お茶 出し コロナ。 緑茶カテキン(EGCG)の新型コロナウイルスへの抗ウイルス作用がもっとも高いとの研究結果が発表

コロナ後こそ環境問題を考えて 気候科学者 江守正多さん NHK特設サイト

お茶 出し コロナ

応接ソファーのすぐ横(数歩以内)に給茶機があり,その機械に「当社ではお茶はセルフサービスになっています」という表示がはっきりと書かれているのであれば,可能でしょうネ。 実際にそういうところを知っています。 某大手メーカーなのですが,そこでは,お茶・コーヒー・紅茶のホット及びアイスがセットされていて,客が自由に選択できるようになっています。 そして,席に案内される際に「申し訳ございませんが,お好みのお飲み物をお選びください」と言われますネ。 別の某大手メーカーでは自動販売機が置いてあり,料金投入の穴はふさがれています。 そして,「ご自由にお飲みください」と表示されていて,客が好きな飲み物を選べるようにしてあります。 機械が遠くにあり,社員と共有であるという場合などは,基本的に不可であろうと思われます。 お客さんを客として考えていないと不快に感じられても仕方がないでしょうから。 お客さんが来たら,担当者と喫茶店に行ってもらうというのもよいかもしれませんネ。 以上kawakawaでした 私が実行しているのは、「共有湯のみ」は破棄。 名前のついたマイコップのみ食器棚へ。 (流しに「トン!」と置かれるのを防ぐため。 自分で洗ってもらうまで徹底しないと意味ないですからね。 ) ・・・ん!?ご質問は「来客時」ですか??? お客は、人ン家のお茶は勝手に飲めないでしょう。 なので私は「セルフ化=制度廃止」と受け取ります。 あくまでもセルフなんですから、chirochirochiroさんは何も心配しなくてもいいのではないでしょうか? お客が多い会社なら給茶機の横に紙コップでも置いておけばどうですか。 「ご自由にどうぞ。 」って。 でも、きっとこの給茶機を管理しているのもchirochirochiroさんなんですよね?これごと廃止しないとあまり意味がないですよね・・・。 >会社で来客時のお茶だしをセルフ化しようと上司が言い出しました。 何もしなくていい。 と言うことです。 初めは気になるでしょうが、1ヶ月もすれば慣れます。 お言葉に甘えて「無視」しましょう。 それが「セルフ化」です。

