自宅 で カラオケ。 毎日無料で歌って採点! カラオケJOYSOUND+

カラオケ

自宅 で カラオケ

カラオケ機器を使用するにあたって、著作物使用料を支払う必要があるのか?という疑問はよく耳にしますので、簡単に紹介しておきます。 詳しく調べたい方は、をご確認ください。 ・一緒にカラオケを使用する方から、カラオケ使用料を徴収する ・ゲスト出演を依頼し、ギャラを支払う 上記項目に該当する場合はJASRACへ使用料を支払う必要があります。 つまりは、営利目的で使用する場合は著作物使用料を支払う必要があり、個人で非営利的に使用する場合は不要ということです。 なお、直接的にお金を徴収することがなくても、人を集めてカラオケを行うことが特定のお店や人物の宣伝となる場合などは営利目的と判断される事もあります。 お使いになる環境が明確に非営利的であるかどうか判断がつかない場合は、に確認する事をおすすめします。 数多く販売されているカラオケ機器の中からどの機種を購入すれば良いか、その選択は非常に難しいと思います。 まずはどのようにして購入する機種を決めれば良いか、そのポイントをご紹介します。 機器を選択する上で重要となる要素は、 目的・予算・こだわりの3点です。 カラオケ機器をご自宅に導入されることを検討されている皆さまは、まずこの3点について検討してください。 この3点を明確にする事で、皆さまに合う機種が決まってきます。 導入の目的は? ・外でカラオケを披露するので自宅で練習用として使いたい。 ・カラオケ好きな友人たちと一緒にカラオケを楽しみたい。 ・正月に家族があつまる時にカラオケを楽しみたい。 予算の範囲は? こだわりは? ・出来る限り安価に抑えて楽しみたい。 ・年に数回しか使わないので安価に抑えたいが、新曲は歌いたい。 ・新曲は必要ないので安価に抑えたいが、いい音で歌いたい。 ・カラオケボックスやスナックのような本格的な音で歌いたい。 など… マイクカラオケの最大の特徴は 導入が簡単ということでしょう。 購入価格は1~3万円程の安価な物が多く、設定方法・使用方法が簡単なため、初めてご自宅にカラオケを導入される方に人気です。 しかし、内蔵楽曲数が少ないという特徴もあります。 購入時に歌える曲が300曲程、多くても1000曲を超える程度の物が大半です。 楽曲追加用のカートリッジを購入することで楽曲数を増やす事ができる種類の物もありますが、限界は低いです。 カラオケボックスなどで使われているJOYSOUNDのf1という機種に搭載されている楽曲数は、約22万曲です。 これと比べるとマイクカラオケの楽曲数がいかに少ないかが分かるかと思います。 なので、いつも歌う曲が決まっている。 家で特定曲の練習用としてカラオケの導入を検討されている。 という方にはおすすめできます。 しかし、家族や友人と一緒にカラオケを楽しみたい。 という方には楽曲のバリエーションが少ない為、不向きだと言えます。 また、新曲をすぐに歌いたい方にも不向きです。 ジョイサウンドより提供されている家庭用カラオケサービスの紹介です。 こちらはマイクカラオケと比較すると設置方法・使用方法が少し複雑になりますが、取扱説明書や解説サイトを参考に準備すればそこまで難しいものではありません。 AV機器の取り扱いが苦手という方は、最初に苦労するかもしれませんが、苦労するだけの利点があるサービスと言えるでしょう。 その利点とは、提供されている 楽曲数が非常に多いということです。 例えば、任天堂ゲーム機Wiiを使用するサービス『カラオケJOYSOUND Wii』では10万曲以上の曲を歌うことが出来ます。 自分だけではなく家族や友人と一緒にカラオケをする場合は、それぞれジャンルや年代が異なる曲を歌うため、提供楽曲数が多いことが必要条件となります。 なお、この家庭用カラオケサービスにはWiiを使ったサービスの他にも、テレビ・パソコン・PS3などを使うサービスも提供されていますので、すでにご自宅に対応するハード機器をお持ちの方は、初期費用 ハード機器購入費用 を抑えることが出来るのも大きな利点です。 注意するべき点としては、インターネット回線が必要であるという事と、サービスを使用するにあたり利用料が掛かるという事です。 最後に、カラオケボックス・カラオケ喫茶・スナックなど、店舗で使用している業務用通信カラオケについて紹介します。 これらはハード機器を購入したからといって、ご自宅で簡単に使用できるものではありません。 第一興商やエクシングなどカラオケメーカーの持つサーバーにアクセスし、利用開始申請 開局申請 を行う必要があります。 専門的な知識が必要になりますので、業務用通信カラオケをご自宅に導入される場合は、カラオケ業者に設置を依頼する必要があります。 また、この機器の特徴は、これまでに紹介しました上の2つの機器と比べ非常に高いコストが掛かるという事です。 最初の機器購入費も高額になりますが、その後の毎月のランニングコストも1. 5~3万円ほどの費用が掛かることになります。 その他注意点としては、近隣住民との騒音トラブルが懸念されることでしょうか。 ご自宅の環境にもよると思いますが、防音対策を行う・時間帯に注意するなどの対策が必要だと思います。 これらの課題をクリアできる環境であれば、お店と同じ設備でカラオケを楽しむことが出来ます。

