私 の 幸せ な 結婚 ネタバレ 13 話。 私の幸せな結婚|原作小説は完結してる?何巻・何話まででてるか解説

わたしの幸せな結婚7話のネタバレと感想・結末【美世の異能!?閉鎖的な薄刃家の極めて危険な力とは?】

私 の 幸せ な 結婚 ネタバレ 13 話

わたしの幸せな結婚11話「本当のこと」ネタバレ 清霞が手紙で花を呼んだと聞き、驚く美世。 どうしてそんなことをしたのかと花に聞いてみると、花はもちろん清霞が美世を心配しているからだと言います。 清霞が花のことを知っているということは、清霞は自分のことを調べ尽くしているということに気づいた美世。 だから「抱え込んでいるものはそのうち気にしなくてよくなる」と言ってくれたのかと思うと、心が痛みます。 美世は自分が異能を持っていないから価値がないと思っていたと花に吐露しました。 さらに異能を持っていないことを清霞に打ち明けるのが怖かった、もし清霞が本当のことを知れば自分は捨てられる、今の幸せを失うのが嫌だったと話します。 しかし自分の知っている清霞は簡単に捨てるような人間ではありません。 異能がないことを知りながらも美世のことを気にかけてくれるような人です。 すると、花は清霞は待っているよと言ってくれました。 美世なら大丈夫、どんな結果だったとしても今度こそ自分が美世を必ず助けると言ってくれる花。 美世は花に抱きつきます。 子供の頃、面倒を見てもらっていた頃と同じように花は美世の頭を優しく撫でてくれます。 花の手はあの頃と変わらず温かいものでした。 全てを清霞に話そうと決心した美世。 一人でいる清霞のもとへと走っていきました。 突然美世がきて驚いた清霞ですが、すぐにそれを隠して平然と振舞います。 ずっと言えなかったことがある、とついに自分には異能がないということを打ち明けた美世。 両親が異能者でありながら自分は無能、学校も小学校止まり、さらに実家で使用人として働いていたのだと続けます。 教養もなければ、名家の娘らしいこともできない、自分は清霞の相手には相応しくないけれど追い出されたくないからずっと黙っていたと泣きそうになりながら話しました。 もし清霞が死ねと言えば死ぬし、出ていけと言えば出ていく、と清霞の前で頭を下げると清霞のためにつくった髪結を差し出します。 不要なら捨ててもかまわない、今まで世話になったと出ていく気満々で清霞の答えを聞くことに。 すると清霞は、いつまでそうしてるんだと言ってくれます。 美世が顔を上げると清霞は微笑み、美世を自分の方へ引き寄せました。 美世の頭に手を置きながら、もう少ししたら正式に婚約しようと思っているのだから出て行かれては困ると言う清霞。 自分と一緒に暮らすのは嫌かと聞かれ、美世は胸がいっぱいになり何も言えなくなってしまいます。 顔を赤らめたまま、ドキドキして清霞の顔を見上げると清霞はすぐに横を向いてしまいました。 清霞も耳を真っ赤にしていることに気づいた美世。 許してくれるのならここにいたい、と言えました。 すると、許すも何も自分が美世にここにいてほしい、他の人間ではなく美世にいて欲しいんだと清霞は言ってくれるのでした。 これまで悲しいことや苦しいことがたくさんあったけれど、全ては今に繋がるためにあったのだとすれば報われる、美世はそんな気持ちになれます。 清霞は美世が作った髪結の紐で、自分の髪を結って欲しいと頼みました。 綺麗な色だと褒めてくれた清霞は、「大事に使わせてもらう」と言いながら美世のことを名前で呼んでくれるのでした。 