ブログ 稼げるのか。 ブログの稼ぎ方とは?初心者が3ヶ月で5万稼ぐためにやった3つの方法

ブログで10万円稼げるようになるまでどのくらいかかる?アフィリエイトの真実!

ブログ 稼げるのか

ブログの魅力 まあ、ボク的な収入は公開しているので、チェックしておいて欲しいんですが、何と言ってもブログの魅力って「稼ぎ方」なんですよね。 普通であれば、アルバイトや仕事なんかをして、「労働対価」としてお金を得るのが一般的です。 ただ、ブログの場合は違って。 ブログ自体にアクセスが増えてきてしまえば、自分自身が働かなくても「ブログ本体」が働いてくれているので、労働対価で儲かるって感じじゃないんですよね。 「自分の分身をネット上に構築している」 っていう表現の方が正しいんじゃないかな。 だからこそ、自分が働かずしても、ブログがお金を稼いでくれている状態。 というのがブログの一番の魅力。 そんな儲け方なのに、ボクの収入は表示した通りで、月100万円を超える形で振り込まれています。 まあ、ブログのメリットを上げれば、それこそ数限りなく出てくるのでここぐらいにしておきますが、「ブログの稼ぎ方」っていうのは、ほかのビジネスに比べてはるかに魅力的だってことだけは覚えておいて欲しいなと思いますね。 ブログが儲かる仕組み んで。 ここからは、「なぜブログが儲かるのか?」その仕組みに関してお伝えしていこうと思いますが、多くの人はブログへのアクセスを増やして「広告」をクリックしてもらうことで、お金になる。 ってイメージを持っている人が大半なのかな? だから、ブログには多くのアクセスを呼び込む必要があるし、そのためにいろんな記事を書いていくみたいな。 まあ、これは半分あってて半分間違ってます。 ブログの仕組みを理解していく上で重要なのは、「ビジネスの基本原理」というもの。 ビジネスの基本原理 ブログが稼げる仕組みっていうのは、このビジネスの基本原理を紐解いていくと、簡単に理解できて。 そもそもビジネスっていうのは、「人を集めて、集めた人の商品を売る」ということで、利益を出しています。 この説明をすると、結構長くなるので割愛しますが、どの企業を見ても全てこの「集客と販売」のどちらかに要約されます。 テレビcmを流すのも、人を集めるためだし、その集めた人に対して、cmで流している商品を買ってもらうためにcmを流すし。 このように、「集客と販売」によって、ビジネスは成り立っているっていうのをまず抑えてください。 ブログにおいての販売とは じゃあ、話をブログが儲かる仕組みに戻して。 ブログに関しての「集客」はなんとなくわかると思います。 記事を書けば、アクセスが集まってきますから、「ブログ集客=記事を書くこと」 っていうのはイメージできると思います。 じゃあ、次に大切になってくるのは「商品」っていうことだよね。 どんな商品を売るの?っていうことで先ほど挙げた「広告」というのが、1つ売る商品の候補として出てくるってことです。 要するに、「人気メディア」ということになれば、「広告する価値」が生まれるため、多くの人に宣伝できる!って企業は考えるので「広告枠」が商品としての価値を生むってこと。 だから、ブログを作って、記事を書いて、人気ブログになれば「広告を貼れば儲かる仕組み」っていう風に認知されているというわけです。 シンプルに、「広告」というのも、「売るための商品」として考えられるってことですね。 ブログにおいて広告枠以外の売る商品 んで。 当然ブログなんで、「広告枠」以外にも売る商品はたくさんあります。 それこそ名前だけは聞いたことあると思うけど、「アフィリエイト」っていう売る商品も考えられます。 これも一つ「広告枠」っていう形に近いんだけど、「代理販売」って言った方が確信を捉えている。 というのも、この代理販売という意味は、代理で販売すること。 そして「広告枠」っていう意味だと「クリックするだけで報酬が発生する仕組み」ということ。 「」 この記事にも書いたんだけど、ブログをお金に変える方法として、主に2種類存在していて。 その1つが、先ほど挙げた「広告枠」としての商品。 これはいわゆる「クリック型報酬」と呼ばれるもので、クリックされた分だけ報酬が入るっていう仕組み。 もう一方が、「成果報酬型」と呼ばれるもので、「商品を購入してもらって初めて」報酬が発生する仕組み。 一般的には後者の方をアフィリエイトなんて言われたりしてます。 だから、「代理販売」っていう風に名前を言い換えたんですね。 つまり、クリック型報酬のマネタイズの仕組みと、成果報酬型のマネタイズの仕組みの2種類があるってことです。 ブログで稼ぐ大きな流れ クリックとして稼ぐクリック型報酬。 