エポス ゴールド カード。 エポスファミリーゴールドは家族でよりエポスカードをお得に使える

エポスゴールドカードが最強!メリット・デメリット・入手方法まとめ【年会費永久無料】

エポス ゴールド カード

エポスカードは丸井のクレジットカードであり、エポスカードはゴールドカードもあります。 エポスゴールドカードという名称で、エポスカードの特典に加え、様々な特典があり、条件によってエポスゴールドカードの年会費を永年無料にすることができます。 エポスゴールドカードは、エポスゴールドカードを利用して獲得したポイントの有効期限はありません。 自分があらかじめ選択した店舗でエポスゴールドカードを利用すればポイントアップされ、またボーナスポイントをもらえたり、海外旅行保険の自動付加や、手荷物宅配の優遇サービスなどの特典があります。 一般のエポスカードと同じ優待特典ももちろん受けることができます。 エポスゴールドカードについて エポスゴールドカードについて詳しくみていきましょう。 エポスゴールドカードの獲得条件 エポスカードを利用してクレヒス(クレジットカードの利用履歴)を積み重ねていっていると、エポスゴールドカードのインビテーション(招待)が届くこともあります。 インビテーションが届いてエポスゴールドカードに切り替えた場合、エポスゴールドカードの年会費は永年無料です。 エポスゴールドカードのインビテーションの条件は比較的にゆるいので、エポスカードの所持期間は1~3年ほど、その間にエポスカードを年間50万円以上利用すれば、インビテーションが届くようです。 エポスカードの一年間の利用金額が30万~50万円でもインビテーションが届きこともあります。 まずはエポスカードを作成してメインカードとして使っていけば、それほど時間がかからずインビテーションが届くでしょう。 エポスゴールドカードは永年年会費無料にできる エポスゴールドカードの年会費は5,000円 税別 です。 エポスゴールドカードのインビテーションが届いてエポスゴールドカードに切り替えた場合、エポスゴールドカードの年会費は永年無料です。 エポスデザインカードやカプコンエポスカードなどのコラボレーションカードでもエポスゴールドカードのインビテーションが届きます。 ただし、ゴールドカードのデザインは通常のタイプの一種類だけです。 それ以外でも1度でも エポスゴールドカードの利用金額が一年間で50万円 税込 を超えたら、それ以降はエポスゴールドカードの年会費は永年無料になります。 エポスゴールドカードの年間利用金額の対象期間は、ゴールドカード取得後1年間です。 マルイの運転免許、クロネコヤマトの引越、保証人おまかせプランRoom iDの支払いなどはエポスゴールドカードの年間利用金額へ加算されませんので、注意してください。 ゴールドカードなのにクレジットカードの年会費が永年無料であるのクレジットカードは数少ないので、ゴールドカードを持ちたい人はエポスゴールドカードはお得に所持できるカードでもあります。 エポスゴールドカードの特典 エポスゴールドカードは年会費が永年無料とは思えないくらいの特典があります。 ETCカードの年会費も無料です。 ボーナスポイントで還元率が最大1. 5% エポスゴールドカードは、丸井で利用するとポイントの還元率は1%で、通常の加盟店でのポイント還元率は0. 5%です。 しかしエポスゴールドカードの年間の利用金額に対応してボーナスポイントをもらうことができます。 年間50万円以上利用:2,500円相当(0. 5%相当) 年間100万円以上利用:10,000円相当(1. 0%相当) ボーナスポイントを合わせると、エポスゴールドカードを年間100万円ほど利用すればポイント還元率は1. 5%になります。 ポイント高還元カードといわれているP-one Wiz、REXカード、エクストリームカードなどと比較して、1年間でエポスゴールドカード100万円利用すれば、それらのポイント高還元カードと同じくらいの高還元率になります。 近頃は多くの店でクレジットカードを使えますし、クレジットカードで固定費も払えますので、丸井以外の店や固定費の支払いをエポスゴールドカードにすれば、ボーナスポイントの獲得はそれほど難しくないでしょう。 エポスゴールドカードのポイントは、エポスVisaプリペイドカードへチャージしてVISA加盟店で1ポイント1円で使うこともできます。 エポスVisaプリペイドカードでの利用金額の0. 5%のエポスポイントも貯めることができます。 