女の子 デッサン。 初心者のためのデッサン描き方講座

女の子の全身イラストが早く描けるようになった、クリスタ3Dデッサン人形機能に感激!初心者におすすめイラスト上達法│過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

女の子 デッサン

全身のバランス この様な図、見たことありませんか? ウィトルウィウス的人体図といわれるものです。 この図に成人男性でバランスの良い体型の二つのポイントが描かれています。 両手を広げた時の長さと、足から頭のてっぺんまでの長さが、およそ等しいと、格好いい。 両手を広げて、ぐるっと回した時にできる円と、足を広げてできる円が同じ円になると格好いい。 このようなポイントをいくつか抑えることで、全身のバランスを整える事ができます。 頭身 世の中に存在するもので、かっこよく見えるバランス、というものがあると言われています。 絵の中でいうと、7頭身とか8頭身で描くと、かっこいいんですよね。 頭身とは、頭の数です。 頭のてっぺんから顎先までの長さが、1、2、3、4、5、6、7、8と、足先まであると8頭身と言います。 下の3つの位置が主な目安になります。 5倍、このくらいの幅だと考えてください。 中には、腕が長い人や足の長い人、色々な人がいて良いと思います。 POINT 性別の描き分けをするときにも全身のバランスに気を付けます。 男性だったらへそと肘が並んで、へそがウエストの上あたりにきます。 女性はウエストと肘が並んで、へそがウエストのくびれの下に入ります。 顔のバランス 顔の黄金比というものがあります。 メイクなどでよくつかわれます。 目と目の間には、もう一つ目が入る間隔です。 あまりバランスを考えすぎると、窮屈な絵になるので、こうした知識は絵を描く道具として役立てるとよいでしょう。 成人男性の描き方 それでは、実際にバランスを意識してキャラクターを描いてみます。 まずは 成人男性を描きます。 最初に、頭のてっぺんから足の先まで、ここに描きたい、と思う場所に目安を描いてください。 次に、真っ直ぐに立たせたいので、紙に対して垂直に線を下ろします。 ここから、頭身を入れましょう。 目分量で、1、2、3、4、5、6、7…と、今回は7. 5頭身ぐらいにしました。 これが、頭身の目安です。 おおよそでかまいません。 この中にキャラクターをはめていきます。 むしろ自分の好みは、大切かと思います。 最近は肩幅の狭いキャラも多いので、今回は頭一個分くらいの肩幅にしました。 人間は結構太ももが長いんです。 成人男性ですからへそと同じ高さですね。 これで 成人男性のキャラクターのバランスが決まりました。 この描き方は、赤ちゃんや老人にも応用できます。 デフォルメして3頭身くらいで描きます。

次の

【デッサン初心者】基礎的な描き方のコツ!意外にも姿勢が大事なワケとは?

