聖教 新聞 金額。 読売新聞が購読料値上げ

新聞各紙の電子版を比較!機能や値段・購読料金、キャンペーンも解説

聖教 新聞 金額

統一地方選後半戦の結果を受け記者会見する公明党の山口那津男代表=2019年4月22日、東京都新宿区の同党本部(写真=時事通信フォト) 会員が自ら購読料と配達を請け負い、布教活動 『聖教新聞』は、1951年4月20日に創刊された。 最初は10日ごとに刊行される旬刊だったが、しだいに発行の頻度が高くなり、1965年からは日刊になった。 宗教教団の出している日刊の新聞は現在、統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)系の『世界日報』と『聖教新聞』だけである。 『聖教新聞』の購読者を増やすことが組織の拡大に結びつくと考えているため、創価学会に入会していない人間にもその購読を勧める。 場合によっては、会員自身が購読料を負担し、読者になってもらうこともある。 したがって、熱心な会員は、新聞の購読料を何部分も負担している。 配達も会員がおこない、それは信仰活動の一環としてとらえられている。 配達の報酬は、まったくないわけではないが、かなり薄謝である。 ただ、配達員は、創価学会の組織から「無冠(むかん)の友」と呼ばれ、賞賛されるし、会員は「池田大作(いけだだいさく)先生のお手紙」を配達する重大な使命を果たしていると考えている。 『聖教新聞』の布教活動は、創価学会で重要視されている折伏(仏教用語で、相手の主張を論破し、屈服させることで教えを受け入れさせること)に近い。 以前は、創価学会に対して猛烈に反発する一般の人たちが少なくなかったが、それも、かつては創価学会が盛んに折伏をおこなっていたからである。 会員が自宅に押しかけてきて、延々と折伏をおこなうこともあった。 なかには、一般の日蓮宗や他宗派の寺、あるいはキリスト教の教会に出かけていき、そこで説かれる教えは間違っていると折伏をおこなうような会員たちもいた。 これが、創価学会は攻撃的な宗教であるというイメージを生むことにつながった。 創価学会が会費無しで成り立つワケ 経済的な面での創価学会の特徴は、創立当初から、入会金も月々の会費もないというところにあった。 会員になっても、お金はかからないというわけである。 ただ、それでは組織としての活動はできない。 そこで、資金源として活用されたのが、『聖教新聞』の購読料だった。 現在、『聖教新聞』の発行部数は550万部に達しているとされている。 会員が『聖教新聞』の拡大に熱心なのも、その購読料が創価学会の活動を支えているからである。

次の

創価学会とは!分かりやすく教えてくれ~なんなんだよ怖い(^_^;)

