ギルガルド 弱体化。 バトルスイッチ

ギルガルドとは (ギルガルドとは) [単語記事]

ギルガルド 弱体化

図鑑説明 れきだいの おうが つれていた。 れいで ひとや の を あやつり したがわせる。 おうの そしつを もつ にんげんを らしい。 みとめられた やがて おうになると いわれている。 が1本減ってがなくなった代わりにを持つようになった。 三流じゃなくて残念がった人もいたとか。 から2本の布が伸びているところからすると、2本のがして強い1本のとなり、2つのとが一体化して巨大なになったもののようだ。 を収めることが出来なくなったため、普段はで身を守っている。 専用の「」により、フォルムとフォルムの2形態にフォルェンジする。 通常は防御寄りのであるフォルムだが、攻撃技を選ぶと攻撃寄りのであるフォルムにする。 そのため、後攻で相手の攻撃を受けた後に攻撃すれば実質 のを活かせる。 何の変哲もない一般でありながら、フォルム時の攻撃は 禁止級並(あの・と同じ数値!)で、特攻も及びかのをえて最高値でもある。 ただし、両に共通して威をえる技が存在しないため、の割には案外出なかったりする。 フォルムの状態であれば一致弱点だろうと耐えうるを誇るので、弱点を突かれると攻撃と特攻をそれぞれ2段階上げる「じゃくてんほけん」との併用がよく見られる。 フォルムになる時は「 」を使う。 は「る」の効果に加えて直接攻撃をしてきた相手の攻撃を 二段階下げる強な性。 ただし「る」と違い攻撃技しか防ぐことができないので注意。 上手く使いこなせば並の強さが出るが、失敗すればあっけなく落ちる。 いつ攻撃をするのか、いつ守りに入るのかというをに要するである。 なお、はギルガルドがLv. 1で習得する技として扱われているため、習得にはのウが必須となる。 ちなみにこの、り状態でも技さえ選択すれば切り替えることが可。 フォルム状態で眠ってしまっても、さえ選択すれば、たとえ起きなくてもフォルムになってくれる。 第7世代では変更により、から先に判定が入るように。 フォルムで眠ってしまった場合、を使用してもフォルムになってくれなくなってしまった。 逆にこのによって、 フォルム中に攻撃技を選択して起きなかった場合でも低をすことがなくなり、を最小限に抑えられたりと悪いことばかりではなくなっている。 第8世代では発表当時からっ先に参戦が期待されることになった。 その後事出現が確認されたものの、なんとフォルム時の攻撃・特攻、フォルム時の防御・特防が10引き下げられ、それぞれ に。 や技の変更によるは数多かったが、そのものが低下調整されたのはギルガルドが初にして一。 加えての攻撃低下が 一段階に減少。 実質合計 0とまだまだ高準なものの、かつての勢いには止めがかかることになりそうだ。 ちなみにでの活躍はというと……、(発売直後につき) であるの だけど一番として登場、にオイシイ役回りを貰っている。 ギルガルド。 相性は(当時相性が不明だったを除けば)弱点2・半減8・効3という脅威のもの・・・と思われていた。 ところがが開された際は見たやから防御方面での活躍は難しいだろうというも聞かれるようになり、さらに後に開されたに 「に対するとの攻撃が等倍になる」というものがあり、を複合しているは元ははがねでされるだったの弱点が丸出しとなってしまうということになった。 とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいてたの分だけが弱いというようなことった。 また、敵のに対して自身のもう1つのであるが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。 さらに系のギルガルドはご覧の通りのであるため、弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。 結果的に良い相性と値を手に入れたと言えるだろう。 ちなみに、(「」なのがで同じでもでは地面の一貫を切れない)と組ませるとお互いの弱点どころか等倍までも全て半減以下に抑えることができる強な相性補となる。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

