海外 に 行ける 仕事。 なにひとつ取り柄がなかった僕が海外就職に成功した理由。一番重要だったこと

しょっちゅう海外旅行に行く人は仕事何してるの?

海外 に 行ける 仕事

ワーホリでいける国といえば、 カナダ・オーストラリア・イギリスの3ヶ国が定番中の定番。 この3ヶ国のどれかを選ぶ人がとても多いです。 僕が2年半前に留学する時は、この3つしかないと思ってました。 なんという無知.. ほら、韓国とかフランスとか。 海外で働きたい人は 英語も学びたいという思いから、どうもワーホリには英語圏の国しか選択肢にない人が多いみたいです。 そんな方々に「 英語圏以外の国もアリかもしれませんよ〜」ってことを提案するために、 意外と知られていないワーホリで行ける国5つを今回はご紹介します。 ノルウェー 2013年2月、ノルウェーにもワーキングホリデー制度が適用されました。 ノルウェーといえばヨーロッパの北部にあるフィヨルドで有名な国。 職場はゆったりとしていて、せかせか忙しく働く日本企業とはぜんぜん違う雰囲気だとのこと。 バケーションを多くとり、 家族との時間を何よりも最優先するのが、ノルウェーをはじめとするヨーロッパ各国企業の考え方です。 仕事状況ですが、特に 夏場は多くのノルウェー人が長い休暇をとるため、ホテルや飲食業で人がとても必要になるとのこと。 公用語はノルウェー語ですが、英語を話せる人がほとんどなので大丈夫。 世界遺産が多く、観光地としても人気のノルウェー。 以前テレビで特集されていましたが、 エコ先進国として街にゴミはほとんどなく歴史感じる建物にキレイな外観が多いのが印象的でした。 デンマークでは物価が異常に高いことから ワーホリ参加者が毎年わりと少なめだそうです。 所得税は39%、 消費税はなんと25%!  ̄O ̄; …ハ、ハンパねぇ… 主要都市に日本食レストラン、日系企業がほとんどないため、日本人ワーホリ者の働ける場所が限られているのも少ない理由の1つ。 また、他のワーホリ国と比べ ネット上でワーホリ情報が少ないため未知の国といえるかもしれません。 でも、個人的にはそれこそが 最大のメリットだと思います。 みんなが行かないような国、情報が少ない国だからこそワクワクして、 より冒険できそうな気がしませんかね? アイルランド 国土のほとんどが牧草地。 エメラルドの島と呼ばれているアイルランド。 自然が豊かな国で のんびりとした田舎暮らしを堪能したい方にはおすすめです。 アイルランド人の英語は 独特のなまりをもち、聴き取りづらいことで有名です。 そのためコミュニケーションは難しそうです。 また、デンマークと同じくアイルランドも仕事を見つけるのは大変だそうです。 高い英語力と専門技術は必須となるかもしれません。 しかしアイルランドも行く 日本人が少ないワーホリ国の1つ。 だからこそ僕はアイルランドもおすすめです! ドイツ 知ってました?実はドイツもワーホリで行けるんですよー! 数多くの日本人選手が移籍し、 サッカーでとても盛り上がっているドイツ。 古いお城や宮殿がたくさんあり、美しい街並みが有名です。 仕事の需要はある程度ありそうですが、一番のネックは ドイツ語ですかね? 僕は大学のとき習いましたが、発音がめちゃめちゃ難しくて話すことさえできませんでした。。 治安が良く、物価も安いので観光客が多いのはご存知の通り。 日本のファッション・テレビが流行っている台湾では 親日家が多いので、仲良くできそうな人が多いでしょう。 日本ではビジネス市場として中国に進出している企業は多いことから、 中国語を学びたい人は増えています。 食べ物がおいしく、親日家が多い台湾で中国語を学ぶのもいいかもしれませんね! 香港 ジャッキーチェンで有名な香港もワーホリで行けるんです。 イギリスの植民地時代からの移民が多く、 いろいろな人種がいるのが特徴の1つ。 そのため特にビジネスでは広東語よりも 英語が重視されるそうです。 日中関係の影響から日本人観光客、ワーホリで行く人が一時期激減したそうですが、最近は徐々に増えてきたとのこと。 高層ビルが立ち並び発展し続ける香港では日本企業も数多く進出しており、仕事の需要もありそうです。 気をつけてほしいのは、香港のワーホリは1年間の滞在中に同じ雇用主の元で 3ヶ月間までしか働いてはいけないということ。 1人も日本人がいないというのが理想的。 留学・ワーホリする人の意外と多い悩みが、 「日本人が多すぎて英語が勉強できない」ということ。 実際、僕が住んでいたカナダではめちゃめちゃたくさんの日本人がいて、「 あれ?ここって日本だっけ? ・ ・? 」とさえ思いました。 そんな状況ですから、自然と話しやすい日本人とつるむようになり、英語を全く使わずとも生活できる環境。 せっかく海外に来たのに、 「英語環境」とは程遠い状況でした。。 しかし、 本当に「英語環境」を望むならば、絶対に日本人が少ないところの方がいい!自分に甘い人ならなおさらそうです。 今回ご紹介した5ヶ国 (ノルウェー、デンマーク、アイルランド、ドイツ、香港、台湾)はワーホリでいく国としてまだポピュラーじゃない分、日本人はまだまだ少ないはずです。 ぜひとも選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか? 海外で成長するためには、ただ単に「海外に行った」だけでは全く意味がありません。 『誰にも頼れない環境』が人を強くするんです! ワーホリでどこ行こうか迷っている方〜! 日本人ばっかりの「安心ぬるま湯の場所」ではなく、あえて 誰にも頼れない厳しい場所を選んでみてはどうでしょう? Advertising.

