中 日 ドラゴンズ 石川。 愛知県【中日新聞 ドラゴンズショップ】

中日ドラゴンズニュース一覧

中 日 ドラゴンズ 石川

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 小学2年生の時に東板橋リトルで外野手として野球を始め、中学生時代は板橋シニアで投手兼外野手としてプレーした。 当時、投手としてはチームでも2、3番手と言うレベルだった。 中学時代に右ひざの分離症の手術を受け 、以後高校卒業に至るまでケガに悩まされることとなる。 高校は練習環境が整っているとしてセレクションを経てにあるに入学。 」と考えた。 ただ足が速くて強肩、打撃も良かったことから外野手として起用されることになった。 中学で痛めた右ひざに続いて、高校1年秋でも左ひざの分離症により内視鏡手術を受け、1年冬のトレーニングを休むことになった。 左ひざの手術で治療に時間がかかったため「野手よりも自分のペースで練習ができる投手の方が良いかもしれない」という監督の判断と、2年になる春先に、打撃投手を3日続けて自ら買って出るなどアピールの結果、投手に再転向。 この頃からバッティングを活かすため自分の登板がない時には外野手として投手兼任でベンチ入りし、栃木県大会準優勝 、春季大会2回戦敗退。 2年の夏のは8強だった。 2年秋からはエースとなり、秋季県大会は4位だった。 センバツ出場を逃したこの大会以降、チームプレイの大切さに気付き、また基礎体力の向上のためランニングなどトレーニングに精を出すようになった。 また、同時期にコーチとして硬式野球部の監督だった高橋薫が指導に当たり、メンタル強化の重要さなど石川に大きな影響を与えた。 3年の春季大会は左股関節痛の影響で登板は無く 、チームも2回戦敗退。 その後右肩痛に悩まされる。 3年の夏の栃木県大会開幕前には左足首に重度の捻挫を負い、負傷したままテーピングをし痛み止めを飲んで投げ続けた。 準々決勝の戦では、高校時代の最速となる151kmを記録、続く準決勝でと戦い、左打者対策で練習していたカットボールを解禁し9回を完投して8奪三振と健闘したものの2-3で惜敗し 、ベスト4に終わった。 でに2巡目で指名され 、契約金6000万円、年俸700万円で入団に合意した。 背番号は 40。 同姓のが在籍しており表記はフルネーム記載となる。 中日時代 [ ] 4月11日に名古屋市内の病院で両足の除去手術を受けたと発表された。 痛みは以前からあったという。 10月13日の戦では7回裏から2番手で登板し、無失点だった。 1年目はこの1試合のみだった。 は、春季キャンプ中に一軍昇格を果たし、先発ローテーション入りも期待されたが、3月15日のウエスタンリーグ開幕戦対戦で4回を投げた後に異常を訴え、検査の結果右肘軟骨に異常が生じた疑いがあるとして手術を受けることが決まった。 そのため一軍と二軍双方で登板はなかった。 選手としての特徴 [ ] 手足が長く、柔らかな肩周りの筋肉を持つ理想的な投手体形を持つ。 身体能力も高く、50m走は6秒1、特に遠投は125m を誇る [ ]。 ドラフト指名前は、ドラフト1位候補にふさわしい完成度の高いフォームを称えた。 また、ドラフト指名後、元中日ドラゴンズスカウトのは石川のことをドラフト1位で指名されていてもおかしくなかった高校ナンバーワンの速球投手であるとし、似たタイプとしてを挙げた。 変化球はキレ味が鋭い縦のが武器で 、他にも、、を持つ。 縦のスライダーとカットボールは、高校三年の時点で「今すぐにプロで通用する」レベルと言われた [ ]。 スライダーには本人もこだわりを持っており、「ストレートと同じ軌道から落ちるのが理想」と語っている [ ]。 人物 [ ] 日本人の父親とフィリピン人の母を持つハーフ。 4人きょうだいで石川は長男。 姉と弟、妹がいる。 弟もプロ野球選手志望であり、兄と同じ青藍泰斗高校に進んでいる。 小学生のころ好きだった投手はと。 あこがれの選手は。 目標としている尊敬する投手は。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 1 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 3 1. 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 00 0. 00 :1年 1 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 3 1. 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 00 0. 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2018 中日 1 0 0 0 0 ---- 通算 1 0 0 0 0 ----• 2019年度シーズン終了時 記録 [ ] 初記録• 初登板・初ホールド:2018年10月13日、対25回戦()、7回表に2番手で救援登板、1回無失点 背番号 [ ]• 40 (2018年 - ) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ. 2020年2月1日閲覧。 2018年2月6日閲覧。 148, 149. 122-123. 2017年7月1日. 2018年2月6日閲覧。 2017年10月27日. 2018年2月6日閲覧。 2017年11月10日. 2018年2月6日閲覧。 2018年4月11日. 2018年4月17日閲覧。 ; 菊地高弘 2017年10月25日. 2018年3月31日閲覧。 鶴哲聡「今年の新人たち。 :2017ドラフト徹底診断 伝説のスカウト・法元に聞け!」『DRAGONSぴあ 2018』、2018年 pp. 42, 43. 2017年10月17日. 2018年2月6日閲覧。 竹村和佳子「新時代の旗手:2位投手 石川翔 下」『中日スポーツ』2017年12月21日、第5版、第3面• 『』2017年12月号、、p. 8 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構•

