政治経済学部。 【在学生に聞いた】早稲田大学政治経済学部の就職先について解説します!

国際政治経済学部

政治経済学部

そもそも「経済学」って何? 経済学がテーマとする「経済」とはそもそも何でしょうか。 私たちは、生きていくために必要な着るものや食べ物、住む場所が必要です。 服を買ったり、食事をしたり、不動産屋さんからアパートを借りたり……。 このように、生きていく中で人がお金を使うことを「経済活動」といいます。 日本の人口は1億人を超えています。 つまり、それだけの人が経済活動を行っているということですよね。 そうした経済活動を行う人たちやそのまとまりを、経済学では大きく「経済の三主体」といいます。 会社で働いてお金を得る人々(家計)、働く人にお金を払う企業、働く人や企業から税金を集めて資金にする政府の3つです。 ……というように、人とそれに伴うお金の動きを分析していくことで、今後の経済の動きを予測したり、どんな対策が必要なのか等を協議することができるのです。 「年金制度は破綻するのか?」「外国人の労働者をどのように受け入れれば、経済的に良い効果があるのか?」といった問題を、ニュースなどでよく耳にしますよね。 そうしたお金と社会にまつわる大きな問題について考え、改善していくために必要なのが「経済学」です。 経済学部では何を学ぶの? 経済学部で学ぶ内容は、主に3つに大きく分けられます。 1つ目は、経済活動のモデルを作り数理的に分析していく「理論経済学」です。 例えば、ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学などがここに当てはまります。 ミクロ経済学では、ものが売り買いされる価格と量、需要と供給によって決まる受給理論などを学びます。 一方、マクロ経済学は、国民所得や失業率などを対象として、国全体での経済を考えます。 2つ目は、理論経済学を応用する「応用経済学」です。 労働経済学、公共経済学、国際経済学などがここに当てはまります。 例えば、労働経済学では、失業に関する問題を失業率・マクロ経済学の知識を使って考えることを学びます。 理論経済学で培った基本的な知識を、より現実の経済に当てはめることが応用経済学の役割と言えるでしょう。 3つ目は、経済学の「思想と歴史」です。 経済史、政治経済学、経済思想などがここに当てはまります。 時代に応じて、必要とされる経済学の研究は変わってゆきます。 そのために、経済学そのものを振り返る材料を与えてくれるのが経済史や経済思想です。 経済学部の人はどんな仕事に就くの? 経済学部出身の人は、実際にどのような仕事に就くのでしょうか。 就職先や進路は、保険会社、金融会社、証券会社、公認会計士、税理士、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士、宅地建物取引士、ファイナンシャル・プランナー、コンサルタントなど……多岐にわたっています。 保険や金融、税務などお金にまつわる専門職には、必ず経済学のベースが求められます。 例えば、保険の専門家であるアクチュアリー(数理保険士)になるためには、経済学の試験フローが設けられています。 また、企業の経理部門で求められる簿記の資格を得るためにも、経済学が役立つでしょう。 どんなに時代が変わっても、そこに経済活動がある限り、求められる知識です。 「大きなお金の流れを考えることが楽しい」「お金のプロになって、知識のない人の役に立ちたい」そんな人は、経済学を学んでみてはいかがでしょうか。 あらゆる職業においても、損のないスキルがきっと身につくことでしょう。 あわせて読みたい関連記事•

次の

明治大学政治経済学部の情報(偏差値・口コミなど)

