セブ パシフィック 成田。 成田⇔セブ島直行便 運航2社を比べてみました!フィリピン航空vsセブパシフィック航空|セブ王

【成田・羽田発セブ島行き】東京からセブに行くには?航空会社&ツアー徹底解説

セブ パシフィック 成田

忍び寄る台風22号(マンクット) 今回のフライトは、9月の台風シーズンです。 搭乗日近くになって フィリピンの南東沖に台風22号(マンクット)が発生。 フィリピン北部へ直撃するという情報が入りました。 台風には名前が付けられるのが通例なようで、今回の台風はタイ語の「マンゴスチン」というフルーツの名前です。 可愛らしい名前なんでしょうが、画像を見ると全然可愛くないです。 このフライトのせいで、フライトの欠航が出やしないかとセブパシフィックの公式ページやツイッターを常にチェックしていました。 シートピッチは29インチ、シート幅は17インチ、全180席です。 セブパシフィックは、この機材を短距離~中距離フライトで使用しています。 LCCなのでクラス分けなしの全席スタンダード扱いですが、先頭列や非常席近くの座席は有料によるオプション指定が必要です。 トイレは先頭列と、最後方列に計3つ。 最後方列は2つトイレあるので、かなりの乗客が出入りします。 落ち着けないので最後方列の座席は控えたほうがよいでしょう。 セブパシフィックのマニラ線は何度かフライトを飛んでいますが、 おすすめの座席は、先頭に近い座席です。 マニラ空港イミグレーションは、混雑にハマるとなかなか出れません。 先頭に近い座席を選びさっさとイミグレに向かうとよいでしょう。 航空券の手配 セブパシフィック航空のサイトから予約しました。 普段は航空券価格の比較サイトを見ながら価格比較を行い最安で利便性が高いフライトを探しています。 航空会社直接、または航空券予約サイトはその時々で使い分けています。 Skyticket(スカイチケット) わかりやすいインタフェースで スマホアプリから予約しやすいのが「」です。 数多くの航空会社と提携しているので目的の航空会社以外でお得なチケットが見つかることがあります。 自分でコントロールできるのは「 Add Ons」の箇所になります。 座席指定、旅行保険、食事などのオプションをつけるとこの欄に項目が追加されます。 フィリピン系のフライトに乗る場合、チェックインに時間を要することが多いのでこれは痛いミス。 20分程度ならぶ羽目になりました。 機内持込手荷物は、サイズや重さでこの夏は少し対応が厳しいと聞いていたので事前にチェック済み。 外出前にもしっかり重さを図り、キャリーバッグは6kg程度に抑えました。 小さい荷物と併せてちょうど7kg。 セブパシフィック航空の手荷物ルールについては、次の記事でポイントをまとめています。 足もある程度伸ばせるのでこの座席であれば、6時間くらいは耐えられそう。 普通の席だと4時間くらいで限界かな。 ドリンク・機内食 セブパシフィックは2018年8月に機内食を一新しています。 事前予約で注文する形式のメニューです。 航空券の予約時、または予約管理ページから注文可能です。 ちょっと試したかった… チケット手配時に購入していなかったので、食事を試そうか考えていましたが前述の台風情報により、そもそもフライトがあるのか懐疑的だったので結局食事の追加はしませんでした。 食べ物やドリンクの持ち込みですが、基本OKな感じです。 過去何度も持ち込んでいますが注意されたことはありません。 LCCにとって、機内販売は大事な収益源のひとつですがセブパシフィックはユルいですね。 一方で、ジェットスターさんはアルコールの持ち込みに厳しいです。 確か、2018年から台湾へのフィリピン人の入国が緩和されています。 観光目的であればビザは不要になりました。 着陸・入国 フィリピンが近づくにつれて、台風から受ける風の影響なのかやはり機体の多少の揺れを感じました。 高度を落として、低空になって行くにつれて揺れが強くなりましたが、予想していたほどではありませんでした。 無事に着陸。 最後に 台風が来ていたので不安はありましたが、なんとか欠航も遅延もなくマニラに到着することができました。 安全な運行をしてくれた機長をはじめとしたクルーに感謝ですね。 セブパシは過去に何度も乗っていますが、今後の国際線での搭乗は少し減りそうかな。 フィリピン国内線では引き続きお世話になります。 12月30日追記:修行の記録をまとめました。 最後はエアチャイナの「欠航+12時間遅延」に見舞われつつもなんとか。 復路便の搭乗記。

