エアコン 水漏れ 対処。 エアコンの水漏れはドレンパンの掃除で治る?応急処置方法や対策、修理の料金は?

コロナ製のエアコンの特徴と、トラブル原因と対処法

エアコン 水漏れ 対処

冷房が効いた部屋の中を歩いていると「冷たっ!」。 何かと思い足元を見てみると、フローリングが濡れているではありませんか! よく見るとエアコンの室内機から水がポタポタと垂れてきてます。。。。 こんな場面に出くわすと、とにかく慌てふためいてしまいます。 でも、ここでいったん深呼吸。 「ス~~。 ハ~~。 ス~~。 ハ~~。 ス~~。 ハ~~。 」して落ち着いてください。 エアコンから水漏れする原因は3つのパターンに分類されます。 そのパターンごとに、対策が変わってくるので、自宅のエアコンがどのパターンに当てはまるのか見極めることが重要です。 では早速、3つのパターンごとに説明していきますね。 1.ルーバー(風向板)から水が垂れてくる ルーバー(風向板)の方向を、下向きにすると、冷やされた空気がルーバーにあたります。 そのまま冷房運転を続けると、ルーバーに結露が発生し、水滴が落ちてくることがあります。 夏の暑い日に、コップに冷たい水を注ぐとコップ表面に水滴が付く現状と同じです。 エアコン内部から吹き出される冷たい空気が、ルーバーにあたり冷却されます。 そして冷却されたルーバーに水滴がつくのです。 この症状は、部屋の中の湿度が高いときに、発生することが多いです。 対処法 ルーバーを上向きにしてください。 冷やされた空気の向きとルーバーが平行になるように調整すれば、ルーバーに冷気が当たりにくくなるので、結露を抑えることが出来ます。 2.奥のほうから風に乗って水が降ってくる エアコン吹き出し口の奥のほうから、冷気といっしょに水が飛んでくることがあります。 原因は2つあります。 1)フィルターの目詰まり フィルターがホコリなどの汚れで目詰まりしている状態だと、空気の流れが悪くなります。 空気の流れが悪くなると、熱交換器部分に一定時間空気がとどまるので、過剰に冷却されてしまいます。 過剰に冷却されると、エアコン内部のいたるところで結露が発生するのです。 その結露した水が、ファンで送り出される風とともに、吹き出し口から飛んでくるのです。 対処法 フィルターを丸洗いするようにしましょう。 掃除機でホコリを吸い込むだけでも有効ですが、完全に取りきることが出来ません。 台所用の中性洗剤で構いませんので、よく洗って下さい。 汚れが取れたら、フィルターをよく乾燥させエアコンにものと通り取り付けてください。 2)熱交換器(アルミフィン)の汚れ・目詰まり フィルターの目詰まりと同じように、熱交換器に汚れやホコリが目詰まりしてしまうと、空気の流れが悪くなり過剰に冷却されてしまいます。 また熱交換器のアルミフィン1本1本の表面が汚れてしまうと、結露水がはじかれてしまい、水滴となります。 その水滴がファンで送り出される風とともに、吹き出し口から飛んでくることもあります。 対処法 熱交換器の洗浄は、できるだけ業者に依頼することをオススメします。 どうしても自分でやりたい場合には、掃除機で表面のホコリを吸い取るか、フィン用ブラシを使用してください。 歯ブラシなどでホコリや汚れを落とそうとすると、ホコリを奥のほうに押し込むことになるので、状況を悪化させることにもなりかねません。 ブラシを使うことは避けてください。 エアコン洗浄スプレーの使用は、オススメ出来ません。 洗浄液を噴霧するパワーが小さいため、熱交換器表面のホコリを奥に押し込んでしまいます。 それが新たに大量の水漏れを引き起こす可能性もあるのです。 3.室内機の底部から水が垂れてくる エアコン室内機から、水がにじむように垂れてくる場合があります。 この場合の原因は、ドレンホースやドレンパンの詰まりによる可能性が高いです。 熱交換器で冷やされた結露水は、ドレンパンに垂れ落ち、ドレンパンに接続されたドレンホースを伝わり、室外に流されます。 しかしドレンホースのどこかの箇所で汚れなどが詰まってしまうと、結露水が行き先を失ない、室内側にこぼれてしまうのです。 対処法 ドレンホースの詰まりを解消できれば、水漏れを解消することが出来ます。 ドレンホースの詰まりには、エアコン用サクションポンプを試してみてください。 室外機脇にあるドレンホース先端にこのサクションポンプをあてがって、ハンドルを数回引くだけです。 エアコンの水漏れは、3つのパターン以外にも原因があることも エアコンの水漏れの代表的な3つのパターンについて、説明してきました。 しかし水漏れの原因は、これ以外にもあることがあります。 下記ページで詳しく説明していますので、よろしければご覧になってください。

