石原慎太郎 死去。 石原慎太郎「本当の病状」はこんなにヤバい(2)面会した平沼赳夫氏が明かす

石原慎太郎の現在は死去説?脳梗塞の影響と認知症の症状の真相は

石原慎太郎 死去

石原信太郎の息子は5人の内訳? 今更言うまでもないが元東京都知事で現在に続く 築地市場移転問題で数々の遺恨を残して自身は勇退 したかのような都知事辞任として現在も作家として 活躍する 石原慎太郎元都知事。 最後の公の場は築地市場問題の責任を問われる百条 委員会での、あの歯切れの悪いまるで認知を装ったかの ような曖昧な回答が印象深いです。 そんな彼には知っての通り 4人の息子がいる事は世間でも 知る人が多いと思います。 1955年に結婚して現在の 妻石原典子さんとの 間に4人の息子さんが見えます。 長男 自由民主党衆議院議員の 石原伸晃(のぶてる) 1957年4月19日(60歳)18年4月現 次男 タレント・気象予報士 石原良純(よしずみ) 1962年1月15日(55歳)18年4月現 三男 自由民主党衆議院議員 石原宏高(ひろたか) 1964年6月19日(52歳)18年4月現 四男 画家 石原延啓(のぶひろ) 1966年8月22日(50歳)18年4月現 ご立派にも4人もの跡継ぎを誕生させている石原慎太郎氏 のご子息は4男を除いては全て政治家や有名人として活躍 しておりテレビでも見たことがある方が多いと思います。 この辺りは流石石原慎太郎と言わざるを得ませんが 驚くことに彼にはもう 一人の息子が婚外子として見える そうなのです。 正妻との間に4人の息子。 そして婚外子との間にもう1人息子さんが見えるそうで 合計5人の血を分けた息子が見えるとの事・・・ 流石石原慎太郎氏ですね。 ある意味この少子化時代に5人もの息子を持つだなんて かなりご立派な事実でしょう。 しかもみんな男子です・・・ 石原慎太郎の息子への疑惑と溺愛にドン引き あれ程世間には辛口と毒舌で知られた石原慎太郎氏 ですが実際現役都知事時代にはかなり、自身の立場を 利用して息子には融通を効かせていたことでも話題と なっています。 特に4男に関しては明らかとなった事実だけでも かなりの 親バカぶりを発揮して都税を使い込んでいた 事も明らかとなっています。 4男の 延啓(のぶひろ)さんは唯一兄弟の中でも 画家として活動をされていました。 (おそらく現在も画家のはずです) その彼の当時の 現代美術家としての標準価格票は号三万円 と言われ沢山いるであろう画家の卵の中のありふれた存在の 一人に違いない評価を得ていたみたいです。 でも父親慎太郎からしたら違う。 当然親の欲目はあってしかりと思いきや慎太郎氏は 当時都知事時代に浮上したプロジェクト 「東京ワンダーサイト(TWS)本郷」に着工した2001年 から若手芸術家の育成事業として着工として日本のモンパルナス として育てたいと実行する。 ここの建築家の今村有策氏を起用。 この今村氏は4男の延啓(のぶひろ)氏の留学時代の友人 らしく、そしてその副館長に今村氏の妻を起用。 当然息子の 延啓(のぶひろ)氏も外部役員として起用。 慎太郎氏曰く 『息子はまぁまぁの絵描きでね。 数人の絵描きの中で息子のがマシだったから。 館長以下が選んだ。 』 彼が息子を起用して立ち上げたプロジェクトTWSへの 補助金は02年度に約4千4百万だった補助金が 4年後には 10倍の約4億4千万まで増額。 06年には更に増額の約 7億千万円をつぎ込んでいる。 これ意外にも4男延啓(のぶひろ)氏が関わった公費一覧 を見てみると驚愕の都税がつぎ込まれている。 正直舛添要一都知事の湯河原なんて可愛いものだ。 「脳オペラ」2400万円。 領収証の無い支出588万円。 行事の飲食費 320万円。 ステンドグラス代(延啓氏制作)300万円。 他も「東京ナイト」の伝統文化発信に1748万円 他にも共産党の調査資料では03年の不明金487万円。 04年にも同様の使途不明金101万円。 07年11月7日にはTWS青山を開館。 年間賃貸量約9000万。 これ意外にもあげだしたらキリが無いレベルの やりたい放題の都税の使い込みはその後数々の 問題となり裁判でも敗訴している。 おぞましいレベルの自身の息子への溺愛から 都税を好き勝手使い込んだ石原慎太郎氏は 敗訴しながらもこう言い切っている。 07年2月の都議会で追及された場面で 『彼の才能じゃなしにとにかく融通を効かせてほとんどただ働きに 近くやってもらった、それで余人をもって代えがたいと言った。 』 出典:週刊文春2017;3. 2号 融通って・・・言われても・・・ 現代美術家としての標準価格票は 号三万円だって 評価されてる画家なんだって・・・汗 Sponsored Link 石原慎太郎5男は愛人の子供でその仕打ちにドン引き そして問題の婚外子の5男との関係とその仕打ちが 又も石原慎太郎氏の人間性が良く表れている。 石原慎太郎氏も若かりし頃石原氏は49歳。 女性は22歳で元銀座のホステスとして働いて いた女性との 愛人関係で出来た子供が5男との事。 女性(保子)さんとの関係は2年に渡り交際が続き 子供(5男)が出来たことで関係が妻にも発覚して 関係が破綻したらしい。 ただその時の対応がなんとも男らしい・・・汗 子供が出来たことが想定外だったらしい慎太郎氏は 話し合いを求める女性から逃げまくり、相当揉めて 当時の石原軍団まで話し合いに参入して最終的には 正妻の典子さんも入っての話し合いとなったそうです。 そして子供を産むに際して関係破綻となったのは 彼女(保子)さんが認知を求めたから破綻したんだとか。 時を同じくして都知事選に売って出る前の算段 だった慎太郎氏はこの彼女の認知を求める行為に こう言い放ったという・・・ 『DNA鑑定すれば俺の子供じゃないと分かる』 こうは言ったものの分った事実は結果からして彼の子供だった。 すったもんだの末結局認知に至ったのは当時5男が 11歳の1994年当時だったとか。 この認知から彼女を追い払うかのように子供が20歳に なるまで 20万の支払いを約束して彼女の故郷新潟に 引っ越しを約束させて終結したそうです。 ここ一番の時こそ男の性根が垣間見れるというもの。 何ともおぞましい世間で見せてきた顔とは真逆の セコイ男性像に女性目線からするとゾットしますね。 Sponsored Link 石原慎太郎の5男が一番裕次郎に似たらしい悲劇 そんな5男ですが、風の噂によると一番 彼の亡くなっ た弟石原裕次郎氏に似ているとの 事です。 あの誰からも愛された裕次郎氏に一番似ているとは 何とも皮肉なDNAの力を感じざるえません。 御年80歳前後にしてなお世間を沸かせて話題となる 石原慎太郎を見て5男は何と思うのでしょうね。 その詩心境を考えると誰しも両親を選べないこの世に 誕生して初の運命が父親石原慎太郎だったことを彼は どう思うのか? とても複雑になってしまいます。 おわりに 元都知事の石原慎太郎の過去のあまりにもお粗末な女性関係はもしかしたら彼の生き様そのものなのかもしれません。 あれだけ堂々と言いたいことを言いまくりヤリタイ放題都税を使い込んだ彼も石原慎太郎だからこそ都政を変えてくれると思わせたもの。 でもそれは5男を産んだ女性が垣間見たであろう一時の虚栄そのものだったのかもしれません。 人の正体はなかなか見抜けないものです。 明日は我が身と思い気を引き締めるのみですね~.

