顔を引き締めるには。 顔はクリームで引き締める!今すぐ欲しいオススメ5選

顔のむくみをシュッと引き締める!セレブに大人気の美顔ローラーとは?

顔を引き締めるには

・きちんと噛んでいない ・口呼吸をしている ・ただ単に太った ・顔がむくんでいる ・PCやスマホばかり見ている これらのフェイスラインのたるみの5つの原因を、1つ1つ詳しく見ていきましょう。 きちんと噛んでいない フェイスラインのたるみの原因の1つ目は、きちんと噛んでいないことです。 あなたは、1口で何回くらい噛んでから飲み込んでいますか? あまり噛まずに飲み込む癖がある、硬いものが嫌いで柔らかいものばかり食べているという人は、フェイスラインがたるんでしまいます。 なぜなら、 きちんと噛まないと、顔の筋肉を使いませんので、筋肉が衰えてきて、フェイスラインがたるんでしまうからです。 口呼吸をしている 口呼吸をする癖がある人も、フェイスラインがたるみやすいので注意が必要です。 口を開けて、力を抜いてから口呼吸をしてみましょう。 口周辺の筋肉がゆるみますよね。 それを無意識にずっと続けていれば、当然フェイスラインがたるんできます。 鼻を使わず口で空気を吸っていると、鼻そして鼻から上の筋力がダウン・・・重力によって下がってしまいます。 しかも口呼吸で口の筋肉が鍛えられる訳でもなく、口はいつもポワンと開いた状態で緊張感なんてありません。 つまり、口で呼吸することで目元や口角が下がり、頬はゆるみ、アゴが二重になり、と顔全体がたるんでしまうんです。 引用: しかも、口呼吸をしていると、口の中が乾燥して口臭や虫歯の原因になり、さらに呼吸が浅くなることで、体へ様々な悪影響が出てきますので、 口呼吸は百害あって一利なしなのです。 ただ単に太った フェイスラインがたるむ原因は、ただ単に太ったことも考えられます。 太ると、顎周りに脂肪がつきますので、フェイスラインがたるんだように見えることがあります。 太っても顔に肉がつきにくい人もいますが、「まずは顔から太る」という人もいますよね。 特に、中年以降になると、体全体が重力に負けてきて、たるんできますので、顔に肉がつくと、一気にたるんだように見えてしまうことがあるのです。 顔がむくんでいる 顔がむくむことも、フェイスラインがたるむ原因の1つです。 顔がむくむとフェイスラインがスッキリせずに、ぼんやりぼやけるようになりますので、たるんだように見えてしまうのです。 顔のむくみの原因は、 塩分の摂り過ぎやアルコールの飲み過ぎ、老廃物の蓄積などが考えられます。 老廃物の蓄積とは、顔の血流やリンパの流れが悪くなることで、老廃物が回収されず、水分も残ってしまって、むくんでしまうんですね。 PCやスマホばかりを見ている PCやスマホばかり見ている人も、フェイスラインがたるみやすくなりますので要注意です。 PCやスマホを見ている時は、 基本的に無表情ですよね。 喜怒哀楽を表現しながら、1人でPCやスマホの画面を見つめている人は、ほとんどいないと思います。 無表情でいる時間が長い、しかも誰とも話さない、言葉を発さない時間が長いと、顔の筋肉を一切動かしません。 筋肉は動かさなければ、どんどん衰えていきます。 そうすれば、フェイスラインがたるんで、顔が大きく見えるようになってしまうのです。 フェイスラインを引き締める方法の1つ目は、顔のリンパマッサージをすることです。 顔のリンパの流れを良くすることで、顔のむくみを取って、スッキリとしたフェイスラインになることができます。 顔のリンパマッサージの基本は、 「集めて流す」です。 まずはこめかみと耳の前(耳下腺リンパ節)、鎖骨周辺(鎖骨リンパ節)を良くほぐします。 それから、顎、口周り、鼻、目、額と中心からこめかみ、耳の前に向かってマッサージをします。 老廃物や余分な水分を集めるような意識で顎から耳の前、口周りから耳の前、鼻から耳の前、目からこめかみ、額からこめかみへとマッサージをしましょう。 そして、耳の前とこめかみに顔全体の老廃物と水分を集めてたら、こめかみから耳の前、首筋、鎖骨へと流すようにマッサージをして終了です。 顔の老廃物を、集めて流しましょう。 このリンパマッサージをする時に、擦りすぎると肌に負担をかけてしまいますので、乳液やクリーム、オイルなどを顔に塗布して、指の滑りを良くしてから行ってください。 