花の言葉がなかったらずっとこもったままだったと思う、と別れ際に花にお礼を伝える美世。 花も美世に会えて話せて嬉しかったと手をとります。 清霞はこのことを以前から伝えていた五道に礼を言います。 その一方で、五道は見張りがいなかったかも見ていました。 今日は式がいなかったと話す五道。 花を送り、車を出していきました。 花との別れを名残惜しそうに車を見ていた美世ですが、清霞はこれからは誰にでもいつでも会えると優しい言葉をかけてくれました。 その頃、式で清霞の姿を追えずに悔しそうにしていた辰石。 美世の姿を確認しようと式を撒いていましたが失敗しました。 すると香耶が、美世がまだ九堂の家にいるとこぼしました。 しかしあの格好ではせいぜい使用人としているのだろうと言います。 そして久堂家で、素敵な人を見かけたと清霞のことも話しました。 清霞が斎森家を訪れていたことを知っていた辰石。 香耶の話を聞く限りは、美世のようなみすぼらしい娘を寄越したことにたいしての苦情や、迷惑料を請求したからその後久堂と斎森の仲が悪化したのではないかと考えます。 最初からそうしておけばよかったのに、と思いながらも、これからは…と辰石は企んでいました。 全てがあるべき場所に収まる… 辰石は、美世が久堂家を追い出されたタイミングで美世を保護して辰石の嫁として迎えてやろうと考えていたのでした。 >> 公式の漫画アプリと動画配信サービスでお得に漫画を読んでみよう! 無料トライアル登録時に 600円分(継続利用で1200円分)のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「わたしの幸せな結婚」が 今すぐ無料で読むことができる。 30日お試し無料登録時に 600円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「わたしの幸せな結婚」が 今すぐ無料で読むことができる。 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「わたしの幸せな結婚」が 無料で読める。 会員登録無料。 半額クーポンがもらえなくもらえて「わたしの幸せな結婚」がお得に読める。 じっくり試し読み3000作品以上。 会員登録無料。 Tポイントが使える&貯まる。 50%クーポンがもらえるため「わたしの幸せな結婚」がお得に読める。 会員登録無料。 PayPayでも購入が可能。 無料漫画や割引セールなどが随時行われていて漫画がお得に読めることも。 ガンガンONLINEと併せて、ぜひお試しください。 わたしの幸せな結婚11話感想 やっと美世が本当のことを伝えられましたね。 清霞も全部知った上で花を呼んでいたわけですが、美世の口から全てを話してもらえてよかったんじゃないかなと思います。 清霞が美世を抱き寄せているのがすごくスマートで、素敵でしたがまさか清霞も照れていたとは(笑) 耳を真っ赤にして美世の顔を見ないっていう時点でもう…と思ってしまいますが(笑)美世もそれにはさすが気づいたようです。 大切に思ってもらえている、と美世もこれでわかったと思います。 でも辰石の方がいろいろ企んでいるようで、清霞たちにもまだ一波乱ありそうですね。 まとめ わたしの幸せな結婚11話のネタバレを紹介しました。 美世が清霞に異能を持っていないことやそれで捨てられるのではないかと思っていたこと全てを話す• 全て受け入れ美世だからこそ一緒にいてほしいと言ってくれる清霞• >> >>.

