トウモロコシ の 茹で 方。 【みんなが作ってる】 とうもろこし 茹で方 レンジのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ジューシーなとうもろこしの茹で方と茹で時間:白ごはん.com

トウモロコシ の 茹で 方

シャキッとした食感と甘さがたまらない「とうもろこし」。 素材の良さを存分に味わいたいけど、一番おいしく食べるにはどう茹でるのがいいの? 塩加減はどのくらいがベスト? そんな疑問をお持ちの方も多いはず。 今回は、とうもろこしの 「おいしい茹で方」と「塩加減」がテーマ。 ちょっとした茹で方や保存方法を変えるだけで、見た目や味が劇的に変わるんです。 知っていると知らないとでは全然違う! お好みに合わせて選べる3種類の方法を解説を交えてご紹介します。 皮とひげは残して茹でるのがおすすめ! 一般的に、とうもろこしを茹でる時は「皮とヒゲを取った状態で茹でる」人が多いですよね。 今回も簡単に実践できるよう、皮もヒゲもあらかじめ取ったもので調理していきますが…… ここで豆知識をひとつ! 実は、一番内側の薄皮を残したまま茹でるのがもっともおいしく仕上げるコツ。 また、色素が入っているヒゲを残すことで茹であがりの色も鮮やかに。 「茹であがったアツアツの状態で皮やヒゲを取り除くくらい、全然手間じゃない!」という方はぜひ試してみてください。 おすすめの茹で方と茹で時間 さて、とうもろこしの茹で方は、大きく分けてこの3パターン。 すべて試してみて、好みの茹で方を選ぶといいですね! それでは、それぞれのコツを解説していきましょう。 3つの方法のうち一番水に浸かっている時間が長いため、水分を多く含んだみずみずしい茹であがりに! まず、深めのフライパンor鍋に水をたっぷりと入れ、とうもろこしを沈めてから強火にかけます。 とうもろこしを菜箸などで 転がしながら茹でると、熱がまんべんなく通りムラなく茹で上がります。 転がしながら茹でるのが面倒な時は、とうもろこしが浮いてしまわないように落し蓋をするか、お皿を裏返しにして乗せておきましょう。 茹で時間は、 沸騰してから3~4分ほどが目安です。 粒の一つ一つがプックリと膨れ上がってきたら、茹で上がりの合図。 先ほど同様、深めのフライパンor鍋にたっぷりと水を入れたら強火にかけ、沸騰させます。 グツグツと煮立ったら、とうもろこしを鍋に投入。 とうもろこしを転がして茹でるか、とうもろこしが浮かないよう落し蓋をして 3~4分ほど茹でます。 こちらも粒が膨れ上がってきたら取り出してOK。 粒の弾力や食感を楽しみたい時は、この方法がおすすめ! 【茹で方3】電子レンジで加熱する方法 最後に紹介するのは、もっとも手軽な電子レンジで加熱する方法。 味や色の鮮やかさはこれまでの2つの方法に比べるとやや劣りますが、その分手間はかかりません。 「とにかく素早く&簡単に!」という場合はこの方法でも十分おいしく食べられます。 まず、とうもろこし全体に軽く水をかけます。 ラップでとうもろこしをピッチリと包んだら、電子レンジに入れて温めます。 この時、ラップととうもろこしの間に隙間ができないよう要注意。 加熱時間は 600Wで3分間が目安です。 加熱後は高温になっているので、レンジから取り出すときは十分気を付けましょう。 (とうもろこしを皮ごと電子レンジで加熱する場合は、皮がラップ代わりになってくれるので、ラップは不要です) 味付けのタイミングと保存方法 さて、最後は茹でてからのポイントです。 塩で味付けするタイミングや、茹で上がったとうもろこしをおいしく保存する方法をご紹介します。 【味付けのコツ】茹であがってから味付けをするのがおすすめ! あらかじめ塩を入れたお湯(もしくは水)でとうもろこしを茹でる人もいますが、浸透圧によってとうもろこしから水分が抜けてしまうことも。 身を縮めることがなく、保存も出来ますよ。 はっきりとした塩味が、とうもろこしの甘さをより一層引き出してくれます。 全体に一つまみふりかければOK! 【保存のコツ】茹でた後に「塩水」にさらす すぐに食べずに保存しておきたい場合は、茹であがったとうもろこしを 塩水に10秒ほどさらしておくと、水分が蒸発するのを防いでくれるため粒がシワシワになりません(茹で終えたお湯に塩を混ぜてさらしてもOK)。 濃度は、水1. とうもろこしの味を引き立たせるぐらいの、ちょうどいい塩加減になりますよ。 塩水から引き上げたら、とうもろこしが温かいうちにラップでしっかり包みましょう。 水分を逃がさないようにするのが、おいしさを長持ちさせるコツ。 旬の初夏が一番おいしいとうろこし。 茹で方や味付けをちょっと工夫するだけで、とうもろこしは劇的においしくなります。 読者の皆様にご迷惑をおかけいたしましたことを、謹んでお詫び申し上げます。 各種イベントでケータリング提供活動を行う2人組フードドリンクユニット。 思わず笑顔になっちゃうおいしい時間を届けます。 公式Facebook:.