よく噛んで食べる フェイスラインのたるみを取る方法の2つ目は、よく噛んで食べることです。 しっかり 噛んで食べることで、顔の筋肉を動かして鍛えることができますので、筋肉がピンと張るようになって、フェイスラインを引き締めることができます。 1口につき30回は噛むようにしたいですね。 よく噛んで食べると、満腹中枢を刺激することができますので、 食べ過ぎを防ぐ効果もあるんです。 よく噛んで食べれば、フェイスラインを引き締めてスッキリ小顔になり、しかもダイエットにもなるという嬉しいダブル効果を得られます。 今日から頑張って1口30回を目標にして、よく噛んで食べるようにしましょう。 適正体重に戻す 最近太ったなという人は、ダイエットをして適正体重に戻しましょう。 脂肪がついてフェイスラインがたるんでしまった場合は、脂肪を落とすことでしかフェイスラインを引き締めることはできません。 ダイエット方法にはいろいろありますが、やはり 基本や食事と運動です。 食事でカロリー制限をして、運動で脂肪を燃焼させましょう。 ダイエットの大原則は、消費カロリー>摂取カロリーです。 カロリー制限をして、さらに有酸素運動で脂肪を燃焼させ、筋トレをして基礎代謝を落とさないように気をつけながらダイエットをすれば、体重はどんどん落ちて、しかもリバウンドしにくい身体を作ることができるはずです。 鼻で呼吸する癖をつける フェイスラインを引き締めるためには、鼻呼吸をする癖をつけてください。 もし、あなたが口呼吸をしているなら、それがフェイスラインをたるませる原因の1つです。 口を閉じて鼻呼吸をすると、口周りの筋肉が緊張しますので、フェイスラインを引き締めることができるんです。 口呼吸を直して、鼻呼吸をするためには、常に意識するしかありません。 常に鼻で呼吸することを意識して、鼻呼吸をしてください。 口呼吸が癖だった人は、最初は違和感を感じて、面倒だったり、呼吸しづらいと思ったりするかもしれません。 でも、そのまま口呼吸をしていると、フェイスラインはどんどんたるんでいき、さらに風邪をひきやすくなる、虫歯になる、口臭が悪化するなどの悪影響がどんどん出てきます。 そのため、鼻呼吸を意識して生活するようにしましょう。 また、「あいうべ体操」をすることも効果的です。 あいうべ体操をすることで、口周りの筋肉を鍛えられますので、口を閉じやすくなるのです。 フェイスラインを引き締めるエクササイズ フェイスラインを引き締めるエクササイズをすることでも、スッキリ小顔になることができます。 エクササイズで顔周りの筋肉をしっかり鍛えて、フェイスラインを引き締めると良いでしょう。 喜怒哀楽を表現しながら生活をする フェイスラインを引き締める方法、最後は喜怒哀楽をしっかり表現しながら生活することです。 スマホやPCを眺めて、ずっと無表情で生活していると、どうしても顔の筋肉は衰えていきます。 そのため、周囲の人とコミュニケーションを取りながら、喜怒哀楽を表現して、顔の表情筋を動かすようにしましょう。 1人暮らしで、あまり周囲の人と話す機会がないという人は、テレビを見ながら笑ったり、突っ込んだりするだけでもOKです。 喜怒哀楽をしっかり表現して生活したほうが、フェイスラインを引き締めることができるだけでなく、楽しい毎日を送れますよ。 フェイスラインがたるむ5つの原因・引き締める方法についてのまとめ ・フェイスラインがたるむ原因 「きちんと食べ物を噛んでいない」「口呼吸をしている」「太っただけ」「顔がむくんでいる」「PCやスマホばかりを見ていて無表情になっている」 ・フェイスラインのたるみ改善方法 「顔のリンパマッサージ」「よく噛んで食べる」「ダイエットをして適正体重に戻す」「鼻で呼吸をする癖を身につける」「フェイスラインを引き締めるエクササイズをする」「喜怒哀楽を表現しながら生活をする」 フェイスラインがたるむ5つの原因と、フェイスラインを引き締める6つの方法をまとめました。 フェイスラインがたるんでくると、顔が大きくなり太って見えていまいます。 しかも、老けて見られることも多いので、フェイスラインがたるんできたと思ったら、しっかりと引き締めてスッキリ小顔になりましょう!.

