マスク おとり 広告。 消費者庁/マスクのおとり広告2社に再発防止指導

消費者庁/マスクのおとり広告2社に再発防止指導

マスク おとり 広告

関連記事• 消費者庁がワイヤレスイヤフォンなどの火災事故について注意喚起。 バッテリーからの発火や発煙といった報告が増加傾向にあるという。 新型コロナウイルス感染症の拡大に乗じ、感染予防効果を標ぼうする広告を表示していた事業者に消費者庁が改善を要請。 健康食品、マイナスイオン発生器、空間除菌剤で30事業者の46商品が該当した。 新型コロナウイルス感染症の拡大で品薄状態が続いているマスク。 高額転売を禁止する法律は定まったが、店頭に並ぶマスクはまだ少数だ。 そんなマスクの取り引きが、秘匿性の高いネットワークで構築された「ダークウェブ」で今も続いているようだ。 マスクの替え玉出品とみられる商品の質問欄では、価格や数量などの交渉が行われている。 関連リンク•

次の

「マスク入荷」のおとり広告 大手ドラッグストアなど2社に再発防止の行政指導 消費者庁

マスク おとり 広告

消費者庁は27日、大手ドラッグストアチェーンとディスカウントストアの2社が、マスクがないのにあるかのようにチラシで宣伝し、景品表示法違反(おとり広告)に当たるとして、再発防止を求める行政指導をしたと発表した。 同庁表示対策課によると、2社はマスクの需要が急増し、当初予定していた入荷ができなかったにもかかわらず、新聞や店頭のチラシに、特定の期間であればマスクの在庫があるかのように記載し、配布した。 関係者によると、2社は「」と「ダイレックス」。 ダイレックスによると、マスクの需要が急増したため、折り込みチラシの印刷を止めようとしたが間に合わなかった。 担当者は「多めに入荷していたが、覚悟していた以上に消費者のマスクの買い込みがあった。 決して意図的な広告ではなかった」と話した。 ウエルシアの担当者は「予想より需要が伸びて一部店舗で欠品してしまい、お客さまから苦情をいただいた。 自社サイトなどでもおわびをしたが、おとり広告のつもりではなかった」と話した。 表示対策課は同日、新型コロナウイルス感染症の予防効果をうたう商品41点について、販売する34事業者に表示を改めるよう要請したことも明らかにした。 商品は水素水や光触媒のスプレー、アロマオイル、ビタミンD、青汁など。 同課は既に、タンポポ茶や空間除菌剤などを販売する30の業者にも表示を改めるよう要請しており、これらについては改善が確認された。 衛藤晟一消費者行政担当相は27日、閣議後の記者会見で「事業者は広告表示の内容をいま一度注意するようお願いしたい」と述べた。 消費者に対しては、不審な点があれば消費者ホットライン(局番なしの188)に相談するよう呼び掛けた。 〔共同〕.

次の

時事ニュース 大喜利「マスク入荷します」おとり広告の恐れで行政指導...

マスク おとり 広告

新型コロナウイルスの感染拡大によるマスクの品薄が続く中、マスクの在庫が十分ないのにあるようにチラシで宣伝したのは景品表示法違反(おとり広告)にあたるとして、消費者庁は27日、大手量販店とドラッグストアの2社に再発防止を求める行政指導をしたと発表した。 しかし、当初予定していた入荷がなくなるなどして、実際は在庫がなかった。 同庁の担当者は、「マスクの在庫がないと把握していたのにチラシの配布をやめなかった」と指摘。 事業者に対して、消費者を誤認させないよう注意を求めている。 指導を受けた量販店は取材に対し、例年通りの量を入荷していたが、1月末頃から急激にマスクの需要が高まり品薄になったと説明。 チラシからマスクの部分を削れないか印刷会社に掛け合ったが間に合わず、そのまま436万枚を配った。 欠品した店舗では店頭でおわびを告知したという。 広報担当者は「他の商品も載っていたのでチラシの配布はやめなかった。 店頭で告知をすればよいと思っていたが、認識が甘かった」と話した。 指導を受けたドラッグストアは「販売計画数以上の需要があった」と説明した。 また、同庁は根拠がないのに新型コロナウイルス感染の予防効果をうたっていた健康食品やアロマオイル、光触媒スプレーなど41商品について、事業者に表示の改善を要請した。 (野村杏実).

次の