次の

石原慎太郎に関するトピックス:朝日新聞デジタル

石原慎太郎 死去

アメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の予測不能なやり合いを見ていると、これまでの国際政治の常識が通じなくなっているのを痛感する。 こんな規格外の時代には、規格外の発想で対応するしかない。 亀井:トランプは、下手な鉄砲を振り回しているカウボーイみたいな男だね。 みんなそれに怯えて、うろちょろしている。 石原:アメリカはなぜさっさと金正恩を暗殺しないのかね。 亀井:おいおい(笑い)。 石原:だって、カダフィーもビン・ラーディンも、綿密に計画して殺したでしょう。 彼らは暗殺が得意なんだよ。 東京都が尖閣諸島を買おうとしたときも、オバマはCIAに「日本にいる中国人を使って、交通事故に見せかけて石原を殺せ」と命じたそうだよ。 まあ、それはおいといて、トランプが北を攻撃するかどうかはわからないな。 亀井:トランプはいまの状況に困っているんだ。 石原:私もそう思う。 亀井:下手な鉄砲をくるくる回しているが、撃てないんだよ。 撃ったらやり返されるから。 米軍の力は圧倒的だけど、窮鼠猫を噛むという状況が起きますよ。 ミサイル基地を含めて38度線に展開してる部隊を一挙に殲滅できれば別だが、そんなことは不可能。 在韓米軍と交戦になり、韓国は火の海になる。 さらに、岩国基地には今年3月に発射実験をしたあの弾道ミサイルが飛んでくる。 石原:1000キロ飛ぶそうだからね。 亀井:岩国に届くということは、おそらく東京にも届くんです。 石原:今、アメリカが原爆を投下して、世界が許容する国というのは、唯一、北朝鮮だろうな。 核兵器で北の指導者が全滅しても、世界は文句を言わないと思う。 亀井:国際世論は支持するかもしれないけど、現実には核爆弾で指導層や北朝鮮軍を同時に殲滅することはできません。 石原:そうなると、一番早いのは、やはり金正恩を暗殺することだろうな。 今、米韓軍事演習で何をやっているかというと、その一つはボートや小潜航艇で北朝鮮の川をさかのぼって、平壌に潜入して要人を暗殺する訓練です。 金正恩もそれを非常に警戒している。 亀井:先日、韓国に行ってその川を見てきましたよ。 石原:ああ、そう。 亀井:今のところは穏やかなものでしたが。 暗殺にしたって、一瞬で結着つけないと、韓国は火の海で、日本にもミサイルが飛んでくる。 一度に何十発も撃たれると、イージス艦やPAC3で全部撃ち落とすことはできなくて、何発かは本土に到達する。 石原:しかし、暗殺が一番安上がりで、かつ、アメリカが非難されずに済む方法じゃない。 亀井:いくらCIAや米軍の特殊部隊が有能でも、相手も必死で守るわけで、限界がある。 だから、トランプは手出しできない。 一方で、北のほうも経済制裁で追い詰められていくから、困っていることは事実。