売れたら報酬が入る成果報酬型。 この2つが主に「売る商品」として存在していて、人を集めるための「集客」は変わらず記事制作。 だということが理解できたのなら、全てのパーツは出揃いました。 ここからブログで稼ぐ仕組みの大きな流れをわかりやすくお伝えしていきます。 ダイエットブログの場合 わかりやすくするためにも、例題に当てはめていったほうがわかりやすいと思うので、仮にダイエットブログを立ち上げたとします。 そうすると、ブログで儲ける仕組みの全体像が理解できるかと思います。 まずダイエットに関する記事を書く。 「痩せる方法」でもいいし。 「栄養成分」でもいいし。 「運動方法」でもいいし。 こうして「痩せたい!」と願っている方に役に立つ情報を記事として提供する。 すると痩せたいと思う人は、このブログにアクセスしてきてくれるようになります。 こうして集まった人に対して、「ダイエットサプリ」を提案していく。 そして買ってくれた人の割合で報酬が発生する。 こう見てみると、一貫していてわかりやすくないですか? これがブログで儲ける仕組みです。 たったこれだけ。 薄毛ブログの場合 また例えばで、薄毛ブログを作るとして。 ダイエットブログと同様に、薄毛の人が知りたいと思える情報を記事として書いていく。 「髪に栄養のある食事」や「薄毛になりがちな人の生活習慣」だとか。 そう言った記事があれば面白いと思う。 そして、「薄毛がきになる人」がブログには集まってくるわけだから、本当にいいと思った「薄毛シャンプー」を紹介していく。 「もし仮に薄毛がきになるのでしたら、このシャンプーオススメなのでぜひ使って見てください」 っていうような感じで、紹介していく。 そして、この商品が売れればブログで儲かる。 という仕組み。 もちろん商品はシャンプーだけじゃなくて、薄毛関連であれば、山ほどあります。 「」 そう言った商品はこちらの記事に書いたaspと呼ばれるサイトに登録すれば、個人であってもほとんどのジャンルの商品を代理販売できるようになります。 だから、自分が使って見て本当にオススメできるものを紹介していくってことが、オススメです。 基本ネット上だから、使ってもないものを使ったと紹介できないこともないけど、実際に使っていないものを紹介している文を見ると、スッカスカな内容しか書けないのでバレます。 ってか買ってもらえない。 成約率悪い。 なので、実際に使ってよくて感動したものを、そのままの熱意で紹介するのが一番いいかなって思いますね。 終わりに 人を集める。 商品を販売する。 これをブログというもので置き換えて行なっているだけの話。 そして、理解できた人がいるかもしれないけれど、「ダイエットブログ」や「薄毛ブログ」など。 「専門性」や「特化性」をブログに持たせて挙げないと、ただ単に雑多ブログじゃ見られないです。 「専門性」や「特化性」があったほうがseo的にも強いですし。 ですから、どんなジャンルにしていこうか?どんなジャンルのブログを立ち上げようか? それから構想してブログの仕組みを構築していくのが一番いいのかなと思いますね。 ぜひ頑張ってください。 運営者プロフィール 名前:ちゃんこま 経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。 大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。 中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な 労働地獄の波に呑まれる。 ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。 さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。 これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。 更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。 見事2冠を達成し大きな反響を得る。 現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。 節税の為に法人化するか現在検討中。 「 会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。 更に今後活躍が期待される注目株。

次の

ブログで10万円稼げるようになるまでどのくらいかかる?アフィリエイトの真実!