バトルスイッチ

ギルガルド 弱体化

概要 某wikiにあった決定力ランキングの第8世代版。 大雑把に言えばポケモン単体が事前のサポート無しで1ターン目から出せる火力のランキングです。 某wikiと異なり、禁止伝説は選考外、火力指数による比較、特性や技の選考基準など、筆者の独断と偏見によるアレンジが多々あります。 暫定版のランキングとしてご覧ください。 ランキング選考基準 ポケモンについて ランクバトルに参加できるポケモンのみ選考対象。 いわゆる禁止伝説は選考対象外。 また、ランクバトル未解禁のポケモン、特性についても選考対象外。 性格、努力値は攻撃or特攻上昇補正の性格でAorCに252振りされているものとする いわゆるA特化、C特化 技について 某Wikiとは異なり鉢巻ギガインパクトや眼鏡はかいこうせんといった、反動で動けなくなる技の素撃ちは選考対象外に。 ただし、ダイマックス技化した場合はデメリットを無視できるため選考対象。 物によっては参考火力として記載します。 てっていこうせんの扱いは悩みましたが、ラス1同士の対面で両者瀕死になった場合の処理がだいばくはつ等と同様に使用者側の負けになる扱いであることから 選考対象外に。 また、特定条件下で威力が増大する技は条件を満たしていない時の威力を扱う。 火力指数について 攻撃or特攻の実数値、技威力、タイプ一致補正、特性による補正、天候やフィールドによる補正、持ち物による補正を乗算した数値です。 ( 命中率は考慮しない) 単純にこの数値が大きいものほど火力が高いということになりますが、ごく僅差だと実際に与えるダメージに差が出ないこともあります(このため某wikiの決定力ランキングにおいて、ドクロッグとベトベトンが同順位になるなどの現象が起きていた。 火力指数はA種族値が1高い分ドクロッグの方が高い) 大雑把な目安として、等倍であれば 火力指数約41400:無振りドラパルト H88B75D75 を確定1発 火力指数約45450:無振りガマゲロゲ H105B75D75 を確定1発 火力指数約47280:H振りギルガルド盾 H60B140D140 を確定1発 火力指数約53550:H振りガマゲロゲ H105B75D75 を確定1発 火力指数約79875:H振りきせきガラルサニーゴ H60B100D100 を確定1発 となります。 また、ダイマックス技化した際の技威力は元の技威力に応じた一定の規則によって決まります 例外有 基本的にはダイマックスによる技強化倍率が約1. 前作のZ技と比べ強化上限が控えめなため、低威力の技が主力となるタイプは最大火力が伸び、元々高威力の技が揃うタイプは逆に最大火力が落ちる傾向にあります。 ライバルたちの不在によりホルードが1位、ワシボンが2位に。 そしてタイプ不一致のくせに専用特性により超火力のガラルヒヒダルマもランキング入り。 参考記録としてホルードの鉢巻ギガインパクトは火力指数79650という超火力です。 ノーマル特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ジジーロン 59962 ダイアタック はかいこうせん 非考慮 命の球 エレザード 51772 ダイアタック はかいこうせん 非考慮 命の球 ストリンダー 49686 ばくおんぱ パンクロック こだわりメガネ 全ポケモン中トップクラスの特殊火力を有するポリゴンZは今作不在。 よってジジーロンが1位に躍進。 そしてこちらも3位にはタイプ不一致ながら専用特性で超火力のばくおんぱ使いのストリンダーがランクイン。 ジジーロンとエレザードはそれぞれ「ぎゃくじょう」「サンパワー」と伸びしろがあります。 ちなみに、新規特殊ノーマルであるイエッサンははかいこうせんを覚えないことが響きランキング入りならず。 ノーマルタイプの育成論一覧は ほのお決定力ランキング ほのお物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 キュウコン 57330 ダイバーン フレアドライブ ひでり こだわりハチマキ ヒヒダルマ ガラル 56970 フレアドライブ ごりむちゅう こだわりハチマキ ブースター 54600 ダイバーン フレアドライブ 非考慮 命の球 天候特性強し、キュウコン1位。 だたし2位以降のメンツはダイバーンによる晴れで次ターン以降はキュウコンを突き放す火力に。 前世代のトップ3 原種ヒヒダルマ、原種ダルマッカ、エンブオー は揃いも揃って今作不在 原種ダルマはデータ上は存在?。 それでもガラルヒヒダルマは炎タイプを失いながらも特性で火力を補いランキング入り。 単氷タイプなのに炎物理としてトップクラスな化け物。 そしてブースターもランキング入り。 「こんじょう」や「もらいび」による伸びしろもあるロマン火力。 参考火力として、ダルマモード発動時のガラルヒヒダルマの命の球ダイバーン フレアドライブ は64974と超火力。 ほのお特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 オニシズクモ 67938 ダイストリーム アクアブレイク すいほう 命の球 シザリガー 63882 ダイストリーム クラブハンマー等 てきおうりょく 命の球 バスラオ 53404 ダイストリーム アクアテール等 てきおうりょく 命の球 一般ポケモン水物理で長年トップに立っていたシザリガーが1位陥落。 これはアクアブレイク 威力85 もクラブハンマー 威力100 もダイマックス技化すると威力130になるため。 3 命の球 =169となるわけですが、これは前作のZアクアブレイク 威力160 を上回る威力。 反面、前作のZクラブハンマーは威力180だったのでシザリガーの最大火力は下がってしまい、このようなランキングになりました。 キングラーも同様の理由でバスラオに及ばず、バスラオが3位に。 参考火力として「ぎょぐん」のヨワシ 群 の命の球ダイストリームは火力指数53488。 