マッド プロフェッサー。 MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー ) >Sweet Honey Overdrive Factory 送料無料

映画「マッドプロフェッサー悪の境界線 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

マッド プロフェッサー

そんな彼の神業ライヴ・ダブ・ミックスを存分に堪能できる来日公演が決定! 都内屈指のサウンドシステムを有するLIQUIDROOMにて、重量級、圧巻のサウンドをダイレクトに体感するチャンスだ。 レーベル〈ARIWA〉を率いて1970年代末から活動、UKルーツ・レゲエ〜ラヴァーズにおける重要プロデューサーでもあり、名物ダブ・アルバム『Dub Me Crazy』シリーズをはじめ、そのトリッキーなスタイルでダブという音響表現をひとつ先に進めてきた。 さらに今年、マッシヴ・アタックの3rd『Mezzanine』リリース時(1998年)に制作されたという幻のダブ・ヴァージョン集『Mezzanine Remix Tapes 98』が、『Mezzanine』20周年デラックス・エデションのリリースとともに発表され話題をさらった。 今回の公演はマッシヴ・アタックとの珠玉の名曲をはじめ〈ARIWA〉クラシックを素材にライヴ・ダブ・ミックス・セッションで披露する。 Shojiro WatanabeとともにLIVE DUB SETを披露する予定だ。 伝説級のベースとエコーを聴き逃すな! <MAD PROFESSOR Live Dub Remix Show> Act : MAD PROFESSOR /SILENT POETS with Shojiro Watanabe 2019. 2019. 13 on sale!! 年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。 info:LIQUIDROOM 03-5464-0800.

次の

【楽天市場】MADFOOT!(マッドフット) MAD PROFESSOR(マッドプロフェッサー) 1601 ブラック/ホワイト

マッド プロフェッサー

そんな彼の神業ライヴ・ダブ・ミックスを存分に堪能できる来日公演が決定! 都内屈指のサウンドシステムを有するLIQUIDROOMにて、重量級、圧巻のサウンドをダイレクトに体感するチャンスだ。 レーベル〈ARIWA〉を率いて1970年代末から活動、UKルーツ・レゲエ〜ラヴァーズにおける重要プロデューサーでもあり、名物ダブ・アルバム『Dub Me Crazy』シリーズをはじめ、そのトリッキーなスタイルでダブという音響表現をひとつ先に進めてきた。 さらに今年、マッシヴ・アタックの3rd『Mezzanine』リリース時(1998年)に制作されたという幻のダブ・ヴァージョン集『Mezzanine Remix Tapes 98』が、『Mezzanine』20周年デラックス・エデションのリリースとともに発表され話題をさらった。 今回の公演はマッシヴ・アタックとの珠玉の名曲をはじめ〈ARIWA〉クラシックを素材にライヴ・ダブ・ミックス・セッションで披露する。 Shojiro WatanabeとともにLIVE DUB SETを披露する予定だ。 伝説級のベースとエコーを聴き逃すな! <MAD PROFESSOR Live Dub Remix Show> Act : MAD PROFESSOR /SILENT POETS with Shojiro Watanabe 2019. 2019. 13 on sale!! 年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。 info:LIQUIDROOM 03-5464-0800.

次の

マッド・プロフェッサー

マッド プロフェッサー

ノイズを極限まで減らし、歪みは最小まで抑える。 きわめてシンプルな目標のために何百回とテストを 重ねあげて、遂に満足のいくコンプが出来上がりました。 そのサウンドは自然、ナチュラル、ウォームという言葉よりも、透明、ピュア、という言葉のほうが当てはまります。 さらに、ロータリータイプの2モード切替スイッチにより、コンプモード、サステインモードに切り替えることができ、サステインモードでは非常に透明感のあるロングサステインサウンドを実現することができます。 その操作性は二台の高級コンプを足元に置いているかのごとくあなたのサウンドを強力にサポートします。 このペダルは シンプルに、ギターの持つ透明なトーンを十分に引き出すために開発されました。 このコンプレッサーはこれらの機能を持ちながらもこの小さいケースに詰め込むことに成功しました。 また、オリジナルモデルに比べ、幅広いトーンコントロールを搭載しています。 COMPモードのみの使用。 SUSTモードは使ってません。 結論からいうと、純粋なコンプレッサーを求めているなら買うべきではありません。 写真を見ての通りその機体としてはコンプらしいツマミがCOMPR以外にありません。 それどころかTONEという珍しいノブまで付いています。 レシオ、スレッショルド、アタックみたいな細かい調整が完全にできません。 要するに「メーカー側で最適な設定をしましたよ」という意図なのでしょう。 それゆえに説明不足感が否めず最初はかなり混乱します。 さて、肝心のCOMPRですがおそらくスレッショルドとレシオの調整かと思われます。 右に行けば行くほどパコパコ感が増し同時に音もデカくなります。 ここで最適なコンプ感を見つけてLEVELで音量を調整しろという意図でしょうか。 12時でもかなり強めなコンプが働きます。 僕は9~10時ほどで、スラップすると「コンプ効いてるな」とわかる感じで使ってます。 TONEですがこいつがこのペダルのキモであり、最大の特徴かつ混乱の原因です。 コンプをかけ、レベルを調整したあとの音域調整といったセクションです。 一般的なTONEツマミとは違い高音の調節に使うのではなく「どの帯域を強調させるか」という調節に使います。 これがきちんと説明されていません。 めっちゃわかりにくいです。 (説明書には英語で書かれていますがピンと来ません。 ) GtBa兼用であるためにこういう処置を施しているのでしょう。 ただ、これに気付くとすんなりと音が作れるようになります。 だいたい9~11時くらいでベースに向いた設定になるのでは。 長々と説明しましたが最後にもう一度。 純粋なコンプレッサーを求めているなら買うべきではありません。 DAWプラグインのような細かい設定はできません。 そういうのを求めてるならMXRのM87を買うべき。 しかし、上記の点を理解するとこのペダルは自分のトレードマーク的立ち位置になります。 僕はこいつのコンプとブースターの中間みたいなキャラクターが気に入っています。 常時かけっぱなしです。 人を選ぶ堅物職人系のエフェクターですが、自分のものにできるととても楽しいペダルです。 深くかけてもノイズが、ほとんど感じられず気に入ってます。 現在持ち運びしやすい簡易ボードを作成していますが、こいつを組み込む予定です。 2つのモードがあり、控えめなCOMPからなかなかエグいCOMPまで守備範囲も広いと感じました。 【追記】 電池を交換しようとしたところ電池がどんなに向きを変えても入りません。 はじめに入っていた電池を見たところ角の方が欠けていました。 強烈な圧をかけて蓋を無理やりに閉めたのでしょう。 結局、1時間試行錯誤しましたが蓋がきっちり閉まりません。 寸法が合ってないです。 電池派の人は、この商品はやめたほうが良いです。

次の