新型 コロナウイルス アメリカ。 —— 最新レポート

格差を浮き彫りにする新型コロナウイルス:時事ドットコム

新型 コロナウイルス アメリカ

point• 新型コロナウイルスは既に3タイプ160分類群に変異していた• 変異は「A型」「B型」「C型」の順に起こった• ヨーロッパに拡散するにあたり、ウイルスは最新の「C型」に変化していた ウイルスの最も恐ろしいところは、その驚異的な変異速度です。 変異を繰り返すことで、様々な人種や民族に対する感染能力を獲得し、薬に対しては耐性能力を生じさせます。 以前の研究で、は早くも「L」型と「S」型に変異していたことが紹介されました。 しかし今回、英国とドイツの研究者たちによって、新型コロナウイルスの進化学的な系統分析が行われた結果、 ウイルスは既に3つの型と160種類の下部グループに変異していることがわかりました。 また、ウイルスの遺伝子(RNA)を調べた結果、160種類の分類群は大きく3つの型(A,B,C)にわかれていることが判明しました。 今回の研究成果によって、人類はようやく「敵」の素性がつかめたようです。 新型コロナウイルスの系譜解明は終息のきっかけになるのでしょうか? 研究内容はケンブリッジ大学のピーター・フォースター氏らによってまとめられ、4月8日に学術論文「PNAS」に掲載されました。 Phylogenetic network analysis of SARS-CoV-2 genomes 初期型(A型)から地域型(B型)へ 円の大きさは各系統の感染者数に比例している。 また線の長さは遺伝的な相違点の多さに比例している。 この手法を取ったのは、世界各地のウイルスの遺伝子を解析して、ウイルスがどのように変異・拡散しているのかを明らかにしたかったからです。 研究チームは、最初にヒトに感染したウイルス群が、中国の武漢で入院している患者に存在していたことを突き止め、このグループに「A型」と名付けました。 「A型」は初期の幅広い感染拡大に寄与しているらしく、武漢の中国人の他に、アメリカ人とオーストラリア人にも確認されました。 しかし意外なことに、中国でもっとも多く広がっているウイルスは「A型」そのものではなく、「A型」から変異した「B型」でした。 これは 人類が知らない間に、ウイルスが初期型(A型)を使った第一波の拡散を終え、地域型(B型)を使って第二波の感染拡大を起こしていたことを意味します。 また興味深いことに、 地域型である「B型」は、どうやら東アジア人を主なターゲットにしていたという事実です。 地域型(B型)からは初期型(A型)が持っていた幅広い感染能力が失われており、欧米人などに対しては効果的な感染ができなくなっていました。 ウイルスは特定地域を攻略するために、総合力よりも地域的な適応能力を選んだのでした。 そして、周知のように、その戦略は絶大な「効果」をもたらしました。 地域型(B型)は中国で大流行を起こし、続く変異に対応する十分な母数の獲得に成功したのです。 日本に持ち込まれたウイルスも、この地域型の「B型」がメインとなっています。 東アジア型(B型)からヨーロッパに適応した最新型(C型)に変異 C型は元は、B型から派生した娘グループだったが、オリジナルのB型が弱かったヨーロッパ人に対する感染能力を獲得し、主にヨーロッパにおいて独立グループを構築するほどの勢力に成長した。 欧米での爆発的な感染はA型やB型の増殖傾向とは少し異なる。 最新型(C型)ではヨーロッパ人をメインターゲットとした改修が行われており、北部イタリアから侵食を開始、ヨーロッパ全域を制圧していきました。 さらに最新型(C型)は同じヨーロッパからの移民の歴史を持つ南部アメリカへの浸透も可能で、ブラジルを起点に南米各地へと勢力を拡散していったのです。 北部アメリカにおいては、初期型(A型)による侵攻に次いで「B型」の増援(Bグループから伸びるアメリカを示す青)、そしてヨーロッパ人に対応した最新型(C型)が投入されはじめ(Cの中にもアメリカを示す青がある)、現在もっとも激しい感染が起こっています。 今後、それぞれの型(A,B,C)が交じり合う状態になると、系統的な追跡が困難になるために、研究を急ぐ必要があったからです。 幸い研究は成功し、敵の進化系統を丸裸にすることに成功しました。 ですが、 次にウイルスが行う変異がどのようなものになるか、人類にはまだわかりません。 試験的に行われている薬剤への耐性、初期型が持っていた幅広い感染能力の再獲得、そして強毒化によって医療崩壊を引き起こす終末的な感染拡大、または弱毒化による人類との共存、どれも複数同時にありえます。 ですが仮に、全人類が重い喘息になる程度の弱毒化が「選択肢」として選べるとして、人類はその休戦協定に署名できるでしょうか? 地球規模にまで拡散したウイルスと、人類はどのような関係を構築すべきか、選択の時は迫っているかもしれません。