次の

中日 17日のドラフト会議で地元の東邦・石川を一本釣りか

中 日 ドラゴンズ 石川

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 在学中に日の出ファイターズ入団しを始め、では軟式に所属していた。 高校はへ入学し、に転向。 1年夏からレギュラーとなり主に7番打者で出場し、同年秋季大会準決勝で擁するに勝利するも決勝で擁するに敗れ、準優勝で秋の近畿大会に出場してベスト4となった。 2年からは4番セカンドとして定着し、春にへ出場、初戦で3安打1打点2得点の活躍を見せたが初戦敗退となった。 同年夏は滋賀大会決勝で近江高に敗れ準優勝だったものの、以降主将となり同年秋季滋賀大会で準優勝、近畿大会ベスト8となり、翌3年春にに出場した。 初戦突破し2回戦で、、らを擁する戦では4番として出場し6回裏に土屋から大会通算600号の記念ホームランを放ち、滋賀県勢として横浜高校に初勝利するも3回戦で敗れた。 同年春季大会は3回戦敗退、夏の滋賀大会は初戦のとの試合中に左手首付近に死球を受け負傷退場し、その後左で全治1カ月と診断され離脱した。 チームは準々決勝で敗退し夏の甲子園出場は果たせなかった。 高校通算49本塁打を記録したがプロ志望届は提出しなかった。 高校時代の2学年下にが所属していた。 高校卒業後は明治大学に進学し、硬式野球部に入部する。 しかし1年時は前年の手首の骨折の影響、2年時は春に左ひざ靭帯損傷、3年時には打球が左目に当たり損傷による視力低下などのケガに苦しんだ。 4年春にようやくリーグ戦初出場を果たし、三塁のレギュラーとなると、打率はリーグ8位タイの. 321、2本塁打、13打点を記録する。 4年秋は再びケガに苦しみ5試合の出場に終わり、プロ志望届けは提出しなかった。 リーグ通算20試合に出場、66打数20安打、打率. 303、2本塁打、13打点、1盗塁を記録。 大学時代のチームメイトは2学年上に、1学年上に、、、、同学年に、1学年下に、、2学年下に、、、3学年下に、、などがおり、阿部とはプロ入り後再びチームメイトとなっている。 在学時コーチだったもプロ入り後再び同じチームに所属している。 大学卒業後はへ入社し、背番号2番でプレーすることになる。 しかし入社してすぐ急性虫垂炎で入院し離脱した。 では2回戦で2本塁打を放ち 、決勝ではのちのチームメイトとなるやが所属するに勝利し優勝に貢献するなど、大会中打率. 400、3本塁打、7打点の成績を残しと二塁手部門の大会優秀選手を受賞する。 にも出場したがやが所属するに敗れて初戦敗退だった。 翌年のでは準決勝で敗退し、9月にはのに選ばれ出場した。 にてから4位指名を受け入団。 背番号は 9に決まった。 JX-ENEOSでは、ともに仁川アジア大会に出場したも中日から6位指名を受け、入団している。 は1年間、は2年間チームメイトであった。 中日時代 [ ] は、春季キャンプは一軍に帯同し、3月2日に行われたでは初スタメンでチームの新人第一号となるホームランを放ったが、開幕前に腰痛を発症し離脱する。 は春季キャンプから二軍だったものの、6月7日に一軍初登録され、翌日地元関西ので一軍初出場を果たすもノーヒット、6月11日には初犠打を決めたが結局ノーヒットのまま6月15日に出場選手登録抹消された。 7月1日にはへ選出され、1安打を放った。 その後は一軍登録されずシーズンを終え、10月には2年連続でへ参加した。 11月11日には100万円ダウンの推定年俸650万円で2年連続ダウン更改した。 も春季キャンプから二軍だったが、3月に一軍合流し、オープン戦で結果を残し自身初の開幕一軍登録を果たすも、5打数ノーヒットで4月10日に登録抹消された。 その後は長らく一軍登録されず、9月30日に一軍再登録され、10月3日の対戦()で一軍初安打、さらに一軍初猛打賞も記録した。 10月10日の対戦()でこの日が引退試合となったから左翼ポール際に一軍初本塁打を放ち、同時に一軍初打点を記録した。 試合翌日10月11日には宮崎に移動し3年連続でフェニックスリーグへ参加し、同年11月22日の契約更改では現状維持の推定650万円でサインした。 には自身が小中学生時代にプレーしたで野球教室を開催し、同日への加入と委嘱式が行われた。 は3年ぶりに一軍キャンプスタートだったが2月下旬に怪我で離脱し、4月上旬に実戦復帰を果たす。 に同年一軍初登録され、に代打出場したものの安打は放てず、以降は試合出場することなくに登録抹消された。 