さよなら を 教え て ネタバレ 結末。 アニメ 銀河鉄道999の結末を教えてください。

【さよならプロポーズ2】最終回10話ネタバレ『ユカリとリュウイチの結末は?運命の最終決断!』あらすじ・感想

さよなら を 教え て ネタバレ 結末

別れるかどうかを決断する日に、にこにことはできないよね。 ユウくんはいい雰囲気だったからいける!って安心しきってるのかな? カフェを見つけて、その店に入ります。 注文したシャーベットが運ばれてきますが、どうやって食べるか分からず少々困惑する2人。 パイナップルの上部が蓋になっていますが、シャーベット部分とくっついていて取れません・・・ 困っているところに、店員さんがやってきて、食べられるようにパイナップルの蓋部分切り離してくれました。 少ししてから、今どういう心境なのかをユウさんがミドリさんに聞きます。 何も答えないミドリさん。 教えてというユウさんの言葉に、 「どういう心境でもない」とだけミドリさん。 海に行った時には元気だったミドリさんが不機嫌そうなので、ユウさんはそれが気になるようです。 「数時間後に決まるのに、なんでそんなヘラっとしてるのか分からない」とミドリさんは言います。 「内心はヘラッとしてない」とユウさんは答えます。 「今日は深い話はしたくない」とユウさんは続けます。 その言葉に、 「それなら楽しくしよう!」と無理やり笑顔を作ったようにミドリさんは見えました。 ミドリさんが黙っていれば、会話を自分からはしないユウさん。 それにミドリさんはイライラしていました。 それは今だけでなく、 これまでもずっとそうだったことから「最後の最後までこうなの?」と怒りが沸いてきています。 ユウさんにそのことを言うと、「だって、でも」と言い訳から始まるユウさんの発言に、ミドリさんのイライラはさらに募ります。 早めに別行動をしようと提案するミドリさんに、ユウさんは別れに怯えて首を横に振ることしかできません・・・ シャーベットを食べ終わったら行くとミドリさんは一方的に話を終わらせようとします。 最終決断を前に、 「最初から決断は変わってない」と口にするミドリさん。 その後はカフェを出て強制的に別行動をとろうとします。 公園で話そうというユウさんに、もういいと逃げるミドリさん。 3年分の不満が爆発して、逃走を図ります・・・ そのまま2人で車内へ。 ユウさんがいろいろと質問することで、ミドリさんはキレてしまいます。 7日間、一緒にいてくれてありがとう。 めちゃくちゃ楽しかった。 この旅で、いろいろな人と話してミドリともたくさん話して泣かせちゃったり泣いたり。 自分の弱いところもダメなところも本当に理解できた。 それを全力で変えていきたい。 旅が進むにつれて、どうしてもミドリと別れたくない気持ちと本当に大好きで大好きでしかたない気持ちでいっぱいだった。 ミドリは決まってるかもしれないけど、ちゃんとこの言葉を聞いて決断してほしい。 僕は、自分のためじゃなくて、これから全力でミドリのために生きていきたい。 本当に、本当にどうしようもないくらい愛しています。 だから、僕と結婚してください。 ユウさんのプロポーズに対してミドリさんは・・・ いっぱい考えたけど、2年10か月いっぱい我慢して本当に辛かったけど、楽しいことの方が多かった。 もうちょっと一緒にいてみたいと思った。 すぐ怒るし、わがままだけど一緒にいたい。 そう言って、ユウさんが差し出していたバラの花束を受け取りました。 ユウさんを失うことの方が怖かった?というスタッフからの質問に、 「ユウくんを悲しませたくなかった」とミドリさんは答えました。 決断までに残された45分の間に、ユウさんはバラを買いに奔走していました。 集めたバラは21本。 その数の意味は、 「真実の愛」 帰国後のインタビューでミドリさんは・・・ 「私の決断は結婚ということで大丈夫です!」と笑顔でした^^ 気持ちが変わったのは、目の前でバラを差し出されたその瞬間。 直前にブチギレていたにも関わらず、好きだと言ってくれて結婚したいと言ってくれる人はいない、この人しかいないと思ったことが決め手だったようです! これからも仕事を頑張って、家事も少しは手伝うととても晴れやかな笑顔のミドリさんでした。 あれは、2人でどうしようって困るんじゃなくて。 ユウくんにすぐさま店員さんを呼ぶとか行動してほしかったんじゃないかな~? いろいろと頼りたい、しっかりしてほしいというミドリさんの気持ちも分かりますが、ユウさんが意識して直せる部分とどうにも直せない部分もあるだろうなと思いました。 すぐ聞かないというのも、自分でどうにかしようとまずは思うタイプなのかもしれません。 困ったね!っていうことも2人でどうすればいのかな?って考えることを楽しんでいるのかもしれませんしね! いいように考えたらの話ですが^^; ミドリさんの理想の男になると言っていたので、ユウさんが結婚に向けてさらに素敵な男性に変化するのは楽しみなことですね! 今後の2人も見てみたい!! と思ったら、 最後にミドリさんのみ帰国後のインタビューが! ミドリさんの帰国後のインタビューは、とても晴れやかな笑顔が印象的でした^^ いろいろと言えなかったことや我慢していたことも、この旅を通してユウさんに伝えることができたので結果的には参加してよかったのかもしれませんね!.