次の

石原延啓

石原慎太郎 死去

作家の石原慎太郎が昭和を代表する政治家田中角栄氏の半生を一人称視点で書いたベストセラーになった一冊。 角栄ブームの火付け役となった本書は批判する立場であった著者が様々な文献を参考に一人称視点で半生が描かれており、当時を知らない私にも歴史を知ることができ、豪放磊落な人柄も本文から伝わってきました。 日本列島改造論や日中国交正常化といった戦後復興に多大な影響を与えたことや現在にも通用する法案や自身の失脚につながることになる資源外交など政治家としての功績は現在の私たちの生活にも大きく関わってくるものであると感じました。 本書のなかでも学歴社会の政治の世界で奮闘する角栄氏が土建の仕事の経験を誇りにのし上がっていく姿には心を打たれました。 本書を読んで今の日本や政治家に足りないものを感じるとともに戦後復興期の日本という時代も感じることができました。 田中角栄という稀代の政治家の半生を知り、今の日本の豊かさやこれからの未来などを考えさせられた一冊でした。 まるで田中角栄自身の自伝が如き錯覚を感じさせる。 豪傑だが気遣いの人であった角栄。 その人柄が端端に感じられるような文章だ。 石原慎太郎氏の作家として高い能力を伺わせるが昨今の市場移転問題で後世を汚した感はある。 「ひらがな漢字すべて忘れた」と語っていたが、ではこの本は何なのであろうか。 (それはまた別の話だが) 但し本作品、さもドキュメンタリーのようだが、石原氏が田中氏に近かしいわけではないし、真紀子氏ら親族にインタビューしたわけでもなさそうだし、ましてや田中氏自身は故人である。 そうなれば当然各種文献を基とした構成であるが司馬遼太郎のような膨大な史料と大胆な仮説に基づいた創造的脚色というわけでもなさそうだ。 読ませる文章であり娯楽性も高いが、ドキュメンタリー的体裁をとっているなかで、この本が一体なんであるのかなかなか判断は難しい。 石原慎太郎氏が田中角栄の生涯を一人称で描いた作品。 この企画自体はなかなか面白く、内容も田中角栄入門としては読みやすいので面白いし、一通りの田中角栄の歴史が手っ取り早くわかる。 だが、いかんせんフォントがでかく、内容が少ない。 現在の石原氏にはこれ以上の文量は難しいのかもしれないが、フォントをでかくしてページ数を稼いで、この値段を取るのはボッタクリだと思うのは私だけ?なぜこの本がこんなに売れたのか、正直不思議である。 なお、この本ではロッキード事件は田中角栄を「白」として描いている。 一人称で書かれているため混乱しそうだが、真相はこの通りかどうかは確実ではないことに注意を要する。 最後に余談だが、「ありはしまい」という言い回しがくどいほど出てくるのが斬新だと思った。 角栄っぽさを出すためにあえてこのような言い回しを多用したのだろうか。 石原慎太郎の近時の態度が本書における文字の大きさに現れているようで、更には、角栄を自ら演じるかのような一人称の違和感から、本屋で開いた本を悩んだ挙句に棚に戻した。 それが、5月の事で、つい9月の所用で日本に行った折、やはり興味には勝てず、とうとう買ってしまったのだ。 メディアに登場した際も、某アイドルの疑問に対し明らかな不快を隠そうとせず、政敵としての過去を取り繕おうともしない。 では、一体何があるのか。 目新しい話があるのかと、ページを捲る。 しかし、然程古くもない田中角栄の話、週刊誌の発言の裏付けは出てくるにしても、新情報は見当たらない。 ロッキード事件に関わる暴露話かと言うと、そうでもなさそうだ。 そもそも、田中角栄については語り尽くされているのではないか。 考え損か。 森元孝さんという早稲田大学の教授との食事の場で、田中角栄について書いてはと薦められ、本作に至ったとの事。 自らの筆力を頼っての道楽かと思ったが、後書きでその辺に触れている。 田中角栄に対しての敬愛が滲み出ている。 つまり、そういう事だから、某アイドルに怒ったのだろう。

次の