古希 メッセージ。 古希祝いのメッセージ文例|まかせて!古希祝いのプレゼント

【古希祝いのメッセージ】お祝いの文例を紹介

古希 メッセージ

古希祝いのメッセージの書き方! 古希祝いのメッセージですが、 できるだけ自分の言葉で書きましょう。 親しい人であっても会社の上司や先輩であっても、例文を丸々そのまま書くと、味気ない文章になってしまいます。 後は、 具体的なエピソードを入れると良いでしょう。 例えば、会社の上司や先輩と「〇〇の仕事を一緒にしたことが良い思い出です」、「〇〇の仕事の時は助けてもらいました」・・・など、このように具体例を交えておくと、「そんなことあったなー」と思い出話に花を咲かせることができるでしょう。 形式などは特にないので、例文を参考にしながら素直な気持ちを書きましょう。 内容はどんなことを書いたらいい? 両親に向けてのメッセージは少し照れ臭い部分もあるかもしれませんが、今まで育ててくれたことや家族を支えてきてくれたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。 また、 これから先の健康を願っていることを伝えると良いでしょう。 祖父母へのメッセージの場合には、飾らず素直な言葉でメッセージを書くことを心がけましょう。 孫からのメッセージというのは無条件にうれしいものです。 そして、 健康を気遣う気持ちも入れると良いでしょう。 職場の上司などの贈る場合は、メッセージがあまりくだけすぎないように注意しましょう。 あとは、 これまでの活躍への感謝や共に苦労して乗り切ってきた仕事の思い出について伝えると良いでしょう。 お祝いメッセージの例文はこちら! 【お父さん】古希お祝いメッセージの例文 お父さん古希のお誕生日おめでとう。 いつも家族のために頑張ってくれてありがとう。 これからも体を大切にして健康でいてください。 【お母さん】古希お祝いメッセージの例文 お母さん古希のお誕生日おめでとう。 いつも家族を支えてくれてありがとう。 これからも健康で長生きしてください。 【祖父】古希お祝いメッセージの例文 おじいちゃん古希のお誕生日おめでとう。 いつも優しくしてくれてありがとう。 これからも長生きして、元気でいてください。 【祖母】古希お祝いメッセージの例文 おばあちゃん古希のお誕生日おめでとう。 これからも健康に気を付けて長生きしてくださいね。 また、一緒にどこか遊びに行こうね。 【義理のお父さん】古希お祝いメッセージの例文 古希おめでとうございます。 これからも体に気を付けて健康でいてください。 【義理のお母さん】古希お祝いメッセージの例文 古希おめでとうございます。 これからも元気で素敵なお義母さんでいてください! 【職場関係の人】古希お祝いメッセージの例文 この度は古希おめでとうございます。 これからもご健康で楽しくお過ごしくださいますようにお祈りいたします。 【恩師】古希お祝いメッセージの例文 この度古希を迎えられましたことを心よりお祝い申し上げます。 今後とも変わらずのご健勝をお祈りいたします。 参考HP: お祝いメッセージのポイントは? より良いメッセージを贈るためのポイントは、「 手書きで書く」ことです。 やはり、パソコンなどで作った文章よりも、手書きで書いた方が自分の気持ちが伝わりますし、味のある見た目になります。 字が下手でも丁寧に書けば、「自分のために書いてくれた」と相手もきっと喜ぶと思います。 字に自信がない人は、筆ペンを使うと少し格好のついた文字になります。 最近ではサインペンタイプの筆ペンも売っていますので、筆ペンが描きにくいという人はこのようなものを使ってみるのもおすすめです。 おすすめのメッセージの送り方は? メッセージはプレゼントに添えたりして贈るのも良いですが、紙に書いたようなある程度長いものは、メッセージのみを封筒に入れて渡しましょう。 特に紙や封筒に決まりはないので、好きなものを選んで問題ありません。 贈る相手と何か思い出がある場合は、その思い出にちなんだ紙や封筒を選んでも良いでしょう。 また、数人でメッセージを贈る場合は、それぞれがメッセージを書いても良いですが、寄せ書きにするのも良いでしょう。 寄せ書きの色紙を見栄えのするものにすれば、良いプレゼントになると思います。 お祝いメッセージの注意点 メッセージを書くときの注意点といえば、まずは、 「死」、「苦」などの縁起の悪いことを連想させる表現は避けるということです。 他にも、「老いる」、「ぼける」、「散る」などの表現や連想させる言葉も使わないように注意しましょう。 そして、書き終わった後に見直しをしましょう。 一度書いてから見直すと、書いているときには気づかないことでもわかることがあります。 おめでたい古希を迎えたのですから、最高のメッセージを贈って、良い思い出にしてもらいたいと思います! 素敵なメッセージを作ってくださいね!.