次の

セブパシフィック航空 5J5055便 フライト情報・時刻表

セブ パシフィック 成田

東京発からセブ島への主要ルート まず最初に、東京発からセブ島へのルートを図で紹介します。 今回紹介しているルートです。 乗り継ぎ時間、空港・ターミナル移動の関係で掲載していないルートもあります。 今回紹介しているのは乗り継ぎ時間が短く、ターミナル・空港移動もないルートです。 まずは多くの国際便を抱える成田空港からセブ島へのルートです。 成田空港からセブへは直行便が2社でている他、マニラ経由・韓国経由・台北経由・香港経由の5つのルートがあります。 次に都内からアクセスしやすい羽田空港からセブ島へのルートです。 羽田空港からは2つのルートを紹介します。 マニラ経由と香港経由です。 韓国経由に関してはこの記事では、空港・ターミナル移動の関係で除外しています。 東京発セブ行きの航空会社と時刻表 それでは細かく時刻表や航空会社などを紹介していきます。 今は代理店に行って航空券を予約する人よりも、インターネットを使って予約する人の方が多いのではないでしょうか?こちらでもインターネットでの予約を中心に解説していきます。 セブまでの直行便計2社 東京の成田空港からセブ島までの直行便は、2社でています。 羽田空港からはセブ島への直行便はありません。 東京からセブ島へは行きは5時間のフライト、帰りは4時間半ほどのフライトで到着します。 たいてい朝一便、帰りの午後便から埋まって行くので旅行が決まったら早めに予約することをオススメします。 14時発はセブパシフィック航空と似た時間です。 値段も変わらないので、できれば朝一便がおすすめです。 こちらはLCC、格安航空会社です。 成田空港からはフィリピン航空と同じ第二ターミナルから出発しています。 1日1便のみ、現在は毎日セブまでの直行便を運航しています。 基本的に預け荷物、座席指定、機内食、機内サービスは全て有料となっています。 またビジネスクラスはありません。 乗り継ぎの場合は同じ航空会社、または提携している航空会社同士を利用すると乗り継ぎに便利です。 別の航空会社を使うと乗り継ぎに失敗する恐れがあります。 また、今回は 乗り継ぎ時間が短い、空港変更・ターミナル移動なしのルートのみを紹介しています。 そのため、羽田空港発の韓国経由便は掲載していません。 空港移動や乗り継ぎ時間が長いため。 ルートとしてはあることはあります。 今回はおすすめのルートのみを紹介しています。 ご了承ください。 マニラ経由 マニラ乗り継ぎの場合、選択肢としてはANAでマニラまで、マニラからセブへはフィリピン航空を使う乗り継ぎが便利です。 2014年10月からANAとフィリピン航空が提携し、コードシェア・スルーチェックイン・マイル提携サービスが始まったため、かなり便利になりました。 JALでもいいですが、JALではセブへの便がないのでマニラーセブ間はフィリピン航空またはセブパシフィック航空を利用することになります。 ターミナル移動も出てきます。 こちらがマニラのターミナルの地図です。 ターミナル間の移動はシャトルバスかタクシーです。 かなり離れているので要注意です。 海外初心者はターミナル移動はしない方がいいですね。 乗り継ぎ時間は約5時間ほどです。 乗り継ぎ便はフィリピン航空利用、ただし16時の便はPAL Express便。 帰りはセブを朝10時50分出発、羽田に夜の20時に到着です。 両方羽田便を利用する場合、運賃はおおむね8万円前後です。 マニラで一泊して翌日フィリピン航空やセブパシフィックを利用して乗り継ぎといった感じです。 帰りはセブ早朝便に乗り、9時45分のマニラ発に乗れば成田空港に15時すぎに到着できます。 帰りは同日乗り継ぎができます。 セブ発はフィリピン航空便です。 このルートを使うのであれば、行きは羽田空港を利用、帰りは羽田または成田空港を利用が良さそうです。 行きは羽田空港、帰りは成田空港にすると、運賃はおおむね7万円ちょっとになります。 