ジャイロ キャノピー ボアアップ。 ジャイロキャノピー改造計画!!その6 ついに完成!!

ジャイロ キャノピー X UP ボアアップ 68cc 47mm TA01 TA02 TD01 カスタム ピストン ガスケット 68.1cc ボアアップキット シリンダー エンジン パーツ トップセンス

ジャイロ キャノピー ボアアップ

ジャイロキャノピー、ジャイロX、ジャイロUP 2サイクル車の全型式に適合 へたな国産より安心して組めるマロッシ社製 ベースユニットのコンディションにもよりますが、 セッティングが決まればノーマルとは比較にならない加速力を発揮します。 ノーマルヘッドとの相性も良好です。 ポート数は7ポートとノーマル 6ポート と大差ないですがポートの位置と形状が絶妙です。 装着の際の部品は全てそろっています、付属品は画像でご確認下さい。 リードバルブに関しては耐久性は純正に軍配が上がるので当店では交換しない場合が多いです。 【追加事項】 お持ちのジャイロに適合するメインジェット6個セット(¥1900)在庫ございます、 型や年式で適合するジェットの形状が異なります。 ジェットセット購入希望の場合、車体番号と仕様をお知らせください、おおよそ合致した番手のセットをご用意します。 取付作業、セッティングは熟練した方が行ってください。 こちらはキットには入っていません、同時交換を強くお勧めします。 4mm、0. 8mm ・ピストンピン&サークリップセット 【注】輸入品の為、在庫切れの場合もあります。 備考 ジャイロ等、三輪の車両に組付けて公道走行する場合は軽2輪登録を行ってください。 ご希望の方には排気量計算書をお付けしますのでお申し付け下さい。 こちらで軽2輪登録する際のサポートは有料となります。 【追記】 9月より道路交通法の改正があり、軽2輪ジャイロも当てはまる車両が出てきます。 内容としては 1】3個の車輪を備えるもの 2】車輪が車両中心線に対して左右対称の位置に備えられているもの 3】同一線上の車軸における車輪の接地部中心の間隔が460mm未満であるもの 4】車輪及び車体の一部又は全部を傾斜して旋回する構造を有するもの 上記全てを満たしている車両となります。 ですので、ノーマルトレッドの軽2輪ジャイロは UP以外 ビンゴのようです。 ミニカーに関してはもともと50センチ以上なので特に変更は無いようですが・・・、 詳細は09年6月22日警察庁発表の「道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令案」を参照下さい。 【よくある質問】 【1】ノーマルマフラーは基本的に全年式使用可能です、 '00以降のみエキパイに駆動系からの2次空気を入れるパイプが付いているので できればそれを切断して穴をつぶすか埋めるすればベターです。 ただ距離の乗っている車両はマフラーが詰まりかけている物が非常に多いです、 ベルトはそれほど磨耗していないのにノーマルの状態で最高速が50キロ以下の車両などは注意が必要です。 【2】当店では基本的にベースガスケット及びヘッドガスケット共に追加はしません。 きちんとセッティングがでていて、安いオイルを使わなければ少なくとも当店で組んだユーザーさん達は焼きません、 仕様にもよりますがノーマルマフラー仕様程度でしたらオイルポンプもノーマル、混合もしておりません。 【3】基本的にポートとピストンの面取り(糸面取)は必ずしてください。 (この作業はこのキットに限りませんが・・・) 【4】排気量が1,3倍にもなるのですから燃料の増量は必要です、必ずメインジェットの変更はしてください。 【5】2サイクルオイルは有名メーカーのトップグレードの物を使用して下さい。 パワーが上がる分ノーマルとは比べ物にならない発熱量と高い常用回転数になります。 油膜切れは「即」抱き付き焼き付きにつながります、オイルだけはケチらないで下さい。 【参考までに・・】 ジョグ用の47,6mm台湾製ピストン(色が黒いです)を使った70ccボアアップキットが見受けられますが、 ピストン品質の低さや相性の問題もあると思いますが、焼き付くケースが非常に多いようですのでご注意下さい。 焼き付けば0,8オーバーサイズのボーリングもまず不可能です。 あと、台湾製65ccボアアップキットも出回っているようですが、 こちらもポン組みだとへたするとノーマルより遅くなる代物のようです。 ポート位置などを適正に修正すればそこそこ走ります。 【最後に】 当店購入のユーザー様は店頭もしくはお電話で組み付ける上での注意点、 セッティングや仕様などの細か〜いツボ的アドバイスをさせて頂きます。 当キットを使ったいろんな仕様のジャイロを軽く50台以上は組んでます。

次の

ジャイロキャノピーボアアップ施工、駆動系カスタム(大阪、堺市)

