25 歳 以下 50 ギガ。 報道発表資料 : 「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」の実施

携帯3社が25歳以下のデータ無償化へ、新型コロナ対応で政府要請──日経報道

25 歳 以下 50 ギガ

今後のコロナウイルス感染症の状況により、対象期間を延長する場合は、改めてお知らせします。 (6月16日更新) 6月30日までとしていた無償化の「対象期間」を、7月31日まで延長します。 (5月11日更新) 5月31日までとしていた無償化の「対象期間」を、6月30日まで延長します。 (4月24日更新) 4月30日までとしていた無償化の「対象期間」を、5月31日まで延長します。 (4月10日更新) 「無償となる追加データの上限」の欄に以下の補足説明を追記しました。 (4月8日更新) 学生の方へ 本施策は、学生の方の学習環境の支援を目的として実施するものです。 オンラインゲームやインターネットの長時間利用は、健康面や学習などに影響を及ぼしたり、インターネットを介して思わぬトラブルに巻き込まれたりする可能性があります。 「インターネットトラブル事例集(総務省)」などを参考に、適切にインターネットをご利用いただくようお願いします。 保護者の方へ 本施策は、お子さまの学習支援を目的として実施するものですが、お子さまのスマートフォンなどの利用時間が長時間化したり、ウェブやアプリケーションを通じてお子さまに悪影響をおよぼす有害な情報に触れたり、SNSなどでトラブルに巻き込まれる可能性があります。 ソフトバンクは、青少年の方々を不適切なサイトや有害なアプリケーションから守り、安全にスマートフォンをご利用いただくためにフィルタリングサービスをお勧めしています。 また、保護者の方が設定を行うことにより、利用時間帯を制限することも可能です。 詳細はウェブサイトをご確認ください。 契約者もしくは使用者の年齢が25歳以下のお客さまに限ります。 使用者情報の確認方法はこちら ソフトバンク ワイモバイル 対象期間 2020年4月3日から7月31日まで 無償となる 追加データの上限 50GB データシェアをご利用中の場合、契約者または使用者の年齢が25歳以下の回線が複数ある場合でも、無償化される追加データの上限は50GBです。 (ソフトバンク ) 「ミニモンスター」(データ量上限50GB)や「ミニフィットプラン」(データ量上限5GB)など、毎月のデータ使用量に応じて定額料が変動するプランの場合、データ量上限に到達した後に購入いただく追加データ分が無償の対象となります。 データ追加方法 下記いずれかの方法で追加してください。 (1).

次の

ドコモからのお知らせ : 「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」の実施

25 歳 以下 50 ギガ

ニュースリリース 支援措置の概要 今回の支援措置は、条件に当てはまるユーザーについて、1GB追加オプションとスピードモードの購入代金を50GBを上限に無償化する。 4月以降の新規契約分については、処理の都合で翌々月請求分での減算となる場合がある。 50GBを超過した購入分は有償(1GB当たり1000円)となる。 特にスピードモードを「無制限」で契約している場合は、購入容量を小まめにチェックするなどして気を付けたい。 なお、データ容量に応じて月額料金が変動するプラン(ギガライトシリーズ)やパケットパック(ベーシックパックとベーシックシェアパック)を利用している場合、ステップ4(最大請求額)の容量を使い切った後で、この措置を適用できる。 関連記事• 新型コロナウイルスの感染抑止の目的から、総務省が大手キャリアやMVNOが加盟している業界団体に対して、若年層の通信容量制限について配慮する旨の要請を行った。 これを受けて、一部キャリアでは対応を行っている。 【追記】• 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、大手キャリアは自社ブランドのショップを休業、あるいは営業時間を短縮する動きを見せている。 オンライン手続きを促進する動きもあるが、オンラインでは完結できない手続きもある。 簡単にまとめた。 新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点で「テレワーク」や「遠隔学習」をする機会が増えています。 その通信でスマートフォンで乗り切ろうとしている人もいると思いますが、「データ通信制限」を意識しなければなりません。 この記事では、大手キャリアのデータ通信制限条件とその回復方法、25歳以下のユーザーを対象とするデータ通信に関する支援措置をまとめました。 総務省の要請を受けて、NTTドコモが4月21日から全国の「ドコモショップ」の受け付け業務を「通信サービス利用に必要な業務」に制限する。 その他の手続きは、My docomoやドコモインフォメーションセンターで受け付ける。 関連リンク•

