ハイ キュー ネタバレ 380。 最新ネタバレ『ハイキュー!!』379

最新ネタバレ『ハイキュー!!』330話!考察!貉坂高校にみる梟谷学園への傾向と対策

ハイ キュー ネタバレ 380

月島は大学に通いながらプロリーグの2部チームでMBやってます。 山口はと谷地は高校でバレーから離れたようです。 それでも結構ごちゃごちゃしてますが。。 高校卒業後、海外で2年間のバレー修行を経て帰国。 Vリーグdivision1「MSBYブラックジャッカル」OP。 172cm。 高校卒業後、進学せずVリーグへ。 Vリーグdivision1「シュヴァイデンアドラーズ」S。 188cm。 大学4年生。 Vリーグdivision2「仙台フロッグス」MB。 大学4年生。 190cm。 192cm。 Vリーグdivision1「AzumaPharmacyグリーンロケッツ」OH。 187cm。 173cm。 192cm。 最新話時点でどうしてるかは不明です。

次の

最新ネタバレ318話!ハイキュー!!考察!テツ&研磨はお隣さん。夢中になる時間の「終わりの始まり」へ 。

ハイ キュー ネタバレ 380

スポンサーリンク 『ハイキュー!! そんな時、メンバーチェンジしてきた菅原が日向の不安を吹き消すように明るく声をかけます。 菅原サーブから始まるこのセットで、菅原や澤村は同じ事を考えていたのでしょう。 その想いは孤爪の思惑を超えて、コート上の空気を変える事ができるのでしょうか。 スポンサーリンク 日向の成長!1点への近道はどこにもないと知っている!! 古舘春一「ハイキュー」313話より引用 菅原のサーブが烏野コートに返ってきた瞬間に、菅原と影山の位置が入れ替わり、なんと攻撃5枚体制!! 烏野の攻撃スタイルの中でも、かなり攻撃的な状況ですね。 しっかり助走距離を取れた日向ですが、灰羽が待ち構える日向側ではトスがあげれません。 今回はライト影山にトスを上げ、強烈なスパイクが撃ち込まれます。 もちろん何とか繋ぐ音駒ですが、孤爪はまたしても日向の助走距離を削るボールの返し方で翻弄します。 しかも今回は菅原と日向、両方を牽制する返球ですから、怖い実力ですね。 弧爪にレシーブをさせられている事に、気づいている日向ですが、攻撃とレシーブのどちらかを、選ぶ事はできませんでした。 古舘春一「ハイキュー」313話より引用 日向自身、レシーブがあるからスパイクが打て、ボールが落ちたらバレーが終わる事を理解していたのです。 昔のようにがむしゃらにボールを追いかけ、エースになる事だけが目標ではなくなった日向…点を獲る為の近道はない、と頭でも体でも理解していたのです。 この成長はきっと孤爪にとっても誤算だったのではないでしょうか。 田中のスパイクはブロック1枚半! まさにチャンスの瞬間がやってきたのです。 田中の強烈なスパイクを拾った夜久ですが、そのボールは直接、烏野コートに返ってしまいます。 誰しもが、万全のチャンスボールだと思いました。 構える音駒メンバーでしたが、なんと汗で日向がすべってしまったのです。 古舘春一「ハイキュー」313話より引用 実況者も武田先生も思わず、残念に思ってしまったチャンスボール…。 運も実力のうち、と言いますが、このチャンスの瞬間に起ってしまうと、あー…と思ってしまいますね。 日向が攻撃に入れない事で、田中のスパイクにブロックが2枚、きっちりつけてしまい、ブレイクを阻止した音駒。 けれども日向も烏野メンバーも、この1点で嘆いたりはしていなかったのです。 そんな日向の前向きな表情を孤爪は見逃しはしませんでした。 古舘春一「ハイキュー」313話より引用 自分の思惑とは違う日向の行動に、孤爪はどう思ったのでしょうか。 日向を今回初めて見る、観客の中にはその動きの必要性が分からない人もいるようです。 そんな会話を聞いて、音駒のマネージャーがイラっとしている姿も可愛いですね。 スポンサーリンク 『ハイキュー!! 』ネタバレ 313 話のまとめ 古舘春一「ハイキュー」313話より引用 せっかくのチャンスを不意にしてしまった日向ですが、決して心は折れていませんでした。 もちろん烏野メンバー全員が、その1点に嘆く事なく、前向きに声を掛け和える良いチームだった事も、嬉しく感じますね。 後がない烏野メンバーですが、影山は2回目のタイムアウトの時に、鵜飼監督に言われた言葉を思い出していました。 「勇気だしてこー」 その言葉の意味は私には分かりませんでした、影山には分かっていたようですね! その意図が、真意が、チームのピンチを救うに違いありません!! 天才セッターと呼ばれた影山の実力とともに、ここらでガツンと反撃ののろしを上げて貰いたいものですね。

