ドラゴンクエスト ユア ストーリー 動画。 ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

映画『ドラゴンクエスト』古田新太&吉田鋼太郎&井浦新がモンスター役

ドラゴンクエスト ユア ストーリー 動画

アイコン表示を Check! 動画リンクを Check! 最高のサービスはこれ! みんなが愛してやまない人気の強いコンテンツを映画化した作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠ですし、見ごたえもじゅうぶんすぎるほど。 そんなパワフルで思わずアツくなってしまう映画をフル動画でお得に見るなら、さまざまな手段はあれど、やはり動画配信サービスは大きな方法の道です。 劇場級のクオリティとまではいかなくても、画質はすでに格段に上。 圧倒的な映像美を堪能できます。 「無料」ですよ!タダ! 「利用は料金が発生するし…」と考えても冷静に思案してみてください。 これ以上のお得さは無いです。 なぜなら無料お試しがあるのです。 「空腹ならぬ金欠状態で映画を食べ歩きたくても手が出せない…」そんなジレンマはこれで解消しましょう。 初回に限ってのトライアル・チケットはあなたの数少ないチャンス・ターンです。 「無料で見られるのは旧作に限定されるの?」との懸念は確かにありそうです。 でも実際は登録時のポイントでの準新作もバッチリ視聴可能なので、配信されたばかりの話題作もカバーできます。 これは危険! 違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。 それで「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の再生はダメです。 リターンさえあれば利用したくなるかもしれませんが、利益どころか骨の髄まで害を与える、マイナス100%の有害性です。 あまりそれで損害を受けたという体験談を聞かないかもしれませんが、それは人には言えないためであり、実際は発生しています。 被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。 ベストチョイスはどれか? 満を持して公開されて映画館を賑わせたあの熱狂作も、いつの日かはネット配信でお目にかかれ、VODの出番です。 一方のデメリットほどではないにせよ、無料動画と浮かれることはできないのが、配信サービスの特定をしないとそもそも動画にはたどり着けないという問題であり、これは不可避です。 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。 このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。 情報は基本的に記事更新日の状況が反映され、最新情報に近い更新頻度になるように心がけています。 1日1回の更新とはいきませんが、他サイトよりははるかに頻繁な情報アップデートで、動画へのアクセスを促進しています。 「やっぱり映画はスクリーンがベストだね!」という人は、鑑賞料金の割引につながったり、チケット入手を支援するVODを最優先にすると良いです。 家族にバレない? VODはどの媒体でも使えるので誰でも見れてしまうのはメリットですが、その代わり「これ、見られたくないな…」という映画に関してどうするかという問題が発生します。 アダルト系や残酷系というコンテンツもあり、それを回避できる安全策がしっかり用意されているのが嬉しいところ。 キッズバージョンに切り替えればそうした映画はフィルタリングできます。 また家族別でアカウントを切り替えることで他人に私的な視聴履歴を見られないようにもできます。 これでプライベートを確保して、みんなでワイワイと満喫可能。 動画はフルの方がいい 映画はそれなりの上映時間があり、1~2時間、長いものだと3時間を超えることもあります。 しかし、長すぎるゆえにテレビ放送などでは編集されて部分的にカットされたバージョンになっていることも。 これではフル動画は見れません。 そこでVODの出番です。 ネット配信には時間の制約はないので、初めから終わりまで作品の完全版を堪能し、隅々までしゃぶりつくせます。 動画がフルなのは保証できます。 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。 SNSで映画を語ろう 多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。 映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の視聴で「楽しかったな~」と自己満足に浸るのも良いです。 でもどうせならその満足感を他人にも分けてみませんか。 おカネを稼ぐことはできませんし、無料視聴のお裾分けということでもないですが、鑑賞仲間を増やすのはやりがいがあります。 SNSでの拡散を活用すると、あまり注目されていなかった映画に光があたるかもしれません。 Twitterでも何でもOKです。 10回でも100回でも 映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を連続視聴するなんて愚かですか? いいえ、それは賢いコアな楽しみ方です。 人によっては応援するようにせっせと映画館に顔を出す人もいますが、何もそこまでせずとも、ネット動画ならば容易く実現可能。 それに何の意味があるかと言えば、新発見の期待です。 「へ~ここは伏線になっていたのか」「解説を読むとここの意味がわかる」そういう深いエンジョイができるのも醍醐味であり、さらに作品が好きになる大きな架け橋になるのでいかがでしょうか。 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のエグゼクティブプロデューサーは阿部秀司、臼井央、伊藤響。 少年リュカはゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母マーサを取り戻すため、父パパスと様々な困難が待ち受ける旅を続けていた。 いつしか平穏な日々が戻ると信じて。 しかし、道中での魔物たちとの激闘により、必死にこの旅を共にして支えとなっていたパパスはリュカの目の前で非業の死を遂げてしまう。 それはリュカの心を大きく傷つけ、冒険への気持ちを消失させてしまった。 それから10年後、故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」と書かれた父の日記を発見。 かつての後悔と向き合いながらパパスの遺志を受け継ぎ、勇気と覚悟を胸に未知なる冒険へと旅立つ。 「冒険の書じゃなくて冒涜の書」「映画観る時間があるならゲームをやれ」などと、ネタ的な遊びも含んだ批判もSNSでは相次いだ。 ・原作であるゲーム「ドラゴンクエストV」のノベライズ版の作者である小説家の久美沙織氏が、小説のキャラクターの名前(主人公の略称「リュカ」)が無断で使用されたなどとして、映画のクレジットに自身の名前の掲載などを求めて民事訴訟を起こした。 映画com Y! FM 2. もちろん汚点の方ではあるが。 誰もがこれはやってはダメだと思ってしまうような失敗の数々、思いつきだけのエンディング、これらを含めてどう考えても製作陣の自己満足になっているのは避けようがない。 観客に媚びる必要はないが、せめて作品愛を商品にするのはやめるべきだった。 どんなオチでも全く「YOUR」ではない。 見事な世界観クラッシャー。 破滅の呪文にかかってしまった。 終わり方の賛否両論の落差は激しいが、ドラクエの映画ではないと開き直ればいい。 ただそれだといよいよ別に何のゲームでもいいのではないかという…。 ゲームだったら昔であればカセットをぶん投げている。 プレイしたことない人が観てもこの映画を楽しむどころか話を理解することすら難しいくらいのテンポの強引さ、加えてゲームを知ってる人を怒らせるトリック。 全方向に喧嘩を売るという、なかなかないことをやってみせた。 猛烈なエンディング・インパクトで観客の頭を沸騰させた本作は、さすがに強敵だった。 まさに真の敵はそこにいたのかという感じだ。 これは他の映画でも同様のオチがよくあるので、二番煎じ以前の話なのだが、どうしてこうなったかというよりも、それまでのわりと平凡でベターな作りだった作品を吹き飛ばすような決断をした張本人の度胸に心底震えてしまう。