聖教 新聞 金額

8月中1週間新聞を止めました。 休んでいる期間の新聞は配達を断ったため手元にありません。 本日、集金が来たのですが 「今月は休んでたので通常3,007円のところ2,900円でいいです」と言われました。 7日間分とらないのに何故この金額になるのか?と思い集金の方に質問しました。 その回答は 「うちは基本的に月契約なので、日割計算はしていない。 ただとってない期間もあるので今回はサービスして107円引きです。 4月に現住所に引っ越してきたばかりです。 (今回のケースなら679円引き) この話をしたら、「うちは小さな新聞店なので同じようなサービスは出来ない。 …ただそこまで言うなら2,800円でいいです」と言われ、ごねたから値下げした…というような感じになりました。 同じ新聞を取っていて支払いの扱いが違うことに納得がいかないだけなのですが…。 また、以前の住んでいた地域で6ヶ月契約の期間中に引越しをしたため、以前の新聞店から現在の新聞店に直接連絡が行き、私の新聞購読契約が続行された経緯があり、自分から現在の新聞店と契約をしたわけではありません。 ちなみに今回の話でもめたため、「今後取らない期間の新聞も後日まとめて配達しますので、通常の料金を払ってください。 この辺の人は皆そうしてるし、あなただけ特別というわけにはいかないんです」と言われました。 納得がいかな~~い! …法律的に正しい解釈はどのようなものなのでしょうか? 詳しい方教えてください! 契約は6ヶ月契約ですよね。 厳密に言えば契約上は販売店の言う「今後取らない期間の新聞も後日まとめて配達しますので、通常の料金を払ってください。 」が正しいです。 日割り契約(もともとありませんが・・・)でなく月契約ですので、休止期間は「お客さんからの申し出により配達を止めているだけ」です。 したがって、法律的に正しい解釈は、「配達休止期間分の料金も支払う義務がある。 」ということです。 休止期間の料金を取らないのは、販売店の独自サービスです。 ですから、前の販売店と現在の販売店の違いはあって当たり前なわけです。 では、なぜお客からの休止期間の申し出を受けるのか。 これはもっぱら「防犯上の理由」からです。 新聞が新聞受けからあふれるほどたまっている=長期間留守ということですから、地域に密着している新聞屋さんがこれを無視することはできないからです。 しかし、質問者さんのお気持ちは十分に理解できます。 値引きをするのが当たり前と思わずに、値引きしてもらってラッキーと考えましょう。 法的にいえば販売店のほうが正しいと思いますね。 月契約ということは、原則的に何があろうと1ヶ月31日分は払うということです。 例として、月ぎめ駐車場を考えれば簡単かと思います。 たとえ駐車しない日があっても月駐車料金は変わりません。 販売店も新聞社から購入する新聞部数は質問者さんが休止したからといって減るものではありませんし、配達員の回るルートが変わるものではありません(原則的には)。 それでも値段を下げてくれるのはあくまでサービスであって、それ以上を要求できるのものではありません。 同じ新聞であっても、契約しているのは販売店であって、新聞社ではありません。 同じメーカーの品物であっても売っている店によって値段が異なるのと同じです。 Q 現在、朝日新聞を定期購読しています。 いままで、三年や五年単位で契約していました。 が、最近全く読まなくなったので、中止したいのです。 「夫が転勤で私一人、読まないので」 というと、 「後ほど担当者から連絡させていただきます。 」 ということで、連絡待ちとなりました。 ネットでみたところ、契約を解除するのって、大変そうですね。 どうすれば、契約解除できるのでしょうか。 契約時には笑って、 「いつでもやめられますから。 」 なんて話しているのに・・・。 確かに、契約時に洗剤をいただきました。 その洗剤分程度の金額はお返ししてもよいです。 もし、違約金が発生するのであれば、どのくらいのものなのでしょうか。 」 という、確認の電話がありました。 このような相談をできるところはあるのでしょうか。 販売担当者の一存なのでしょうか。 A ベストアンサー もちろん、日割り計算はできます、 ただし、日割り計算をした結果が月極価格(¥3925)を上回ってしまう場合があります。 今回の場合、中止めの日数が短くて、かえって高くなってしまうので、 このような言い方になってしまったのかもしれませんね? 私なら「日割りにすると、かえって高くなりますよ」と言いますが…。 