スター ウォーズ ゲーム ps4。 《2020年》PS4・おすすめゲームソフト! 寝食忘れてハマる名作を厳選

「スター・ウォーズ」新映像が「フォートナイト」で独占公開へ

スター ウォーズ ゲーム ps4

Win スター・ウォーズ ジェダイナイト ダークフォースII ダークフォースの続編。 新たにフォースやライトセーバーが使用可能に。 スター・ウォーズ ジェダイナイトII アウトキャスト アクション性を高めたシリーズ第3弾。 ジェダイの騎士になるか暗黒面に堕ちるかはプレイヤー次第。 ローグ スコードロン Win スター・ウォーズ ローグ スクワドロン3D N64 スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊 GC スター・ウォーズ ローグ スコードロン II 高レベルのグラフィックで再現されたSWメカが美しい、名作3Dフライトシューティング。 隠し要素も豊富。 スター・ウォーズ ローグ スコードロン III 白兵戦やウォーカーを操作する地上戦、映画流用のムービーなどが追加されたがテンポが悪い。 協力プレイで前作のミッションも遊べる。 対戦モードも搭載。 『』のSW版と言える。 一般兵の武器強化や、ジェダイやシスなどヒーローの操作が可能になった。 一般兵とヒーローのどちらを操作していても敵AIから異様な集中攻撃に晒される。 最大40人までのマルチプレイが可能。 エピソードVII劇場公開に合わせて発売されたが、舞台は旧3部作 エピソードIV~VI のみ。 まさかのキャンペーン非搭載というマルチ特化仕様にファンから阿鼻叫喚の声が上がった。 当のマルチの出来も非常に大味で、劣化バトルフィールドという印象が拒めない残念作。 スター・ウォーズ バトルフロントII エピソードI~VIIまでを舞台にしている。 前作とは異なり初心者を突き放した仕様。 前作から大きくボリュームが増えマルチも進化したが、 ルートボックス(所謂ガチャ)問題によりユーザースコアが炎上、大きな批判と議論を呼んでしまった。 エピソードVIとVIIの間を描くキャンペーンモードは好評だが、新3部作 エピソードI~III は冷遇。 現状では唯一となるエピソードVII単独ゲーム化作品でもある。 自分の父親を殺したダース・ベイダーに能力を見出された男、スターキラーが主人公のTPS作品。 単発作品 機種 タイトル 概要 判定 アーケード AC スター・ウォーズ ATARI エピソードIVの最終局面を画期的なベクタースキャンを用いて忠実に再現。 Star Wars: The Empire Strikes Back ATARI製。 上記のベクタースキャンゲームの正統続編。 Star Wars: Return of the Jedi ATARI製。 前作までと異なり、ドット絵を用いた斜め見下ろし型2Dゲームとなっている。 スター・ウォーズ セガ エピソードVIの最終局面をこれまた当時としては画期的な3Dポリゴンで再現。 各BGM・SEは公式サントラを起用し、操縦手・砲手に分かれた2人協力プレイも可能。 スター・ウォーズ トリロジー・アーケード セガ製。 エピソードIV、V、VIの戦いを1つのゲームにまとめた3Dシューティング。 スター・ウォーズ レーサーアーケード セガ製。 『』の開発陣がエピソードIのポッドレースを操作形態を含めて再現。 スター・ウォーズ:バトル ポッド バンダイナムコ製。 半球ディスプレイ筐体「P. 」を使用した一人称シューティング。 アーケードゲームとしては珍しく、国内でも一般向け販売が行われた。 家庭用 FC 「 オレサマ ハ サソリベイダー ダ」に代表される、とんでもない原作破壊ゲー。 不安定 スター・ウォーズ ビクター スター・ウォーズ 帝国の逆襲 SFC スーパー・スター・ウォーズ スーパー・スター・ウォーズ 帝国の逆襲 SFCゲームの中でも屈指の難易度を持つ、エピソードVのゲーム。 スーパー・スター・ウォーズ ジェダイの復讐 MD スター・ウォーズ アーケード スーパー32X専用。 93年のACゲームの移植だが、グラフィック以外の再現性は微妙な所。 良 ポッドレースに焦点を当てたレースゲーム。 原作さながらの超難度コースが待ち受ける。 不安定 PS スター・ウォーズ マスターズ・オブ・テラス・カシ SWユニバースに登場する格闘術「テラス・カシ」を題材とした、3D格闘ゲーム。 主人公は、2500年の眠りから目覚めたテラス・カシ・マスターのアーデン・リン。 キャンペーン以外に対戦や協力モードも搭載。 PS2 スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット 賞金稼ぎジャンゴが主役のサイドストーリー。 賞金首を捕まえるのも目的。 エピソードIIIの物語を追体験出来る。 良 DS スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐 PS2版と同名だがこちらはベルトスクロールアクションに。 クローン・トルーパーのエリート兵が主役という毛色の変わったFPS。 エピソードIから4000年前の「シス大戦」が舞台のアクションRPG。 開発は『Dragon Age』シリーズや『MASS EFFECT』シリーズのBiowareが担当。 Wii Star Wars: The Clone Wars -Lightsaber Duels- 日本未発売。 3DCGアニメ『クローン・ウォーズ』シリーズを題材にした3D格闘ゲーム。 360 Kinect スター・ウォーズ Kinect専用ソフト。 映画版での尺まで忠実再現した作戦説明兼OP・古代祐三が編曲を担当したBGMも魅力。 Win スター・ウォーズ ギャラクティック・バトルグラウンド のシステムを流用したストラテジー。 エピソードIIで登場した陣営が追加。 ステージ毎に異なるキャラの視点で進むアクションゲーム。 0 現行ディズニーIPのクロスオーバー作品。 開発は『タイタンフォール』シリーズのRespawn Entertainmentが担当。 Switch スター・ウォーズ ピンボール エピソードI~VIIIに加え、スピンオフ映画『ローグ・ワン』『ハン・ソロ』 テレビシリーズ『クローン・ウォーズ』『反乱者たち』をモチーフにしたピンボール台が登場。 ゲスト出演.