次の

コロナ禍から消費拡大を 7大産地が一堂に「長崎茶市」

お茶 出し コロナ

ビジネスマナーとして、会議や来客者へのお茶の出し方はきちんとした作法があります。 会議や来客者へのお茶の出し方によって、その会社のレベルがわかるものです。 あとでも詳しく紹介したいと思いますが、最近では夏や冬といった季節に関係なく、会議や来客者にペットボトルでお茶を出す会社も増えています。 その場合、紙コップなどをつけるところもあれば、紙コップをつけないでそのまま出す会社もあります。 もちろん、会議などの際にペットボトルや紙コップなどではなく、きちんとした湯のみで出てくる場合もありますし、紙コップとホルダーを使ったお茶の出し方を行う場合もあります。 それでは会議や来客者へのお茶の出し方のマナーを紹介します。 夏は冷たい・冬は温かいお茶を出す 夏場には冷たいお茶を出し、冬場には温かいお茶を出すというのが一般的です。 当たり前と言えば当たり前の話ですが、夏場には冷たいお茶を出すといった小さな気配りもやはり、会議や来客時のお茶出しマナーとしてしっかりとおさえておきたいところです。 夏場には冷たいお茶を、冬場には温かいお茶を出すということはしっかりとおさえておきましょうね。 一般的に会議や来客時には紙コップとホルダーでお茶を出す 会議や来客時のお茶の出し方で一般的に最も多いとされるのは、紙コップとホルダーでお茶を出すというケースです。 会議の前にトレイに乗せて応接の場まで運び、会議や話が終わった後はホルダーだけ残して紙コップは使い捨てという流れです。 夏場、冬場といった季節に関係なく紙コップとホルダーでお茶を出すというのが一般的と言われています。 夏場であれば紙コップに冷たい飲み物を入れれば、紙コップに水滴が出て来やすく相手の手を濡らせてしまう可能性もあります。 さらに冬場であれば、温かい飲み物を紙コップに入れるため紙コップのみでは手が熱いと感じる可能性もあります。 そのようなことも考え、夏場、冬場に関わらず紙コップと一緒にホルダーを出すようにするのがおすすめ。 お菓子も一緒に出す場合はお茶より先に出す 会議や来客時のお茶出しマナーで、お茶と一緒にお菓子を出すこともあると思います。 このお茶とお菓子をどちらから先に出すか順番はご存知でしたか?お茶とお菓子を一緒に出す場合は、お茶よりも先にお菓子を出すというのがお茶出しのマナーですので、しっかりとおさえておくことが大切です。 お菓子が左・お茶は右で出す 先ほど、会議や来客時のお茶にあわせてお菓子も出す場合には、お菓子から先に出すのがマナーだと紹介しました。 続いておさえておいてほしいのは、お茶やお菓子を出す相手のどこに何を出せばいいのかというところです。 相手から見て左側にお菓子、右側にお茶が来るように出すのがマナーです。 しっかりとおさえておいてくださいね。 あわせて、夏場は冷たいお茶、冬場は温かいお茶を出すと紹介しましたが、相手の右側にお茶を出す際に、「少々熱いのでお気をつけください」など一言つけると印象も良いです。 二品目を出すときは別の飲み物を 会議や来客のときにお茶を出したあと、思ったより時間が長引きお茶のおかわりを出すこともあるでしょう。 そのときにビジネスマナーとして覚えておいてほしいのが、お茶のおかわりを出すときなど二品目を出すときには一般的に違う飲み物を出すというのがマナーであるということです。 夏場に出すお茶出しで例えると、一品目が麦茶だとしたら、二品目は緑茶など一品目とは別のものにすることをおすすめします。 ペットボトルでのお茶の提供も増加中 会議や来客者にペットボトルのお茶を出す会社も最近ではかなり増えてきました。 お茶の出し方でペットボトルを使う理由としては、長期保存とその携行性が挙げられます。 ペットボトルで出される理由は比較的長く保存しておけるから 会議や来客時のお茶の出し方をペットボトルにすると、比較的長く保存しておけますし、携行性の良さから、会議中など相手が手をつけなかった場合も持ち帰ることができるのでちょっと得した気分になりますよね。 ペットボトルでのお茶の出し方のマナーとは? 従来と違って、会議や来客時のお茶の出し方でペットボトルを出すというケースも増えてきました。 ですが、会議や来客者へお茶を提供するにしても、お茶の出し方のマナーを守って会議や来客者には出したいですよね。 ペットボトルに紙コップをかぶせて出す 会議や来客者へのお茶の出し方で、ペットボトルのみで出す会社もありますが、もう少し丁寧なお茶の出し方をするのであれば、ペットボトルに紙コップをかぶせた出し方をすると、より来客者に対しても丁寧な印象を与えられるでしょう。 お茶の出し方で紙コップを使うかどうかは相手次第ですが、来客時のお茶の出し方として、ボトルそのままよりも紙コップと共に出す方が親切です。 特に女性場合、飲み口に直接口をつけて飲むのは上品な飲み方ではないので、紙コップを出してもらうと配慮がある会社だと思ってもらえるでしょう。 賞味期限を確認 お茶を出すときにはしっかりと賞味期限内のものかどうかを確認しておきましょう。 たまにあるのが会社の倉庫などをまとめて保管していて、そこから客出し用のペットボトルを出したときに実は賞味期限が切れているということです。 出す前に念のため賞味期限が切れていないか確認しておきましょう。 ペットボトルのフタが開いていないものを出す こちらもたまにある失礼な話なのですが、必ずフタは開いていないものを出すようにすることが大切です。 お茶出しに急いでいるときに見落としがちな部分となりますので、お茶を出す前に一度立ち止まり、期限期限とフタが開いていないものかどうかをしっかりと確認して出すようにしましょう。 来客者へのペットボトルでのお茶出しは紙コップも一緒に!夏は冷えたものを出すなどの配慮も! 今回は会議や来客者にお茶を出す際の、ペットボトルでの提供マナーについて見ていきましたがいかがでしたでしょうか?ボトルだと会議中などに飲めなかった場合も来客者に持ち帰りを進められるので、来客者が会議などでその場で飲めなくても相手の都合で飲んでもらえるのでちょっと得した気分になれますね。 とはいえ、簡易的な印象を来客者に与えがちなので、来客や会議などに出す時には、ペットボトルとは別に紙コップをつけるなど、マナーを意識した出し方をするようにしましょう。 また、夏場には常温より少し冷えたお茶をだすなど小さな心配りもできるといいですね。