次の

毎日無料で歌って採点! カラオケJOYSOUND+

自宅 で カラオケ

自宅でカラオケするためにおすすめの防音グッズは「マイク」 自宅でも音を気にせずにカラオケを楽しめるグッズの一つとして、「ミュートマイク」というものがあるのをご存知でしょうか?このマイクを使うことによって、音を外に漏らさずにカラオケを楽しむことができるという、カラオケの練習にももってこいのアイテムです。 このマイクには、先端の部分に防音用のカップが付いています。 カップの内側に貼り付けられた静音ウレタンが、マイクによる声の振動を吸収してくれるという仕組みです。 カップを口の周りにピッタリと隙間なく密着させて歌うことで、音が外に漏れるのを防いでくれます。 どんなに大声で歌っても、外に漏れるのは普通の会話レベルの音量なので、防音効果は非常に高いと言えるでしょう。 これなら大きな声を出して歌っても近所迷惑になることもありませんが、当然自分の耳に聞こえる声のボリュームも小さくなってしまいます。 思いっきり歌ったときの爽快感は多少薄れてしまうかもしれませんが、一人でカラオケを練習したい場合にはおすすめのアイテムです。 カラオケの練習をするために防音対策グッズをDIYで作ってみませんか 本格的に自宅でカラオケの練習をしたいという方には、防音効果の高いミュートマイクがおすすめですが、ものによっては1万円近くする高価な製品もあるため、なかなか手が出ないという方も多いのではないでしょうか? そこまでお金はかけずに、もっと気軽にカラオケを楽しみたいという方におすすめなのが、自宅にあるものでできるこんな防音対策です。 紙製の卵パック 卵のパックは卵を衝撃から守るために、凸凹した形になっていますよね。 あの凸凹した形のパックを壁に敷き詰めることで、音の反射を分散して吸収する効果が期待できます。 ここで言う卵パックとは、普段スーパーで購入するプラスチック製のパックではなく、紙製の大きめなパックのことです。 販売もされていますが、大量に使う場合には近くのパン屋さんなどで譲ってもらえないかどうか聞いてみる方法もあります。 ダンボール ダンボールには平らな紙と紙の間に波状の板が挟まれていますが、この部分には先ほどの卵パックと同様に、音を吸収する効果があります。 それを利用して、自作の防音ルームをDIYするツワモノもいるようですよ。 自宅にカラオケ用の防音室を作るという方法もあります 近所に気兼ねなくカラオケを楽しむためには、いっそのこと自宅に防音室を設置するというアイデアもあります。 防音室にはさまざまなタイプがありますが、主にミュージシャンやボーカリストが自宅に設置するような本格的なものでは、50万円以上する場合もあります。 もっと簡易的なタイプだと10万円以下で購入できるものもありますが、これでもやはりまだ自宅で気軽にカラオケを楽しむには、ちょっと金額がかかりすぎると感じる方も多いことでしょう。 