ブログ 稼げるのか

ゆうえもんです。 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 ブログが稼げると聞いても、 いまいちピンとこない人も多いと思います。 特に、アフィリエイトの仕組みを知らない人は、 ブログを書いてどうやってお金が入ってくるのか 疑問に思うと思います。 実は、僕も最初は、ブログでお金を稼げる理由が 分かりませんでした。 でも、実際にブログ記事を書いてやってみると、 ちゃんとお金が銀行口座に振り込まれるし、 お金が稼げる理由が分かりました。 ちょっとでもブログで稼ぐことに興味を持った人や 副業でブログを始めたいという方に 「ブログはなぜ稼げるのか?」 を分かりやすくお伝えできればなーと思います。 この記事では、「ブログはなぜ稼げるのか?」やお金が稼げる仕組みと収入を得る方法を説明していきたいと思います。 ブログで稼ぐということはどんなこと? 僕は、ブログで稼げるようになりましたが、 この話を会社員時代の同僚や自分の親世代に 伝えても、全く理解してもらえません。 ネットビジネス自体、拒否感を示す人も多いので、 話すら聞かないという人もいます。 中には、 ネットビジネス=ネットワークビジネス って思っちゃう人も。 当たり前やけど、ちゃうからね。 実際、ブログをやっている人が どれくらい稼げるかというと、 これは、ハッキリ言うと、 ピンキリです。 僕の知り合いでは、月収8桁クラスもいて、 上限はないんじゃないかと思います。 せどりと違ってブログは、 青天井なビジネスです。 ブログで月収100万円あたりは、継続して取り組めば、 夢でもなく、普通に実現できます。 ブログに1年間ぐらい取り組んで、 サラリーマンの年収ぐらい 稼ぐ人はゴロゴロいるといった感じです。 僕が教えた方の中では、年収1,000万円クラスや 会社員の方でブログで稼ぐ金額が本業の収入を超えた という人もいます。 ちょっと信じられない世界に感じると思いますが、 ブログはそういう世界です。 やること自体は、記事を書くだけで、 記事を読んでくれる人に有益な情報を書けば、 アクセスが集まって、お金になるという感じです。 では、ブログの記事がどうやってお金に変わるのでしょうか? ブログはなぜ稼げるのか? ブログでお金が稼げるわけのひとつは、広告なのです。 ブログに広告を貼って、クリックされれば、 あなたの口座にお金が振り込まれます。 広告でもっとも有名なのが、 「Googleアドセンス」です。 1クリックで20~30円が収入として入ってきます。 「20~30円かよ!すくね!」って思うかもしれませんが、 チリツモなんですよね。 毎日、100回クリックされれば、1日あたり 2,000円~3,000円 が入ってくるようになります。 これが30日続けば、 60,000円~90,000円 入ってくることになります。 主婦にとって、在宅で作業して、 月に6万円~9万円がはいってくると思えば、 めっちゃ美味しい仕事だと思いませんか? Googleアドセンスは、Googleの広告なので、 ブログに広告を貼って、クリックされれば、 翌月に広告代が銀行口座に入金されます。 Googleアドセンスは、 複雑な契約や初期費用はなく、 Googleが提供する広告をブログに設置するだけで 広告収入が発生します。 ブログにアクセスを集めるコツは、 勉強する必要はありますが、 コツさえつかめれば、 月に10万円~20万円あたりは、 誰だって稼げる可能性があります。 ブログがなぜ稼げるのかというと、 ひとつは、Googleが提供している広告を ブログに貼ることで、 Googleから広告代という形で 収入が発生するというわけです。 Googleアドセンスだけで 日収10万円とかは、 普通にありえます。 僕が教えたコンサル生の中でも、 Googleアドセンスだけで 月収100万円近く稼いだ人がいました。 