次の

私の幸せな結婚|原作小説1巻4章ネタバレ!漫画13話あらすじ考察

私 の 幸せ な 結婚 ネタバレ 13 話

漫画『わたしの幸せな結婚』13話のあらすじネタバレ 辰石の主は香耶を呼び出し、信じられない今の美世の姿を見たと言い、香耶も今の美世を知りたいのではないかと言います。 それを聞いた後、香耶は人型の式を美世のところへ飛ばしました。 その時香耶は子どもの頃から母親に言われていた言葉を思い出します。 ただの無能だから斎森の娘ではない。 お琴を間違えた香耶に対して、失敗してはいけない、あれのようになってはいけないと厳しく言う母。 そして門の前で美しい男性と話しているのが見えます。 あの時、屋敷で見かけたキレイな人は久藤清霞だったのかと気づいた香耶。 2人が恋人のように仲良く笑っている姿を見て、香耶は自分の方が上なのにおかしいと苛立ちを隠せず、父の元へ向かいます。 香耶は父に、久藤家の嫁にふさわしいのは自分だから姉と交換してくれと言います。 何を言ってもダメだという父に、今まで自分の言ったことを必ず聞いてくれる父なのにおかしいと思いながら部屋を出ると、幸次に声をかけられます。 そして香耶は幸次に、幸次は姉と婚約したくないかと尋ねます。 意味が分からないと呆れた顔をする幸次に、香耶は久藤の妻にふさわしいのは自分だから取り換えた方がいいと思ってと言います。 幸次はバカなことを言わないでくれるかと言うと、香耶は幸次は姉のことが好きだからいいじゃないかと言います。 幸次はお義父さんは許したのかと聞くと、無言になる香耶。 家長の許しがないなら無理だと幸次が言うと、もういいと言って香耶はその場をあとにしました。 香耶は辰石の主なら協力してくれるはずだと思い、辰石の屋敷へ向かいました。 その頃、美世とゆり江は清霞の屯所の門前に来ていました。 仕事が忙しく泊まり込みをした清霞のためにお弁当を持って差し入れにきたのでした。 門番に身元と用件を聞かれ、久藤の婚約者だと言うと、慌てて門番が確認をしに中へ入っていきました。 そして慌てて外へ出てきた清霞に美世は差し入れを持ってきたと笑顔で渡します。 差し入れを受取り、恥ずかしそうにしている清霞。 中で休んでいくかと清霞が声をかけるも、仕事の邪魔をしてはいけないから帰ると言います。 清霞は美世にお守りは持っているかと聞くと、はいと答える美世。 お守りを持っているならいい、2人とも気を付けて帰ってくれと言った後、清霞は美世の頭をぽんぽんと撫でました。 歩いて帰っている時、美世はお守りを言えに置いてきてしまったことに気づきました。 清霞にもらったお守りにどんな効果があるか分からないけれど、きっと何か意味があるはずだと思いながらまっすぐ家に帰る美世とゆり江。 その時、ものすごい勢いで車が走ってきて、何者かが美世の腕を掴み、口と手を縛って車の中に押し入れられ、美世は誘拐されてしまいました。 美世は状況が分からず、恐怖と旦那様のことで頭がいっぱいでした。 漫画『わたしの幸せな結婚』13話の感想と考察 美世を誘拐したのは一体誰の指図なのでしょうか。 辰石の主かそれとも香耶の2人が怪しいですよね。 辰石は美世と自分の息子を結婚させて薄刀家の異能が欲しいと思っているけれど、こんな雑というか、派手な方法で美世を誘拐したところで、辰石の嫁にすることはさすがに難しい気がします。 香耶は姉より自分の方が清霞の妻にふさわしいと思って、姉が邪魔だと思っているから美世さえいなくなれば自分が嫁にいけると安易な考えで誘拐したのかもしれませんよね。 私は香耶が犯人じゃないかなと思います。 それとも今まで一度もまだ出てきていない人物で薄刀家の人の可能性もなくはないと思いますが、やはり香耶が怪しいなと思います。 しかし、香耶も幼い頃、母親にかなり厳しく育てられてきたのですね。 小さい頃はお姉ちゃんと仲良くしたかったのかもしれないけれど、母親に言われて美世を下に見るようになって、いつも姉よりも上でいないといけないという比較をしてきてたんだなということが今回分かりました。 香耶もある意味、可哀想な子だったんですね。 でも平気な顔で自分の婚約者の幸次に、姉と交換した方がいいと言えるところがやはり最低な人だなと思います。 清霞の異能で連れ去られた美世を取り戻すことができるのか、犯人は一体誰なのか、次の話が楽しみです。

