内村 周子。 子どもの才能を最大限伸ばす子育て

内村周子体操スクール

内村 周子

【このページの目次】• 絵本トレーニングとは 体操金メダリスト内村航平選手のお母さま周子さんが、航平選手が幼い頃から続けていたというテレビでも紹介された教育法です。 絵本を使って世界を制する集中力を鍛えることができます。 絵本トレーニングの効果 自分で集中力を高める力 周子さんの絵本トレーニングは 集中力を鍛えますが、ほかの集中力トレーニングと異なるのは集中力を 自分でコントロールできるようになることです。 「絵本が開くぞ、開くぞ」とその一瞬を待ち、絵本が開いた一瞬で絵の内容を理解しようとすることで 集中力を自分の力で一気に最高潮にまで高められるようになります。 瞬間的に認識する力 絵本を開くのは一瞬だけですから、その一瞬でできるだけたくさんの情報を得る力を鍛えます。 それが 瞬間認識能力です。 見たものを理解し覚える力ですから学力の大切な基礎ですし、探偵ものではお馴染みの「 洞察力」「 観察力」の訓練にもなります。 さらに体操選手としては、自分の体が空中でどんな位置にあるのか 空中での身体認識能力も養われるのだそうです。 絵本トレーニングはいつから? 周子さんがご出演されたテレビ放送や著書を拝見する限り、トレーニングに参加している一番幼い子どもは 3歳のようです。 絵本の 絵を見て、それが何かを伝えるトレーニングですから、ある程度の言葉を覚えた3歳あたりが始めどきなのでしょう。 この瞬間認識トレーニングは絵本を卒業したら、外の風景などへと素材を変えながらずっと続けるのだそうです。 小学生になれば、スーパーへ行く道すがらすれ違った人の服装や人相を言ってみたりするなど 毎日の中でゲームのように楽しんでいたといいます。 絵本トレーニングのやり方 絵本トレーニングの手順 周子さんの絵本トレーニングのやり方はとてもシンプル。 誰でも自宅で簡単にできる集中力トレーニングです。 絵本トレーニングの実践方法 「今から一瞬だけ絵を見せるからねー。 何が書いてあったか、教えてね〜。 ヒント『生き物』です。 いくよ〜」 「1、2、3」(3で絵本を開きすぐに閉じる) 「はい。 見えた?分かった?今、何の絵だった?」 周子さんが使っていた絵本 TBS系『ビビット』によれば、内村航平選手が幼いときにトレーニングに使った絵本を、現在経営している体操クラブでも子どもたちに使っているのだとか。 その時に紹介された絵本がこちらの5冊。 『 』 『あめがふったら』 『のりものがいっぱい』 『ちいさなたんけんたい』 『チャイルド』 トレーニングに使う絵本 「一瞬だけ見たものを当てる」ことができればいいのですから、素材となる絵本は どんな絵本でも使えますが、初めて絵本トレーニングをする際に初めての子どもでもやりやすい好ましい絵本の条件があります。 トレーニング絵本選びの3条件 周子さんが実際に使っていた絵本の中で、今でもAmazonで簡単に見つけられるのは『』のみです。 そこで、絵本トレーニングに使いやすい絵本を探していました。 瞬間認識力のための絵となると次のような絵本が望ましいと考えられます。 例えば、こちらはとても可愛らしいアリさんの絵ではありますが、一瞬で判断するには少々写実性に欠けます。 大きめの絵の方が分かりやすいので、早くマスターでき、子どもの達成感を刺激することができます。 このように1ページにいくつもの動物や食べ物が描かれている絵はレベルが高すぎるので、3歳児には向きません。 できれば、同じページに他に目を引く対象物がないページを使ってあげたいところです。 このような複雑な絵は小学生になって絵を描写させるのがおすすめです。 表紙やページなどが多少丈夫な方が「一瞬で開く」「一瞬で閉じる」という動作をしやすくなります。 買うならこの絵本がおすすめ 私は機会を見つけては絵本トレーニングに望ましい絵本を探していましたが、なかなか良い絵本に出会うことができませんでした。 (いい絵を見つけても、その絵本の中にトレーニングに使えそうなページはその1ページだけだったり、背景が鮮やかすぎて対象物がいまいち目立たなかったり、小さすぎたり…)それが先日、とてもいい絵本を見つけたのでご紹介します。 ズバリ… 『 』 です。 学研出版のベストセラー「ふれあい親子のほん」シリーズの1歳版(1歳児向けは「認識の遊び・知恵」の絵本)です。 1歳児が ものの名前を覚えるためのページが瞬間認識トレーニングにぴったりでした。 しかも、1ページや2ページではなく 使えるページがたくさんあるのでコスパもいい! もちろん絵本トレーニングではなく、 ふつうの絵本としての役割は完璧に果たしてくれます。 『0歳だもん』では擬音語が多く絵が抽象的すぎます。 『2歳だもん』では対象物が一つではなく、ものの関係性や役割などを学べる内容になってしまいトレーニングには向きません。 私が使っているページ例 <どうぶつ> <のりもの> 一目で惚れこみ即買いしました。 わが家では買ったその日に定番化しました。 この絵本をおすすめした方からもとてもよい感想をいただいています。 特に初めての絵本トレーニングにはおすすめの絵本です。 家庭で(セミ)バイリンガルを目指す英語子育てに今やオンライン英会話は必須! こちらのスクールはすべて無料体験ができておすすめです。