次の

エアコンからの水漏れはドレンホースが原因!?今すぐできる対処法 | みんなのハウスクリーニング

エアコン 水漏れ 対処

業務用エアコンが水漏れする理由 エアコンを動かしていたら、突然ぽたぽたと水が出てきているなんて驚いてしまいますよね。 しかし、エアコンの水漏れは実はよくあるトラブルの一つなのです。 では、業務用エアコンはなぜ水漏れしてしまうのでしょうか。 水漏れには様々な原因がありますが、特に多いものをいくつかご紹介します。 ガスが漏れている エアコンの内部には、冷媒と呼ばれるガスが入っています。 この冷媒が漏れてしまっていると、空気を冷やすためのガスが足りなくなり、エアコンの内部のアルミフィンという部分に霜がつくことがあります。 そして、この霜が溶け出すことで、エアコンの風の吹き出し口からぽたぽたと水が漏れている、という症状を引き起こすのです。 エアコンを冷房で動かして、しばらくするとぽたぽたと水が垂れてくる、という場合はこのガス漏れが原因である可能性が高いでしょう。 もし、ガス漏れでエアコンから水が出ているのかどうかを確かめたい場合、エアコンをしばらく運転してから一度電源を止め、フィルターを外してみてください。 フィルターの奥にあるアルミフィンという部分に霜がついていたら、エアコンのどこかから冷媒ガスが漏れている可能性が高いです。 ただし、冷媒ガスは自分で気軽に入れられるものではありません。 冷媒ガスにも色々な種類があり、エアコンにとって適切な種類のガスを入れる必要があります。 さらに、冷媒ガスがどこから漏れているかを特定し、その部分を修理しないと、ずっと冷媒ガスが漏れ続けてしまいます。 ガス漏れに気が付いたら、早めにプロの修理スタッフに依頼しないと、冷房が冷えなくなってしまいますので気を付けましょう。 ドレンホースの詰まり ドレンホースとは、エアコンの内部で発生した水分を外に出す働きをしてくれるパーツのことです。 室内側のエアコンから、室外機の横あたりまで繋がっています。 冷房を使うとちょろちょろと水分が出てくることがありますが、その水分が出てくる細い管がドレンホースです。 いわば排水口の役割をしているパーツなのですが、ドレンホースは案外幅が細く、エアコンの掃除ができていない場合や、外からゴミが入ってしまった場合などの様々な原因で簡単に詰まってしまいます。 ドレンホースが詰まると、外に排出されるはずのエアコンの水分が外に出ることができなくなり、逆流してしまいます。 そのため、エアコンの吹き出し口から水が出てきてしまうという事態を引き起こしてしまうのです。 このような場合、ドレンホースの詰まりの原因を取り除くことで解消することができます。 しかし、業務用エアコンの場合、ドレンホースも市販の家庭用エアコンより長いことが多く、自力でどこが詰まっているのかわからないドレンホースの詰まりを解消するにはかなりの手間と時間が必要です。 ドレンホースの勾配不足 水は高い場所から低い場所へ流れます。 そのため、エアコンのドレンホースも水分をきちんと外へ排出するために、ゆるやかな勾配をつけて外に出るように設置されています。 ところがこの勾配の角度が足りないと、水分が外側へ出ないまま、ドレンホースの内側に溜まってしまうことがあります。 この少しずつ溜まった水がある日逆流して室内機側に向かい、エアコンの吹き出し口から水が出てきてしまうという事態に発展してしまいます。 これがドレンホースの勾配不足による水漏れの原因です。 ドレンホースの勾配が足りないのは、大抵の場合設置時のミスです。 そのため、ドレンホースをきちんと水が出るような勾配がつく位置に設置しなおしてもらう必要があります。 ただし、ただ角度をつければいいという問題ではなく、場所によっては室外機を移動させたり、壁に沿わせて取り付ける必要があったりと、プロに依頼して勾配をつけなおしてもらわないと解決が難しいトラブルです。 業務用エアコンの水漏れは自力で修理が難しい エアコンは、内部の仕組みは家庭用エアコンと一緒ですが、家庭用のものよりも出力を上げるために様々な点が工夫されています。 そのため、業務用エアコンの水漏れなどのトラブルは、自力で原因を突き止めること事態がまず難しいという場合も少なくありません。 そのため、エアコンから水が漏れていることに気づいた時点で、修理業者に修理を依頼して素早く解決してしまうのがおすすめです。 弊社、街の修理屋さんではエアコン修理の依頼をお受けしています。 全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。 年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。 エアコン修理は、8,000円より受け承っております。 作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