次の

コロナ後の旅、宿のおもてなしは…「備品使い捨て」「お茶出し不要」|【西日本新聞ニュース】

お茶 出し コロナ

「大気汚染が深刻なインドで数十年ぶりにヒマラヤが見えた」 「イタリアのベネチアで緑色に濁っていた運河の水が透明になった」 コロナ禍にある世界各地からこうした自然環境に関する驚きの報告が相次ぎました。 こうした事態を環境の専門家はどう考えているのか。 そしてコロナ禍のあとに考えるべき環境政策とは? 国立環境研究所の江守正多さんに話を伺いました。 未曽有のCO 2減少 インド ニューデリーで深刻な大気汚染改善 コロナ禍により世界中で二酸化炭素の排出が削減したという話を耳にしますが? 江守さん これは未曽有というか、とてつもない大きさ、誰も予想していなかった現象です。 気候変動問題に関わる二酸化炭素の排出についてはいろいろな試算が出されていますが、ピーク時で昨年に比べて17%削減したというふうに見積もられています。 (4月7日 The Global Carbon Project推計) さらに1年間でみると7%から8%ぐらいの削減になるのではないかと言われています。 (IEA=国際エネルギー機関推計) 年間7~8%のCO 2の排出削減がどれぐらいすごいかといえば、リーマンショックの時のピーク(2009年)でも2%も削減しなかったわけです。 それと比べると7~8%の削減というのがいかに大きいか分かります。 壮大なことが起こっているのをわれわれは目撃したのだと思います。 それでも温暖化は止まらない しかし、7~8%排出が削減してもわずか1年では温暖化は止まりません。 なぜならば、大気中の二酸化炭素濃度にはちょっとしか影響を与えないからです。 自然のバランスに比べて、すでにわれわれは膨大な量のCO 2を毎年出しています。 7~8%削減したところで膨大な量をことしも出すことに変わりはない。 つまり大気中の濃度は少し減速するだけで増加し続けるわけなので、当然、気温上昇が収まるほどの影響も出てきません。 単年だけ減っても温暖化を止める効果はほとんどない。 専門家はみなそういうふうに受け止めていると思っています。 「経済抑制によるCO 2削減は無理」という教訓 コロナ禍は大幅な二酸化炭素の排出削減につながったものの、それでも温暖化を食い止めるレベルには程遠いという江守さん。 さらに続けて気になるこんな指摘をされました 今回、経済を我慢することによって温暖化を止めるのは無理だということを学ばなくてはなりません。 確かに7~8%というのは、毎年その大きさで来年以降も削減が進めば、2016年に定められたパリ協定の目標を目指せるペースに乗っています。 2030年までに、あと10年で世界の排出量を半分にしたいと言っていますが、毎年8%削減していけば目指せるペースなわけです。 しかし、当然ことしのようなやり方で8%の削減を来年以降も続けるのは誰も望まないわけです。 経済的な犠牲が大きすぎますから。 排出削減は経済を止めるやり方で行うものではないので、この延長でパリ協定を考えてはいけない。 経済を止めるのではなく、経済活動をしてもCO 2が出ない社会経済システムに入れ替えなくてはいけない。 そっちの方が大事なんだということを再認識する機会にしなくてはいけないと思います。 COP21で温暖化対策 パリ協定採択 2015年12月 地球温暖化対策は、経済活動を抑制するというような単純な話ではないという江守さん。 特に日本では注意が必要だといいます 江守さん 経済を止めて空気がきれいになったのだから、このまま経済を止め続けようと考えるのはむしろ危険というか、そっちの発想にならないように気を付けなければならないと思っています。 日本においては特にそうなんですが、温暖化対策って「がまん」だと思ってらっしゃる方がたぶん多いと思うんです。 