次の

ジューシーなとうもろこしの茹で方と茹で時間:白ごはん.com

トウモロコシ の 茹で 方

Contents• とうもろこしのおいしい食べ方 今が旬真っ盛りのとうもろこしを、おいしく食べたいとはだれもが思うことでしょう。 スーパーに並んだ、みずみずしい葉っぱのトウモロコシをみると、夏の訪れを感じますよね。 今の時期にちょうど旬を迎えるとうもろこしは、夏野菜の代表格で鮮度に左右されやすい野菜です。 おいしいとうもろこしをおいしいうちに食べるには、いろいろな食べ方があります。 どれもおいしく食べる食べ方です。 それぞれの調理法でトウモロコシを加熱調理して食べるときの食べ方をまとめました。 調べると、すべての食べ方を一つのページで確認出来たら、 ページを行き来する必要もなく便利なのでは? とうもろこしをレンジでチンする とうもろこし、塩茹でかレンジでチンか、皮付き加熱かラップか、あなたならどうする? — みお博士 miohakase 最近はやりの電子レンジでチンする方法。 大きな鍋で蒸したり、湯がいたりしなくてもいいのでめちゃくちゃ簡単です。 しかし、レンジでチンする時間がなかなかわからないものですよね。 とうもろこし1本あたり大体5~6分ぐらいでチンができます。 とうもろこしを皮つきのままレンジでチンするのも、 皮をむいてラップでくるんで、レンチンする方法と二通りあります。 ・皮つきとうもろこし 皮つきのトウモロコシをそのままレンジに入れて加熱する。 加熱時間はとうもろこし一本にたいして、500wで5分。 食べる人数単位によって量が調整できるので、少人数家庭に便利。 鍋も蒸し器もグリルもないなら、レンジでチン。 ・皮なし、ラップありとうもろこし とうもろこしの皮をむき、ラップにくるむ。 加熱時間はとうもろこし一本にたいして、500wで5分。 ラップにくるむ前に塩を塗ると、甘味がましおいしくなる。 ラップにくるんだまま、冷蔵庫や冷凍庫で保存ができるので たくさんもらった、買って余ったときの保存を考えた調理体系。 量が調整できるので、食べたいときに食べたい量を調理する。 とうもろこしを蒸す 夏の味覚でござるな。 地元のスーパーで 1本98円だったでござる。 夏は、とうもろこしとスイカが あればいいとすら 思ってしまう程好きだぁ! ところでこれ、 蒸し器で蒸したんだけど、 ゆでるのと蒸すのと どっちがいいんだろうね? — ちま(ヒゲ系) chimachima387q 料理店や大量消費向け、一度にたくさん蒸すことができる。 蒸し器セットすればあとは時間が来るのを待つだけ、様子を見る必要性なし。 蒸し器がない家庭が増えたのか、すたれ気味の調理方法。 蒸し器の下鍋で湯を沸かす、沸騰したところに とうもろこしをセットした蒸篭をかぶせる。 蒸時間は5分。 とうもろこしを焼く 群馬県前橋市赤城県道沿いの とくや の焼きとうもろこし久々に来たけど美味しかった — Kazutoshi. S KazutoshiSugita 屋台でおなじみの焼きトウモロコシ。 焦げ目がついてほろ苦くなるので、子供は若干苦手。 甘辛のたれをつけながら焼くこともある。 皮をむいた状態で、グリルもしくはフライパンの上に並べて焼く。 とうもろこしの実全部に火が通るように、回しながら焼いていく。 フライパンならば様子を見ながら10分、中火で焼く。 グリルならば弱火で8分、様子を見ながらぜんぶの実に火が通るように焼く。 バーベキューや屋台でよく食べられており、火加減が難しいのが難点。 とうもろこしの実丸ごとを焼くより、5センチずつの輪切りを焼くのが焼きやすい。 すぐに食べたり、ビールのつまみに向いている。 とうもろこしを湯がく 大きな鍋が必要となるので、大人数大量消費向け。 現代の核家族家庭では、トウモロコシまるごとを湯がけるほど大きな鍋少なくなり 大鍋で手間がかかるイメージがあり、レンジ調理に押されている調理法。 とうもろこし農家などでは、一番おいしい食べ方としてよく使われる。 とうもろこしを湯がく場合は、お湯から湯が方法と水から湯がく方法の2つがある。 ・お湯から塩ゆで 鍋にとうもろこしがしっかり隠れるぐらいの量お湯を沸かす。 沸騰したところで、トウモロコシを入れる。 ゆで時間は5分。 とうもろこしの実がすべて湯がけるように、時々トウモロコシの様子を見る。 ・水から塩ゆで 【とうもろこしのおいしい茹で方 皮付き】 皮付きの方が、甘みが強いんだとか フライパンバージョンとレンジバージョン。 沸騰するまで、トウモロコシの実を回してまんべんなく火を通す。 沸騰してから3分で取り出す。