次の

ベルセルクネタバレ最新360話確定【戦士キャスカの復活】

ハイ キュー ネタバレ 380

漫画・ハイキューは高校バレーボール部を舞台に物語が展開していくので、 最終回がどのような形になるのか気になる読者は多いです。 高校で終わるのか、それとも大学や全日本まで時間軸が進むのかによって、終わり方には大きな違いが出るのは明白でしょう。 そんなハイキューですが、最終回のネタバレを知りたいですよね? ここでは、 ハイキューの最終回がどのような形で迎えるのか、ネタバレ考察を紹介していきます。 ネタバレ1:烏野高校が全国大会で優勝して終わる まず最初に考えられる最終回として、「 烏野高校が全国大会で優勝して終わる」というものです。 高校1年生の主人公が、春高バレーに出場して奮闘している姿が描かれている最中ですが、最終回はこの高校1年生ではなく時間がさらに進んで高校3年生になります。 多くの読者は、主人公が1、2年の時は春高バレーで優勝することはできず、悔しい思いを胸に秘めながら高校最後の春高に出場。 スポンサーリンク そこでこれまでの経験や仲間との絆、そして厳しい練習に耐え抜いてきた努力や根性などが全てぶつかります。 相手も申し分ないほど成長しており、どちらが勝つか全く分からない展開が続くとネタバレ考察がされているんですね。 最終的には烏野高校が春高バレーで優勝を飾り、それぞれが喜びを爆発させるという形で最終回を迎えます。 ネタバレ2:烏野高校が全国大会で敗れて悔しさを胸に大学に進学して終わる 少年誌で掲載されているハイキューにとって、優勝して終わるという最終回は ハッピーエンドなので一見すると良さそうに見えます。 ですが「勝利が全て」という印象を、読者に与えてしまうのではないかとの意見は、ファンの間で根強く残っているのは事実。 ハッピーエンドで絶対に勝利が必要といえば、決してそのようなことはなく、負けから学べる点は非常に多いです。 スポンサーリンク そのため最終回のネタバレ考察として支持されているのが、「 烏野高校が全国大会で敗れる」という衝撃的なもの。 主人公が高校を卒業し、大学に進学する形で新しいステージに突入し終わりを迎えます。 後日談として大学や全日本で烏野メンバーが活躍するという姿がワンショット挿入されれば、負けから多くを学んだと分かるでしょう。 ネタバレ3:主人公が大学に進学して全日本に選ばれ終了する ハイキューの主人公・日向が高校で全国大会で優勝できず、その無念の想いを大学で晴らす「 大学篇」がスタートすると予想されています。 そこではかつての仲間やライバルが大学生として先に進学し、高校時代とは大きく違う環境でさらに強くなっているんですね。 日向はそこで己の未熟さを痛感し、どうにかしてより強くなりたいと願い初心に帰った気持ちでバレーボールと向き合うことに。 数々の試練が日向を襲いますが、それでも彼は誰にも負けない一流選手になると決意し猛特訓を開始。 そして見事に大学の試合で好成績を残し、全日本に選ばれジャパンのユニフォームを着用した日向がアップで描写され他国の選手と試合に臨むところで、最終回を迎えるのです。 高校だけに留まらず、大学という新しいステージ、そして全日本というごく少数の人しか獲得できない高みにまで達した日向。 まさにハッピーエンドの終わり方と言えるでしょう。 ネタバレ4:高校2年生の春高の決勝戦で最終回を迎える スポーツ漫画は、どのタイミングで物語を終わらせるかとても難しいため、原作者が一番頭を悩ませるところです。 ずっと同じような試合が続くようでは、読者は必ず飽きてしまい作品自体の評価が落ちてしまう可能性があります。 となれば、盛り上がりを見せている最中に突如として幕切れさせたほうが、作品の評価を高くさせたまま最終回を迎えられるでしょう。 