僕なんかよりも全然優秀ですね(笑) そんな優秀じゃなくても、 月に3万円から5万円、10万円くらいの報酬なら、 数えきれないぐらいいます。 本業があって、ブログだけで、月に10万円くらい稼げたら、 結構、リッチな生活ができると思います。 もし、ブログで稼ぐやり方が分かれば、 パートとかバイトとかするという選択肢は まず、考えなくなると思います。 というか、僕の周りで、パートを始めるって人がいたら、 全力で止めますね(笑) 「ブログをやったほうが楽だし、稼げる」 ってアドバイスします。 ブログでお金が稼げる仕組みと収入を得る方法 ブログで稼ぐ方法は、 「Googleアドセンス」だけではありません。 「アフィリエイト」というやり方もあります。 「アフィリエイト」とは、 紹介する商品を選んで、ブログでその商品を 紹介して、紹介手数料をもらうというものです。 例えば、ダイエットに効く商品を購入して、 実際に使ってみたら、よかった商品があるとします。 その商品って、友達にも紹介したくないですか? 自分でよかったなーって思えるものって 誰かに言いたくなりますよね? 「誰かに紹介する」ということを ブログ上で記事として書くわけです。 ダイエットに効く商品だったら、 体験記や実践記を書いて、 BeforeやAfterを書けば、 その記事を見て、興味を持っている人に対して、 購入の後押しができますよね。 ある程度の文章力が必要ですが、 アフィリエイトで実際に稼いでいる人で 最初から文章がある人なんてほとんどいません。 なので、初心者であっても大丈夫で、 何度も繰り返し文章を書くことで 商品は売れていきます。 売れる仕組みができていけば、 アフィリエイトは、 「Googleアドセンス」以上の収入を得ることができます。 「Googleアドセンス」のクリック単価は20円~30円でしたが、 アフィリエイトは、商品によって、 単価が1万円を超えるものもあります。 1万円の商品を1日1件売れれば、 30日間で、 30万円となります。 1日1件売れて、 月収30万円となるわけです。 大きく稼ぐためには、アフィリエイトも 導入する必要があるわけです。 アフィリエイトは、商品が売れれば、 ASPという会社からお金が振り込まれます。 具体的には、 ・A8. net などです。 netが大手ASPで、品質の良い商品を紹介することができます。 誰もが知っているような有名企業の商品もあり、 安心してお勧めすることができます。 ブログは資産となるのが最大のメリット ブログがネットビジネスの中でオススメできる理由は たくさんありますが、主な理由を書きたいと思います。 ・経費がほとんどかからない ・誰かに何かを直接売るわけではない ・書いた記事が資産となる ブログは、やらない理由がないぐらい、 メリットが多く、おススメできるビジネスです。 それぞれの理由について、見ていきたいと思います。 経費がほとんどかからない まず、ブログを始めるのに、 初期費用がほとんどかかりません。 かかるのは、 サーバレンタル代とドメイン取得費用 ぐらいです。 普通、お店を出店するなら、 初期費用って数百万単位でかかってきますが、 ブログを始めるのに、 初期費用はほとんどかかりません。 サーバレンタル代とドメイン取得費用は、 1年間で見ても3万円もかかりません。 ということは、どんな失敗しても、 損するお金は3万円だけなわけです。 継続して記事更新して、 1年間で3万円すら稼げないってことは、 ほぼないと思います。 なので、 赤字になる可能性ってほぼありえません。 優秀なビジネスだと思いませんか? せどりだと、仕入れ資金が必要だったり、 仕入れミスすると、損切が発生します。 また、Amazonの手数料だったり、送料など、 いろんな経費がかかります。 せどりの場合、 「稼げる!稼げる!」って いろんなサイトに書いている割に 損する可能性って、かなりあるんですよね。 コツが分からず、仕入れしていると、 赤字になったりする可能性もあるわけです。 