしいという親の願いが反映されていました。 作品は完結したと思っていたし、余韻が大きかったせいか、 時間は止まっていました。 時を巻き戻し、第二部をみると、 高校卒業し、現在に至るリアル息子の姿でしょうか。 息子も花道に自分を重ねていたはずなのに、どうもガッツが足りないよなぁ(寂)。 ユーザーID: 8740567506• 年一で読み返すくらい好き.

次の