こんにゃく 冷凍 できる。 炊き込みご飯の冷凍保存目安は?具のこんにゃくも冷凍可能?

こんにゃくゼリーは冷凍できる!お弁当の保冷剤代わりにもなって便利

こんにゃく 冷凍 できる

スポンサードリンク お鍋や煮込みに入ってると なんだか嬉しい 糸こんにゃく。 コンビニのおでんの具でも、 ベスト3に入る人気の具材なんだとか! パスタやラーメンより低カロリーなので 代用ダイエットにも大活躍ですね。 ただ、メイン食材ではないので 少人数の調理にはちょっと余りがち。 どうやって保存したらいいでしょうか。 糸こんにゃくは、原材料は こんにゃく芋、 その他は 水分でできています。 糸こんにゃくは大抵 液体に入れられて売っていますよね。 あの液体は、 石灰などを含んだアルカリ水です。 未開封の間は液体に保護されているので、 長期間の保存が可能です。 直射日光を避けて低温の場所であれば、 1〜3ヶ月は余裕でもちます。 しかし、開封済みの糸こんにゃくの場合、 その後に乾燥させてしまうような保存法だと、 あっという間に鮮度が落ちます。 水分が飛ぶとパサパサスカスカになり、 いくら調理して水分を含ませても 残念ながら元には戻りません。 ですから 糸こんにゃくの保存は、 開封時に、まず 袋と中の液体をキープします。 余ったら袋の中に入れて、 外気に触れないよう封をして スポンサードリンク 冷蔵庫保存が1番です。 液体を捨ててしまった場合は、水道水で浸し、 2日に一度水を取り替えつつ保存します。 乾燥を避ければ糸こんにゃくは、 長くて1ヶ月もちます。 冷凍保存をすると、 糸こんにゃくの水分が乾燥とともに飛んでしまい、 解凍すると、乾いて細く固くなった 糸こんにゃくが出現します。 これにより、 冷凍保存は適さないと言われます。 ところが、 最近は「 凍み しみ こんにゃく」と呼ばれ、 コリコリした食感の変化がいいと 好んで冷凍する人も増えてきました。 水分を切った糸こんにゃくを ジッパー付き袋に入れて冷凍し、 数日後自然解凍するかそのまま調理。 独特の食感と、 よく噛んで食べるようになるので、 ダイエット効果が増すと話題です。 糸こんにゃくは調理後でも冷凍できる? ズバリ、 糸こんにゃくを 買った状態で保存したい場合は 調理前でも調理後でも冷凍は適しません。 冷凍では含んだ水分が凍って分離します。 そして、解凍すると水分が溶けるとともに 糸こんにゃくの水分も抜ける仕組みだからです。 例えば肉じゃがにして、 汁も含めて冷凍保存しても、 解凍すると糸こんにゃくだけパサパサになります。 これも「凍みこんにゃく」として 好んで食すなら問題ありませんが、 元の食感が欲しいなと思うと ちょっと物足りなくなるかもしれません。 まとめ 糸こんにゃくの正しい保存法と 冷凍・解凍についてお話ししました。 糸こんにゃくの保存には、 必ず「水分」が必要なんですね。 でも、あえてタブーの 冷凍保存をして 本来と違う食感を試したら、 あんがい病みつきになるかもしれませんよ! 興味のある方は、ぜひお試しください^^.

次の

こんにゃくを冷凍・保存・解凍調理する方法

こんにゃく 冷凍 できる

こんにゃくいもから作られた食品であるこんにゃくは低カロリーでダイエット食としても人気です。 本記事ではこんにゃくを冷凍する場合の注意点や、急速冷凍を活用する方法、冷凍したこんにゃくの活用方法について解説します。 こんにゃくの基本 こんにゃくはカルシウム、食物繊維のグルコマンナンを豊富に含んでいます。 グルコマンナンは水分を含むと膨張して腸を刺激して、腸内の有害物質を排出するため、便秘や大腸がんを予防したり、血糖値やコレステロール値を下げたりする効果があるといわれています。 適度な弾力があり、柔らかすぎないもの、縮んで固くなっていないものがよいこんにゃくとされています。 こんにゃくは加工品であるため、特に旬はありません。 また、こんにゃくはゲルでできた食品のため、冷凍して解凍すると、食品組織のなかの分子鎖が氷結晶に押しのけられて集まり、化学結合をすることでスポンジ状になってしまいます。 こうなると、食感が極端に変わってしまい、生のこんにゃくのプリッとした食感には戻りません。 しかし、この食感の変化を楽しむのが、冷凍こんにゃく(凍みこんにゃく、凍りこんにゃくとも呼ばれます)です。 味がしみやすくなり、肉のような食感になるため、野菜炒めや唐揚げにして食べられています。 また、急速凍結を行って氷結晶を小さくすれば、スポンジ状になったとしても組織のきめが細かく保たれるため、食感の変化を少なく抑えることができます。 こんにゃくを冷凍する方法 冷凍こんにゃく スライスしたこんにゃくを袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。 解凍する場合は、自然解凍、流水解凍。 食感は変化してしまうので、その変化を楽しめる場合のみ冷凍する。 冷凍の影響を抑えたい場合 こんにゃくを袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して急速冷凍。 野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには? 野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。 葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。 コンサルティング・商品開発のご相談は お気軽にこちらからどうぞ•

次の

【こんにゃくの保存】開封後でも1ヵ月保存できるテクニック

こんにゃく 冷凍 できる

こんにゃくを冷凍する手間は、一つだけ、それは 小分けに切って、少し茹でてアク抜きをしたら終了です。 しかも、茹でる時間は1分程度でOKなので、とても簡単ですね。 もちろん、買った時のまま冷凍することも問題ありません。 ですが、小分けに切ったほうが、茹でる時間も短く済みますし、冷凍したこんにゃくを使うときにも、使い勝手がいいのでオススメします。 こんにゃく冷凍できるか、もう大丈夫ですね。 こんにゃくの冷凍保存の方法はとても簡単、切って茹でてアクを抜く、ただそれだけです。 先ほども説明しましたが、こんにゃくは日持ちのいい食べ物です。 なので、あまり冷凍保存の機会はすくないかもしれませんが、機会がありましたら是非試してみてくださいね。 たとえば、から揚げを作るのであれば、しっかり水分をとっておかないと、油がはねてしまいます。 もっとも、煮物などであれば、多少水分が残っていても問題ありません。 冷凍こんにゃくの解凍方法は、お湯か自然解凍でお願いします。 冷凍こんにゃくの解凍時間、お湯であればすぐに解凍できます。 さまざまな使い方が可能な食材ですので、良かったら試して、新しいレシピにも挑戦してみてくださいね。 まとめ こんにゃく冷凍できるか、についてはもちろん可能です。 こんにゃくを冷凍保存するときの方法は、軽く茹でてアクをとります。 普通に食べるのであれば、はっきり言って冷凍は必要ありませんが、最近はあえて冷凍こんにゃくを作り、ヘルシー料理を作る人も多くなってきています。 冷凍こんにゃくは、お肉の変わりにも代用することが出来ます。 冷凍こんにゃくの解凍方法は、お湯か自然解凍で、解凍時間はお湯であれば一瞬です。

次の