次の

『スター・ウォーズ バトルフロントⅡ』協力プレイが大幅強化された本作を買うなら今がチャンス!

スター ウォーズ ゲーム ps4

また、プレイヤーは4人だけなので、プレイ中に獲得できるバトルポイントで使用できる、ヒーローやヴィランが使いやすいとも感じました。 バトルが進むとヒーローやヴィランで出撃する敵がいるので、こちらもバトルポイントで出撃できるキャラクターを使って以下に対抗していくかが最終的な勝利につながると思います。 発売から2年以上経過している本作ですが、夜中の比較的人が多めの時間帯であれば、マッチングにそれほど時間がかかることなくゲームを始められたことも付け加えておきます。 なお、Co-opモードは映画のトリロジーごとに登場する勢力からプレイしたい陣営を選んで始める仕様となっていて、今回プレイしたエピソード4から6以外にも、エピソード1から3の銀河共和国対分離連盟や、最近完結したトリロジーのレジスタンス対ファースト・オーダーの戦いも体験可能です。 イウォーク・ハンターは、小柄で毛むくじゃらな種族で、弓や槍といった原始的な武器を用いて戦います。 炎の精霊・ウィスティの入ったポーチを投げつけて敵を炎上させるほか、敵の位置を壁越しに探知したり、角笛を吹いて一時的に自身の能力を強化可能です。 しゃがんでいる間はアビリティのリチャージ速度が上がるので、活用しつつ相手を奇襲するのに向いている感じですね。 キャラクターの強化は、バトルでスコアを稼いでレベルを上げることで入手できるポイントでアンロックできるようになっていて、レベルアップ自体も早いので遊びながらキャラクターが強くなっていく実感があるという印象を受けました。 さらにはCo-opモードで気軽に大規模戦を楽しめるのは、なかなか得難い体験だと思いました。 かつて購入したソフトが手元にある人はぜひ引っ張り出して改めてプレイしてみて欲しい内容ですね。 『スター・ウォーズ』全部入りと言える本作、始めるならセール期間の今がチャンス! なお、「記事を読んでる今はもうセールが終わっちゃったよ!」という方も、本作は発売当初からプライスダウンして4,180円で購入できますし、Co-opモード以外にも、オールスターキャストでトリロジーの間の物語を描くシングルプレイヤーが搭載されているので、マルチプレイヤーを前提としなくても値段分楽しめる内容であることは間違いありません。 All rights reserved. EA, the EA logo, the DICE logo, Motive, the Motive logo, Criterion, and the Criterion logo are trademarks of Electronic Arts Inc. INCLUDE REQUIRED NOTICES FOR 3RD PARTY PROPERTIES THAT APPEAR Star Wars バトルフロントII• メーカー: エレクトロニック・アーツ• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2017年11月17日• メーカー: エレクトロニック・アーツ• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2017年11月17日• メーカー: エレクトロニック・アーツ• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2017年11月14日• メーカー: エレクトロニック・アーツ• 対応機種: Xbox One• ジャンル: アクション• 発売日: 2017年11月17日• 希望小売価格: 8,424円(税込) Star Wars バトルフロントII(ダウンロード版)• メーカー: エレクトロニック・アーツ• 対応機種: Xbox One• ジャンル: アクション• 配信日: 2017年11月17日• 価格: 未定 Star Wars バトルフロントII: Elite Trooper Deluxe Edition• メーカー: エレクトロニック・アーツ• 対応機種: Xbox One• ジャンル: アクション• 発売日: 2017年11月14日• 希望小売価格: 10,584円(税込).