暑いのにエアコンを止めているとか、設定温度を上げろって言われるから嫌だけど上げているとか。 それで汗をダラダラ流しながら温暖化のためだからしょうがないとか、そういうイメージがおそらく日本社会にはあって、それが今回の新型コロナウイルスの感染拡大の中で経済をがまんしたのでCO 2の排出が削減したという話とつながってしまうと、「やっぱりがまんだったんじゃないか」と。 そういう誤解がさらに広がるといけないと思っています。 温暖化対策は社会のアップデート 経済制限はそもそも世界がやろうとしていた温暖化対策の主要な方法ではないわけです。 やろうとしていたのはエネルギーシステムなどの入れ替えで、社会のアップデートだと言っているんです。 つまり、石油、石炭、天然ガスでエネルギーを作るのをやめて、基本的には太陽光とか風力とかで作って、バッテリーとかもうまく活用して、社会にエネルギーを供給できるようになる。 そういう新しいエネルギー文明に移行するというのが、気候変動対策の大きな方向性であり続けているわけです。 経済や人々の社会活動はしっかりと続いていくけれども、エネルギーのつくり方が変わったことによってCO 2が出ないで、人々はむしろより快適に生活を続けられる。 再生可能エネルギーに投資をしましょうとか、クリーンにエネルギーを作れるようになってより快適に生活を続けていきましょうという話だということを、今回改めて再認識していただきたいと思っています。 コロナ禍でも環境問題に関心を! 江守さんにはいま危惧していることがあるといいます。 それはコロナ禍により、気候変動に関する問題への関心が薄れているのではないかということです 江守さん 2019年9月に、ニューヨークで気候行動サミットというのがありました。 小泉進次郎環境大臣も参加しましたし、グレタ・トゥーンベリさんが日本でも有名になって、日本の若者もマーチとかをやり始めました。 それと同時に、台風15号や19号といった災害もあって、パリ協定とかのことが多くの人の意識に上る昨年後半だったんだと思います。 ところが、いまコロナ危機の対応が始まって、多くの人は気候の危機というのを忘れてしまったかなという感じがいたします。 EU議会で演説するグレタ・トゥーンベリさん 2020年3月 メディアとしても優先順位としてそれどころじゃないという感じになっていると思いますし、ちょっと気になるのは、3月末に日本政府が国連に提出した2030年までの目標です。 「これから急いで議論します」というただし書きをつけて送ったもので、コロナで大変なのでいま検討している暇がないのはよく分かるけれど、見ようによってはコロナのどさくさに不十分な検討で出したようにも見えます。 また、気候変動対策、脱炭素を進めるための新しい技術への投資というのが、一時的に鈍っているということも気になります。 国際関係の事情もあったようですが、原油がものすごく安くなったので、再生可能エネルギーよりも油の方が安いじゃないかと見えなくもないところも、エネルギーの転換を推し進める立場からいうと追い風が止まった感じになっていると思います。 今こそ「グリーン・リカバリー」の議論を 江守さん コロナ禍のあとこそ、「グリーン・リカバリー」という考えが必要と言われ始めています。 各国は、経済活動が再開できるようになったら、V字回復をねらっていろいろな景気刺激策を打つことになると思いますが、その機会に環境規制を緩めようという動きも出てくるわけですよね。 今はV字回復しなくちゃいけないから環境を気にしている場合じゃないだろうと。 トランプ大統領とかは、そういう立場なわけですが、それではまずいわけです。 せっかく減ったCO 2の排出が、リバウンドでもっと上がってしまうということですよね。 そうではなくて、止まったのは経済抑制の効果なので、そのまま続けるわけではもちろんないのですが、今までと同じところに戻すのではなくて、よりよいところに戻す。 