選べるポイントアップショップで還元率が最大1. 5% エポスゴールドカードは対象ショップの中から自分がよく利用する店を「選べるポイントアップショップ」に登録すると(3店まで登録可)エポスゴールドカード利用時のポイントが最大3倍 1. エポスゴールドカード利用時のポイントが最大3倍 1. イオン、イトーヨーカドー、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、サンドラッグ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシなども対象ショップです。 東京電力、東京ガス、JR東日本などのインフラ企業もポイントアップショップの対象で、公共料金でもポイントアップが可能です。 エポスゴールドカードのポイントアップの対象ショップは、一旦登録すると3ヵ月間は変更ができませんので、気をつけましょう。 エポスゴールドカードのポイントアップの対象ショップで登録したその日の利用分からポイントアップの対象となります。 エポスゴールドカードのポイント付与は基本的には利用した翌月15日前後です。 エポスゴールドカード1回の利用で200円未満の端数は切り捨てになります。 国内及び海外の空港ラウンジの無料利用 エポスゴールドカードを掲示することで、国内及び海外の空港ラウンジを無料で利用することができます。 日本国内の主要な空港20空港と、ホノルル空港、仁川空港、ホノルルラウンジが利用できます。 海外旅行傷害保険の自動付帯 エポスゴールドカードには海外旅行傷害保険が自動付帯されています。 海外旅行傷害保険の補償期間は1回の旅行あたり最長90日間です。 海外に出かけるときはエポスゴールドカードを持っていれば、出発前の届け出や手続きは不要です。 エポスゴールドカードの良いところは、ケガや病気の補償である治療費用が高額であることです。 治療費用は使う機会が多く重要な保障であると思われますが、その治療費用がゴールドカードやアメックスが発行しているクレジットカードに匹敵しています。 またクレジットカードの利用付帯ではなく、自動付帯であることのメリットは大きいです。 他のクレジットカード会社が発行する海外旅行保険付きクレジットカードを複数枚所有しているときには、死亡・後遺障害以外の保険金は複数のクレジットカードの補償額が合算されることになります。 (死亡・後遺傷害保険金は、複数のクレジットカードのうちで最も高い保険金額が保険の支払い限度となっています。 クレジットカード所有者本人のみで家族の保障はありません) 最も利用することが多い治療費用(傷害・疾病)は、ほとんどのクレジットカードの海外旅行傷害保険では100万円とか200万円程度しか保障されていないことが多いです。 海外は医療費が高額な地域が多ので、病院に運ばれて入院した場合数百万円といった費用を請求されることもあります。 エポスゴールドカードは海外旅行傷害保障が自動付帯なので、エポスゴールドカードを持っているだけで治療費用(傷害・疾病)の補償がプラスされます。 エポスゴールドカードは利用頻度が高いと思われる障害治療・疾病治療費用は300万円と他のクレジットカードの海外旅行傷害保障より高額に設定されていますが、海外では400万~500万円程度の費用がかかることもあります。 海外旅行保険の金額を更にアップしたければ、年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するJCB EIT、横浜インビテーションカードをサブカードで持つと良いと思います。 海外サポートデスク エポスゴールドカードには、世界38都市で観光に役立つ情報の提供をしてくれたり、非常時の対応などを日本語で案内してくれる海外サポートデスクのサービスもあります。 また現地サポートデスクが営業時間外であれば、東京の海外緊急デスクが24時間、年中無休・通話料無料(一部除く)で対応してくれます。 まとめ エポスゴールドカードは永年年会費無料にできるクレジットカードにもかかわらず、特典は大変充実しています。 またエポスカードからエポスゴールドカードにするための条件も厳しいものではありません。 エポスカードをお持ちであれば是非エポスゴールドカードを取得してください。 まだお持ちでないのなら、エポスカードから始めてインビテーションを待つか、エポスゴールドカードを取得して年間50万円の利用で年会費を永年無料にしてください。 エポスゴールドカードでゴールドカードの特典を楽しんで利用しましょう。