政治経済学部

政治経済学部とは ここでは、政治経済学部では何を学ぶのかに、ついてお伝えします。 一読して、ぜひ政治経済学部の理解を深めてください! 政治経済学部は、政治学や経済学を中心として社会科学を研究する学部です。 政治、経済、社会など、スケールが大きく難しく感じられますが、身近な話で考えてみると、 〈政治学系〉 ・人々がより幸せで満足のいく生活を送るためにはどのような政治が必要か ・政治家の言動が社会にどのような影響を与えるか ・政治家の言動に影響を与える社会の状況は何か 〈経済学系〉 ・国内や海外ではどのようにお金が回っているのか ・景気の変動 ・人々の消費行動 以上のような項目が挙げられます。 ニュースで見たことがある、社会科の授業で少し習ったことがあると感じる方は多いのではないでしょうか。 社会科の延長として考えても良いかもしれません。 このように政治と経済を融合して社会を研究するようになったルーツは、近世のヨーロッパだと言われています。 当時のヨーロッパでは国家が経済を支配していましたが、市民にも経済活動の自由を保障しよう、という動きがありました。 それゆえ、政治と経済は切り離せないものだという考えが生まれ、政治経済学が誕生したのです。 こういった背景から、政治と経済をセットにして学問を追求するのが政治経済学の基本です。 しかし、最近では片方のみを中心に扱う大学や学科が増えてきました。 かつての流れを汲むのか、あるいは政治学か経済学のどちらか一方を学ぶのか、大学選びの際には少し着目してみてください。 政治経済学部での4年間の過ごし方 政治経済学部に所属する学生は4年間をどのように過ごすのでしょうか?日本で初めて政治経済学部を新設した早稲田大学を例に見ていきましょう! 早稲田大学政治経済学部には、3つの学科(政治学科、経済学科、国際政治経済学科)があります。 学科は出願と同時に選択しなければならないので、よく考えた上で決めるようにしましょう。 1年では各学科の専門性を高めるための「基礎」に当たる部分を作ります。 2年以降はコア科目とよばれる専門性の高い講義でより高度な知識を身に着けます。 一方で、他の学部や学科の講義も取ることになっています。 例えば、早稲田大学政治経済学部経済学科では、政治学科の講義を4年間のうちに複数取る必要があります。 卒業までに単位を取得できれば問題ないので人によって時間割の組み方は異なりますが、卒業までにどんな講義をどのくらい取ればよいのか、他学部と比べてよりきちんと確認することが大切になりそうです。 ここでは早稲田大学政治経済学部を例にあげましたが、カリキュラムは大学ごとで違います。 受験校のHPやパンフレット等からの情報収集を忘れないようにしてくださいね。 政治経済学部の学問分野 政治経済学部の学問分野は、政治学と経済学の2つに大別されます。 この2つの分野を、ときには独立して、ときには関連させて勉強することになります。 扱う分野は他の多くの学部と比べて多いですが、ここではメジャーなものについて紹介します。 〈政治学的分野〉 政治学、政治法学、政治哲学、政治思想史、社会統制、政治学史、行政学、比較政治学、地方自治、政策科学、財政政策論、経済政策論など 〈経済学的分野〉 経済学、ミクロ経済学、マクロ経済学、経済史、経済理論、国際経済、金融論、国際投資論、開発経済学、公共経済学、産業経済学、環境経済学、ゲーム理論、計量経済学など 学問分野には登場しませんでしたが、アダム・スミスの富国論やマルクス経済学など、記憶の片隅に残っているような内容も扱うことがあります。 今までの勉強の延長線というのは少しはイメージできたのではないでしょうか。 他にも初めて目にする言葉もあると思うので、こんなものもあるんだ!と興味を広げてみてください。

次の

明治大学政治経済学部の情報(偏差値・口コミなど)