次の

古希は英語でどう説明する?メッセージ文例集とプレゼントも解説

古希 メッセージ

古希のプレゼントを専門に扱う七〇屋(ななまるや)へようこそ! 当店ではお父さんやお母さんにお祝いのメッセージを載せて贈るメッセージボトル、お名前を筆文字で記した名入れギフトがとても人気です。 70年前の生まれた日の新聞をお付けした名入れ酒は、「家族がひとつの新聞を見て、親子でお酒を囲み、楽しく絆を感じながら呑む」をコンセプトにした商品でございます。 から70年前は戦後間もない時代。 今と違い、モノや食べ物が豊かでは無い状況下で、幼少期のおじいちゃんおばあちゃんはどんなふうに過ごして過ごしてこられたのでしょうか。 今皆さんと同じように、親がいて子がいて、一つ屋根の下で家族みんなで過ごし成長されてきたはずです。 「お父さんが生まれた時ってどんな時代?」「お母さんと出会った日はどんな日だった?」「私が生まれた日は?」そんな会話が弾むような思い出の日をまたひとつ増やし、家族の絆が深まる商品となれるよう想いをこめた「古希」のためのギフトでございます。 ぜひ、古希のお祝いの良き日に、素敵な一日をお過ごしください。 贈り物の際には、メッセージカードを添えたサプライズプレゼントだと喜びも倍増です。 お父さんへのメッセージには、「お母さんと仲良く」や「いつまでも元気に」などの 「これからの人生に向けた文章」が多く見受けられます。 ご両親も同世代の生まれの方が多いかと思われますので、古希を迎える人がお父さんならお母さんの事を少し書き加え、お母さんならお父さんへのメッセージも加えると、夫婦揃って楽しめる、少し照れてしまうような二人への贈り物になるかと思います。 母へ|古希祝いのメッセージ 【 例:1 】 お母さんへ、古希おめでとう! お母さんが元気でいてくれたからこそ、 今みんなが幸せに過ごすことができています。 これからも健康に気をつけて楽しく過ごしてね。 あんまり無理しちゃダメだよ 【 例:2 】 古希 おめでとうございます! お母さんの明るい笑顔はみんなを元気にしています。 これからも、その笑顔を見れる様に、 お母さんに心配かけないように努力もしますからね。 お父さんといつまでも仲良くね! お母さんへのメッセージには、お父さんとは対照的にあまり「これから」の部分よりも 「今までありがとう」のような感謝のメッセージが多く見受けられます。 多くのご家庭がお母さんを中心に生活しているのではないでしょうか。 70歳の女性もまだまだ若々しく元気な方が多いです。 年齢的な言葉は避け、お父さんとの事も少し加えて書くと喜ばれます。 お孫さんからおじいちゃんおばあちゃんへ|古希祝いのメッセージ 【 例:1 】 おじいちゃん(おばあちゃん)へ。 お誕生日おめでとう。 古希のお祝いなのに直接会ってお祝いできなくてごめんね。 これからも健康に気をつけて、いっぱい長生きしてください。 