また、がんじょうあごウオノラゴンの鉢巻エラがみ 威力2倍時 には火力指数89505と超火力。 みず特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ペリッパー 65929 ダイストリーム ハイドロポンプ あめふらし 命の球 オニシズクモ 61152 ダイストリーム ハイドロポンプ すいほう 命の球 インテレオン 56745 ダイストリーム ハイドロカノン 非考慮 命の球 天候特性強し。 なぜニョロトノだけいないのか…。 こちらもオニシズクモがハイドロポンプを新規習得し、火力を伸ばしました。 新ポケモンからは御三家であるインテレオンがランクイン。 参考記録として、「ぎょぐん」のヨワシ(群)のZハイドロポンプは指数58552。 みずタイプのポケモン育成論一覧は でんき決定力ランキング でんき物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 パッチラゴン 63501 ダイサンダー でんげきくちばし等 はりきり 命の球 バチンウニ 55364 ダイサンダー びりびりちくちく エレキメイカー 命の球 ピカチュウ 49140 ダイサンダー ボルテッカー 非考慮 でんきだま はりきりアタッカーであるパッチラゴンが1位。 ダイマックスではりきりのデメリットを無視できるのも強い。 バチンウニはフィールド補正が1. 3倍に弱体化されたものの2位。 ピカチュウは電気玉がダイマックス時も有効という前提でのランキング入り 未検証 参考火力として、はりきりパッチラゴンの鉢巻でんげきくちばし 威力2倍時 は95816と超火力。 居たとしても新たな化け物を超えられませんが…。 ぶっこわれな特性を持つガラルヒヒダルマが堂々の1位。 そしてその超火力に肉薄するダイマックスガラルダルマッカ。 ダイマックスはZ技と異なりスキン特性が有効らしい 強化はされないがタイプ変更はされる のですが、残念ながら今作にフリーズスキン持ちはいません。 こおり特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 サワムラー 66339 とびひざげり すてみ こだわりハチマキ ローブシン 56970 インファイト アームハンマー てつのこぶし こだわりハチマキ ガラルヒヒダルマ 56970 ばかぢから ごりむちゅう こだわりハチマキ 格闘物理1位に君臨し続けたチャーレムは今作不在。 強力なとびひざ使いの多くが不在であり、サワムラーが1位に。 そしてここでも顔を出すガラルヒヒダルマ。 ネギガナイト 55350 を抑えローブシンと並びます。 ちなみに、ダイナックルの追加効果が攻撃上昇であるためかダイマックス技化すると威力上限が100と低く、一発目の火力はむしろ下がるケースが多いです。 かくとう特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ルナトーン 40813 ダイロック パワージェム 非考慮 命の球 バンギラス 37674 ダイロック げんしのちから 非考慮 命の球 サニゴーン 36504 ダイロック パワージェム 非考慮 命の球 第7世代で登場したタイプ一致パワージェム使いであるウツロイドが不在。 そもそも今世代ではタイプ一致パワージェムを使えるポケモンがルナトーンとギガイアスしかいないという異常事態。 とはいえそのルナトーンはダイマックスにより火力が伸び、どうにか指数4万に乗りました。 げんしのちからバンギラスと、不一致パワージェム使いの中では最高特攻値を有するサニゴーンが続きます。 いわタイプのポケモン育成論一覧は ゴースト決定力ランキング ゴースト物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ニャイキング 67684 ダイスチル アイアンテール等 はがねのせいしん 命の球 アイアント 67303 ダイスチル アイアンヘッド はりきり 命の球 シュバルゴ 51967 ダイスチル アイアンヘッド 非考慮 命の球 ニャイキングが専用特性を引っ提げ鋼物理1位に。 はりきりアイアントも火力を伸ばしたものの、ニャイキングに僅差で敗れる結果に。 なお、参考記録として ニャイキングの鉢巻ジャイロボールは最大威力150の際、火力指数90112。 ダダリンの鉢巻ジャイロボールは最大威力150の際、火力指数67873。 ナットレイの鉢巻ジャイロボールは最大威力150の際、火力指数54000。 はがね特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ギルガルド 57603 ダイスチル てっていこうせん 非考慮 命の球 ジュラルドン 51597 ダイスチル てっていこうせん 非考慮 命の球 ルカリオ 49959 ダイスチル てっていこうせん 非考慮 命の球 種族値の弱体化を受けつつもギルガルドが1位を保持。 てっていこうせんの登場により鋼タイプ全般の最大特殊火力が底上げされました。 参考火力として、ギルガルドの眼鏡てっていこうせんは火力指数69930。 はがねタイプのポケモン育成論一覧は フェアリー決定力ランキング フェアリー物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 オーロンゲ 47911 ダイフェアリー じゃれつく 非考慮 命の球 トゲキッス 42588 ダイフェアリー じゃれつく はりきり 命の球 ニンフィア 41470 すてみタックル フェアリースキン こだわりハチマキ 前世代ランクインのマリルリたちは不在。 新ポケモンのオーロンゲが1位。 ちなみに、対戦環境でよくみるミミッキュの球ダイフェアリーは火力指数39546。 参考記録として、ニンフィアの鉢巻ギガインパクトは火力指数51840。 フェアリー特殊決定力ランキング.