次の

とうもろこしの食べ方レンジ、茹で、蒸し、焼き調理法と時間まとめ

トウモロコシ の 茹で 方

Contents• とうもろこしの選び方と保存方法 まず、皮の緑色が濃くて、重く、粒がそろっているものを選びます。 ヒデは濃い茶色になっていると熟している証拠です。 とうもろこしの粒がびっしりとついているものが良品となります。 そして、とうもろこしにはヒゲがあると思いますが、実は、実一個に一本のヒゲがついています。 つまり、ヒデがふさふさしているほうが、実がぎっしりとしている証拠になりますので、そういったものを選びましょう。 また、とうももろこしは鮮度が落ちるのが早いので、調理するまでは、皮付きのまま保存指定おいてください。 それでも、買ったその日に調理するのがポイントです。 ゆでたら一本ずつラップします。 冷蔵庫であれば、2~3日くらいは保存できます。 また、横にしてしまうとストレスを感じてうまみ成分が逃げてしまうので、立てた状態で保存してください。 スポンサードリンク 美味しい茹で方1位と噂の「ためしてガッテン流」の方法 それでは、さっそく、とうもろこしの美味しい茹で方1位のガッテン流をご紹介します。 1.とうもろこしの皮をむいてヒゲをとる このときまで、皮はむかずに置いておくことが大切です。 調理の直前に皮をむきましょう。 2.鍋にとうもろこしと水を入れる 火をつける前の水の状態からとうもろこしを入れておくことが大切です。 大きな鍋を使って、とうもろこしが浸るくらいの水の量を入れます。 水の状態からとうもろこしを浸しておくことで、一粒一粒がよりジューシーになるのです。 よって、ここがポイントですよ! 3.水が沸騰してから3~5分ゆでる とうもろこしによって多少ゆで時間がかわるので調整します。 ゆでている間は、ゆでむらができないように時々ひっくり返します。 茹ですぎると旨味がが逃げてしまうので注意してくださいね。 4.火を止める 5.塩を1Lに対して塩30g(大さじ2杯)いれて4分ほど絡める 必ず、火を止めてから塩をしれてください。 6.ザルに上げて水気を拭きとる 水がついたままだと旨味が逃げてしまいますのですばやくふき取りましょう。 ちなみに、水の状態からとうもろこしを入れるとジューシーに仕上がりますが、沸騰した後にとうもろこしを入れるとしゃっきりとした食感になりますので、お好みで選んでください。 まとめ 以上、とうもろこしの茹で方1位のためしてガッテン流の茹で方をご紹介しました。 賛否両論はあると思いますが、ネット上では、このゆで方が1位だと思っている方が多いので、是非試してみてくださいね。 スポンサードリンク.

次の