女の子 デッサン

『 マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編』はマンガの基礎デッサンシリーズの最初の一冊目になります。 シリーズ一冊目ということで、女の子の体を描くための基礎について教えてくれます。 それでは本書の中身を見てみましょう。 全てモノクロになります。 目次です。 第一章から第三章まで。 全て女の子の体を描くためのテクニックが詰まっています。 この参考書の最大の特徴は、 頭身の説明が詳しいことです。 頭身に関するページだけで30ページ以上あります。 ミニキャラの2頭身から超モデル体型の11頭身までのプロポーションの違い。 また同じ8頭身でも腰の位置を変えたり、足の長さを変えたりなどの描き分けの方法についても紹介しています。 顔の描き方です。 顔をバランスよく描くためには、目鼻口や耳などを適切に配置しなければなりません。 それを正面顔、横顔、斜め顔とそれぞれ基本的な配置の仕方について教えてくれます。 髪に関しては32ページの大ボリュームです。 ただし、髪の描き方の内容は少なく、そのほとんどがヘアスタイルの種類の紹介です。 髪はある程度描けるけど、ヘアスタイルのバリエーションをもっと増やしたい人は役立つかもしれません。 女の子の体の描き方です。 肩ラインやバストトップラインなど、横線を使って体の構造を捉えます。 手の描き方です。 手のひらや指の比率の説明があります。 バストの描き方です。 他の参考書と比べて力が入っている気がします。 乳輪の描き方も載っています。 女の子を魅力的に描くにはポーズが必要です。 体を曲げたり、ひねったりしたときの体の作画方法について教えてくれます。 女性の体は主に4つのタイプに分かれるそうです。 次のページからそれぞれのタイプ別の描き方についての紹介です。 マンガはイラストとは違い、キャラを一人だけ描けばよいわけではありません。 複数のキャラを描き分ける必要があります。 最初のコマで描いたキャラが次のコマでは頭身や目鼻口の顔のパーツが違うと、読者は違うキャラだと思ってしまいます。 そうならないためにも、きちんと頭身をあわせたり、どんな角度でも目鼻口の位置を適切に配置しなければなりません。 本書は どんな角度でもキャラクターが同じに見えるように、体の比率やプロポーションを守って描くことを重視している気がしています。 そしてそれができた上で、キャラの描き分けができるようになることが目的なのではないでしょうか? この一冊だけでマンガを描けるかは疑問ですが、 将来マンガを描くことを想定して、まずはこの本で女の子の体を描けるように勉強するのはアリだと思います。 著者が同じということは、両者には明確なコンセプトの違いがあるということです。 そのコンセプトについてはあくまで推測するしかありませんが、一応普通に見た目で判断することはできます。 マンガの基礎デッサン 女の子キャラ編は萌え絵が対象ではありません。 添えられたイラストも頭身の高いものが多く、どちらかというとリアル寄りです。 対して萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編はズバリ萌え絵が対象です。 頭身も低く、かなりデフォルメが利かせてあります。 自分の描きたい絵柄とよく相談して、どちらの参考書が合っているかよく考えてみると良いでしょう。 また、マンガの基礎デッサン 女の子キャラ編はどちらかというとマンガ向け、 萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編はどちらかというとイラスト向けな気もします。 最近は萌え絵のマンガも増えましたが、ちょっと前までは萌え絵というと一枚絵のイメージが強かったですからね。 マンガが描きたいのか、イラストが描きたいのかで判断しても良いかもしれません。 約1年8ヶ月ほど使っていた『Bamboo』から、新たにペンタブを『Intuos Pro』のM デジタルで絵を描くときに必要なものといえばペンタブです。 その中でもWACOM製のBambooは 萌え絵ではセーラー服やブレザーは定番中の定番。 しかしいざ描いてみると、細かい部分の構造がよくわ 人体構造を学ぶことは絵の上達の近道です。 それは萌え絵も例外ではありません。 今回は人体構造を Pixivで人気のヒロマサ先生の講座の書籍版第二弾が【マンガ】ヒロマサのお絵描き デジタルでイラストを始めたい初心者にとって一番気になることといえば、どのペンタブを選べばよい 萌え絵といえばコスチューム!セーラー服やブレザーにメイド服、水着や浴衣に巫女服な かわいい女の子も描きたいけど、かっこいい車やバイクなどの乗り物も描きたい……そんな人ってけっこ アニメでよく見る自然の風景といえば海と入道雲などの夏空や四季おりおりの木々などが思い浮かびます 2005年刊行と古いですが今でも初心者おすすめの良書として挙げられることが多いのが、 この『スー•

