母の親友。 母の親友「俺君、お父さんの子じゃないよ?w」俺「は?」母の親友「俺君の兄妹も全員お父さんの子じゃないからw」→ 母の代理と称してやってきた女が衝撃発言...

「母親が一番の親友である」と気づく30の真実

母の親友

娘たちはまず母親を敬い、そばから離れることを拒みますが、やがては対立し、母からの助言や警告に腹を立てはじめる。 けれど、すぐに恋しがり、理解や共感を通して最終的には再び母の存在を敬って、助言や知恵を心から求めるようになるのものです。 子供の頃、多くの人が私にこう言いました。 「 思春期のうちは、お母さんのことを嫌いになるだろうし、存在自体を忌み嫌う日が必ず訪れる」って。 その日は確かにやってきたし、何年か続きました。 でも、大学生の時、母親の存在が感じられないことで息苦しさを覚えたことも…。 これまでさんざん「逃げたい」と思ってきた人に、新たな敬意が生まれた瞬間でした。 「傘を持っていきなさい」とか「靴の紐を結びなさい」と、母が言い続けていた理由をようやく理解できました。 宿題のことを気にしていた理由や、私をくだらないサマーキャンプに送り出した理由を悟ったんです。 私の部屋に男の子の出入りを禁止した理由や、私と私の友人をプンタ・カナへの旅行に連れていってくれた理由も。 それもすべて私のことを愛してくれていたから。 恋愛や人間関係の失敗が 母親の大切さを教えてくれた 友情は必要だけど、この世であなたが手にできる不変の愛は、やっぱり 母親からの愛だけ。 真夜中の電話にいつでも応えてくれるのもその人だけ。 あなたが嫌いな食べ物を熟知していて、レストランを選んでくれる。 あなたの話に耳を傾け、あなたの買い物に平気で4時間もつき合ってくれる、たった一人の存在。 母親のことを軽視したり、誤解を抱いていた時、周囲の人々は私にこう言いました。 「いつか、お母さんの素晴らしい友人になれる。 まるでダイアン・キートンの映画に出てくる母と娘のように、二人はいつか一緒にお酒を飲みながら、お互いの話を共有できるよ」と。 なのに当時の私は、こう言い返したものです。 「そんなんじゃない。 私達の関係は、物語の中の親子関係とは違うの!」ってね。 年を重ねるごとに私達は知恵を得ます。 知恵は感謝の心を生み出し、感謝の心は敬意へと成長し、やがては友情として開花するもの。 時間が経過し、家族の絆よりも強いと思い込んでいた友情関係が壊れるにつれて、私はようやく人生の真実に気づくんだと思います。 これまでに出会った 最高の友人は母親であり、これからも 彼女は私の親友であり続けるってね。

次の

母の親友「俺君、お父さんの子じゃないよ?w」俺「は?」母の親友「俺君の兄妹も全員お父さんの子じゃないからw」→ 母の代理と称してやってきた女が衝撃発言...