「一打席で結果を残せなかった自分が悪い」とコメントを残し、同日ウエスタンリーグの試合に出場したが、守備中の打球処理の際に脱臼し、シーズン終了まで実戦復帰はなかった。 その後リハビリを経て10月に4年連続で参加したフェニックスリーグで実戦復帰を果たしたが、11月24日の契約更改では一軍出場1試合に終わったこともあり50万円ダウンの600万円で契約更改した。 も2年連続で一軍キャンプキャンプスタートだったが、二軍の内野手不足によりキャンプ終了後に二軍合流となった。 に一軍初登録されたが5打数ノーヒットでに抹消された。 その後は長期離脱することなくウエスタンリーグの試合出場を続け、9月に自身初のに到達し、ウエスタンリーグでとに到達していたに一軍再登録された。 に代打出場し、2年ぶりの安打で、一軍初となる適時三塁打を放つも 、同年の一軍安打はこの一本に終わった。 9月27日のウエスタンリーグ全日程終了に伴い打率. 317で首位打者、出塁率. 368で最高出塁率 のタイトルが確定した。 10月からは5年連続でフェニックスリーグに参加したものの、秋季キャンプは主力メンバーの集まる北谷組から外された。 11月9日に契約更改し、現状維持の600万円でサインした。 11月26日にに初参加し、前述の首位打者と最高出塁率及びウエスタンリーグ優秀選手賞の表彰を受けた。 選手としての特徴・人物 [ ] ヘッドを効かせたスイングで広角にライナー性の打球を飛ばす右の強打者。 積極的な打撃が持ち味。 当時のスカウト部長だったから「パワーに加えて、バットのヘッドの使い方がうまい。 相当本塁打を打つよ。 チームで一番打つ可能性がある」「即戦力のトップクラス」と絶賛された。 あこがれのプロ野球選手は北大津の先輩にあたるで、過去に一緒に練習を行っていた。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 2 6 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000. 000 9 17 17 1 6 0 0 1 9 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0. 353. 353. 529. 882 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000. 000 8 8 8 0 1 0 1 0 3 3 0 0 0 0 0 0 0 3 0. 125. 125. 375. 500 :4年 20 32 31 1 7 0 1 1 12 4 0 0 1 0 0 0 0 10 0. 226. 226. 387. 613• 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2016 中日 2 4 2 0 0 1. 000 - - 2017 1 0 0 0 0. --- 1 9 0 0 0 1. 000 3 4 3 0 1 1. 000 2019 - 1 3 0 0 0 1. 000 - 通算 3 4 2 0 0 1. 000 2 12 0 0 0 1. 000 3 4 3 0 1 1. 000• 2019年度シーズン終了時 記録 [ ]• 初出場・初先発出場 :2016年6月8日、対2回戦()、8番・で先発出場• 初打席:同上、2回表にから三直• 初安打:2017年10月3日、対24回戦()、2回表にから左前安打• 初本塁打・初打点:2017年10月10日、対25回戦()、8回表にから左越ソロ 背番号 [ ]• 9 (2015年 - ) 脚注 [ ] []• 日刊スポーツ. 2020年1月30日閲覧。 日刊スポーツ. 2008年3月28日• スポニチ. 2008年7月14日• スポニチ. 2013年7月19日• 日刊スポーツ. 2016年11月11日• スポーツ報知. 2017年10月10日• 日刊スポーツ. 2017年11月22日• 朝日新聞. 2017年12月31日• スポーツニッポン. 2018年11月24日• スポーツニッポン. 2019年9月25日• NPB 公式サイト• 中日所属選手の首位打者は2011年の以来8年ぶり• 中日スポーツ. 2019年11月9日• 中日スポーツ. 2019年11月26日• 中日スポーツ 2014年10月29日• 明大スポーツ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構.