次の

わたしの幸せな結婚 第9話『嫌いなのは…』感想 ネタバレあり

私 の 幸せ な 結婚 ネタバレ 13 話

漫画『わたしの幸せな結婚』13話のあらすじネタバレ 辰石の主は香耶を呼び出し、信じられない今の美世の姿を見たと言い、香耶も今の美世を知りたいのではないかと言います。 それを聞いた後、香耶は人型の式を美世のところへ飛ばしました。 その時香耶は子どもの頃から母親に言われていた言葉を思い出します。 ただの無能だから斎森の娘ではない。 お琴を間違えた香耶に対して、失敗してはいけない、あれのようになってはいけないと厳しく言う母。 そして門の前で美しい男性と話しているのが見えます。 あの時、屋敷で見かけたキレイな人は久藤清霞だったのかと気づいた香耶。 2人が恋人のように仲良く笑っている姿を見て、香耶は自分の方が上なのにおかしいと苛立ちを隠せず、父の元へ向かいます。 香耶は父に、久藤家の嫁にふさわしいのは自分だから姉と交換してくれと言います。 何を言ってもダメだという父に、今まで自分の言ったことを必ず聞いてくれる父なのにおかしいと思いながら部屋を出ると、幸次に声をかけられます。 そして香耶は幸次に、幸次は姉と婚約したくないかと尋ねます。 意味が分からないと呆れた顔をする幸次に、香耶は久藤の妻にふさわしいのは自分だから取り換えた方がいいと思ってと言います。 幸次はバカなことを言わないでくれるかと言うと、香耶は幸次は姉のことが好きだからいいじゃないかと言います。 幸次はお義父さんは許したのかと聞くと、無言になる香耶。 家長の許しがないなら無理だと幸次が言うと、もういいと言って香耶はその場をあとにしました。 香耶は辰石の主なら協力してくれるはずだと思い、辰石の屋敷へ向かいました。 その頃、美世とゆり江は清霞の屯所の門前に来ていました。 仕事が忙しく泊まり込みをした清霞のためにお弁当を持って差し入れにきたのでした。 門番に身元と用件を聞かれ、久藤の婚約者だと言うと、慌てて門番が確認をしに中へ入っていきました。 そして慌てて外へ出てきた清霞に美世は差し入れを持ってきたと笑顔で渡します。 差し入れを受取り、恥ずかしそうにしている清霞。 中で休んでいくかと清霞が声をかけるも、仕事の邪魔をしてはいけないから帰ると言います。 清霞は美世にお守りは持っているかと聞くと、はいと答える美世。 お守りを持っているならいい、2人とも気を付けて帰ってくれと言った後、清霞は美世の頭をぽんぽんと撫でました。 歩いて帰っている時、美世はお守りを言えに置いてきてしまったことに気づきました。 清霞にもらったお守りにどんな効果があるか分からないけれど、きっと何か意味があるはずだと思いながらまっすぐ家に帰る美世とゆり江。 その時、ものすごい勢いで車が走ってきて、何者かが美世の腕を掴み、口と手を縛って車の中に押し入れられ、美世は誘拐されてしまいました。 美世は状況が分からず、恐怖と旦那様のことで頭がいっぱいでした。 漫画『わたしの幸せな結婚』13話の感想と考察 美世を誘拐したのは一体誰の指図なのでしょうか。 辰石の主かそれとも香耶の2人が怪しいですよね。 辰石は美世と自分の息子を結婚させて薄刀家の異能が欲しいと思っているけれど、こんな雑というか、派手な方法で美世を誘拐したところで、辰石の嫁にすることはさすがに難しい気がします。 香耶は姉より自分の方が清霞の妻にふさわしいと思って、姉が邪魔だと思っているから美世さえいなくなれば自分が嫁にいけると安易な考えで誘拐したのかもしれませんよね。 私は香耶が犯人じゃないかなと思います。 それとも今まで一度もまだ出てきていない人物で薄刀家の人の可能性もなくはないと思いますが、やはり香耶が怪しいなと思います。 しかし、香耶も幼い頃、母親にかなり厳しく育てられてきたのですね。 小さい頃はお姉ちゃんと仲良くしたかったのかもしれないけれど、母親に言われて美世を下に見るようになって、いつも姉よりも上でいないといけないという比較をしてきてたんだなということが今回分かりました。 香耶もある意味、可哀想な子だったんですね。 でも平気な顔で自分の婚約者の幸次に、姉と交換した方がいいと言えるところがやはり最低な人だなと思います。 清霞の異能で連れ去られた美世を取り戻すことができるのか、犯人は一体誰なのか、次の話が楽しみです。

次の