ジャイロ キャノピー ボアアップ

神奈川県横浜市にある『HVファクトリー』は、ホンダのジャイロシリーズを専門に扱うカスタムショップ。 その魅力に惹かれ、カスタムの製作するようになったというのがショップオーナーの岡村亮司さんだ。 「バイクに乗りはじめたのは高校生ぐらいの時。 仕事に就く頃には乗らなくなってしまっていたんですが…。 その後、クルマの板金塗装の仕事をするようになって、お客さんのところへ訪問した時にジャイロがあったんです。 ミニカー登録ができるのを知って、コレはおもしろいなー、と。 それで自分でも作りたくなって、ジャイロを購入したんです」 ミニカーとは、原動機付きで3輪以上の自動車のこと。 総排気量が20cc~50cc以下、輪距が0. 5mを超えることなどの諸条件を満たすとミニカーとして登録できる。 格段に使い勝手がよくなるため、自分用にカスタマイズを施してショップの前に停めていたところ、問い合わせがくるようになったという。 現在は専門店となり、店内にはジャイロキャノピー、ジャイロX、ジャイロUPなど、ジャイロシリーズの在庫がズラリ。 ホイールをはじめ、エアロパーツなどアクセサリーパーツのブランド『REBEL STREET(レベルストリート)』も展開している。 ファクトリー内にペイントブースを設けており、オールペイントも可能だ。 「ビジネスで使われているユーザーさんが多いので、仕事上の必要に応じて、カスタムのオーダーもさまざまですね」 使いやすくて生活や仕事が楽しくなる車両をつくる。 しかし、日常で使用するのにも耐える信頼性と安全性はスポイルしない。 それがカスタムのモットーだ。 「オーナーさんが安全に安心して乗れることが第一条件です。 実は以前、お客さんの依頼で、子どもを幼稚園に送迎するための車両を製作したことがあるんです。 ボアアップして側車付軽二輪、いわゆるトライクとして登録すれば2人乗りができるし、クルマの免許でも乗れます。 やっぱり子どもが乗るから、安心して乗れるようにこだわりましたね」 楽しく乗れるのはもちろんのこと。 大切な人が乗るからこそ、乗り手の使い勝手だけではなく信頼性も高めたい…。 そんなユーザー目線でのきめ細かい配慮がカスタムにも反映している。 「先日、女性がジャイロに木箱をくっつけてワンちゃんを載せている人を見かけたんですが…それがかわいかった! ジャイロユーザーの、D. カスタムのアイディアには感心します。 でも、自分が作るなら量産したいし、安全性も大切。 まずは希望を聞いて、相談しながら実現できれるようにしていきたいですね」 それをなんとかカタチにしてあげたい、どうにか実現できないかと、試行錯誤する毎日だという。 「やってみたいのは移動販売とかのケータリング。 タープをつけたりテーブルを置いたり、カフェっぽくするのもおもしろい。 あと、キャンピングカーみたいな、アウトドアで遊べるバイクもつくってみたいですね」 働くバイクに遊ぶバイク、さまざまなシーンに似合う1台を提案したい…。 それが新たな創作へのモチベーションになっている。 PICK UP ジャイロシリーズの車両販売メインに 純正モデルからフルカスタムまで幅広く対応! 『HVファクトリー』はジャイロキャノピー、ジャイロUP、ジャイロXなどジャイロシリーズの車両販売をはじめ、整備、点検、フルカスタムも手がけている。 ホイールやエアロパーツ、カスタムアクセサリーのブランド『レベルストリート』も展開中だ。 また、ファクトリー内に大規模な塗装ブースを完備しており、オールペイントも可能。 ホイールの塗装やシートの張り替えなど、細部のディテールのつくりこみにも対応してくれる。 店内にはカスタム車両はもちろん、ノーマルのベース車両を多数展示。 ペイントとシート張り替えのセットプランなど、お得なカスタムメニューもあるので現車を見ながらカスタムの相談ができる。 ケータリングサービスや移動販売業のビジネスサポートも行なっており、オリジナル仕様のジャイロキャノピーのプランニングをしてくれるので、仕事に導入を考えている人は相談してみよう。

次の

ジャイロキャノピー(ホンダ) フルカスタムのバイク一覧|新車・中古バイクなら【グーバイク】

ジャイロ キャノピー ボアアップ

今回はこれです。 キャノピーのボアアップと負圧ポンプとインマニ加工 ヤフオクで落札したAF35ZX純正キャブです。 左がZX純正もう少し大きいですねー インマニ加工 こんな感じであとは組み付けていきます。 さくさくっと完成のはずが、、、 僕の確認不足で エンジン焼いちゃいました。 原因はキャブの清掃不足です。 メインジェット、スローなどキャブの穴はエアーを通したんですが オイルラインのところを通してませんでした。 凡ミスです。 しかたないので新しいのを買いなおしました。 台湾製の1万円しないボアアップキットです。 さくさくっと組み付けて今度は快調にならしをしていると 突然プチっと音がして 走行不能に、、、 いろいろ重なって嫌になってきましたが とりあえずバラすと なんかおかしい プーリーフェイスのギヤがありません ベルトも粉砕、ギヤケースも粉だらけ もうおおごとです。 笑 これはどーもハイスピードプーリーが入ってたみたい なんですが プーリーフェイスがアルミがまずいみたいですねー セルに負けちゃってます。 軸のスプラインも一緒になくなってました。 エンジン載せ替えしようか思ってたんですが 純正のプーリーフェイスがスプラインの部分がながくて これを入れてみるとしっかり入ったので純正を使って 無事走るようになりました。 ハイスピードプーリーのキットのアルミのプーリーフェイスは使ったらだめですよー 最後にジャイロのセッティングメモ ZXキャブ ノーマルチャンバー 台湾製ボアアップキット 負圧ポンプ メインジェット105 スロージェット40.

次の