僕が20歳になったら一緒にお酒を飲んであげるね。 また遊びに行くから待っててね。 【 例:2 】 おじいちゃん(おばあちゃん)、お誕生日おめでとう。 いつも優しくしてくれてどうもありがとう。 お父さん(お母さん)に叱られた時に味方してくれるから大好き。 わたしがお嫁に行くまではまだまだ元気でいてね。 Happy 70th Birthday! 実はいちばん喜ばれるのが、お孫さんからのメッセージです。 祖父母の古希祝いには、お孫さんからの普段のありのままの言葉を綴るととても喜ばれます。 家族に囲まれて幸せを噛みしめるひと時を贈って差し上げましょう。 義父・義母へ|古希祝いのメッセージ 【 例:1 】 古希おめでとうございます。 いつも若々しくてすてきなお父さん(お母さん)にお会いする度、 私たちもこんな風に歳を重ねたいと思わずにはいられません。 これからも身体に気を付けて長生きしてくださいね。 【 例:2 】 お父さん(お母さん)古希おめでとうございます。 お父さんとお母さんが元気だと、みんな嬉しいです。 これからは、あまり無理をせず、健康に気をつけて、 楽しく過ごせるようにしてくださいね。 義父や義母へのメッセージだからといって、ご自身の両親へ贈るメッセージと形式が変わることはありません。 多くは子ども夫婦や家族からの贈り物にあたるかと思いますので、義父や義母といえども 労いと感謝の気持ちを贈るのが良いかと思います。 お孫さんがいらっしゃるなら、お孫さんからおじいちゃんおばあちゃんへのメッセージが喜ばれますよ。 上司へ|古希祝いのメッセージ 【 例:1 】 古希おめでとうございます。 入社した頃より可愛がっていただきありがとうございます。 今後ともお体に留意され、ご活躍くださいますようお願い申し上げます。 会社の上司や仕事関係の方などは関係性(距離感)にもよりますが、現役で働かれていることが前提なので、 活躍を労う、感謝を伝えるメッセージが喜ばれています。 社員一同からのメッセージなので、寄せ書き風に作られる方もいらっしゃいます。 企業風土やちょっとしたエピソードなんかを付け足せば喜ばれること間違いなしです。 恩師へ|古希祝いのメッセージ 【 例:1 】 謹んで古希のお祝いを申し上げます。 平素、ご無沙汰をいたしまして申し訳ございませんが、 先生の古希を祝し、また、感謝の気持ちを込めまして、 心ばかりの品を送らせていただいた次第です。 赤は厄除けの意味もあるとのことなので、赤いお酒をお祝いの品に選びました。 喜んでいただければ嬉しく思います。 誠におめでとうございます。 現役でご活躍中の先生でいらっしゃって、古希が意外な気もいたしますが、 人生の節目を無事迎えられましたことに、お祝いの言葉を申し上げたいと思います。 誠におめでとうございます。 今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