最悪、損するなら、どれくらい損するのか という視点は結構重要だったりします。 ブログは、1年間やって、失敗しても 3万円ほどしか損しないので、 リスクってほとんどないので、 優秀なビジネスだと言えます。 誰かに何かを直接売るわけではない ブログは、 Googleアドセンスなどの広告収入かアフィリエイトで お金を稼ぎます。 セールスマンのように、誰かに直接何かを 売るわけではありません。 自分が作ったコンテンツやサービスを売るなら、 価値がなければ、クレームになりますよね。 でも、アフィリエイトは既存の商品を紹介するだけ、 直接売るわけではありません。 もちろん、ウソの効果だとか、ウソの体験記を 書いてはいけませんが、 正しい内容を書いて、とんでもないクレームが くることはありません。 情報発信なんかで、直接クライアントとやりとりして、 嫌な思いをした人なんかにも ブログはオススメできます。 あなたがやることは、 価値のある記事を書いて、アクセスを集め、 価値のある商品をオススメするだけです。 それだけで、お金を稼ぐことができるって、 本当に素晴らしい。 書いた記事が資産となる ブログで稼ぐメリットで何よりお伝えしたいのが 書いた記事が資産となるということです。 簡単に言うと、ブログ上に自動販売機を どんどん設置していうイメージです。 一度、書いた記事は、書いてから、 紹介した商品が売れて、それは、1度だけではありません。 その後、アクセスがあれば、何度も売れていきます。 商品が売れる記事があれば、 何も書かなくても勝手にお金を生みだしてくれます。 そんな記事をどんどん増やしていけば、 収入は底上げされていきます。 稼げる記事が増えれば増えるほど、 稼げる記事が勝手に稼いでくれるので、 ブログに費やす時間が減っているのに、 収入が伸びるという現象が起きていきます。 最終的には、週に3、4時間しか作業しないのに、 月収100万円以上稼げるということが 普通に起きます。 もし、あなたが ずっとしんどいことをずっとやり続けているのであれば、 それは、何かしら取り組み方ややり方を 間違っている可能性があります。 ブログは完全な不労所得にはなりませんが、 ある程度、放置でも稼げるようにはなるので、 最終的に楽をしたいという方には オススメですね。 まとめ 「ブログはなぜ稼げるのか?」という疑問に対して、 お金が稼げる仕組みや収入を得る方法について、 説明いたしました。 理解していただきましたでしょうか? 実際にお金が入るまでは、半信半疑だと思いますが、 ブログで稼ぐカラクリが分かれば、 やってみたくなると思います。 ブログで稼ぐコツみたいなものは あると思いますが、 それが分かれば、 誰だって稼ぐことができます。 老後2,000万円問題が話題となっていますが、 ブログで稼げれば、 そんなもの怖くなくなります。

次の

ネットでお金を稼ぎたいならこの4つのブログを徹底的に調査せよ

ブログ 稼げるのか

【鉄則】ブログの稼げるジャンルと稼げないジャンル ブログの稼げるジャンルと稼げないジャンルには鉄則があります。 稼げるジャンルは稼ぎにくい ブログの稼げるジャンルはライバルが多いです。 報酬が多く、成約しやすいため企業や個人が多く参入しています。 例えば、脱毛やウォーターサーバー、青汁、酵素などは法人アフィリエイターや月収100万アフィリエイターも参入しています。 このジャンルで稼ぐにはキーワード選びやSEOの長期的な戦略が必要で、今から一般の人が参入するのは至難の業です。 稼げないジャンルは稼ぎやすい 稼げないジャンルはライバルが少なく上位表示しやすく稼ぎやすいです。 稼げる金額が大きくないため比較的上位表示も可能で、お小遣い程度であれば楽に稼げます。 しかし、稼げる金額が低いのでモチベーションが上がりにくいです。 結果が出やすい分だけ、大金を稼ぐには「量」をこなす必要があります。 つまり、大金を狙って長い時間で挑戦をするか、小金を狙ってサクッといくかのどちらかが現実的です。 