次の

【随時更新中】新型コロナウイルス感染症(COVID

新型 コロナウイルス アメリカ

2020年5月9日、ベルギーの首都ブリュッセル。 Well Being Trustの最新レポートによると、アメリカでは2万7644~15万4037人が"絶望死"する可能性があるという。 同レポートは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の結果、今後10年でアルコールや薬物の乱用、自殺によって7万5000人が死亡する可能性が高いとしている。 経済的な失敗、隔離、先行きの不透明感がこうした"絶望死"の主な要因になると考えられている。 新型コロナウイルスのせいで、アメリカでは今後10年で7万5000人が"絶望死"する可能性があることが、最新研究で分かった。 のレポートは、必要な介入がなされなければ、今後10年で7万5000人がアルコールや薬物の乱用、自殺で命を落とす可能性があるとしている。 「10年後に振り返った時、『あれは多く見積もり過ぎだった』と言えることを願っている」とRobert Graham Center for Policy Studies in Family Medicine and Primary Careのダイレクターでレポートの共著者でもあるジョン・ウェストフォール(John Westfall)氏は。 レポートでは、経済が回復した場合の死亡者数を2万7644人と見積もっているが、回復に時間がかかれば最大で15万4037人が犠牲になりかねないと見ていて、7万5000人が最も現実的な数字だと考えている。 また、「大量失業に伴うかつてない経済的な失敗、義務付けられた数カ月間の社会的隔離および数年にわたって続く可能性のある隔離、新たなウイルスの突然の出現による先行きの不透明感」といった新型コロナウイルスのパンデミックによる3つの要素が「絶望死を深刻化させている」とレポートは指摘している。 ロチェスター大学メディカルセンターの精神医学を専門とするエリセ・ケイン(Erice Caine)教授は、不景気で自殺が増加する傾向が続いているとInsiderに語っている。 ただ、自殺を一般化することはできないとケイン教授は強調する。 「自殺を人間の脆弱性として捉え、その背景について考えることが常に重要だ」とケイン教授は言う。 経済的困難から隔離まで、さまざまな要素の組み合わせが人に絶望感を抱かせ、自殺に追いやる可能性があるとケイン教授は説明している。 「脆弱性は人々が直面している現状に関連している」と教授は語った。 医学雑誌『』に掲載されたある論文によると、アメリカでは過去20年で自殺率が増加傾向にある。 これまでの経済成長をよそに、メンタルヘルスの専門家たちは、新型コロナウイルスのパンデミックが自殺の増加にとって最悪の事態を招きかねないと懸念していると、ブルームバーグは報じている。 "絶望死"につながる問題は、以前からあったものだとケイン教授は言う。 「緊急事態や危機が訪れると(絶望死が)かなり増える」と教授は指摘した。 によると、Well Being Trustは2017年がこれまでで最も"絶望死"の多い年だったと報告している。 ケイン教授は、アメリカは前回の不況から回復したかもしれないが、全ての人が経済的に成長したわけではなく、これが自殺率上昇の一因となった可能性があるとInsiderに語っている。 「経済成長が人々を重圧から救っていないことは明らかだ」 とケイン教授は言う。 で報じたように、アメリカではここ7週間で3300万人以上が失業を申請している。 「失業は、絶望死において非常に重大な影響を及ぼすだろう」とNational Alliance on Mental Illnessのチーフ・メディカル・オフィサー、ケン・ダックワース(Ken Duckworth)氏はブルームバーグに語った。 また、ギャラップ(Gallup)が4000人を対象に実施した調査によると、自分の人生に満足しているまたは将来に対して楽観的な成人の割合は大不況の時より低下していると、ブルームバーグは報じている。 ニューヨーク州ロングアイランドを拠点とする非営利団体Family and Children's Associationのプレジデント、ジェフリー・レイノルズ(Jeffrey Reynolds)氏は、ロックダウン(封鎖)には「矛盾」があると、ブルームバーグに語った。 「社会的隔離は命を脅かすウイルス感染からわたしたちを守るが、同時にアメリカで主な死因となっている自殺や薬物の過剰摂取、アルコール乱用に関連した病気といったリスクに人々をさらしている」と、レイノルズ氏はブルームバーグに話している。 メンタルヘルスの専門家たちが懸念していることの1つは、ロックダウンによって生じる可能性のある他の不平等が、パートナーからの暴力を含め、こうした"絶望死"の一因となりかねないということだと、ケイン教授は言う。 教授は、隔離の影響を軽減するため、物理的に離れていても愛する人たちと連絡を取り合い、つながりを維持するよう人々にアドバイスしている。