次の

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー : 作品情報

ドラゴンクエスト ユア ストーリー 動画

ネタバレ! クリックして本文を読む 評判が悪い事だけは知っていたが、何が悪いのかは耳栓しての鑑賞。 ドラクエはプレイしたが、流石に細かい部分は忘れているので、それ程にオリジナルと比較はしなかったので、タイトルは純粋にこの作品に関する感想。 その相手との最初の出会いがゲーム画面でチョコッと触れただけなので印象に残らないから、本編で登場した時に「いつ出会った?」ってなってしまう。 それ以外のシーンも切り貼りした様な展開。 キャラの行動も上っ面をなぞっただけで、何故そんな行動するかの裏打ちもないから感情移入出来ない。 プレイしたら何十時間、映画内の時間も三世代にわたる長い物を二時間程度に納めるのは難しいのは分かるが、オリジナル頼りの作り方なのに、終わり方がアレでは批判されても致し方ないな。 ラスト、「えっ?」とは思うけども、特に斬新では無かった。 所謂、夢オチの一種+SAOの劣化コピー。 ネタバレ! クリックして本文を読む 結論から言うと好きでした。 悪評の根元たる終盤の展開も含めて。 序盤から終盤手前までかけては上手いこと5の良いとこ取りが出来ていて、戦闘シーンも上手く描かれていて、声優はキャラにもよりますがほとんど違和感なくよかったと思います! 声優陣のドラクエ愛あってこそかと。 特に、ビアンカはとても魅力的に描かれていたかと思いました。 結婚の一連の流れはビアンカの表情一つひとつが素晴らしかったと思います! ここからはネタバレ要素が強くなりますので、映画をまだ観てない方は自己判断でお願いします。 終盤についてですが、一番良いシーンの流れが止まって正直私も「えっ…」となりました。 後述しますが敵についてもえっ…となりました。 でも最後まで見終わって振り返ってみるとかなりしっくりきていてスッキリしていました。 監督の伝えたい意図に関しても共感はできますし、入れるならあのタイミングというのもわかります。 エンディングに対する「終わってしまう…」という気持ちもかなり増してより良いエンディングになったなって感じました。 1、最後の敵 井浦新さん のキャラ設定が極端に世界観を壊しすぎてる… せめて見た目はミルドラースでよかったんじゃないか、デジタル世界を消去していく説明が一気に興ざめさせすぎたかと。 もっと井浦新さんはさらっと流して現実世界のゲームスタートの回想に入って欲しかったかなと。 データ世界である伏線も引きすぎていたかなとは思います… 2、タバサも産んで… 5を楽しんでた人間として、今回のストーリーに必要なかったのはわかるし、そこに声優をあてるだけで人件費がかかるのもわかりますけど、タバサがいないだけで悲しくなってしまいます…自分のやってきた5じゃないって思ってしまいます。 残念だった点を熱く語りすぎてダメだったみたいに感じてしまうかもしれませんが、前述したように タバサ不在の残念さは残りますが 振り返ってみるととてもスッキリ見終わる良い映画でした! こういったバーチャルゲームが出たら私もぜひやってみたいなと思います。 私からはこの映画はオススメさせていただきます。 ネタバレ! クリックして本文を読む WOWOWにて、ラストと評判は知っている中で視聴。 5年後くらいに忘れたころにまた観たいなぁ。 CG聞いていたよりもよく、 モンスターやゲマのデザインは非常に良かった。 コメディ調ながら話もテンポよく進む。 ドラクエはそこまでガッツリ派ではないからかもしれないが、音楽や世界観は楽しめたと思う。 気になるのは3点。 一つはキャラクターデザイン。 鳥山明さんのデザインが好きで、特にドラクエ5の時はセル編あたりでドラゴンボールの絵も最盛期。 当時のジャンプにもドラクエ5はよく出ていて、あのデザインが好きだったのでそれで観たかったなぁと。 もう一つは声。 俳優さんでなく、上手い声優さんで観たかったなぁ。 違和感なく聞けるとかいうレベルじゃなく。 ただ吉田鋼太郎さんのゲマだけは良かった。 あとは問題のラスト。 言いたいことやりたいことは分かるが…。 