種 を まく 人 あらすじ。 種まく旅人〜みのりの茶〜

映画 種をまく人|公開いつからいつまで?

種 を まく 人 あらすじ

> 「種をまく人」 ポール・フライシュマン 片岡しのぶ 訳 何気なく手にとって買った児童〜大人向けのわずか100ページ足らずの本である。 自然な気持ちで、心地よく読めた。 物語の舞台は、オハイオ州クリーブランド、貧しい人たちが住んでいる地域にある一角の空き地である。 その空き地は「そこらじゅうに、古タイヤとか、生ゴミをつめこんだビニール袋なんかが、いっぱい捨ててありました。 そういうのをよけながら歩いていると、ネズミが二匹、残飯をあさっていて、ぎくっと足が止まってしまいました。 それでも・・(P5 」というような状況で正式なゴミ捨て場ではないのに、ありとあらゆる廃棄物が捨てられていた。 その空き地に捨てられた錆びた冷蔵庫のそばに、ヴェトナム出身の少女キムが、スプーンで固い地面を掘りながらそこに豆を植え、魔法瓶の水をかけるところから物語は始まる。 なぜキムが豆を育てようと思ったかというところも泣けてくるのたが、さらに白人、黒人、グアテマラから移住してきた人、ハイチから来たタクシー運転手、韓国人、メキシコ人、インド人などなどさまざまな民族の人が、それこそ自分自身の理由を見つけて、ここ空き地にやってきて種をまき、畑を作るようになる。 そしてそのそれぞれの理由というのも雑多だ。 彼女の好きなトマトを作ろうとする青年、医者嫌いの祖母がアキノキリンソウを煎じて飲んでいたことを思いだし、それを植えるために、市当局や州、さらには連邦政府にも電話をかけ、ついに市の公衆衛生課にかけあい、空き地の大量の廃棄物を片付けさせた女性もいる。 もちろん、ベビーレタスを育ててレストランに高く売ろうなんて人もいる。 そうしてだんだんとれぞれの菜園ができてくる。 インドから来たアミールは最初こう思っていた。 「アメリカには、人に近づくな、というルールでもあるんでしょうか。 友だちだと分かっていればともかく、それ以外の人間は、みな敵あつかいです。 無数の岩の割れ目に無数のカニがうごめいている…。 アメリカという国はそんな感じですよ。 (P77 」だが彼も、トウモロコシ畑の上に勝手に捨てられた山のような古タイヤをみんなで片付けていた、ナイフを持ち女性を襲い、財布を奪って逃げた賊をいつの間にか自分を含め何人かが追いかけて押さえつけていた、というような経験をする中で、「畑にいると<みんな仲間>という意識がみんなのこころのどこかにあるんですよ。 」と思うようになっていた。 あくまでも物語の話だとは思う。 しかし、ともに何かを育て、ちょっと隣で働いている人に話しかけてみると、いままでと違った人間関係ができる。 そういったことは実はたくさんあるはずだ。 人をばらばらにしていこうとする現実世界の中で、国も民族も言葉も習慣もそして(同じ国民であっても)体験や経験も違う物同士が<みんな仲間>になるにはどうすればよいのでしょうか。 そんなことも考えた一冊だった。 人生には、変えられないものが山ほどあります。 死んだ人間を生きかえらせることはできません。 この世から悪人がいなくなることも、わたしが百万長者に変身することもないでしょう。 だが、このゴミ捨て場の一角を畑にすることなら…。 そうだ、どうにもならないことを一日じゅう考えているより、畑をつくるほうがよっぽどましだ。 髪の黒いあの女の子に、それを教わったんですよ。 空き地は三方をアパートにかこまれていました。 わたしはそのへんを歩きまわり、日あたりのよさそうな場所をえらんで、捨ててあるものをわきにどかし、ガラスのかけらを取りのぞきました。 それから、さっぱりとなったその場所にしばらくしゃがんで、土をいじっていました。 週明けの月曜日、学校のシャベルを借りて帰りました。 (P17より抜粋) 彼女もニンジンを植えていました。 芽がいっせいに出てきたとき、彼女がさっぱり間引きをしないのが、わたしは気になりましてね。 ニンジンは、芽が出たら、強そうな芽を一本残して、ほかのは全部抜きます。 苗と苗の間隔を空けないと、いいのが育たないからです。 そのことを言うと、彼女は、畝を見下ろしてこう答えました。 「わかってるわ。 でもね、そうしようとすると、どうしても強制収容所を思い出してしまうの。 あそこに入れられていたとき、毎朝、集められて、二列に並ばされたの。 じょうぶな者と、そうでない者に分けられて。 弱い者は死ななくてはならなかったのよ」 彼女の父親は、オーケストラのヴァイオリニストでしたが、ドイツに楯突くようなことを言ったために、家族全員捕らえられ、収容所送りになった、そう彼女は話してくれました。 それを聞いて、わたしはつくづく思いました。 ポーランド人はこうだ、という噂なんぞ、いいかげんなものだったな、と。 本当のポーランド人は、そういう噂の後ろに隠れているのですーアーモンドの実が厚い殻に隠れているように。 彼女がキャベツばかり料理するかどうか、わたしはいまだに知りません。 知りたいとも思いませんしね。 (P81より抜粋).