次の

エポスカードのファミリーゴールド制度を使って紹介する方法!即ゴールドカードが持てる

エポス ゴールド カード

エポスファミリーゴールドでは既会員(ゴールドかプラチナ)家族からの紹介によって、一般カードを使わずとも永年無料が実現できてしまうわけです。 もっとも、エポスカードは前述のとおり、家族カードの発行には対応していません。 そのため、家族に対するゴールドカードへの招待についても、招待された家族はあくまで「本会員」であり、カード発行のための審査もそれなりに行われる点には注意を要します。 一般カード所持の家族にも年会費無料のゴールドカードを紹介できる 次に、エポスカードの一般カードを既に所持している家族に対しては、ゴールド・プラチナ会員である家族からゴールドカードへの招待をエポスNet経由で送ることによって、こちらも「永年無料」の状態のゴールドカードに切り替えることができます。 未所持の家族への招待同様、インビテーションを待たずに年会費「永年無料」でゴールドカードを使えるメリットがありますが、こちらも家族カードではないため一定の審査が入ることろがデメリットといえばデメリットになります。 逆にいえば、家族カードではないため各カードごとに利用限度額が設定されること、利用明細等も独立していることなどはメリットともいえますね。 ファミリー登録でポイント等をより便利に活用できる さらに、エポスカード未所持の家族に招待を送ってゴールドカードを作成した場合や、ゴールド未所持の一般会員に招待を送ってゴールドカードへの切替を行った場合のほか、既にゴールド・プラチナカードいずれかを所持している家族間でも「ファミリー登録」を行うことで、エポスポイントをより便利に使えるようになります。 ファミリーボーナスポイントとポイントシェア エポスファミリーゴールドでファミリー登録を行うと、個人の年間利用額に応じたボーナスポイントに加えて、 家族合計の年間利用額に応じてもボーナスポイントが加算されるようになります。 ボーナスポイントは各会員宛ではなく、代表会員宛に加算されます。 (集計期間も代表会員の個人の集計期間と同じになります) 家族合計の年間利用金額 100万円以上 200万円以上 300万円以上 全員が ゴールド 1,000P 2,000P 3,000P 一人以上が プラチナ 2,000P 4,000P 6,000P また、エポスファミリーゴールドを組んだ家族同士で、エポスポイントをやり取り可能な「ポイントシェア」も使えるようになります。 個々人だと中途半端にしかポイントが貯まらないときでも、エポスファミリーゴールドの「ポイントシェア」を活用することで、より効率的にポイントを活用することもできますね。 ポイントで交換したい商品があるが、あとちょっとのところでなかなかポイントが貯まらないとか、ポイントをマイルに交換して次の旅行で活用したいが、自分1人のポイントでは予定するマイル数に届かないとか、そんなときに活用できそうな仕組みです。 エポスファミリーゴールドの設定 エポスファミリーゴールドを設定するためには、エポスNetから家族を招待する必要があります。 「メールで送る」ボタンがうまく動作しないときは、画面の下の方に表示されているURLをコピーして、それをメールなりLINEなりに貼り付けて送ればOKです。

次の

エポスゴールドカードは年会費無料で持てるゴールドカード!?