ウィルスは理解しがたい。 だったら最初からゲーム感出して異世界転生的な展開にして、ゲームの世界と現実との葛藤で迷ったり、それでもゲームももう一つの現実なんだ、とした方がメッセージが伝わってきたのではないか。 メタ的にも、ラスボスが近付くとクリアが見えて達成感もあるが終わりの切なさを感じる。 その展開で観て観たかったなぁ。 ドラクエシリーズが大好きで、もちろん5の壮大な3世代ストーリーも思い入れがあるので、興味本位で観ました。 非常に長い物語を映画にするという制限がある中で、よくまとめたなっていうのが全体を通しての感想です。 映像も独特とはいえ綺麗なCGで自分は嫌いではなかったです。 以下は悪い意味で気になった点です。 1 声優陣 芸能人ではなく、ちゃんとした本業の方が良 かったです。 この作品を見るまでは、最近は芸能人の声優が増えてきて「うまいな〜」って思ってたんですが、この作品では違和感しかなかったです。 もっと感情を込めて、棒読みはやめて欲しかったです。 2 ドラクエ好き以外を置いてけぼり ゲームをやったことがある人はストーリーがわかり、場面場面の状況、心理を理解できますが、やったことない人は意味がわからないのではないでしょうか? 子どもはわかりやすい戦闘シーン以外は何のことかわからないと思います。 3 音楽がバラバラ ドラクエの大事な要素の一つである音楽は、原作のものを使っていて良かったのですが、ただただ詰め込んだだけで、まとまりがなかったように思いました。 4 ラストの展開 ドラクエの映画の観客は当然ドラクエファンが多い訳で、あまり奇抜な展開よりオーソドックスに大魔王を倒して終わりの方が受けます。 ドラクエはみんなの実生活の一部だって印象付ける意図は理解できますが、ドラクエファンの共感は得られないでしょうね。 鑑賞後にこんなにハラの立つ作品も珍しいです。 何故って? いい作品だからです。 最後10分までは・・ 切ない恋、家族との悲しい別れ、素晴らしい仲間との心躍る出会い。 手に汗握る冒険の数々・・童心に帰ってワクワクハラハラしながら、さあラスボスとの決戦! 「え!?(愕然)」 「はあ!?何それ」 そして落胆と怒り。 違うだろ。 これはファンタジーの世界のはず・・・ 観客を馬鹿にして・・・この2時間は何だったんだ?? 緊急事態下でそうでなくてもイライラしているのに、こんなの観なきゃよかった! 監督は私財を投げうってでも、最後を撮り直せと言いたい。 間違いなく良い作品になる。 ちなみに、子供に見せなくてよかった 苦笑。 ネタバレ! クリックして本文を読む DQ1〜7までリアルタイムでプレイし続け、公式の攻略本も一度クリア後(当時はゲーム自体の発売よりかなり後に発行)に楽しみにしながら待ち、やり込みする、とかなりヘビーに楽しませて頂き、その中でDQ5はSF、PS、DSとそれぞれ2〜300時間はプレイしてきた一番のお気に入りです。 その立場で、この映画も発表当初から楽しみにしていました。 封切り後しばらく観に行く事が出来ず、只々、封切り以前の評論家であり、観覧後の一般の方々の酷評がされている状況で、ネタバレ内容は見ずにやっと観に行く事が出来ました。 観終わった直後の自分の率直な感想は、『何故?』でした。 その『何故?』の矛先は酷評に対して、です。 観覧後、改めて酷評の内容を確認しました。 そこで感じたのは、只々ゲーム内の冒険活劇の模倣を求めていた人と、そこに原作者や監督の意志を感じ取った人にあからさまに別れている事でした。 結果、残念ながら前者の割合が圧倒的だったので、封切り直後から2点台となってしまう低評価を叩き出してしまっている、と。 映画評論家と言う肩書を持っている人もこぞって、記事が面白くなる様に、閲覧数が上がる様に、作品の意図を理解しないままアップされている状況であったと思いました。 普通にプレイしても30時間は掛かるストーリーを100分程度にまとめるのは至難の技です。 当然かいつまむ必要と、されでも観せたいシーンをどれだけ濃く出来るか、かいつまんだ部分との擦り合わせ、この作品においてはゲーム上で明らかに分岐されている部分を各キャラを立たせながらどう折り合いを付けるか、その上でプレイヤーが納得をする内容にもっていくか、原作がある作品はどう作っても原作ファンにとって不満点が挙がるの仕方が無い所でもあります。 