次の

タダで海外に行けるラクな副業!? 「ハンドキャリー・ビジネス」の現実

海外 に 行ける 仕事

総合商社 日系企業で海外と言えば総合商社。 簡単に言えば、会社のネットワークやノウハウを活用して、あらゆる商材を世界中に売ったり、新たに売れる物を作り上げたりするビジネスです。 そのため世界中に拠点があり、海外出張や滞在の機会が多いです。 最近では、全社員を若いうちに海外に出すという制度も整ってきています。 海運 貿易大国である日本に欠かせないのが海運!貨物を世界中に届ける、ロマンのある仕事です。 仕事としては、船の運航を管理する事務職と、実際に船に乗る海上職があります。 いずれにせよ、世界各地の港に拠点があるため、海外に出るチャンスがたくさんあります。 プラント・エンジニアリング 石油や天然ガスなど、我々の生活に欠かせないエネルギーを採掘する上で必要なのがプラントです。 それを建設するのがプラント会社やエンジニアリング会社です。 大手の会社だと案件獲得から資材調達、そして建設のエンジニアリングまで全て手がけます。 活躍の舞台は、やはり資源が豊富な海外の地域になります!新たにプラントを造り、世界中の人々にエネルギーを供給する熱い仕事です。 大手メーカー 日本の自動車や電化製品などは今では世界的に有名ですよね!世界的ブランド力を誇る大手メーカーは海外事業にかなり力を入れています。 海外営業や、海外支店の管理等、色んな業務でグローバルに働くことが出来ます。 ただし、国内市場が大きい分、しっかり国内業務を学んでから海外、という風潮も会社によってはあります。 今でもとても人気の仕事です!長期滞在等はありませんが、日々世界各地へ飛び、観光する機会も少なからずあります! 中小企業 意外と海外で働くチャンスがあるのが、中小企業!海外展開に力を入れている会社だと、会社の代表として一人で海外に乗り込むということもあるそうです。 そういう意味では、大手企業よりもチャンスがあったり、裁量権が大きかったりするかもしれません。 投資銀行 投資銀行と言われてすぐに思い浮かぶのはゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなどの外資系投資銀行かもしれません。 しかし、外資系企業の場合は構造的に海外勤務をしづらいことがあります。 本社や海外支社には現地で採用され語学堪能な社員が勤務していますから、わざわざ日本から海外支社に派遣する理由が少ないためです。 日本の投資銀行は証券系であれば、野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券など。 政府系であれば、日本政策投資銀行。 国際機関 国連事務局を中心に、国際通貨基金(IMF)、国際労働機関(ILO)、国際連合児童基金(UNICEF)などの主要機関と補助機関、専門機関に就職すれば、ニューヨークやジュネーブなどの本部勤務や途上国の現地事務所への転勤があります。 青年海外協力隊(JICA) 青年海外協力隊は独立行政法人国際協力機構 (JICA)が運営する海外ボランティア派遣制度です。 