次の

1日3分の表情筋トレーニング ~顔のたるみをリフトアップ~

顔を引き締めるには

二重あごには気をつけて! 体重の増加 フェイスラインが崩れる大きな理由の一つとして肥満があります。 体重が増えてしまい頬や顎のラインを中心に脂肪がつき、フェイスラインが崩れてしまいます。 脂肪は人それぞれ付きやすい場所が違います。 お顔は痩せているのに、お腹や太ももに付く方や、逆に、体は痩せているのに、お顔に付く方など、人それぞれ違います。 表情筋の衰え 加齢による表情筋の衰えや、顎を動かす回数が減ると(例えば、食事のとき噛む回数が減るや、柔らかい食事ばかり摂取するなど)筋肉が衰えていきます。 筋肉が衰えると、お顔全体が下に垂れるようになり、垂れた筋肉や皮膚はお顔の一番下にある顎によってきて、たるみの原因になります。 老廃物除去の滞り 顎の周辺はリンパ管が集中していますので、常に筋肉に働きかけ、老廃物を流せる環境を作りましょう。 リンパの流れに滞りがおきると、老廃物の除去が悪くなり、顎の下がむくみ、二重アゴになることが多いのです。 水分、アルコールの過剰摂取によるむくみ 朝起きて、顎のラインがわからないほど張っている場合はむくみも考えられます。 水分やアルコールを過剰に摂取することで、起きる現象です。 フェイスラインが崩れるとどうなる? フェイスラインが崩れることによってお顔のたるみが出てきて、年齢よりも老けてみえることが多いです。 またお顔が大きく見えますので体重が変わらないのに太ってしまった様に見られる場合が多いです。 フェイスラインを鍛えて引き締める方法 表情筋(お顔の筋肉)の衰えは、フェイスライン崩れの原因にもなります。 体も鍛えなければ筋肉がなくなることと同じで筋肉は鍛えなければ発達しません。 美容液や保湿クリームなどの塗布は、皮膚の表面に働きかける美容ケアですが、お顔のたるみは皮膚の下にある、表情筋を動かして鍛えるストレッチが効果的です。 定期的に表情筋を動かし鍛えることで、引き締まった顔になっていきます。 エクササイズ1 フェイスラインを引き締める「あいうえお」体操 1. まず初めに口を大きくゆっくりと「あー」と口を開いていきます。 始めは顎を痛めないように行いましょう。 ポイントは首に縦の筋がでるように行ってください。