次の

ドコモ、25歳以下データ50GBまで無償を8月末まで延長。新型コロナウイルス対策支援

25 歳 以下 50 ギガ

本支援の実施期間延長について 本支援を当初予定していた4月末から7月末まで延長して実施しておりますが、引き続き大学などにおけるオンライン授業実施期間の延長方針を踏まえ、実施期間を2020年8月31日(月曜)まで再延長いたします。 なお、本支援については8月末を以って終了とさせていただきます。 25歳以下で対象料金プランをご契約の方を対象に、2020年4月から8月までのご利用分の「1GB追加オプション」および「スピードモード」を50GBまで無償化いたします。 「スピードモード」および「1GB追加オプション」は、当月のご利用可能データ量を超えた後も、1GBあたり1,000円(税抜)のご利用料金で、快適にデータ通信をご利用いただけるサービスです。 本支援を通じて、自宅にWi-Fi環境のないお客さまも、データの追加購入によるご利用料金を気にすることなく、遠隔授業やオンライン学習をご利用いただけます。 【学生のみなさまへ】 本施策は、学習支援を目的とした施策です。 オンラインゲームやインターネットの長時間利用は、健康や学習などに影響をおよぼすことがあり、インターネットを介して思わぬトラブルに巻き込まれることも考えられます。 インターネットトラブル事例集などを参考に、利用時間の自己管理を行い、適切にインターネットをご利用いただくようご留意ください。 【保護者のみなさまへ】 学習支援を目的とした施策ですが、お子さまのスマートフォンなどのご利用時間が長時間化する可能性がございますのでご注意ください。 青少年の方々のあんしん・安全なインターネット利用のためにフィルタリングサービスをお勧めしております。 保護者の方がカスタマイズ設定を行えば、ご利用時間帯の制限も可能です。 また、ご家庭でのインターネット利用ルールについてお子さまと話し合う機会を設けていただくことも重要です。 詳細は下記のページをご確認ください。 シェアグループ子回線からお申込みの場合は、事前に代表回線から「1GB追加みんなで申込オプション」のお申込みが必要です。 支援措置の概要 実施期間 2020年4月1日(水曜)~2020年8月31日(月曜) 支援内容 「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」は、25歳以下を対象とした支援措置です。 対象料金プランをご契約中のお客さまを対象として、「スピードモード」および「1GB追加オプション」のご利用料金(1GBにつき税抜:1,000円)のお支払いを、50GBを上限に無償化いたします。 5Gギガライト• ギガホ2• ギガホ• ギガライト2• ギガライト• カケホーダイプラン(スマホ/タブ)• カケホーダイプラン(スマホ/タブ)【iPhone】• カケホーダイプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー)• カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)• カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)【iPhone】• シンプルプラン(スマホ)• データプラン(スマホ/タブ)• データプラン(スマホ/タブ)【iPhone】• データプラン(スマホ/タブ)【iPad】• データプラン(ルーター)• 適用開始期間 2020年4月1日(水曜)~2020年8月31日(月曜) 適用終了条件 以下のいずれかに該当した場合、本支援措置の適用は終了となります。 適用期間が終了した場合• ご契約回線を解約した場合 など お申込み 不要(適用条件を満たしたお客さまは自動適用となります。 ) その他• 「5Gギガライト」「ギガライト2」「ギガライト」「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」は、ステップ4までご利用いただいた後に本支援が適用されます。 プラン変更などにより適用条件を満たさなくなった場合も、実施期間中に適用条件を再度満たすことで、本支援は再適用されます。 2020年4月以降に新規契約いただいたお客さまなど、一部のお客さまについては翌々月請求からの減算となる場合があります。 2020年4月1日(水曜)時点で条件を満たしているお客さまは、当月のご利用分から減算されますが、「My docomo」などにおいては、請求確定前までの期間、「スピードモード」「1GB追加オプション」の減算前のご利用料金が表示されます。

次の