ボランティアと言っても、現地で必要となる生活費や医療費は支給されます。 建設(ゼネコン) 鹿島や清水建設に代表される建設業(ゼネコン)でも海外で働くことができます。 ゼネコンは総合建設業者(General Contractor)を意味して、建築を担当する土木・建築関係の会社をゼネコンがコントロールしながらプロジェクトを進めていきます。 日本の大手ゼネコンは海外でも積極的に展開していますから、海外駐在先での管理業務や事務所運営、従業員採用、市場調査などの需要があります。 エネルギー業界(電気・ガス) 東京電力、東京ガス、関西電力、大阪ガスなどに代表されるエネルギー業界は資源獲得の点で海外との関わりが深く、多くはありませんが外国で働いている社員が常に一定数います。 エネルギー業界という特性上、海外勤務を希望する人の割合は総合商社や投資銀行などと比べると少な位ですが、海外勤務できる人数も少なめです。 補足:海外勤務を目指して、エネルギー業界(ガス会社)に入った実体験 まとめに入る前に、今回の主テーマである海外で働ける業界についての補足情報です。 僕が就職活動をした時も、紹介した情報や統計を集めて結果的にエネルギー業界(大阪ガス)に入社しました。 当時の大阪ガスは、アメリカ、オーストラリア、フィリピン、タイ、シンガポールなどに支社や事務所があり、海外人材としての採用だったので将来的に海外勤務があることも暗に伝えられていました。 しかし、僕はせっかく入った大阪ガスを1年で退社していまいます。 退社の主な理由は、海外勤務までに8年〜10年ほどの時間がかかること、10年待っても海外勤務ができるかどうかは分からないということです。 会社の状況や自分の実績に人事が左右されることは社会人となった今は当たり前に感じますが「10年経って、希望してた海外勤務もできず、転職もできない人材になってたら…」と自分以外のことに人生がコントロールされることに恐怖を感じました。 その結果、海外勤務できるか確証がないのであれば、自分の努力次第で海外に近づけるように即戦力な人材になろうと決意して、Web系の広告代理店に転職します。 その後、自分で起業をして海外と日本を行き来しながら働いているので、あの時の選択は正しかったです。 ただ、大阪ガスに勤務し続けていても海外駐在はできたかもしれなく、たらればの話でしかないので、結局は自分のキャリアを自分でどのように進めたいかという意思が大切ですね。 まとめ 以上、海外勤務の多い業界をピックアップしました。 どんな進路を選ぶにしても、まずはどんな業界、会社があるのか情報収集から始めるのが鉄板です。 自分で書いておいてなんですが、メディアやブログで得られる就職関連の情報は、体験記を除けば仕事選びに直結する詳細な情報は少ないです。 給与や残業時間、福利厚生の有無など、海外勤務の他にも知っておくべきことを把握するには、転職サービスで確認しましょう。 海外勤務を目指すのではなく、世界一周やバックパッカー、ワーキングホリデーから帰国後の就職先で悩んでいる場合はがオススメです。 旅をした結果、企業に就職するのではなく世界を旅できる仕事や職種を目指す!という方向けには、こちらの記事が参考になります。