あと、読売新聞の販売所の系列は「FC」と「RC」があります、 「RC」は、従業員の教育もしっかりできていてトラブルは少ないのですが、 「FC」は、けっこうオーナーがいい加減な人が多く、あまり従業員も教育されていません。 あまり対応がひどいようでしたら、本社顧客窓口にクレームとして言ってみるのもいいかも知れません、 うちの近所の販売店は、あまりにもクレームが多かったみたいで、つい最近「FC」から「RC」になりました。 ちなみに、私はそこの販売店の「元従業員」でしたが… Q 新聞の中途解約について。 同じような件もあるのですが自分はどうしたらいいのか分からず、長くなりますがお聞き下さい。 ・二年間購読後、更新時に経済的な理由で支払いがつらく「2日に1度の配達で半額なら継続するけど」と冗談半分で言うと後日、「2日に1度の配達は無理だが月/2500円でいい」と言われ、断りきれず1年契約。 粗品も数点受け取りました。 ・3ヵ月後、「やはり支払いがキツイので解約したい」と集金人に言うと「わかりました。 伝えます」 ・翌月からも止まらず、1週間後電話し、「申し訳ないが支払いがキツイので解約したい」と言うと「わかりました。 」事務的に普通の会話。 ・配達は止まらず、再度1週間後電話し、前回とは別の人が出てまた同じ話。 が先方は早口で「でもね奥さん、奥さん…」こちらの話を聞こうとする気がみえず、私もだんだん腹が立ってきてけんか腰に; ・配達は止まらず。 4~5日間、留守番電話に「配達しないで」 ・先方からは連絡なし。 ・店員がいそうな時間に電話して「店長は?」聞くと不在で「連絡下さい」と伝言 ・数日たって店長から電話。 (1回目に電話で話した人?)「解約はできない」「契約違反」「違約金」「せめて6ヶ月でもとってほしい」等はじめて聞きました。 私は今までの経緯が気に入らず、やはりケンカ腰で;(反省してます;) ・「公正取引委員会」「販売取引委員会」「本社」等にも相談しましたが、結局「販売店さんとお話して」みたいなことでした… 月/2500円も特に罰則は無いそうです。 「安売りは止めなさい」って言うぐらいとのこと… ・再度、店長へ電話しても留守。 連絡無く、こちらから電話。 「裁判するぞ」というので「そうしてください」と電話を切る。 (この時は先方がケンカ腰でした^^;) ・配達止まらず。 いつもこちらから電話するだけで、先方から連絡がなかったこと、初めに「解約できない」等の説明が無かったこと、気に入りません。 最初に「違約金」「6ヶ月」などの話を聞いていればどちらか受け入れました。 こちらから再々電話して、その対応が納得できません。 6ヶ月たったら止まるか?と思ったらまだ配達されています。 が、月に数回配達されない日もあります。 読んでない新聞がどんどんたまってます。 捨てるに捨てれません。 無料の法律相談に行こうかと思いますが、最近休みもほとんど無しで、すぐには行けません。 「しばらく実家に帰ります」「引っ越します」等のウソの張り紙でもしようかとも思うのですが… 実際、お盆に実家に帰る予定、1年以内に引越しは予定してるのですが・・・ 販売店さんが裁判したいなら、してください。 って気持ちです。 ただ、読みたくない新聞が毎日入ってるのが、ストレスで… どうしたらいいでしょう… 新聞の中途解約について。 同じような件もあるのですが自分はどうしたらいいのか分からず、長くなりますがお聞き下さい。 ・二年間購読後、更新時に経済的な理由で支払いがつらく「2日に1度の配達で半額なら継続するけど」と冗談半分で言うと後日、「2日に1度の配達は無理だが月/2500円でいい」と言われ、断りきれず1年契約。 粗品も数点受け取りました。 ・3ヵ月後、「やはり支払いがキツイので解約したい」と集金人に言うと「わかりました。 伝えます」 ・翌月からも止まらず、1週間後電話し、「申し... A ベストアンサー まず更新時に向こうから出向いてきたのなら確実にクーリングオフ(8日以内?)はできたと 思います。 契約書の裏に必ず書いてあるはずです。 また、6ケ月たったというのですが、集金には来ていますか? このような販売店は鬼のようにあるので質問者さまが怒るのはもったいないです。 ・新聞を一時止めてくれ、再開時にはこちらから電話するのでそれまで絶対に入れないでくれと言う。 ・消費者センターに相談してみる(これはかなり効果があります。 ) ・ドアポスト(に入っているとして)に張り紙をして契約は終わっているので 入れないでくれ、入れてもお金は一切払わないし火事になったら責任を取ってくれと書く。 月に数回配達されない日もあります・・・中にはこれでお金を払わないつわものもいます。 理不尽なことをいわれるのであれば電話を録音しておきましょう。 消費者センターはかなり有効ですよ。 違約金だの解約はできないだのと言われたと言いましょう。 お引越し予定とありますが、引越し先でもこのようなトラブルは回避しましょう。 頑張ってくださいね! A ベストアンサー 新聞配達をしています。 新聞変更、お取り置き、中止のご連絡は、前日の午後5時までにご連絡くだされば、対応させていただいています。 また、お忙しくてお電話できない状況の場合には、2日ほど前に新聞受けにその旨を記入した紙を貼っておいていただければ、対応させていただいています。 この時、停止なのか、お取り置きで連休後にまとめて配達か、を明記していただけると助かります。 新聞店の電話は、朝7時頃までなら誰かしら人がいます。 昼は2時頃から5時ころまで。 (夕刊の関係) 朝2時半には動き出すので、夜9時には就寝することが多いですよ。 私は深夜12時まで平気で起きています。 (以前は新聞配達と別の仕事、二つを掛け持ちしていました。 ) 私の地区の場合ですが、事務員に言っても、連絡不行き届きの可能性が高い(配達員と接触する時間帯があまり一致しない為。 )ので、地区の担当配達員に言ったほうがスムーズにいきます。 ご参考までに。 A ベストアンサー 統合版3723円,全日版 朝刊のみ 3007円という案内はネットでなくても新聞にも印刷されています。 新聞によって異なるかも知れませんが最終ページの1ページ前の上段欄外が多いです。 価格は再販価格で全国同じだと思います。 地域によって統合版か全日版かが決まっています。 統合版の地域で朝刊だけを希望しても全日版が配達されるのではなくて統合版の朝刊だけが配達されます。 ですから大事な記事 情報 が見られ 届けられ ない場合も出てきます。 で、価格ですが統合版の地域で朝刊だけを希望する場合の価格は再販価格ではなくて販売店が独自に決めることになっています。 Q こんにちは。 とても困っています。 ある地方紙を購読していましたが、今年4月に毎日新聞の勧誘員が来て、一年間購読契約を結べば三ヶ月タダ、という条件につられて契約してしまいました。 しかし新聞自体の内容や論調があわず、八月のはじめに購読の中止(八月いっぱい)を販売店に電話して依頼しました。 電話には若い女性がでて、上司に言っておきます、と簡単に受理されたので、契約の解除ができたものと思っていました。 ところが今日、新聞受けに販売店店長からの手紙が!一年契約は解除できません、ご了承ください、とだけかいてありました。 怖いです。 電話でも来訪でもなく手紙で有無をいわさず・・・。 今後どう対応したらいいのでしょうか。 助けてください!! ちなみに勧誘員さんには、年の途中でも、引越ししたとかいって解約すればいいんですよ~、といわれていたのですが・・・。 A ベストアンサー お試し購読もせずに一年間の契約をしてしまったのは軽率でしたね。 契約書あるでしょう?このまま解約に応じると、新聞販売店は損がでます。 新聞の購読契約は新聞拡販員としたのではなく、販売店としているのです。 拡販員は契約に対して、手数料をもらっているだけなので、交渉は新聞販売店とする事になります。 1ヵ月750円の割引です。 5ヶ月なので11250円分すでに配達済み。 差額15750円。 どうしても解約したいのなら、この分の支払いを求められてもしょうがありませんね。 新聞拡販員に契約時、何か金券や商品を頂いていたのなら、その分も返却しなければなりません。 また、新聞販売店が拡販員に支払った手数料も。 契約とはそういうものです。 契約解除に当たって3か月分の購読料相当の金額の支払いを求められました。 転居などは特殊な状況です。 上手に新聞販売店と交渉しましょう。 親が一時トラブルになった事があります。 新聞本社にて教えてもらいました。 注)計算は自分でしてください。 お試し購読もせずに一年間の契約をしてしまったのは軽率でしたね。 契約書あるでしょう?このまま解約に応じると、新聞販売店は損がでます。 新聞の購読契約は新聞拡販員としたのではなく、販売店としているのです。 拡販員は契約に対して、手数料をもらっているだけなので、交渉は新聞販売店とする事になります。 1ヵ月750円の割引です。 5ヶ月なので11250円分...