次の

古希祝いのメッセージ文例集

古希 メッセージ

70歳はまだまだお若い年齢です。 お体を大切にいつまでも元気でいて下さい。 いつも私達に笑いと勇気をありがとうございます。 これからもお元気で、日々愉しく過ごされる事を心から祈念しています。 お誕生日から20年毎の新聞を贈ります。 喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿・・・まだまだご活躍下さい。 お母さん、古希のお祝いおめでとうございます。 益々長生きして、日本の平均寿命をどんどん延ばしてください。 お父さんへ、お誕生日おめでとう。 古希を迎えたお父さんにお誕生日の新聞を贈ります。 これからも、お母さんとともに元気でいて下さい。 そして月日がたち、還暦が過ぎ、古希を迎えました。 今までありがとう。 そしてこれからもいつまでも元気でいてね。 お誕生日おめでとうございます。 古希の記念にお父さんが生まれた日の新聞を贈ります。 思い出話のきっかけになれば幸いです。 いつまでも元気で長生きしてください。 お母さん古希のお誕生日おめでとうございます。 大切な日の新聞をちょっとだけ印刷しました。 今度帰省の時に、子ども達にも見せてくださいね。 お誕生日 古希 おめでとうございます。 お父さんが生まれた日、今から70年前の新聞を贈ります。 飲み過ぎには注意して、いつまでも元気でいてくださいね。 パパ、70歳(古希)おめでとうございます。 70年間本当にいろんなことがあったと思いますが、今の幸せはパパのおかげです。 ありがとうございます。 これからも元気に長生きして下さい。 祝古希!! お誕生日の新聞を贈ります。 これからはあまり無理せず健康に気をつけて夫婦水入らずで、人生楽しんでね。 娘たちより• お父さん、古希おめでとうございます。 生まれた日から十年ごとのお誕生日と結婚式の日の新聞です。 今日までの日々を味わいつつ、明日からの日々への希望を新たにする素晴らしい記念日となりますように。 お父さんが生まれ、お母さんが生まれ、 2人が結婚し私たちが生まれ、そして時が経ち、還暦を過ぎ、古希を迎えました。 今までありがとう。 そしてこれからも夫婦仲良く いつまでも元気でいてね。 お母さんへ 古希おめでとうございます。 お父さんと結婚して私を産んで育ててくれて ありがとう。 家族揃って笑顔で楽しく過ごせる 事がとても幸せです。 いつまでも若々しく 元気なお母さんでいてね。 古希おめでとう! 素敵な貴方と結婚し、大切な子供と可愛い 孫達にも恵れました。 バリバリ頑張っていた 姿は、私の誇りでもありました。 これからも元気でね。 心からありがとう。 〇〇さん 古希おめでとうございます!! 70年間、私達には語りつくせないほどの 思い出があると思います。 この先も素敵な思い出を重ねていってください!• これからも仲良く、〇〇の大好きな おじいちゃんとおばあちゃんでいてね!• 〇〇様 古希おめでとうございます。 喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿・・・ まだまだご活躍下さい。 これからもよろしくお願いいたします。 古希のお祝いを申し上げます。 どうかこれからもお元気で、いつまでも優しい 笑顔を見せてください。 ひ孫が結婚するまでは 頼みますよ(笑) 日頃の感謝をこめて贈ります。 お母さん 古希おめでとう。 還暦の年にお父さんと3人で京都旅行に 行ったのがついこの間のことのような気がします。 これからも身体に気を付けて長生きして下さい。 いつも本当にありがとう。 じいじ 70歳のお誕生日おめでとう。 いつも、私たちを温かく見守っていただき とても感謝しています! これからもたくさんの記念日や思い出が 増えていきますように。 どうかお元気で。 お父さん、古希おめでとう!! これからもずっと元気でカッコイイままで いて下さい。 俺も結婚して、少しはお父さんに 近づけているかな? これからしっかり親孝行するからね。 お誕生日おめでとうございます! じーじが生まれ、ばーばと出会い、待望の長男が誕生、次は元気な女の子。 月日が経ち、還暦が過ぎ、古希を迎えました。 いつまでも元気で長生きしてください!• 古希おめでとうございます! お二人の記念日新聞をお贈りします。 いつもいつもありがとうございます。 これからはのんびり過ごして下さいね。 お体に気をつけて、元気でいてください。 古希のお誕生日おめでとう。 いつも私たち家族のことを気にかけてくれて ありがとう。 