費用を安く抑えるためには、自分で木材などの材料を購入して、自作の防音室を設置することもできますが、DIY初心者にはイチから箱を作るだけでもなかなか苦労するのは目に見えていますよね。 もっと手間もお金もかけずに防音室を作るのであれば、部屋に備え付けのクローゼットを改造する方法もあります。 一人暮らし用の賃貸住宅に多い縦型の細長いクローゼットの壁全面に市販の遮音シートを貼り、その上からさらに吸音材を貼り付けていきます。 こうすることで防音効果を高め、より外部に音が漏れづらくなります。 遮音シートをクローゼットの壁に貼り付ける際に接着剤を使用してしまうと、退室時に跡が残ってしまうため、できればタッカーという専用のホチキスを使用することをおすすめします。 防音対策のために自宅の家具の配置を変えてみましょう アパートやマンションの隣の部屋への音漏れを防ぐためには、家具の配置を変えてみるという方法もあります。 隣室からの騒音は、壁を伝って届きますので、隣の部屋と接している壁際に背の高い本棚や家具などを設置することで、防音効果が期待できるのです。 防音目的で家具を設置する際には、壁から1センチほど離して置くことで、家具と壁の間に空気の層ができるので、より防音効果が高くなります。 壁への音の反響を抑えるために、壁に吸音材を貼り付けるのもおすすめです。 また、窓から音が漏れるのを防ぐためには、窓に透明タイプの吸音シートを貼ったり、防音カーテンを設置する方法もあります。 メインのカーテンだけでなく、防音仕様のレースカーテンを併用することで、より防音効果が期待できますよ。 大声でカラオケしたいなら、一人で利用できるカラオケボックスが一番! ここまでは自宅でカラオケを楽しむための防音対策についてご紹介してきましたが、誰にも気兼ねなく大声で思いっきり歌いたいのであれば、やはりカラオケボックスに行くのが一番手っ取り早い方法でしょう。 「一人でカラオケに行くのは恥ずかしい…」と感じる方も多いかもしれませんが、最近では一人でカラオケに来るお客さんを対象にした「ヒトカラ(一人カラオケ)プラン」のあるお店や、「ヒトカラ専門店」も増えてきました。 ヒトカラ専門店であれば、一人で歌いに来るお客さんばかりですから、恥ずかしさは感じずに済みますよね。 カラオケ店に出向くとなると、外出のための準備をしなければなりませんし、頻繁に通えばそれだけ出費もかさみます。 ですがやはり、自宅で隣近所に遠慮しながら歌うのと、大音量で音楽をかけながら思いっきり大声で歌うのとでは、爽快感が段違いなのは言うまでもないでしょう。 自宅では防音対策をしながら、時々はカラオケ店でというように使い分けながら、思う存分歌う楽しみを味わいたいものですね。