ブログで稼ぐには主に2種類 ブログで稼ぐには主に2種類の方法があります。 noteやyoutubeに誘導する方法もありますが、ここではこの2点に絞って紹介します。 アドセンス Googleアドセンスとは、ブログに表示される広告のことです。 クリックされることで広告に応じた単価が支払われる仕組みです。 また表示される広告も高単価なものほど報酬が高くなります。 アフィリエイト アフィリエイトとは、成果報酬型の広告のことです。 クリックではなく広告を踏んだユーザーが商品購入などの行動を起こした際に成果が支払われます。 ユーザーの行動によって成約が決まるのでアクセスよりも成約率が大事です。 そのため成約に繋がりやすいキーワードや売りやすい商品を扱うことが稼ぐには必要です。 売りにくい商品や知名度の無い商品を扱うと稼げないので結構苦しいです。 アドセンスとアフィリエイトで稼ぐ時の違い アドセンスとアフィリエイトでは稼ぎ方が違います。 アドセンスはクリック数が大事になるのでアクセス数が多いことが重要です。 そうなると記事数を大量に作るために作業量が必要になり、アドセンスサイトは500記事、1000記事のブロが普通です。 一方、アフィリエイトは成約が必要なので記事数よりもライティングや訴求方法が重要になります。 クリックされても購入や成約がないと報酬が支払われないため、アクセス数よりもいかにユーザーを行動に導けるかが重要です。 そのため記事数は50ほどでも成約があれば数万円を稼ぐことも可能です。 ここから言えることは、• もちろんアドセンスも良い記事を書くには頭を必要がありますが、収益に直結するのはアクセス数であるため作業量が必要になります。 報酬の発生条件が違うので、求められる結果とそれに伴う作業が違います。 これは大事なので合わせて覚えておいて下さい。 【選び方】ブログで稼ぐジャンルの選び ブログにはアドセンスとアフィリエイトがあることを紹介しました。 では、稼ぐために必要なジャンルの選び方を紹介します。 まとめるとこの画像のようになります。 アドセンス アクセスが多い アドセンスではアクセス数が多いキーワードほど稼げます。 アクセス数が多いことは「みんなが日頃必要とするもの」です。 こういったキーワードで上位表示をするとアクセス数が集まり、クリック回数も多くなり稼げることができます。 また「ビッグキーワード」と呼ばれる1単語のキーワードで表示されるとアクセスが稼ぎやすいです。 出来るだけ高単価な広告がクリックされると比較的稼ぎやすいです。 アドセンスはユーザーの嗜好や興味に基づいて表示されるので高単価な広告のジャンルでブログを運営されると稼ぎやすいです。 利用者と広告の相性が良い 広告をクリックする人とアドセンスの相性もまた必要です。 どういうことかと言えば、熱心に情報を探している人よりもネットサーフィンをしている人のほうが広告をクリックしやすいです。 情報を必要として探している人は情報を目的にブログに来ていますが、ネットサーフィンの人は暇つぶしです。 広告も暇つぶしやふと目に入った人にクリックされやすいので、このネットサーフィンをしている人を対象としたジャンルでアドセンスブログをすると稼ぎやすいです。 実用的なブログよりもトレンドブログのほうが稼ぎやすい理由はこれです。 アフィリエイト 単価が高い アフィリエイトは1件100円よりも1件5,000円の案件のほうが大金を稼ぐことが出来ます。 1件100円を30件獲得するより、1件5,000円を1件獲得するほうが簡単だからです。 出来るだけ単価は高いほうが稼ぎやすいです。 利用者の購入までの障壁が低い 利用者の購入までの障壁が低い商品はアフィリエイトで儲かるジャンルです。 アフィリエイトはクリックをされてもユーザーが行動を起こさないと報酬が発生しないからです。 報酬の発生条件が「無料会員登録」「資料請求」などは利用者の行動までの障壁が低いので成果が上がりやすいです。 