そういう考え方が必要です。 環境の面から言うと、それがグリーン・リカバリーなんです。 再生可能エネルギーであるとか、クリーンエネルギーインフラみたいなところに投資をして、そういうところも雇用を回復させていくという考え方ですね。 EUなんかではかなり言うようになっていますが、日本では政策としてはまだ見えてきていない感じがしますね。 同時に気を付けなくてはいけないのは、化石燃料システムから再生可能エネルギーシステムに移行していくと、こっちで仕事を失ってあっちで仕事を探さなくてはいけないということが出てくるわけですよね。 みんなが不利益を被らないように上手に移行することが必要です。 例えば、日本でも昔炭鉱を閉鎖したときに、補償金のようなものを出して新しい仕事を見つけてもらったということがあったそうです。 ドイツでは2038年までに脱石炭ということを言っていて、炭鉱の労働や石炭火力発電所の労働といったところに補償金を出して、かなり時間をかけて職業訓練なんかもやりながら移行を進めています。 「公平な移行」という意味で、ジャスト・トランジションという話がありますが、グリーン・リカバリーの場合も、グリーンなだけじゃなくてグリーンアンドジャストなリカバリーだということを言っていかなくてはならないと思います。 私たちには何ができる? コロナ禍のあと、そうした社会を実現するために私たち個人で何ができるのか。 江守さんはこんな提言をしています 江守さん 「がまん」するのではなくて社会のアップデートを応援することです。 一人ひとりがすることは、エアコンを使うのをがまんしたり車へ乗るのをがまんしたりすることではなく、エネルギーの転換を進めようとしている行政や企業を応援するとか、そういった形でみんなで後押しするということが、コロナの前から変わらないメッセージなんです。 そこへコロナという文脈が加わった中で具体的にできることは、「オンライン コミュニケーション」ですよね。 人によって異なりますので一律に言うつもりはないんですが、移動しないで済む人がそうできるような選択肢はさらに整備されていくべきだと思います。 人々が車に乗らない、飛行機に乗らない。 それで社会が回るようになるという大きなきっかけを今回われわれは得たのではないかと思っています。 都市の過密化によって、そこでのエネルギー利用が過大になっているという面もあると思います。 オンラインで田舎でも都市ともつながれる、いい仕事がいっぱいあるという認識がさらに進んで、地方に住むライフスタイルが見直され、地方がより魅力的になり、都市の過密化が緩和される。 今回をきっかけにそういうトレンドができるといいなと思いますね。 今回の取材もオンラインで行われた 「気候変動は不正義」に理解を いまアメリカで人種差別の問題をめぐってものすごいデモが起きていますよね。 あれを見ていて思うことがあります。 気候変動の問題というのは先進国の人が出したCO 2で乾燥地域の貧しい農民たちとか、小さい島国の人たちが直接的に深刻な残酷な被害を受けるということです。 これは、ちゃんと認識すればものすごく不正義で、それをただそうというのが、グレタ・トゥーンベリさんとかが言っている「Climate Justice(気候の公平性)」です。 いまわれわれは先進国でCO 2を出しながら、途上国の人たちや将来世代を苦しめているという実感がなく生活しています。 それはたぶん、昔、白人が黒人を差別したり奴隷制があったりした時に、おそらく彼らを苦しめているという実感がなかったのと同じなんじゃないかという気がするんです。 グレタさんや「Climate Justice」だといってマーチをしている、特にヨーロッパの人たちはそれをつなげて考えています。 日本ではまだ少ないようなので理解が進むことを願っています。 (社会部記者 中村雄一郎).

次の