帰りを成田にすれば少し安くなりますが、成田から都心への交通費を考えると両方羽田空港を利用しても良さそうです。 2014年10月からANAとフィリピン航空は業務提携し、コードシェア、スルーチェックイン、マイレージ提携しています。 ・ANAとフィリピン航空を利用した乗り継ぎは、基本的にスルーチェックインが適応されるので、荷物受け取りはセブです。 ・ターミナルが異なる場合の乗り継ぎ所要時間は2時間、同ターミナルの場合は90分です。 ・第二と第三のターミナル移動はフィリピン航空の構内バスによって可能。 必ず2時間〜3時間の余裕をもたせましょう。 韓国経由 お次にお隣、韓国経由について。 韓国からセブへは日本よりも多くの便が飛んでいる関係で、乗り継ぎしやすい国のうちの1つです。 また、往復4万円代で航空券が取れるのも魅力のうちの1つです。 ここでは空港移動・ターミナル移動がなく、乗り継ぎ時間が短いルートのみ紹介します。 そのため、羽田空港発の韓国経由便は掲載していませんが、ルートとしては存在します。 韓国便の場合はターミナル移動がある場合、手荷物を経由地で受け取る場合があるので注意しましょう。 大韓航空の場合、JALのマイルが貯まります。 台湾経由 お次は台湾経由を紹介します。 台湾経由の場合、成田から台湾までタイガーエア、台湾からセブまでエアアジアゼストが運行していますが、別々の航空会社なので再チェックイン、荷物受け取りが発生します。 乗り継ぎに失敗することが多いのであまりおすすめはしません。 ここでは、エバー航空を利用した乗り継ぎ方法を紹介します。 往復で6万5,000円ほどです。 エバー航空なのでANAマイルが貯められるのが魅力です。 香港経由 最後に香港経由を紹介します。 香港へはANAもJALも飛んでいます。 羽田や成田など選択肢も豊富です。 また、香港エクスプレスというLCCも就航しており、香港へは安く行くことができるのが魅力です。 組み合わせは無限大ですが、空港・ターミナル移動を考慮し、ここではキャセイパシフィック航空を利用した乗り継ぎが移動もなく安くて楽なので紹介します。 往復だいたい6万円〜7万円です。 羽田または成田が選択できるのが嬉しいですね。 キャセイパシフィックはJALのマイルが貯められます。 航空券に関して 今回は経由便は同一の航空会社を指定して色々と比較していますが、もちろん別の航空会社同士でも構いません。 ANAで香港へ行ってそれからキャセイパシックでセブという組み合わせも可能です。 そうすれば時間の組み合わせも無限大に広がります。 ただ、その場合ですと 航空会社はこのお客さんが次にどこへ行くか把握していないので、便の遅れによる乗り継ぎがスムーズにいかなかったり、預け荷物を一旦受け取らなければならなかったり、一旦入国したり、またトラブルが起きた場合、2社に対して処理をしなければならなくなるので面倒です。 トランジェットの時間が短い場合、短期間の旅行の場合、3時間以内の乗り継ぎの場合はできれば同一の航空会社がいいと思います。 LCCのセールを利用して経由地に行く場合は、必ず余裕を持った乗り継ぎ時間を選択しましょう。 そうしないとせっかくのセール価格も高くつくことになってしまいます。 ANA系のスターアライアンスマイル狙いでしたら、ANAやフィリピン航空、エバー航空、アシアナを選択しましょう。 JALのスカイチームは大韓航空、キャセイパシフィック航空です。 ANAの上級会員さんは、ビジネスアップグレードやラウンジも利用できるので、マニラ乗り継ぎも一つの手ですね。 マイルよりも安さ重視でしたら、セブパシフィック航空が一番オススメです! 成田・羽田発着セブ行きのおすすめツアー一覧 成田・羽田発着でおすすめのセブ行きのツアーを少しご紹介したいと思います。 DIVE NAVI. ライセンス講習タイプもあるのでこれからダイビングを始めたい方でもOKです。 航空券とホテル、ダイビングがついてもかなり安いのでお得です。 航空券だけでも、ツアーでもかなり安く行けて便利です。 