一方、1つ1万円の商品を売る場合は利用者が経済的なことを考えだすので成果に繋がりにくいです。 出来るだけ売りやすい商品のほうがアフィリエイトで稼ぐには向いています。 商品の知名度 扱う商品の知名度はアフィリエイトの売りやすさに直結します。 見ず知らずの企業の商品よりも知っている企業や有名な商品のほうがユーザーも買いやすいからです。 例えば、脱毛などはテレビでcmをするようなクリニックのほうがユーザーも成約しやすいです。 これは特に化粧品やサプリなど健康や身体に関係する商品において顕著に見られます。 緊急性 緊急性がある商品はアフィリエイトで売りやすいジャンルです。 これはユーザーが悩みを早く解決したいと考えているので購入しやすいからです。 例えば、「出張バッグ」は出張を控えた人が当日前に購入します。 出張バッグを購入しないと出張で困るので「早く買いたい」「買わないといけない」と思います。 こういった商品は売りやすく、アフィリエイトでも稼ぎやすいジャンルです。 アドセンスおすすめのジャンル まずはアドセンスのおすすめのジャンルを紹介します。 これらのジャンルでブログを運営すると稼ぎやすいでしょう。 ちなみにアドセンスの儲かるジャンルはこの画像のようになっています。 不動産情報・マンション探し 不動産やマンション探しは広告のクリック単価が高いです。 住宅やマンションの価格は数千万円が多いですから、こういった広告もクリック単価が高くなります。 金融投資 FXや投資信託、証券など金融投資も広告のクリック単価が高いです。 特にこのジャンルはアフィリエイトを併用される方も多いので合わせることができます。 クレジットカード・キャッシング クレジットカードやキャッシングも広告のクリック単価が高いです。 これらのジャンルで運営されることをおすすめします。 アフィリエイトおすすめのジャンル 次にアフィリエイトのおすすめジャンルを紹介します。 これらのジャンルは比較的稼ぎやすいです。 キャッシング キャッシングを検索する人は、お金に困った人が多いので成約まで行きやすいです。 需要が強い商品はアフィリエイトでは売りやすく報酬も発生しやすいですし、キャッシング系は高単価です。 ただ金融系は誇大広告などになりやすいので表現には気をつけましょう。 金融投資 FXや証券口座など登録や口座開設自体にお金が不要なため、障壁が低いことがアフィリエイトでおすすめの理由です。 また報酬も高い傾向があり、月数件の成約でも稼ぎやすいです。 ただライバルが多くすぐには稼げないので、SEO以外の集客も必要です。 また広告については誇大広告には気をつけましょう。 ガジェット パソコンやスマホ関係のガジェットの紹介です。 ユーザーが利便性を求めて購入するケースが多いので比較的成約しやすいです。 amazonや楽天を併用すると商品紹介の幅が広がります。 出来るだけレビューを含めて紹介すると成約には良いです。 資格関連 資格関連は利用者のスキルアップしたいという需要があるので無くなることがありません。 また資料請求やお試しといった障壁が低いことも売りやすい特徴です。 グルメレビュー アフィリエイトで売られている商品のレビューです。 ネットでは美味しい商品を食べたい、コンビニスイーツよりも珍しいものを食べたいという人がいるので需要はあります。 フルーツ青汁 健康系はgoogleで上位表示できないので今はダメになりましたが、フルーツ青汁もアフィリエイトで売りやすい商品です。 悩みを解決したいという需要があり、知名度も高いので売りやすい商品です。 青汁は月収100万クラスといわれており、フルーツ青汁は穴の小ジャンルです。 青汁ではライバルが多過ぎるので、小ジャンルを狙いましょう。 仮想通貨 一時期は過熱し現在は下火ですが、現在の世界情勢からいってまだまだわかりません。 特に不景気や株価が下がると仮想通貨に流れることが予想されるので、今のうちに仕込んでおいても面白いと思います。 こちらも誇大広告などになりやすいので表現には気をつけましょう。

次の