次の

映画『種をまく人』公式サイト

種 を まく 人 あらすじ

空き地の土を掘り返して耕し、種をまく。 水やりしたり雑草を抜いたり肥料をやったり。 初めは9歳の女の子が亡くなった父親を思い始めたこと。 きっと大きくなる。 ぜったい大きくしてみせる。 そんな少女のささやかな願いはやがて様々な人達に繋がっていく。 生まれた国も違う、肌の色も言語も年齢も。 けれどみんなの願いは一つ。 芽が出て葉が伸び、花が咲き種ができる。 その種をまた土にまく。 次の年も、また次の年も。 そうした自然の繰り返しにより、みんなの畑は集いの場となる。 忘れてしまっていた大事なことを、じわりじわりと思い出させてくれるような、清々しい気持ちになれた。 2020年初読み本。 年の始めに相応しい心温まるお話だった。 「どうにもならないことを一日じゅう考えているより、畑をつくるほうがよっぽどましだ。 皆さまのレビューに、読書の幅を広げて頂いております、感謝しかありません。 この本は第45回 1999年度 青少年読書感想文全国コンクールの中学校の部の課題図書だったようだ 使われていない応募用紙が挟まったままだったので…一体何年眠っていたのか…。 95ページと短い話だが、ギュッと濃縮されたいくつもの人生の断片を読むことができる。 アメリカの東北部オハイオ州、大統領選の際によく耳にしたラストベルトと言われる地域が舞台となっている。 移民の国アメリカ。 皆アメリカ人という大きな枠組みの中にいるけれど、それぞれの人種や民族に自らカテゴライズされて生活している様子がよくわかる。 時代とともに、移り住む人々 人種や民族 も変わる、それは政治的な背景を色濃く写しているのだろう。 そんな地域でゴミ捨て場になり、悪臭を放っていた一角に、ベトナムから移住してきた少女が、自分が生まれる前に亡くなった父に思いを馳せて、豆のタネを撒く。 それをアパートの窓から毎日のように見ていた老女 かつてルーマニアから移住してきた? が、ある日行動を起こす。 その善意の行動の輪が広がり、ゴミ捨て場は緑あふれる畑へと姿を変えていく。 場所だけでなく、人々の心も徐々に変わっていき、地域の緩やかな連帯が生まれていく…。 一人一人が、その人生を自分に語ってくれているようだった。 短いのに、アメリカという国のあり様が伝わってくる。 一人の少女の小さな行動からもたらさられた変化に心が暖かくなった。 2020. 10 いいですねぇ。 なんだか心が癒されていくようです。 舞台はアメリカ北東部、オハイオ州クリーヴランド。 ありとあらゆるゴミの捨て場と化していた空き地にあるときベトナム人の少女がライマメの種を植える。 それをきっかけに徐々にいろんな人種、いろいろな背景で近くに住む人々が空き地を耕し、それぞれの文化圏の植物・野菜を植えていく。 人種のるつぼであるアメリカ。 様々な国の人が集まっているが、言葉の壁、文化の違い、価値観の違いなどから、コミュニティを形成するのはそう簡単ではない。 普通に生活していれば、どんどん必要最小限のコミュニティだけになってしまう。 そこから生まれるものは決していいものばかりとは言えない。 異なる価値観を受け入れなかったり、自分達さえよかったらいいと考えに傾いたり、他人を差別・排除する考えになったりする場合もある。 このように、自然の恵み、畑で一緒に植物と育てるという共同作業をすることで、言葉が通じなくても心が通じていくのは非常に素晴らしいと思います。 本当は誰しもがこういう心をもっているのではないか、きっかけさえあれば優しいコミュニティを作れるんじゃないかと思います。 人はみな先入観、偏見をもってしまいがちだが、こうやって人種や言語、肌の色、貧富の差なども超えられることがあるんじゃないか、そんなことを感じさせてくれるいい話でした。

次の

種をまく人 (映画)

種 を まく 人 あらすじ

ある日、種をまく人が、種まきに行った。 まいているときに、1つの種は道端に落ちたが、鳥がそれを食べてしまった。 また、別の種は石だらけで土の少ないところに落ち、一旦はすぐに芽を出した。 ところが、土が少ないため充分な根っこを張ることができず、太陽が出てくると枯れてしまった。 また、別の種はイバラの間に落ちたが、イバラが伸びて覆(おお)いふさいだので、実を結ばなかった。 ところが、別の種は耕(たがや)された良い土地に落ち、実を結んで、あるものは100倍、あるものは60倍、またあるものは30倍にもなった。 耳のある人は聞きなさい。 このお話をされた後、イエス様は、 弟子たちにその意味を説明されました。 道端にまかれた種というのは、を聞くだけでそれを受け入れようとしない人のこと。 こういう人は、悪魔に心の種を奪い取られてしまう。 石だらけのところにまかれた種は、御言葉を聞いて一旦はそれを喜んで受け入れるが、困難があるとすぐに信仰を失ってしまう人のこと。 また、イバラの間にまかれた種は、御言葉は聞くが、日々の悩みやお金の誘惑に妨(さまた)げられ、神様から離れてしまう人のことだ。 良い土地にまかれた種は、御言葉に耳を傾けてそれを受け入れる人であり、100倍、60倍、30倍もの実を結ぶのである。 それぞれのワードは、何を例えている!? まず、前提として、それぞれのワードが何を例えているかを見てみましょう! イエス様の心遣い。。 ミレーの「種まく人」は、このお話がモチーフ!? ミレーという有名な画家の作品に、 「種まく人」 というものがありますが、 そのモチーフとなったのが、このイエス様の例え話だと言われていま す。 (上の画像) ちなみに、このミレーの絵の影響か、同じく画家のゴッホが 「夕陽と種蒔く人」という作品を描いています。 (下の画像) 聖書がモチーフになっている絵画は、数え切れないほどありますね! まとめ 今回は、イエス様の解説付きなので分かりやすかったですね! とは言え、 心を良い土地の状態に保つというのは、決して簡単なことではありま せん。 色んな誘惑や心の弱さが、私たちの心を荒らしてきますからね。 皆さんの心の状態は、どうですか? 僕の心の状態は。。 マグマですかね。 (種一瞬で焼失するわ) ではまた!.

次の