次の

フェイスラインの引き締め!誰でも簡単に小顔に鍛えて横顔美人 [小顔] All About

顔を引き締めるには

たるんだ顔を引き締めるマッサージ 顔のたるみを解消するには、マッサージやエクササイズも有効です。 顔のたるみは、表情筋やお肌のハリの衰えによって引き起こされるので、それらの衰えを防ぐためにも積極的におこないましょう。 顔のマッサージの基本 たるみを防ぐためのマッサージには基本があって、それを守ってマッサージをおこなわなければ、効果がないばかりか、逆効果になることもあります。 マッサージするときには、クリームやオイルなど、指の滑りが良くなるものを塗ってからおこなってください。 クリームやオイルを塗らずにマッサージをおこなうと、お肌が引っ張られて伸び、それがたるみになることもあります。 マッサージの途中でクリームやオイルが浸透して滑りが悪くなってきたら、どんどん追加していきましょう。 同じ理由から、力の入れ過ぎは禁物です。 強い力でお肌をこすると、皮膚を伸ばしたり、表面を傷つけてしまうことになります。 基本は、内側から外側、下から上という動きです。 この動きは、リンパの流れに関連していて、重力に逆らうリフトアップも狙えます。 たるみを解消するエクササイズ 顔のたるみを解消するには、エクササイズで表情筋を鍛えるのが有効です。 小顔の人が数多く実践しているのが、「あ・い・う・え・お・ベー」体操です。 以下の方法で、毎日2~3セットほどおこなうのがおすすめです。 あ:口も目も大きく開いて、息を吐きながら10秒キープ。 い:口も目も横に開くイメージで10秒キープ。 う:口も目もゆっくりとすぼめて突き出し10秒キープ。 え:口は逆三角に開いて、目はパッチリと見開き10秒キープ。 お:口も目も縦長に開いて丸め、息を吐きながら10秒キープ。 ベー:口を開き、あかんべーのイメージで思い切り舌を出して10秒キープ。 普段あまり使われていない筋肉を使うので、最初はツライかもしれませんが、ムリのない加減で毎日続けてみてください。 気長に数カ月続ければ、きっとフェイスラインの印象も変わってきます! 目の下のたるみを解消できるエクササイズ 数あるたるみのなかでも、顔の印象を大きく左右するのが目の下のたるみです。 目の下に筋肉があるというイメージはしにくいのですが、目の下のたるみも表情筋の衰えからきます。 目の下にある表情筋が衰えていくと、脂肪などの皮下組織を支えきれなくなるのです。 目の下の表情筋は、多少のエクササイズなら口の周りの筋肉のように筋肉痛を引き起こすことはありません。 目の下がブルドックのような状態になっているとエクササイズではあまり効果が見られないので、そうなる前に目の下の筋肉を鍛えるエクササイズをおこないましょう。 目の下のたるみを防ぐエクササイズ 目の下の表情筋を鍛えるエクササイズは、とてもシンプルです。 1、上のまぶたを手で軽く押さえて動かないようにする。 2、下のまぶただけを使って、5秒ほどかけてウインクのように目を閉じる動作をする。 この2ステップだけです。 左右片方づつ、10セット繰り返してください。 目の周りの皮膚はとても薄く、シワになることもあるので、マッサージクリームなどを塗ってからおこなった方が良いでしょう。 人は何かを見るとき、どちらか片方の目だけを重点的に使っているといわれていて、利き目と呼ばれています。 このエクササイズをおこなうとき、利き目の方は簡単に、利き目でない方は難しく感じるかもしれません。 何日か続けておこなえば、だんだんとスムーズにできるようになるでしょう。 年齢を感じさせるデコルテ・首のたるみ解消法 女性の年齢は首元にあわられるとよくいわれるように、デコルテや首も注目を集めるパーツのひとつです。 ハリのあるデコルテ、シワのない首元は、それだけでどんな華やかなアクセサリーにも負けない存在感を生み出してくれます。 正しい枕でデコルテ・首のたるみを防ぐ 毎日の睡眠で使うのが、枕です。 自分に合った高さの枕を使っていないせいで、首元やデコルテのたるみ・シワを定着させてしまうこともあるのです。 枕は頭に当てるもの、と思われている方がたくさんいますが、肩口から首・後頭部にかけてを支えるのが枕です。 枕に頭だけをちょこんと乗せるのではなく、首から肩口までをしっかりと乗せて眠るだけでも、肩や首のコリが解消されるということも多くあります。 正しい枕の位置を意識したうえで重要なのが、高さです。 正しく立っているときのような姿勢で、仰向けで寝られるのが理想です。 女性の場合、首の後ろ部分で7cm程度、後頭部で5cm程度が一般的な高さだといわれています。 紫外線の影響を避ける 紫外線の気になる季節、顔のUV対策はバッチリという方でも、デコルテ・首の部分は盲点になっていることが多くあります。 紫外線によってコラーゲンが変性してお肌がハリをなくすのは、顔も首元も同じです。 顔に日焼け止めを塗るときには首やデコルテまでしっかりとのばす、ストールなどで直射日光を遮るなどの対策を取りましょう。

次の