次の

子どもの才能を最大限伸ばす子育て

内村 周子

体操内村航平選手の母であり、その指導力とプログラム内容の高さに大人気となっている内村周子先生による体操スクールです。 体操スキルのみならず、集中力、忍耐力をつけ、機敏性を養うことができる内容です。 リズム運動から器具運動までしっかり基本から指導致します。 【内村周子プロフィール】 長崎純心女子学園卒業後、現在の長崎県立大学卒業。 その後体操教室で幼児体育の指導にあたる。 1992年に夫和久氏と共にスポーツクラブ内村を開設。 2歳から大人までの体操を指導。 クラシックバレエ教師(Shuバレエスタジオ)も行っている。 自転車は必ず近隣の駐輪場をご利用ください。 年間管理費は施設使用料、光熱費に充当。

次の

【内村航平選手の母の教育法】本物の集中力を鍛える絵本トレーニングのやり方

内村 周子

スポーツと勉強という異なる舞台で子どもが活躍するお二人の子育て法は、「早期教育は早ければ早いほうがよい」「子どもをとにかく褒める」「『あとで! 』は言わない」など、非常に似ているものだった。 日本最強のママ2人が語る、子どもの才能を伸ばす子育ての極意42。 赤ちゃん言葉は使わない 内村……赤ちゃん言葉もOK! 大前提は「子どもがその人のことを好きかどうか」 など 第6章 試験・試合。 「本番に強い子」の育て方 ・メンタルを強くする 佐藤……「大丈夫」の蓄積が子どもを救う 内村……練習以上の実力は、本番では発揮できない 内村 周子 うちむら・しゅうこ スポーツクラブ内村コーチ。 長崎県在住。 長崎県生まれ。 9歳からバレエを、中学2年から体操を始める。 純心女子高校体操部を経て、長崎県立大学 当時、長崎県立女子短期大学体育科 に 進学後、九州学生体操競技選手権大会で優勝。 卒業後に就職した体育教室で出会った内村和久氏と結婚し、 1989年に長男・航平、1991年に長女・春日を出産。 1992年から和久氏とともに「スポーツクラブ内村」を運営し、体操とバレエを指導している。 また、『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』 テレビ朝日系 、 『人生が変わる1分間の深イイ話』 日本テレビ系 など、テレビ出演多数。 著書に、『「自分を生んでくれた人」』 祥伝社 がある。 佐藤 亮子 さとう・りょうこ 主婦。 奈良県在住。 大分県生まれ。 津田塾大学卒業後、大分県内の私立高校で英語教師として2年間教壇に立つ。 その後結婚し、長男、次男、三男、長女の3男1女を出産。 長男・次男・三男の3兄弟が名門私立の灘中・高等学校に進学、長女は名門私立の洛南中・高等学校に進学。 その後、4人とも日本最難関として有名な東京大学理科III類 通称「東大理III」 に合格。 「東大理III4兄妹」という快挙を達成する。 2017年春より、4兄妹全員が通った進学塾である「浜学園」のアドバイザーに就任。 全国各地で講演活動中。 また、『ノンストップ! 』『バイキング』 以上、フジテレビ系 、 『人生が変わる1分間の深イイ話』 日本テレビ系 など、テレビ出演多数。 長崎県生まれ。 9歳からバレエを、中学2年から体操を始める。 純心女子高校体操部を経て、長崎県立大学 当時、長崎県立女子短期大学体育科 に進学後、九州学生体操競技選手権大会で優勝。 卒業後に就職した体育教室で出会った内村和久氏と結婚し、1989年に長男・航平、1991年に長女・春日を出産。 1992年から和久氏とともに「スポーツクラブ内村」を運営し、体操とバレエを指導している。 大分県生まれ。 津田塾大学卒業後、大分県内の私立高校で英語教師として2年間教壇に立つ。 その後結婚し、長男、次男、三男、長女の3男1女を出産。 長男・次男・三男の3兄弟が名門私立の灘中・高等学校に進学、長女は名門私立の洛南中・高等学校に進学。 その後、4人とも日本最難関として有名な東京大学理科3類 通称「東大理3」 に合格。 「東大理3 4兄妹」という快挙を達成する。 2017年春より、4兄妹全員が通った進学塾である「浜学園」のアドバイザーに就任 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです いまや受験界のレジェンドとなった佐藤ママと、あの内村航平ママによる共著です。 面白いタッグだと手に取ってみましたが… ざっと読んだ感想を。 ポプラ社よ、このお二人を組ませて、もっと上手い本作りは出来なかったのか、と編集の不味さが残念でたまりません。 対談形式にして、忌憚のない議論を素直に収録する方が面白かったのでは。 テーマに沿ってお二人の言い分を分けて載せているだけで、冗長な印象が否めません。 しかもテーマが多く、一つ一つが掘り下げられてない。 すぐ次の話題へうつってしまう。 きれいにまとめるためにわざと浅く広い話題としているのか。 私はもっと黒亮子、黒周子の部分を知りたい 笑。 佐藤ママに至っては、既に他の本で読んだ内容の繰り返しです。 印象に残っている部分。 お二人とも、いまアツいPTA活動についてはスルーだったようで、個人的には残念でした。 もしPTAも熱心に勤めあげていらしたら、ホントにレジェンド…と期待していたのですが、やはり自分のお子さん第一を貫いたお二人だったのだな、という感想です。 ならば、「PTAなんかに時間割いてる暇はない」くらい書いてほしかった!.

次の