エポス ゴールド カード

エポスカードは丸井のクレジットカードであり、エポスカードはゴールドカードもあります。 エポスゴールドカードという名称で、エポスカードの特典に加え、様々な特典があり、条件によってエポスゴールドカードの年会費を永年無料にすることができます。 エポスゴールドカードは、エポスゴールドカードを利用して獲得したポイントの有効期限はありません。 自分があらかじめ選択した店舗でエポスゴールドカードを利用すればポイントアップされ、またボーナスポイントをもらえたり、海外旅行保険の自動付加や、手荷物宅配の優遇サービスなどの特典があります。 一般のエポスカードと同じ優待特典ももちろん受けることができます。 エポスゴールドカードについて エポスゴールドカードについて詳しくみていきましょう。 エポスゴールドカードの獲得条件 エポスカードを利用してクレヒス(クレジットカードの利用履歴)を積み重ねていっていると、エポスゴールドカードのインビテーション(招待)が届くこともあります。 インビテーションが届いてエポスゴールドカードに切り替えた場合、エポスゴールドカードの年会費は永年無料です。 エポスゴールドカードのインビテーションの条件は比較的にゆるいので、エポスカードの所持期間は1~3年ほど、その間にエポスカードを年間50万円以上利用すれば、インビテーションが届くようです。 エポスカードの一年間の利用金額が30万~50万円でもインビテーションが届きこともあります。 まずはエポスカードを作成してメインカードとして使っていけば、それほど時間がかからずインビテーションが届くでしょう。 エポスゴールドカードは永年年会費無料にできる エポスゴールドカードの年会費は5,000円 税別 です。 エポスゴールドカードのインビテーションが届いてエポスゴールドカードに切り替えた場合、エポスゴールドカードの年会費は永年無料です。 エポスデザインカードやカプコンエポスカードなどのコラボレーションカードでもエポスゴールドカードのインビテーションが届きます。 ただし、ゴールドカードのデザインは通常のタイプの一種類だけです。 それ以外でも1度でも エポスゴールドカードの利用金額が一年間で50万円 税込 を超えたら、それ以降はエポスゴールドカードの年会費は永年無料になります。 エポスゴールドカードの年間利用金額の対象期間は、ゴールドカード取得後1年間です。 マルイの運転免許、クロネコヤマトの引越、保証人おまかせプランRoom iDの支払いなどはエポスゴールドカードの年間利用金額へ加算されませんので、注意してください。 ゴールドカードなのにクレジットカードの年会費が永年無料であるのクレジットカードは数少ないので、ゴールドカードを持ちたい人はエポスゴールドカードはお得に所持できるカードでもあります。 エポスゴールドカードの特典 エポスゴールドカードは年会費が永年無料とは思えないくらいの特典があります。 ETCカードの年会費も無料です。 ボーナスポイントで還元率が最大1. 5% エポスゴールドカードは、丸井で利用するとポイントの還元率は1%で、通常の加盟店でのポイント還元率は0. 5%です。 しかしエポスゴールドカードの年間の利用金額に対応してボーナスポイントをもらうことができます。 年間50万円以上利用:2,500円相当(0. 5%相当) 年間100万円以上利用:10,000円相当(1. 0%相当) ボーナスポイントを合わせると、エポスゴールドカードを年間100万円ほど利用すればポイント還元率は1. 5%になります。 ポイント高還元カードといわれているP-one Wiz、REXカード、エクストリームカードなどと比較して、1年間でエポスゴールドカード100万円利用すれば、それらのポイント高還元カードと同じくらいの高還元率になります。 近頃は多くの店でクレジットカードを使えますし、クレジットカードで固定費も払えますので、丸井以外の店や固定費の支払いをエポスゴールドカードにすれば、ボーナスポイントの獲得はそれほど難しくないでしょう。 エポスゴールドカードのポイントは、エポスVisaプリペイドカードへチャージしてVISA加盟店で1ポイント1円で使うこともできます。 エポスVisaプリペイドカードでの利用金額の0. 5%のエポスポイントも貯めることができます。 選べるポイントアップショップで還元率が最大1. 