次の

諸法実相抄 日蓮大聖人御書講義 (聖教文庫) / 御書講義録刊行会 / 聖教新聞社 【送料無料】【中古】 / 古本、CD、DVD、ゲーム買取販売【もったいない本舗】日本最大級の在庫数

聖教 新聞 金額

酒類・外食以外の飲食料品• 週2回以上発行される新聞 (定期購読契約に基づくもの) が軽減税率の対象となります。 新聞については、全てが軽減税率対象となるわけではなく、 「週2回以上発行される新聞 (定期購読契約に基づくもの)」 のみ対象となります。 ですので、コンビニで購入した場合や、週に1回しか発行されない新聞などは対象となりません。 また、最近は電子版の新聞も増えてきましたが、この電子版も軽減税率対象とはなりません。 当然、雑誌も対象とはなりません。 例えば読売新聞の場合、• 読売新聞• スポーツ報知• 読売KODOMO新聞• 読売中高生新聞• The Japan News を販売しています。 このうち、• 読売KODOMO新聞• 読売中高生新聞 については、週1回しか発行されませんので、消費税率は10%となります。 新聞を経費とする場合の取り扱い 新聞を経費としている事業主や会社の方も多いと思います。 そこで気をつけていただきたいのは、「業界新聞」の取り扱いです。 業界新聞も「週2回以上発行される新聞 (定期購読契約に基づくもの)」に該当すれば軽減税率対象となります。 ちなみに、税理士業界では• 納税通信• 税理士新聞• 週間税のしるべ がありますが、いずれも週1回以下の発行となりますので、軽減税率対象とはなりません。 実際に記帳するときは、週何回発行なのかを確認した上で、会計ソフトなどに入力するようにしましょう。 スポンサーリンク 新聞販売店の取り扱い では、新聞販売店の場合の取り扱いはどうなるのでしょうか? 売上、仕入、補助金の取り扱いに分けて解説します。 売上の取り扱い 新聞販売店の売上は大きく分けると次の通りです。 定期購読者への新聞販売• コンビニや売店などへの新聞販売• 新聞折込料• カレンダーなどの販売 上記のうち、 定期購読者への新聞販売のみが軽減税率の対象(8%)となります。 ただし、週1回しか発行されない新聞は対象外(10%)となりますので、しっかり区分しましょう。 仕入の取り扱い 新聞販売店は、新聞社から仕入れた新聞を読者へ販売しますが、新聞社からの仕入れは軽減税率の対象となりません。 新聞社からの仕入れは定期購読へ基づくものではないからです。 よって、新聞販売店は、 「10%で新聞を購入し、8%で販売する」 こととなります。 補助金の取り扱い 新聞業界特有のものに、「新聞社から新聞販売店に支払われる補助金」があります。 こちらの補助金については、消費税の取り扱いは 仕入れの返還となります。 課税売上ではないので注意しましょう。 また、消費税率は増税後は10%となります。 まとめ 消費税軽減税率のうち、新聞の取り扱いについて見てきました。 購入する側は、新聞の発行回数や定期購読に基づくかどうかに注意して区分すれば良いので、難しくはありません。 注意していただきたいのは、新聞販売店側です。 軽減税率が導入されることにより、新聞販売店は、 資金繰りが一時的に悪くなります。 どういうことかというと、 例えば「仕入価格は2,000円販売価格は3,000円(税抜き)」とした場合に、軽減税率導入前と導入後の利益と消費税は次のようになります。

次の