次の

アメリカで就職~日本人でも行ける海外就職先~|転職鉄板ガイド

海外 に 行ける 仕事

大体、私が調べた求人によると、年収は400万くらいのものから高収入だと1500万のものまでありました。 また、英語力はビジネスレベルが必須な企業が多くありますが、中には 簡単な読み書きや日常会話程度のレベルで採用していくれる企業も存在します なので、海外で働くのに最も大切なのは英語が出来るからではなく、 その業種をどれくらい経験しているかが大切になります。 コンサルティング系の仕事 雇用形態 正社員 勤務地 東京都 中国 仕事内容 国内外の優秀人材獲得のための採用業務全般の企画・運営を担当して頂きます。 このように 個人の経験や能力を重視する企業が多く存在し、多くの求人が 今まで経験した仕事のスキルや経験が生かせるかどうか?を重要視しています。 英語力が求められている部分もありますが、それよりもあなたのこれまでの仕事内容の見直しが大切だということです。 まずは、語学力を抜きにして、自分が活かせる経験やスキルは何か?を考えてみましょう。 海外に行ける仕事を探すには? 今のはJACリクルートメントから抜粋した一例ですが、このサイトは 情報量が大変多く、未経験の方や第二新卒の求人など幅広く取り扱っており企業の求人を紹介するだけではなく、 こちらのスキルに合う求人を探して来るスタンスがあるところや、グローバルな求人に強いところが魅力です。 また、JACリクルートメントの転職エージェントは 外資系企業の経験者や専門分野で活躍してきたエキスパートばかりなので、日本では対応しきれないような海外の情報も詳細に持っており、個別相談会&転職セミナーも定期的に開催しています。 気軽に相談が出来るので、まずは一度求人を覗いてみてはいかがでしょうか? 更に、最近では、リクルートエージェントもそういった 外資系企業や日系グローバル企業への転職支援に力を入れだしました。 英語能力がTOEIC700点以上の人材を非常に高待遇で扱っているようで、企業側からの人材募集が強まっている証拠ともいえるでしょう。 語学に自信があり、転職を考えている人は是非、リクルートエージェントも活用してみてください。 人気記事ベスト10• 転職先をどうやって見つけるのが効率が良いのか? 「転職先を見つけるときに転職マニアさんはどのようにして見つけたのでしょうか?」 とよく聞かれます。 当ブロ... 40,732 views posted on 2015年6月4日• 仕事に疑問を持てないのは致命的! 一生懸命仕事をしているのにも関わらず、中々仕事が出来ない、上手く事が運んでくれないというのはありますよね。 原因は他でもありません。 その仕事に対して 27,970 views posted on 2015年6月22日• 18,387 views posted on 2015年5月29日• 仕事が出来ない人の特徴と改善方法を書こうと思った理由 仕事が出来ないために、転職をしようと考える人は沢山いますが、 仕事が出来ないのなら転職は辞めた方がいい 15,465 views posted on 2015年5月21日• 面接通過の鍵を押さえておくにあたり、知っておいて欲しい最重要項目ともいえるのが、この 面接官に嫌われるNGワードです。 転職をするにあたり、皆さん面接で言ってはいけ... 14,511 views posted on 2015年5月11日• あなたは転職をしようと思ったら、まず最初に何をしようと思いますか? 恐らく、大抵の人が ハローワークの求人を探そうとするのでは無いでしょうか?... 13,615 views posted on 2015年5月20日• 半年以上も転職活動をしていても内定をもらえない理由はなんなのか? 半年以上転職活動をやっているのに内定を一社からももらえていないという方が何人か相談に来られます。 今回の記事では... 13,310 views posted on 2015年6月9日• 私も大恥をかいたことがある、履歴書の志望動機! 「転職マニアさん、履歴書の志望動機書ってあると思うんですけど、転職になるとどんな風に書いたらいいですか?」 12,409 views posted on 2015年6月4日• 近年新卒での就職すら難しいと言われている雇用状態。 35歳以上の転職はほぼ不可能とまで呼ばれるようになりました。 12,035 views posted on 2015年5月14日• どうしてあなたの転職はうまくいかないのか? 転職が中々決まらないって、本当に不安ですよね・・・ 私も全く転職が決まらなかった時期があるので、良く分かっているつもりです。 10,022 views posted on 2015年5月29日• 漫画で学ぶ転職•

次の