スポンサーリンク この幕切れのタイミングを、試合終了に合わせるのか、それとも試合開始の段階に設定するかで 印象が変わるのは事実。 ハイキューに関しては、読者の多くが主人公が2年生の時点での春高決勝戦が開始した段階で終わりを迎える予想しています。 1年の時とは雰囲気が異なる2年生での春高は、まだ新鮮味がありますが、これが3年生となれば 飽きられるのは目に見えているでしょう。 ですから、高校2年生の春高が区切りを迎えるのに最適なので、このような予想がされているんですね。 ネタバレ5:主人公が海外へ転校するタイミングで最終回になる ハイキューの主人公・日向が、親の都合で海外へ引っ越すことが決まります。 もちろん同じ高校に通い続けるのは不可能で、別の国の学校へ転校しなければなりません。 バレーボールとお別れという訳ではなく、海外の学校でバレーを続けます。 ですがそれは読者が望むものではないので、海外で何をしているのかなどは 一切明かされることはないでしょう。 そして最終回では後日談という形で、1年足らずで日本に帰国した日向がアップで描写され、バレーボールのう腕前が驚くほど向上。 こうして大きな戦力を補強できた烏野高校が、春高を制するために再び動きだすのでした…。 このような形で、ハイキューの物語が終わるとの予想もされています。 ネタバレ6:小さな巨人が誰なのかが明らかになって最終回となる ハイキューの主人公である日向が、バレーボールを始めたキッカケは「 小さな巨人」の活躍をテレビで視聴したから。 スポーツ漫画ですが、この「小さな巨人」については、名前など詳細な情報がほとんど不明である意味謎の多いキャラクター。 ラスボスとも受け取れそうな雰囲気をしていますが、バレーボールを題材にした漫画なので一騎打ちなどは怒らないでしょう。 読者の予想としては、この小さな巨人が誰なのか明らかになったタイミングで最終回を迎えるとのこと。 名前や所属チームなどが明らかになったタイミングで、小さな巨人が物語に登場し彼の全容が明らかになったところで終わります。 日向は目を見開いて驚きに満ちた顔をしているアップが、最終回の最後のコマに描かれ完結となるのです。 ネタバレ7:小さな巨人と直接対決の試合が最終回になる ハイキューで隠れキャラとして謎に包まれている「 小さな巨人」は、物語のあるタイミングで登場する可能性が高いです。 それがいつになるかは、読者の間で意見が分かれていますが、最終回の予想に関しては多くの人の意見が一致しています。 それは、日向が憧れである小さな巨人と対決する試合が、ハイキューの最終回になるというもの。 小さな巨人がどこのチームに所属しているのか、詳しい情報は何も明らかにはなっていませんが、物語が終盤に差し掛かるうちに発覚します。 その時に日向は全日本に選ばれるほどの実力を持ち、実業団のチームに所属しているでしょう。 そこで小さな巨人と直接対決するようになり、これがハイキューの最終回になると考えられています。 かなり時系列は飛ぶので、「〇年後」という便利な記載がされる可能性が高いですが、人気がずっと続くのであれば1年ごとに主人公の年齢を重ねていく手法を取るかもしれません。 まとめ ここでは、 ハイキューの最終回がどのような形で迎えるのか、ネタバレ考察を紹介していきました。 ハイキューはバレーボールを題材にしたスポーツ漫画なので、最終回をどのような形にするのかとても難しい部分です。 読者も予想できる幅がとても広く、今回紹介した最終回のネタバレ考察の範囲を多岐に渡っているのが読み取れるでしょう。 いずれは最終回を迎えるでしょうから、どうなっていくのか楽しみにしたいですね!.

次の