次の

中日ドラゴンズの選手一覧

中 日 ドラゴンズ 石川

生年月日 備考 92 与田 剛 1965. 04 No. 生年月日 身長 体重 投 打 備考 11 1997. 08 180 95 左 左 12 1989. 21 181 84 右 右 13 1998. 08 180 71 左 左 14 1985. 28 167 72 右 右 16 1990. 04 181 74 右 右 17 1994. 22 180 85 右 右 19 1984. 19 182 90 右 右 21 1991. 05 178 67 左 左 22 1988. 26 183 83 左 左 24 1991. 09 183 90 右 右 25 1993. 29 187 85 右 左 28 1996. 24 187 90 右 右 29 1978. 10 179 86 右 右 30 1992. 20 190 95 右 右 33 1987. 11 175 80 右 左 34 1992. 16 180 88 左 左 36 1994. 16 180 85 右 右 38 1990. 14 178 82 左 左 40 1999. 14 179 81 右 左 41 1997. 12 183 89 右 右 43 1992. 22 183 92 右 右 46 1997. 22 181 95 右 右 47 1995. 17 177 85 左 左 50 1999. 03 182 83 右 右 53 1992. 17 188 93 左 右 54 1998. 08 177 85 右 右 59 2000. 31 167 71 右 右 61 2000. 03 184 96 左 左 62 2001. 11 178 77 右 右 64 1990. 11 178 84 右 右 65 1991. 07 187 80 右 左 69 1994. 04 185 95 左 左 70 1991. 24 190 103 左 右 97 1996. 11 193 93 右 左 98 1993. 10 183 80 右 右 99 1995. 16 183 75 右 右 No. 生年月日 身長 体重 投 打 備考 27 1987. 13 177 78 右 右 35 1991. 18 183 92 右 右 44 1997. 27 180 86 右 右 52 1992. 29 175 76 右 右 58 2000. 07 180 87 右 右 68 1991. 09 185 90 右 右 No. 生年月日 身長 体重 投 打 備考 0 1999. 02 176 65 右 左 1 1994. 20 184 88 右 左 2 2001. 22 185 93 右 右 3 1994. 18 180 85 右 左 5 1989. 03 185 80 右 右 7 2000. 19 177 80 右 左 9 1990. 26 178 82 右 右 32 1998. 21 181 85 右 右 37 1992. 11 177 84 右 右 48 1994. 17 179 75 右 左 55 1988. 23 181 88 右 右 63 1988. 23 184 86 右 右 66 1989. 10 185 108 右 右 No. 生年月日 身長 体重 投 打 備考 4 1981. 20 183 82 右 左右 6 1988. 23 177 87 右 右 8 1985. 09 176 75 左 左 23 1989. 23 182 83 右 左 26 1989. 04 174 82 右 左 31 1993. 14 172 80 右 左 42 1989. 10 183 98 右 左右 45 1988. 03 174 75 右 右 51 1996. 08 185 76 右 左 56 1994. 18 183 85 右 右 60 2002. 22 175 74 右 左 No. 投手 生年月日 身長 体重 投 打 備考 201 1996. 19 185 80 右 右 202 1992. 01 184 80 左 左 204 1995. 05 176 80 右 右 206 1994. 15 190 88 右 右 207 1997. 16 176 80 左 左 209 1995. 18 184 83 右 右 212 1997. 10 186 97 右 右 No. 捕手 生年月日 身長 体重 投 打 備考 210 1996. 28 190 95 右 右 No. 内野手 生年月日 身長 体重 投 打 備考 205 1992. 25 187 90 左 左.

次の