次の

映画「さよならくちびる」ネタバレあらすじと感想結末/小松菜奈と門脇麦が共演し、あいみょんと秦基博が楽曲提供

さよなら を 教え て ネタバレ 結末

この映画で印象深かったのは、最後の終わり方です。 俊介が一彦に、かなこと出会えた人生とそうでなかった人生のどちらが良かったか聞かれます。 答えようとした瞬間にエンディングが訪れて、見る側に想像力を与えてくれます。 きっと、かなこと人生と出会えたことを選ぶと信じたいと思います。 注目して欲しいのは、主演の真木よう子の悲愴感あふれる演技です。 撮影中は過酷だったと語っていて、その頑張りが伝わってきます。 日本アカデミー賞では最優秀主演女優賞を受賞しました。 渓谷の綺麗な景色を見ることができるのも今作の魅力です。 渓流などの自然が幻想的に描かれていて素晴らしいと思いました。 この作品は事件の加害者と被害者が夫婦という異質な設定です。 そんな夫婦の愛と憎しみが入り混じって描かれており、終始かもしだされる重く暗い雰囲気に、現実と非現実さの境界線が無くなりそうになります。 様々な魅力と異質な設定に、深い面白さを堪能できる作品ではないかと考えます。 多数の賞を受賞していますし、楽しめる映画になっているのでお勧め致します。