心から感謝しています。 いつまでも、今のままの素敵なばぁばで いて下さい!• 父さん 古希おめでとう! 子供達も結婚して独り立ちしたので、父さんは 目一杯自分の人生を楽しんでください。 とにかく身体を大事に、いつまでも健康で 長生きしてくださいね。 〇〇へ 言い表せない感謝をこめて。 古希を迎えられ、心からお祝い申し上げます。 感慨深いお誕生日!慈しみ、愉快に、穏やかに、共に寄り添い日々過ごしたいと思っています。 祝 古希!! まだまだ人生長いので、健康に気をつけて 夫婦水入らずで、人生楽しんでください。 私たち子供も、そして孫たちも二人のことが 大好きだよ。 ずっと元気でいてね!• 〇〇様 つつがなく古希を迎えられましたこと、 心よりお祝い申し上げます。 70歳はまだまだ お若い年齢です。 お体を大切にいつまでも 元気でいて下さい。 お父さん、古希おめでとう。 心ばかりのプレゼントを贈ります。 気に入ってくれると嬉しいです。 いつまでも元気で優しいお父さんでいてね。 次は喜寿のお祝い、楽しみです!• 古希、おめでとうございます。 いつも大きな心で家族を見守ってくださり ありがとうございます。 ずっと元気でいてくださいね。 また二人で旅行にも行きましょうね。 古希おめでとうございます。 記念日の新聞です。 愛情溢れるご家族に 囲まれて幸せな日々を送られていますね。 これからも健やかで充実した人生を過ごされますように。 お母さん、古希おめとうございます。 優しくて努力家で上品で賢いお母さんは 人生の良きアドバイザーです。 益々美しく生きて下さい。 いつも本当にありがとう。 お父さん、お母さん、古希おめでとう!! こうして元気な両親の長寿を祝福できる事、 心から感謝します。 お父さん古希おめでとうございます。 元気でいて下さることが家族の幸せです。 美味しくお酒を飲み、自分のペースで充実した 毎日が送れますように。 今年は孫の結婚もありますね!• 〇〇へ 古希のお誕生日おめでとう。 結婚して〇年、お互いにいい年になりました。 子供たち孫たちに囲まれて、そして〇〇が そばにいてくれて幸せです。 ありがとう。 お父さん、お母さんへ古希おめでとう! まだまだ若いと思っていたので、こんな節目を 迎えることに驚いています。 これからも元気で沢山の記念日を一緒に お祝いしようね! 子供&孫より• 古希の誕生日おめでとう。 70年間、いろんな事があったと思うけど、 みんな感謝の気持ちでいっぱいです。 これからも元気なお母さん、おばあちゃんでいて下さいね。 子供・孫一同より• 祝70歳 古希おめでとう!! じいちゃんが生まれた70年前の新聞です。 70年前にじいちゃんが生まれてくれたから 今のみんなの幸せがあります。 ありがとう、ずっと元気でいてね!• 古希を迎えられ、おめでとうございます。 〇〇さんに出会えて〇年。 いつも支えて いただき、本当にありがとうございます。 お体大切になさってくださいね。 〇〇さんを師と仰いでる 〇〇より• 古希おめでとう! 70歳になっても可愛いおばあちゃんが 大好きです。 いつも私のことを気にかけて くれて本当にありがとう。 父さん、古希おめでとうございます! 小さい頃から、真面目に働く父さんの背中を 見てきて、自分も親になり、父さんみたいに 頑張らなければ!と思うようになりました。 これからも元気でいてください!• お母さんへ、古希おめでとうございます。 気づけば僕も〇歳になり、振り返れば悲喜交々様々な事があり、改めて僕を生んで育ててくれたお母さんに心から感謝してます。 ずっと元気でいてください。 〇〇さんへ 70歳とは思えぬほどお若々しいですが、 この度古希の寿をお迎えとのこと、おめでとう ございます。 これからもどうか益々お元気で、 お年を重ねられますようお祈りしています。 お父さん、お母さん、古希おめでとう。 まだまだ若く思えるのでびっくりだけど、こんな 長い年月を生き抜いてきたんですね。 これからも元気で、お二人の歴史のページを たくさん重ねていってくださいね。 古希のお祝いにお誕生日新聞を贈りませんか? 「お誕生日新聞」をご存じですか? お誕生日新聞とは誕生日など思い出の日に発行された新聞のギフト商品です。 70年前の誕生日や結婚記念日に発行された新聞を取り寄せて、ご家族やご友人と当時の思い出を懐かしんでみてはいかがでしょうか。 過去の新聞記事や広告、テレビ欄などで懐かしい記憶が蘇り、思い出話に花が咲き、きっと素晴らしいひと時を過ごせるでしょう。

次の