母の親友

娘たちはまず母親を敬い、そばから離れることを拒みますが、やがては対立し、母からの助言や警告に腹を立てはじめる。 けれど、すぐに恋しがり、理解や共感を通して最終的には再び母の存在を敬って、助言や知恵を心から求めるようになるのものです。 子供の頃、多くの人が私にこう言いました。 「 思春期のうちは、お母さんのことを嫌いになるだろうし、存在自体を忌み嫌う日が必ず訪れる」って。 その日は確かにやってきたし、何年か続きました。 でも、大学生の時、母親の存在が感じられないことで息苦しさを覚えたことも…。 これまでさんざん「逃げたい」と思ってきた人に、新たな敬意が生まれた瞬間でした。 「傘を持っていきなさい」とか「靴の紐を結びなさい」と、母が言い続けていた理由をようやく理解できました。 宿題のことを気にしていた理由や、私をくだらないサマーキャンプに送り出した理由を悟ったんです。 私の部屋に男の子の出入りを禁止した理由や、私と私の友人をプンタ・カナへの旅行に連れていってくれた理由も。 それもすべて私のことを愛してくれていたから。 恋愛や人間関係の失敗が 母親の大切さを教えてくれた 友情は必要だけど、この世であなたが手にできる不変の愛は、やっぱり 母親からの愛だけ。 真夜中の電話にいつでも応えてくれるのもその人だけ。 あなたが嫌いな食べ物を熟知していて、レストランを選んでくれる。 あなたの話に耳を傾け、あなたの買い物に平気で4時間もつき合ってくれる、たった一人の存在。 母親のことを軽視したり、誤解を抱いていた時、周囲の人々は私にこう言いました。 「いつか、お母さんの素晴らしい友人になれる。 まるでダイアン・キートンの映画に出てくる母と娘のように、二人はいつか一緒にお酒を飲みながら、お互いの話を共有できるよ」と。 なのに当時の私は、こう言い返したものです。 「そんなんじゃない。 私達の関係は、物語の中の親子関係とは違うの!」ってね。 年を重ねるごとに私達は知恵を得ます。 知恵は感謝の心を生み出し、感謝の心は敬意へと成長し、やがては友情として開花するもの。 時間が経過し、家族の絆よりも強いと思い込んでいた友情関係が壊れるにつれて、私はようやく人生の真実に気づくんだと思います。 これまでに出会った 最高の友人は母親であり、これからも 彼女は私の親友であり続けるってね。

次の

「母親が一番の親友である」と気づく30の真実

母の親友

娘たちはまず母親を敬い、そばから離れることを拒みますが、やがては対立し、母からの助言や警告に腹を立てはじめる。 けれど、すぐに恋しがり、理解や共感を通して最終的には再び母の存在を敬って、助言や知恵を心から求めるようになるのものです。 子供の頃、多くの人が私にこう言いました。 「 思春期のうちは、お母さんのことを嫌いになるだろうし、存在自体を忌み嫌う日が必ず訪れる」って。 その日は確かにやってきたし、何年か続きました。 でも、大学生の時、母親の存在が感じられないことで息苦しさを覚えたことも…。 これまでさんざん「逃げたい」と思ってきた人に、新たな敬意が生まれた瞬間でした。 「傘を持っていきなさい」とか「靴の紐を結びなさい」と、母が言い続けていた理由をようやく理解できました。 宿題のことを気にしていた理由や、私をくだらないサマーキャンプに送り出した理由を悟ったんです。 私の部屋に男の子の出入りを禁止した理由や、私と私の友人をプンタ・カナへの旅行に連れていってくれた理由も。 それもすべて私のことを愛してくれていたから。 恋愛や人間関係の失敗が 母親の大切さを教えてくれた 友情は必要だけど、この世であなたが手にできる不変の愛は、やっぱり 母親からの愛だけ。 真夜中の電話にいつでも応えてくれるのもその人だけ。 あなたが嫌いな食べ物を熟知していて、レストランを選んでくれる。 あなたの話に耳を傾け、あなたの買い物に平気で4時間もつき合ってくれる、たった一人の存在。 母親のことを軽視したり、誤解を抱いていた時、周囲の人々は私にこう言いました。 「いつか、お母さんの素晴らしい友人になれる。 まるでダイアン・キートンの映画に出てくる母と娘のように、二人はいつか一緒にお酒を飲みながら、お互いの話を共有できるよ」と。 なのに当時の私は、こう言い返したものです。 「そんなんじゃない。 私達の関係は、物語の中の親子関係とは違うの!」ってね。 年を重ねるごとに私達は知恵を得ます。 知恵は感謝の心を生み出し、感謝の心は敬意へと成長し、やがては友情として開花するもの。 時間が経過し、家族の絆よりも強いと思い込んでいた友情関係が壊れるにつれて、私はようやく人生の真実に気づくんだと思います。 これまでに出会った 最高の友人は母親であり、これからも 彼女は私の親友であり続けるってね。

次の