次の

映画「さよならくちびる」ネタバレあらすじと感想結末/小松菜奈と門脇麦が共演し、あいみょんと秦基博が楽曲提供

さよなら を 教え て ネタバレ 結末

別れるかどうかを決断する日に、にこにことはできないよね。 ユウくんはいい雰囲気だったからいける!って安心しきってるのかな? カフェを見つけて、その店に入ります。 注文したシャーベットが運ばれてきますが、どうやって食べるか分からず少々困惑する2人。 パイナップルの上部が蓋になっていますが、シャーベット部分とくっついていて取れません・・・ 困っているところに、店員さんがやってきて、食べられるようにパイナップルの蓋部分切り離してくれました。 少ししてから、今どういう心境なのかをユウさんがミドリさんに聞きます。 何も答えないミドリさん。 教えてというユウさんの言葉に、 「どういう心境でもない」とだけミドリさん。 海に行った時には元気だったミドリさんが不機嫌そうなので、ユウさんはそれが気になるようです。 「数時間後に決まるのに、なんでそんなヘラっとしてるのか分からない」とミドリさんは言います。 「内心はヘラッとしてない」とユウさんは答えます。 「今日は深い話はしたくない」とユウさんは続けます。 その言葉に、 「それなら楽しくしよう!」と無理やり笑顔を作ったようにミドリさんは見えました。 ミドリさんが黙っていれば、会話を自分からはしないユウさん。 それにミドリさんはイライラしていました。 それは今だけでなく、 これまでもずっとそうだったことから「最後の最後までこうなの?」と怒りが沸いてきています。 ユウさんにそのことを言うと、「だって、でも」と言い訳から始まるユウさんの発言に、ミドリさんのイライラはさらに募ります。 早めに別行動をしようと提案するミドリさんに、ユウさんは別れに怯えて首を横に振ることしかできません・・・ シャーベットを食べ終わったら行くとミドリさんは一方的に話を終わらせようとします。 最終決断を前に、 「最初から決断は変わってない」と口にするミドリさん。 その後はカフェを出て強制的に別行動をとろうとします。 公園で話そうというユウさんに、もういいと逃げるミドリさん。 3年分の不満が爆発して、逃走を図ります・・・ そのまま2人で車内へ。 ユウさんがいろいろと質問することで、ミドリさんはキレてしまいます。 7日間、一緒にいてくれてありがとう。 めちゃくちゃ楽しかった。 この旅で、いろいろな人と話してミドリともたくさん話して泣かせちゃったり泣いたり。 自分の弱いところもダメなところも本当に理解できた。 それを全力で変えていきたい。 旅が進むにつれて、どうしてもミドリと別れたくない気持ちと本当に大好きで大好きでしかたない気持ちでいっぱいだった。 ミドリは決まってるかもしれないけど、ちゃんとこの言葉を聞いて決断してほしい。 僕は、自分のためじゃなくて、これから全力でミドリのために生きていきたい。 本当に、本当にどうしようもないくらい愛しています。 だから、僕と結婚してください。 ユウさんのプロポーズに対してミドリさんは・・・ いっぱい考えたけど、2年10か月いっぱい我慢して本当に辛かったけど、楽しいことの方が多かった。 もうちょっと一緒にいてみたいと思った。 すぐ怒るし、わがままだけど一緒にいたい。 そう言って、ユウさんが差し出していたバラの花束を受け取りました。 ユウさんを失うことの方が怖かった?というスタッフからの質問に、 「ユウくんを悲しませたくなかった」とミドリさんは答えました。 決断までに残された45分の間に、ユウさんはバラを買いに奔走していました。 集めたバラは21本。 その数の意味は、 「真実の愛」 帰国後のインタビューでミドリさんは・・・ 「私の決断は結婚ということで大丈夫です!」と笑顔でした^^ 気持ちが変わったのは、目の前でバラを差し出されたその瞬間。 直前にブチギレていたにも関わらず、好きだと言ってくれて結婚したいと言ってくれる人はいない、この人しかいないと思ったことが決め手だったようです! これからも仕事を頑張って、家事も少しは手伝うととても晴れやかな笑顔のミドリさんでした。 あれは、2人でどうしようって困るんじゃなくて。 ユウくんにすぐさま店員さんを呼ぶとか行動してほしかったんじゃないかな~? いろいろと頼りたい、しっかりしてほしいというミドリさんの気持ちも分かりますが、ユウさんが意識して直せる部分とどうにも直せない部分もあるだろうなと思いました。 すぐ聞かないというのも、自分でどうにかしようとまずは思うタイプなのかもしれません。 困ったね!っていうことも2人でどうすればいのかな?って考えることを楽しんでいるのかもしれませんしね! いいように考えたらの話ですが^^; ミドリさんの理想の男になると言っていたので、ユウさんが結婚に向けてさらに素敵な男性に変化するのは楽しみなことですね! 今後の2人も見てみたい!! と思ったら、 最後にミドリさんのみ帰国後のインタビューが! ミドリさんの帰国後のインタビューは、とても晴れやかな笑顔が印象的でした^^ いろいろと言えなかったことや我慢していたことも、この旅を通してユウさんに伝えることができたので結果的には参加してよかったのかもしれませんね!.

次の