政治経済学部

こんにちは! 今回は早稲田大学「政治経済学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。 早稲田大学「政治経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は早稲田大学のパンフレットを請求してみて下さい。 ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。 を使えば、早稲田大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも早稲田大学「政治経済学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。 それでは、さっそく早稲田大学「政治経済学部」の評判について見ていきましょう! 今回インタビューをした方は早稲田大学「政治経済学部」政治学科の卒業生です。 この記事の目次• 実際、私は東京大学文科三類を第一志望とし、早稲田大学政治経済学部政治学科を第二志望としており、第一志望に落ちてしまったので、第二志望のこの大学に来ました。 私は併願しませんでしたが、私の学部には慶應大学商学部を併願していた人も多く、そのうちの1人である私の友人は慶應大学商学部に合格して蹴って早稲田大学政治経済学部に入学しました。 早稲田大学「政治経済学部」の志望理由 私が早稲田大学政治経済学部政治学科を志望した理由は、政治がどのように行われてきたかには人間の思想が深く関わっており、それは哲学に通ずるものがあるのではないかと考え、そこに興味深さを感じていたからです。 もともと、私は哲学のような抽象的な物事に対する思索が好きだったので、東京大学で哲学を勉強したいと思い、東京大学文科三類を志望していました。 その併願校として、早稲田大学政治経済学部政治学科でも、政治の政治理論や政治思想という分野において、その哲学の面白みを感じることができるのではないかと考え、この学科を志望しました。 早稲田大学政治経済学部が、このような目的を達成することができる学部の中で、東京大学文科三類の次に高い学力を要する学部であり、就職率も高かったので、この学部を第二志望に決めました。 早稲田大学「政治経済学部」に入学してから感じたギャップ 私が早稲田大学政治経済学部に入学して感じたギャップは、思ったより授業がつまらないことです。 早稲田大学という有名な大学には有名な教授がいるのだから、きっと非常に興味深い講義を聞くことができるのだろうと期待していたのですが、実際、入学してから受けた授業は非常に単調なつまらないものでした。 政治については関心があったので、指定された教科書を読んでいるときは楽しかったのですが、授業に行く意欲はだんだんなくなってしまいました。 早稲田大学「政治経済学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判 世間からの評判 バイト先などで自己紹介するときに、早稲田大学政治経済学部に通っているというと大体驚かれ、「頭がいいんだね」と言われます。 ただ、早稲田大学に対してはあまり真面目に勉強している学生というイメージはないように感じます。 お酒をあまり飲まないと、「あれ、早稲田生なのにあんまり飲まないんだね」と言われることがあります。 また、国立大学に通う知り合いからは、「かっこいい男の子が多そうだね、うらやましい」と言われることがあります。 内部生からみた評判 政治経済学部は、早稲田大学の学部の中では一番偏差値が高いので、一番頭がいい人が多い学部だと考えられており、サークルなどの自己紹介で、政治経済学部だというと大体「すごいね」と言われます。 ことあるごとに政治経済学部であることについて触れられることが多いように感じます。 他の学部より少し上のステータスであるという扱いを受けることが多いです。 そのようなこともあってか、サークルの幹事長や部活のキャプテンにも、政治経済学部の学生がなることが多いです。 学部間のステータスの差があまりにも明らかなので、政治経済学部の学生は自己紹介の際に自分の学部を言いづらいと感じている人が多いです。 早稲田大学「政治経済学部」のそれぞれの学科で勉強すること 政治経済学部には政治学科、経済学科、国際政治経済学科があります。 政治学科においては、政治学を中心に学びます。 具体的には政治分析、政治理論について勉強をします。 概念の理解などが多く、数式を用いることはほとんどありません。 経済学科においては、経済学を中心に学びます。 具体的にはミクロ経済学、マクロ経済学について勉強します。 経済数学が必修科目なので必ず、数学を勉強する必要があります。 国際政治経済学科においては、政治学科と経済学科の必修科目がどちらも必修となっているため、政治分析、政治理論、ミクロ経済学、マクロ経済学を学びます。 それに加えて、国際関係論など国際政治について詳しく勉強します。 難易度や人気順は政治学科、経済学科、国際政治経済学科の順に高いとされています。 早稲田大学「政治経済学部」のリアルな就職先について 政治経済学部のうちの優秀な層は、マッキンゼーなどの外資コンサル会社や、NHKなどテレビ局、三菱商事などの大手商社、三菱地所などの大手不動産会社、省庁に就職します。 彼らの多くは勉学において優秀なだけでなく、体育会の部活に所属している学生です。 就職せずに、法曹を目指して法科大学院に進学する人もいます。 また、公認会計士を目指して会計士試験を受験する学生もいます。 普通の層は、みずほ銀行などのメガバンク、三菱UFJ銀行などの大手保険会社などに就職します。 またこの層に属しており、この学部の就職先として最も多いのは東京都職員です。 政治学科があるからか、東京都職員以外にも地方公務員を目指す人は多い傾向にあります。 残念な層は、地方銀行や、メーカー、人材派遣会社などです。 この層には、少しのんびりしたような学生が多い感じがします。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、早稲田大学「政治経済学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。 早稲田大学「政治経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひで早稲田大学のパンフレットを請求してみて下さい。

次の