空席問い合わせも翌日には返事が来るので対応が早いのも嬉しいです。 税関通った後、警備員さんに「domestic(ドメスティック)」と伝えれば国内線受付へのルートを案内してくれます。 真夜中でも免税店含め、ジョリビーや日本でいうkioskのようなとこ、屋台も開いてました。 各お店でカードが使えるかは不明なので、私は成田で5,000円分だけあらかじめ両替しておきました。 もし夜中に乗り継ぎをする場合は、アウトドアで使うような折りたたみクッションがあると便利です。 夜中でも混雑しておりイスは空いてません。 空いてるスペースで直座りしましたが、床が冷たく硬いです。 お尻も痛く、かつ底冷えしました。 イスが空いても、アルミ製なので硬くて冷たいです。 そんな状況もあり冷えやすいので、羽織は必須です。 また、手洗いの水も清潔ではないので、食べ物を口にする時は除菌ウェットティッシュがあると便利です。 少し長めの搭乗時間となりますが、機内でのサービスは悪くありませんでした。 機内食もまぁまぁ美味しく食べられます。 乗り継ぎ時間ですが、何が起きるか分からないので余裕を持った方が無難です。 家から成田までの時間にもよりますが、私は初日は全て移動に費やした形です。 荷物が出てくるのを待ったり、入国手続きに時間がかかったり、そもそも飛行機から降りるのに時間がかかることがありますので、余裕を持ちましょう。 特に海外は何があるかわかりません。 空港内にはレストランやカフェがあるので時間を潰すこともできます。 成田から出発する人は、出国手続き後に飲み物や食べ物をあらかじめ購入しておくと現地で楽です。 フィリピンは暑いので喉が乾きます。 もし購入する時間が取れなくても自分で持っていれば安心です。 子供が3歳、5歳とまだ小さいこともあり、行ける場所が限られることやあまり現地で観光的なことも子連れでは難しいかなとも思い、ホテルを重視した旅行でした。 プランテーションベイというホテルでしたがとても広いプールで、ホテルも低層建てのコテージが点在している感じで小さい子連れにはいいです。 ただ、帰りの飛行機で、乗り継ぎ待ちがあり、夜中だったので帰りだけは少し大変でした。 2013年7月 男性 まとめ 成田や羽田発着ですと、他の空港よりもかなりバリエーションが増えて嬉しい反面、悩みますね。 自分が何を求めているのか、直行便の楽さなのか、成田は遠いので羽田がいいのか、マイル優先なのか、自分が利用する航空会社の上級会員特典を使いたいのか、発着時刻なのか、考えて航空券を選ぶことをおすすめします。 ちなみに私は楽さと安さでダントツでセブパシフィック航空派です。 ただ、セブパシフィック航空ではLCCなので保障はなく、急な予定変更にも対応できません。 ビジネス利用や必ずその日に帰らないと行けないという制約があるのであれば、フィリピン航空の直行便をおすすめします。 成田空港は都内から40分前後で行けますし、銀座・東京駅からは片道1,000円で行けるバスも30分に1本程度で運航しています。 羽田空港の方が近くて便利ですが、成田空港の交通手段も増えて楽になった印象です。 ライター兼プロダイバー セブ島留学マナビジンでライターの仕事をしています。 現在世界17カ国、日本43都道府県制覇。 目標は世界100カ国、日本制覇。 スキューバダイビング好きで、プロとしてダイブマスターランクを所持。 ----現在訪れたダイビングスポット---- サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島 沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島 スノーケル ・伊豆半島・葉山 などなど... タンク本数はトータル350本前後です。 私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。 セブ島のこと、ダイビングのこと気軽になんでも聞いてください! info tabi-jyoshi. com.