次の

コロナ製のエアコンの特徴と、トラブル原因と対処法

エアコン 水漏れ 対処

エアコンの水漏れの原因 エアコンから水が漏れてきた場合、まず原因ヵ所がどこかを突き止める必要があります。 エアコンの水漏れで考えられる原因は 室内機、 ドレンホース、 雨水の3つです。 ではそれぞれご紹介していきます。 室内機に原因がある? エアコンの室内機から水漏れする場合、水漏れ箇所が3パターンに分けられます。 それは 風向板から水がたれる場合、 奥の方から冷気と共に水気が降ってくる場合、 底部からポタポタと漏れる場合です。 ルーバーと呼ばれる風向板はエアコンの風の出口です。 ここから水が垂れる場合は冷やされた空気が風向板に当たるため、結露します。 この結露が水滴になって垂れてきます。 さらに奥の方から冷気と共に水滴が飛ぶように降ってくる場合は、 フィルターの詰まりや熱交換器であるアルミフィンの汚れが原因です。 フィルターが詰まることにより、アルミフィンで空気の流れが止まってしまいます。 すると結露が発生し飛ぶように水をはじきます。 アルミフィンが汚れていても水がはじかれ飛ばしてしまいます。 また、 底部から水がポタポタと漏れるときは、ドレンパンの汚れが原因です。 ドレンパンはエアコン内で発生した水を受け止める役割を持つ皿状の盤のことです。 ドレンパンが汚れてしまうと水を貯められる容量が減ります。 すると水が溢れます。 さらに水が溢れると表側の傾斜に進んでしまい、排水ができずに水漏れを起こします。 ドレンホースが関係? 次にドレンホースに原因がある場合です。 ドレンホースは エアコン内部にある水を外に排出するホースのことです。 ドレンホースに汚れが溜まると水の道を防いでしまいます。 すると屋外に水を出すことができず、室内機の方へ逆流してきます。 これが水漏れになります。 また、 ドレンホースの最終出口となる部分が枯れ葉やゴミでふさがっていることがあります。 さらにドレンホースが曲がっていたり歪んでいると汚れと同じように逆流してしまいます。 このドレンホースはエアコンの水漏れの原因として 8割を占めます。 雨水が原因かも? 雨の日に水漏れするという場合は、雨水が原因の可能性があります。 エアコンの配管は断熱材やテープで保護されています。 この断熱材やテープが 経年劣化により剥がれたりボロボロになっているとその隙間から雨水が入ってしまいます。 一般的な雨の場合はそれほど影響がありませんが、近年増えているゲリラ豪雨のように雨だけでなく風も強い日の場合、劣化している断熱材やテープには注意が必要です。 水漏れの対処法! エアコンの水漏れにはいくつかの原因があります。 つまり、エアコンの水漏れに対しての対処法もいくつかあるということです。 エアコンから水が漏れた場合、最初にすることは どこから水が漏れたかを確認することです。 もし自分で見てわからなかった場合は迷わず業者に依頼するようにしてくださいね。 では、室内機に原因がある場合の対処法をご紹介します。 室内機に原因がある場合は、 室内機を掃除する必要があります。 この時、風の出口であるルーバーが結露していたら見える部分のみでよいので拭くようにしてください。 さらに、フィルターの掃除は掃除機でゴミやホコリを取り、フィルターを水洗いし完全に乾かしてください。 それでも状況が改善しない場合はアルミフィンやドレンパンに原因があります。 しかしアルミフィンとドレンパンは自分で掃除することが難しいのでこの場合も業者に依頼してください。 次にドレンホースと雨水が原因の場合の対処法をご紹介します。 ドレンホースの汚れが原因の場合、汚れを取る必要があります。 出口近くの枯れ葉やゴミは簡単に取り除くことができますが、中は少々大変です。 市販されているドレン用サクションポンプというポンプをドレンホースにつけ、押したり引いたりすることで中の詰まりを解消することができます。 一刻も早く水漏れを解消したい場合は掃除機を使用する方法もあります。 掃除機とドレンホースの間にタオルを一枚置き、掃除機で汚れを吸い取ります。 また、ドレンホースがまっすぐになっているかも確認してください。 歪んでいた場合はまっすぐに直します。 この時、力いっぱい行わないように注意してください。 これでも水漏れが直らない場合は壁の中に原因がある可能性があるので業者に依頼してください。 また、配管の断熱材やテープが剥がれている場合も素人がやるのは難しいので業者に頼むようにしてくださいね。 関連記事: エアコンの水漏れを防止するには? エアコンから水漏れがしてしまった場合、急いで対処する必要がありますがまずは水漏れが起きないように防止策を取っておくことが大切です。 基本的な防止策としては 室内機や室外機をきれいにしておくことです。 エアコンと水は切っても切れない関係です。 エアコンの中には常に水があります。 この水が水漏れになってしまうのはエアコンが汚れているからです。 つまり定期的にメンテナンスをして水漏れの原因である汚れが付かないようにしておくことが大切です。 また、風向板から水が垂れる場合は向きが良くないのが理由なので、風向を変えるようにしてください。 さらにドレンホースのある室外機の周りも掃除するようにしてください。 ドレンホースにはゴミやホコリだけでなく虫が入ることもあります。 中にゴミや虫が入らないよう、出口の部分にキャップをつけておくのもオススメです。 また、日常的にドレンホースや配管がまっすぐかを確認するようにしてください。 風の強い台風の後などはとくにゆがみやすいのでよりしっかりとチェックをするようにしてください。

次の