次の

【随時更新中】新型コロナウイルス感染症(COVID

新型 コロナウイルス アメリカ

趙報道官のツイートは、これに対する反論だったのかもしれないが、アメリカ軍が持ち込んだという根拠のない主張は、アメリカの政府、議会、そして国民をも激怒させた。 南部フロリダ州では「ウイルスの抑え込みに失敗したのは中国だ。 偽情報を流してみずからの失態と責任をアメリカに押しつけている」として、感染で損害を被った個人や団体が中国政府を相手取って集団訴訟に踏み切った。 アメリカ政府は趙報道官のツイートを宣戦布告と受け止めた。 偽情報を拡散させる情報戦の嚆矢を中国政府が放ってきたというのだ。 トランプ大統領が記者会見で新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と繰り返し、ポンペイオ国務長官が「武漢ウイルス」と言い続けたのは、中国に対する反撃だったと考えられる。 ポンペイオ国務長官はネット上でビデオメッセージを公表した。 実は中国国内ではそもそもツイッターは利用できない。 中国政府が認めていないからだ。 「金盾=グレート・ファイアウォール」と呼ばれる中国のネット検閲システムでツイッターやフェイスブックへのアクセスを遮断していて、接続はVPNなどを使用するしかない。 にもかかわらず、中国政府は去年からツイッターで自国の立場を海外に英語で宣伝する工作に本格的に乗り出した。 ツイッターの国際社会への影響力と発信力に利用価値を見いだし、情報戦の武器としているのだ。 中国の「ツイッター外交」を調査する研究者、ホアン氏によると、中国の大使館や外交官のツイッターのアカウントは2018年10月時点でわずか17だったが、ことし3月には127に急増した。 趙報道官のツイートを各国の大使館がリツイートし、世界各地に中国のメッセージを拡散しているという。 今や趙報道官のフォロワーは56万人、華報道官のフォロワーは34万人を超え、影響力は決して小さくない。 中国の外交官や国営メディアを情報戦のいわば「表の兵士」とするならば、実は「裏の兵士」も存在する。 それが中国政府のプロパガンダを流す正体不明のアカウントやボットだ。 ツイッター社は去年8月、香港で続く抗議活動を巡り、中国政府による情報戦に利用されたとみられる中国本土の936のアカウントの閉鎖を発表。 さらに翌9月には4301の閉鎖を発表した。 しかし、その一方で新たに大量のアカウントが開設され、今も裏の兵士が運営するものが多数、存在しているとみられている。 調査報道で知られるアメリカの非営利組織「プロパブリカ」は最近、個人のツイッターが何者かにハッキングされて中国政府のプロパガンダを流す事例も増えていると警告している。

次の