次の

セブパシフィック航空 5J5055便 フライト情報・時刻表

セブ パシフィック 成田

忍び寄る台風22号(マンクット) 今回のフライトは、9月の台風シーズンです。 搭乗日近くになって フィリピンの南東沖に台風22号(マンクット)が発生。 フィリピン北部へ直撃するという情報が入りました。 台風には名前が付けられるのが通例なようで、今回の台風はタイ語の「マンゴスチン」というフルーツの名前です。 可愛らしい名前なんでしょうが、画像を見ると全然可愛くないです。 このフライトのせいで、フライトの欠航が出やしないかとセブパシフィックの公式ページやツイッターを常にチェックしていました。 シートピッチは29インチ、シート幅は17インチ、全180席です。 セブパシフィックは、この機材を短距離~中距離フライトで使用しています。 LCCなのでクラス分けなしの全席スタンダード扱いですが、先頭列や非常席近くの座席は有料によるオプション指定が必要です。 トイレは先頭列と、最後方列に計3つ。 最後方列は2つトイレあるので、かなりの乗客が出入りします。 落ち着けないので最後方列の座席は控えたほうがよいでしょう。 セブパシフィックのマニラ線は何度かフライトを飛んでいますが、 おすすめの座席は、先頭に近い座席です。 マニラ空港イミグレーションは、混雑にハマるとなかなか出れません。 先頭に近い座席を選びさっさとイミグレに向かうとよいでしょう。 航空券の手配 セブパシフィック航空のサイトから予約しました。 普段は航空券価格の比較サイトを見ながら価格比較を行い最安で利便性が高いフライトを探しています。 航空会社直接、または航空券予約サイトはその時々で使い分けています。 Skyticket(スカイチケット) わかりやすいインタフェースで スマホアプリから予約しやすいのが「」です。 数多くの航空会社と提携しているので目的の航空会社以外でお得なチケットが見つかることがあります。 自分でコントロールできるのは「 Add Ons」の箇所になります。 座席指定、旅行保険、食事などのオプションをつけるとこの欄に項目が追加されます。 フィリピン系のフライトに乗る場合、チェックインに時間を要することが多いのでこれは痛いミス。 20分程度ならぶ羽目になりました。 機内持込手荷物は、サイズや重さでこの夏は少し対応が厳しいと聞いていたので事前にチェック済み。 外出前にもしっかり重さを図り、キャリーバッグは6kg程度に抑えました。 小さい荷物と併せてちょうど7kg。 セブパシフィック航空の手荷物ルールについては、次の記事でポイントをまとめています。 足もある程度伸ばせるのでこの座席であれば、6時間くらいは耐えられそう。 普通の席だと4時間くらいで限界かな。 ドリンク・機内食 セブパシフィックは2018年8月に機内食を一新しています。 事前予約で注文する形式のメニューです。 航空券の予約時、または予約管理ページから注文可能です。 ちょっと試したかった… チケット手配時に購入していなかったので、食事を試そうか考えていましたが前述の台風情報により、そもそもフライトがあるのか懐疑的だったので結局食事の追加はしませんでした。 食べ物やドリンクの持ち込みですが、基本OKな感じです。 過去何度も持ち込んでいますが注意されたことはありません。 LCCにとって、機内販売は大事な収益源のひとつですがセブパシフィックはユルいですね。 一方で、ジェットスターさんはアルコールの持ち込みに厳しいです。 確か、2018年から台湾へのフィリピン人の入国が緩和されています。 観光目的であればビザは不要になりました。 着陸・入国 フィリピンが近づくにつれて、台風から受ける風の影響なのかやはり機体の多少の揺れを感じました。 高度を落として、低空になって行くにつれて揺れが強くなりましたが、予想していたほどではありませんでした。 無事に着陸。 最後に 台風が来ていたので不安はありましたが、なんとか欠航も遅延もなくマニラに到着することができました。 安全な運行をしてくれた機長をはじめとしたクルーに感謝ですね。 セブパシは過去に何度も乗っていますが、今後の国際線での搭乗は少し減りそうかな。 フィリピン国内線では引き続きお世話になります。 12月30日追記:修行の記録をまとめました。 最後はエアチャイナの「欠航+12時間遅延」に見舞われつつもなんとか。 復路便の搭乗記。

次の