山崎監督は4年前からプロデューサーに打診されつつも、この偉大な作品を数多のプレイヤーのプレッシャーを感じて断り続けていたそうです。 それでも、熱意あるオファーとゲーム本編と戦えるエンターテイメント作品として完成されられるかどうか、自問自答の中で引き受けた、との事。 そして、原作者である堀井さんと一つのセリフの為に激論を交わした、とも。 1の頃から週刊少年ジャンプ関連の書籍、その他記事を通して、堀井さんのゲームに対する考え方、捉え方を様々な形で拝見させて頂いた立場で観ると、この映画はズバリ考え方ものを表していると思います。 堀井さんはゲームの世界はあくまでもゲームの世界、ただそこにどれだけ自分(プレイヤー)が入り込めるか、と言う事を大切にしている方です。 その上で、ゲームの中で過ごした自分も人生の一部になるように、と作られてきました。 作る際の容量の限界が存在して、テキストの一文字をどう削るか四苦八苦した時代から、です。 作品を観る感想として、こうであって欲しかった、と言う考えは少なからずあっても良いとは思います。 只、それをそのまま作品の評価に直結させてしまう、作り手の評価を下げる事に繋げてしまうのは、あまりにも乱暴です。 そして、作り手の評価にするにしても、今回は山崎監督に酷評が集中していましたが、この『返し』は当然、原作者である堀井さんの表したかった事も濃密に組み込まれています。 普通の冒険活劇が観たかった、は視聴側の希望であり、それはそれで良いとは思いますが、それに合わなかった作り手の考えを完全に否定して低評価として残すのは、様々な試行錯誤をしながら生み出した『創作物』に対して失礼とだと思います。 何も考えずに商業的に作る作り方は、山崎監督、堀井さんにの過去の経歴から考えてもあり得ません。 この映画では冒頭に子供時代がゲーム画面を用いてストーリーを強制的に進ませています。 これはラストの『返し』に対する伏線になっていますが、それすらも気付かないまま評価に繋げている方も多々見受けられました。 映画好きな立場である身からしても、この低評価はあり得ないと思います。 そんじょそこらの費用ばかりかけられたメジャー映画よりは、確実に作り手の想いが込められています。 この2点台と言うなかなか無い低評価により本来観て頂けていた方々に正当評価をもらえる機会が無くなる可能性がある事、数多の名ばかりの評論家を含む世に合わせた作品の評価する行為が蔓延する事、この作品によって本当に危機感を感じました。

次の

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー | 無料映画倶楽部

ドラゴンクエスト ユア ストーリー 動画

【ストーリー】 『ALWAYS』シリーズなどの山崎貴が総監督と脚本を務め、大人気のロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」を映画化したフル3DCGアニメーション。 ストーリーは『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』をベースにしている。 少年リュカはゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母マーサを取り戻すため、父パパスと旅を続けていた。 しかし、道中での魔物たちとの激闘により、パパスはリュカの目の前で非業の死を遂げてしまう。 それから10年後、故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」と書かれた父の日記を発見。 パパスの遺志を受け継ぎ、冒険へと旅立つ。 次々と立ちはだかる試練の数々、ビアンカとフローラをめぐる究極の選択など、リュカの壮大な冒険が描かれる。 【スタッフ】• 総監督:山崎貴• 監督:八木竜一、花房真• 脚本:山崎貴 【キャスト】• 佐藤健• 有村架純• 坂口健太郎• 山田孝之 【情報】• 製作:日本• 上映時間:103分• 公開日:2019年8月2日.

次の