次の

漫画家自ら考案したアニメ系女の子のデッサンドール、一部クリエイターの間で人気【やじうまWatch】

女の子 デッサン

私にとって絵というのは、上手いとか下手とかではなく、「楽しそう」とか「嬉しそう」とか、あるいは「悲しそう」など、感情が表現されているものや、背景を想像したくなるもの、ストーリーが連想されるものが一番好きです。 今回はイラスト初心者さんへのおすすめツールのご紹介です。 20年前は毎日のように描いていたイラストの数々ですが、社会に出て、結婚して、出産して、封印状態。 せっかくブログを始めるのだから、たまには描きたいな・・・といった理由から、子育てブログですが、のページも追加しています。 20年ぶりにイラストを描き始めて痛感させられるのが 「絵の勘が全く戻らない!!!」 ろ・・・老化なのか😱😱😱 イラストに限らず作品を作る方で、ブランクのある方は、なんとなく共感していただけるのではないでしょうか・・・・ 1つの作品に恐ろしく時間がかかる・・・ 今日はなんだかのりが悪い。 前はどうやって描いていたんだっけ??という感覚 これ、私の場合、慢性化しています(泣) すみません、ここまで発言しておりますが、特別イラストが上手なわけではなく、イラスト描くのが好きなんだな・・・と認識してもらえそうな部類です💦 目次• 私のイラスト作成の現状 初めにお伝えしますが、私の絵は今でいうコミック画で、誰かに教えてもらった経験もなく、学生時代は勉強そっちのけでイラストを描いて遊んでいました。 イラストは人物(女の子多し)メインで、付け合わせ感覚で動物も一緒に描いておりました。 作成ソフトはCLIP STUDIO PAINT PRO(以下、クリスタ)を使っています。 このくらいの🔻肩から上の単純化したイラストなら、なんとか描いています。 さすがに20年ぶりですが、万まではいかなくても何千回と描いたので、ギリギリ描けるといったところですが、問題は全身ポーズ、あるいは腰から上など、この辺はあまりにも時間がかかってびっくりしています。 たとえばこちら🔻 奇跡的に見つかったPhotoshopで作成した20年前のイラストですが、この程度なら何も見なくても描いていました。 現在だと、こちら🔻 残暑お見舞いのイラストの線画ですが、これだけで何日かかったんだろう・・・ 時間がかかるのは下書きです。 線画にして色付けも多少かかりますが、時間が読めないほどではありませんし、そこまでこった色塗りもしていません(汗) ぶっ続けで描くわけにはいかないとしても、これ1枚描くだけで、記事3日分書けるかな・・・ぐらいのスローペースでびっくりです。 救世主 CLIP STUDIO PAINT PROの3Dデッサン人形で線画を書く もうこの機能は衝撃的すぎて言葉を失いました。 この3Dデッサン人形の機能は、人間の関節の動きなどを思った通りに再現してくれる機能です。 実際に使った後に知りましたが、痩せ型や太り気味の体型まで再現できるようです。 これでデッサン人形もお役御免となってしまったかも! 概要は公式ページにて🔻 のハロウィンイラストの企画に参加予定で、イラストを描く気は満々なのですが、全く進まず困っていた時にクリスタのガイドブックを読んで最近知ったこの機能、さっそく実践!! 私が初めて作った3Dデッサン人形のポーズはこちら🔻 この状態でプリントアウトして、トレース台を使って自分のイラストと重ね合わせて下書きを作成。 (トレース台とは、原稿の複写を目的にして、トレース台の中から光を出すことで、下書きを複写しやすくする道具です) 5ヵ月使用したCLIP STUDIO PAINT PROの感想 クリスタには何度も驚かされました。 こんなにいろいろできて5000円(ダウンロード版)でいいの??? ワンクリックで線画の抽出、標準での素材の豊富さ、デッサン人形いらず・・・ いずれは線画もクリスタで制作してみたいと思っています。 私はまだまだアナログなので、線画までは自力で描いて、スキャナで読み込んでからクリスタでイラストの線だけを抽出しています。 初心者が3Dデッサン人形を使って、イラストの完成度を上げていくのは大変効果的な練習方法だと思います! 私も20年ぶりなので初心者として励みます! クリスタの動作も、今のところ「重い・遅い」といった印象はないです。 ここはあまり素材をダウンロードしていない事も関係しているかもしれません。 これだけの機能がそろって5000円のお値段は本当に安い。 20年前、Photoshop5. 5を10万円以上をかけて購入したので、はじめてクリスタに出会った時の衝撃は詐欺かと思いました(苦笑) 最後に 洋服のしわとか、小物の方向などを参考にしたい場合は、漆うしるさんが紹介されている美少女3Dアバター製作ツール「カスタムキャスト」というアプリがとても役に立ちそうです。 このツールで理想のポーズを決めてもらえば、ポーズ集というジャンルの書籍もいらないかもしれませんね(汗) うしるさんのとってもかわいい女の子キャラが多数3D化しているので、必見! うしるさんのカスタムキャストの紹介記事はこちら🔻 追記:早速、うしるさんからコメントいただいて、カスタムキャストだとポーズの種類が少ないそうなので、このアプリの元になった「カスタムメイド」というソフトの方がポーズの種類がいいようです。 ご興味ある方は検索してみてください。 うしるさん、ありがとうございます! イラストもブログと一緒でやっぱり数は重要です。 絵を描いた数は裏切らない・・・で、あってほしい(苦笑) 漫画家やイラストレーターの方達は何万、何十万と描いていると思うと作品を見る目もまた一味変わってきます。 絵を描きはじめるまでに、子どもの頃から、あるいは大人になってからなど人それぞれですが、上手な方あるいは個性があったりセンスがある方は数えきれないほど描いていると思います。 思い起こせば、今苦戦している全身のイラストは、多く見積もっても数百しか描いていません。 そこそこ思い通りに描けないと、イラストも楽しくなくなってしまうので、こういったツールを使って作品を完成させた嬉しさを積み上げるのが上達のコツだと感じます。 ツールを使わないとずっと描けないままではないか?と心配されるかもしれませんが、やっぱり数です。 描いているうちに、いつのまにか使わなくても描けるようになる・・・予定(汗) これからもイラストは唯一の趣味なので、楽しみながら続けていきたいです。 本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の