5% エポスゴールドカードは対象ショップの中から自分がよく利用する店を「選べるポイントアップショップ」に登録すると(3店まで登録可)エポスゴールドカード利用時のポイントが最大3倍 1. エポスゴールドカード利用時のポイントが最大3倍 1. イオン、イトーヨーカドー、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、サンドラッグ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシなども対象ショップです。 東京電力、東京ガス、JR東日本などのインフラ企業もポイントアップショップの対象で、公共料金でもポイントアップが可能です。 エポスゴールドカードのポイントアップの対象ショップは、一旦登録すると3ヵ月間は変更ができませんので、気をつけましょう。 エポスゴールドカードのポイントアップの対象ショップで登録したその日の利用分からポイントアップの対象となります。 エポスゴールドカードのポイント付与は基本的には利用した翌月15日前後です。 エポスゴールドカード1回の利用で200円未満の端数は切り捨てになります。 国内及び海外の空港ラウンジの無料利用 エポスゴールドカードを掲示することで、国内及び海外の空港ラウンジを無料で利用することができます。 日本国内の主要な空港20空港と、ホノルル空港、仁川空港、ホノルルラウンジが利用できます。 海外旅行傷害保険の自動付帯 エポスゴールドカードには海外旅行傷害保険が自動付帯されています。 海外旅行傷害保険の補償期間は1回の旅行あたり最長90日間です。 海外に出かけるときはエポスゴールドカードを持っていれば、出発前の届け出や手続きは不要です。 エポスゴールドカードの良いところは、ケガや病気の補償である治療費用が高額であることです。 治療費用は使う機会が多く重要な保障であると思われますが、その治療費用がゴールドカードやアメックスが発行しているクレジットカードに匹敵しています。 またクレジットカードの利用付帯ではなく、自動付帯であることのメリットは大きいです。 他のクレジットカード会社が発行する海外旅行保険付きクレジットカードを複数枚所有しているときには、死亡・後遺障害以外の保険金は複数のクレジットカードの補償額が合算されることになります。 (死亡・後遺傷害保険金は、複数のクレジットカードのうちで最も高い保険金額が保険の支払い限度となっています。 クレジットカード所有者本人のみで家族の保障はありません) 最も利用することが多い治療費用(傷害・疾病)は、ほとんどのクレジットカードの海外旅行傷害保険では100万円とか200万円程度しか保障されていないことが多いです。 海外は医療費が高額な地域が多ので、病院に運ばれて入院した場合数百万円といった費用を請求されることもあります。 エポスゴールドカードは海外旅行傷害保障が自動付帯なので、エポスゴールドカードを持っているだけで治療費用(傷害・疾病)の補償がプラスされます。 エポスゴールドカードは利用頻度が高いと思われる障害治療・疾病治療費用は300万円と他のクレジットカードの海外旅行傷害保障より高額に設定されていますが、海外では400万~500万円程度の費用がかかることもあります。 海外旅行保険の金額を更にアップしたければ、年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するJCB EIT、横浜インビテーションカードをサブカードで持つと良いと思います。 海外サポートデスク エポスゴールドカードには、世界38都市で観光に役立つ情報の提供をしてくれたり、非常時の対応などを日本語で案内してくれる海外サポートデスクのサービスもあります。 また現地サポートデスクが営業時間外であれば、東京の海外緊急デスクが24時間、年中無休・通話料無料(一部除く)で対応してくれます。 まとめ エポスゴールドカードは永年年会費無料にできるクレジットカードにもかかわらず、特典は大変充実しています。 またエポスカードからエポスゴールドカードにするための条件も厳しいものではありません。 エポスカードをお持ちであれば是非エポスゴールドカードを取得してください。 まだお持ちでないのなら、エポスカードから始めてインビテーションを待つか、エポスゴールドカードを取得して年間50万円の利用で年会費を永年無料にしてください。 エポスゴールドカードでゴールドカードの特典を楽しんで利用しましょう。

次の