次の

スター・ウォーズ初のスマホ向けSTG事前登録開始

スター ウォーズ ゲーム ps4

先日,「」の記事で紹介したものとは少々内容が異なっていたので,こちらのレポートもお届けする。 なお,ゲームプレイデモやゲームそのものについて,同作のNarrative Leadを務める Aaron Contreras氏,Audio Directorの Nick Laviers氏に話を聞くことができたので,ぜひ目を通してほしい。 主人公はパダワン(ジェダイの訓練生)である カル・ケスティスだ。 ジェダイのほとんどが殺された「オーダー66」のわずかな生き残りである彼は,ある出来事により帝国に追われる身となっている。 ゲームプレイデモには,フォースの力で物を倒して道を作ったり,相棒であるドロイド・BD-1にハッキングしてもらって電子ロックを解除したりと,ところどころに謎解きやパズル要素があった。 ゲームデザインはメトロイドヴァニアに触発されたところもあるそうで,ひたすら一本道でポイントを通過していくだけではなく,キーアイテムを求めてあちこちを行き来する場面もあるという。 戦闘時に見せるカルのアクションは軽やかだ。 ライトセーバーで敵の弾を弾いたり,ブーメランのように投げたり,フォースの力で敵を引き寄せたり,逆に吹き飛ばしたりといったさまざまな攻撃方法がある。 戦いを繰り返すことで新たなスキルを取得して,1人のパダワンだったカルが一人前のジェダイへと成長していくのだ。 特設シアターの映像では,先日公開された映像にはないシーンが確認できた。 それが 「AT-ATをよじ登って内部に侵入し,敵を倒して乗っ取る」というシーンだ。 水面を歩くAT-ATの足元に近づき,そのボディに絡みついている草やツタにしがみついて登っていく。 見事,AT-ATの奪取に成功するとコックピット視点になり,BD-1と共に操縦して戦うシーンが繰り広げられた。 こうした演出は原作の映画を意識したものだ。 今回のゲームプレイデモはゲーマーだけでなく,スター・ウォーズファンにも刺さるものだったようで,特設シアターに足を運んだ人の反応は「とても満足した」というポジティブなものが多かったとのこと。 両氏によると,ドラマチックな演出や音楽,おなじみの効果音で映画さながらの体験を実現しているのはもちろん,ゲームとしての遊びやすさや操作感も強く意識しているという。 そして「日本のゲームファンやスターウォーズファンの皆さんが,フォールン・オーダーを楽しんでくれることを祈っています」と語っていた。

次の