次の

ブログ

ギルガルド 弱体化

図鑑説明 れきだいの おうが つれていた。 れいで ひとや の を あやつり したがわせる。 おうの そしつを もつ にんげんを らしい。 みとめられた やがて おうになると いわれている。 が1本減ってがなくなった代わりにを持つようになった。 三流じゃなくて残念がった人もいたとか。 から2本の布が伸びているところからすると、2本のがして強い1本のとなり、2つのとが一体化して巨大なになったもののようだ。 を収めることが出来なくなったため、普段はで身を守っている。 専用の「」により、フォルムとフォルムの2形態にフォルェンジする。 通常は防御寄りのであるフォルムだが、攻撃技を選ぶと攻撃寄りのであるフォルムにする。 そのため、後攻で相手の攻撃を受けた後に攻撃すれば実質 のを活かせる。 何の変哲もない一般でありながら、フォルム時の攻撃は 禁止級並(あの・と同じ数値!)で、特攻も及びかのをえて最高値でもある。 ただし、両に共通して威をえる技が存在しないため、の割には案外出なかったりする。 フォルムの状態であれば一致弱点だろうと耐えうるを誇るので、弱点を突かれると攻撃と特攻をそれぞれ2段階上げる「じゃくてんほけん」との併用がよく見られる。 フォルムになる時は「 」を使う。 は「る」の効果に加えて直接攻撃をしてきた相手の攻撃を 二段階下げる強な性。 ただし「る」と違い攻撃技しか防ぐことができないので注意。 上手く使いこなせば並の強さが出るが、失敗すればあっけなく落ちる。 いつ攻撃をするのか、いつ守りに入るのかというをに要するである。 なお、はギルガルドがLv. 1で習得する技として扱われているため、習得にはのウが必須となる。 ちなみにこの、り状態でも技さえ選択すれば切り替えることが可。 フォルム状態で眠ってしまっても、さえ選択すれば、たとえ起きなくてもフォルムになってくれる。 第7世代では変更により、から先に判定が入るように。 フォルムで眠ってしまった場合、を使用してもフォルムになってくれなくなってしまった。 逆にこのによって、 フォルム中に攻撃技を選択して起きなかった場合でも低をすことがなくなり、を最小限に抑えられたりと悪いことばかりではなくなっている。 第8世代では発表当時からっ先に参戦が期待されることになった。 その後事出現が確認されたものの、なんとフォルム時の攻撃・特攻、フォルム時の防御・特防が10引き下げられ、それぞれ に。 や技の変更によるは数多かったが、そのものが低下調整されたのはギルガルドが初にして一。 加えての攻撃低下が 一段階に減少。 実質合計 0とまだまだ高準なものの、かつての勢いには止めがかかることになりそうだ。 ちなみにでの活躍はというと……、(発売直後につき) であるの だけど一番として登場、にオイシイ役回りを貰っている。 ギルガルド。 相性は(当時相性が不明だったを除けば)弱点2・半減8・効3という脅威のもの・・・と思われていた。 ところがが開された際は見たやから防御方面での活躍は難しいだろうというも聞かれるようになり、さらに後に開されたに 「に対するとの攻撃が等倍になる」というものがあり、を複合しているは元ははがねでされるだったの弱点が丸出しとなってしまうということになった。 とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいてたの分だけが弱いというようなことった。 また、敵のに対して自身のもう1つのであるが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。 さらに系のギルガルドはご覧の通りのであるため、弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。 結果的に良い相性と値を手に入れたと言えるだろう。 ちなみに、(「」なのがで同じでもでは地面の一貫を切れない)と組ませるとお互いの弱点どころか等倍までも全て半減以下に抑えることができる強な相性補となる。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の