次の

自宅でもカラオケを楽しみたい!ホームカラオケの実現方法まとめ

自宅 で カラオケ

こんにちは!しずかなかずしです。 家族でカラオケ、やってますか?? 「子供が小学生なので、カラオケボックスに行くのもね…」 そんな声が聞こえてきそうです。 家族カラオケのハードル 子供が成長して、歌をうたえるようになると、子供と一緒にカラオケ、家族みんなで盛り上がりたくなりますよね。 でも、カラオケボックスって 未就学児や小学生を連れて行くようなところじゃない気がしちゃいます。 そして、なんとなく 薄汚れたカラオケボックスに連れて行くのも気がひけますよね。 たとえ子供が中学生でも、友達同士で子供たちだけで行かせるのも、 なんか物騒な気がして。。。 それに、家族でレジャー的にいくにしても、 何曲も歌うと結構なお値段になります。 だったら、 家でやればいいじゃん! ということで、ご自宅にあるWindows10のパソコン(ノートパソコンでもOK)を使って、 自宅カラオケ、自宅をカラオケボックスにしちゃいましょう! なんと、 豊富なカラオケ・コンテンツに採点機能までついたカラオケを、自宅で手軽に利用でき方法があるのです。 お値段も何時間うたっても、 何曲うたっても、月額定額。 そんな夢のようなサービスが、「カラオケ@DAM」というサービス。 おうちで家族みんなでカラオケ大会を現実のものにする、画期的な方法なのです! 目次• カラオケ@DAMとは? カラオケ DAMのWebサイトより転載 お手持ちの ネット対応の機器を使って、通信カラオケシステムを実現できてしまう、カラオケ機器で有名な第一興商が提供する便利なサービスです。 ただし、 料金はかかります。 クレジットカードやスマホのアプリ内課金、スマホのキャリア決済などで支払います。 アプリはカラオケボックスなどで使われているような本格的な機能になっており、特に 採点機能が素晴らしい。 正しく準備すれば、自宅が本格的なカラオケボックスに変身してしまいます。 料金は、使用する機器によって異なります。 以前はスマホ版は採点できないなどの制約もあったと記憶していますが、最近は機能も強化されているようですね。 Windows 10のパソコン パソコンといっても、Windows 10限定です。 私自身は試したことはありませんが、サービス側で、Windows10と銘打っているだけあり、きっと古いWindows 8. 1などのパソコンでは動作しないのでしょう。 インターネット回線 パソコンをご自宅に持っていてインターネットにつながっていない、ということは少ないと思いますが、 ネット回線が必須になります。 カラオケのコンテンツは全て、ネット経由で配信されてきます。 カラオケボックスのように、カラオケの裏の絵はもちろん動画です。 ですので、光回線やADSLなどの比較的安定した、速い回線が必要です。 YouTubeのような動画サービスで動画が再生できていれば問題ないはずです。 心配な場合は、DAMの契約をする前でも 無料サンプル曲が何曲か選べますので、アプリをインストールした後にご自宅のネット回線で再生が正しくされるか確認してみましょう。 後述のパソコン用のアプリから登録できます。 カラオケマイク選びのポイント カラオケと言えばマイク、マイクと言えばカラオケ。 カラオケで歌手になりきって唄うためにはマイクは必須です。 カラオケ DAMのサイトでも、されています。 推奨マイクでないと、「採点」機能で点数が正しく計算されないなどの残念な結果になる可能性があり、慎重に選びたいところ。 カラオケ採点システムは、マイクから歌手の音声をパソコンに取り込んで、リアルタイムにBGMやカラオケデータと比較して上手いか下手かを「計算」しなければなりません。 また、エコーをかけたり、BGMとミックスしたりして、寸分の遅れもなくスピーカーからカラオケの音を出力する必要もあります。 もし、パソコンの内部処理で少しでも遅れてしまうと、 歌っている自分の声が後から聞こえてくる、という非常に気持ち悪い状態になります。 WindowsのOSは特にリアルタイムの処理がそんなに得意ではないので、カラオケには致命的。 そこで、私は、推奨のマイクの中でも、ソニー製の「ECM-PCV80U」という商品を購入しました。 なぜこれが良いかと言うと、この商品、写真のような小型の USBのボックスが1つくっついてきます。 マイクは、一旦このボックスのマイクの端子につなぎ、もう一方をUSBでパソコンに接続する、という感じになります。 一見面倒に見えるこの接続方法。 このお陰で、マイクから取り込んだ音がすぐさま、出力側からスピーカーに遅れなく出てきます。 体感的にも不自然な感じがなく、カラオケを楽しむことが出来るのです。 Sony ECM-PCV80UのUSBボックス。 Mic端子と、Audio Out端子が付いている 上の写真のように、このUSBのボックスの片方の端子(ピンク色の端子)には、マイクをつなぎます。 一方、カラオケの音の出力は、Audio Out オーディオアウト 端子からスピーカにつなぐのがこのボックスの使い方。 パソコンにもヘッドホン端子が付いていて、オーディオアウトに使えます。 しかし、そこからカラオケの音を出力すると、「遅れて再生問題」が発生してしまう場合があります。 ECM-PCV80Uを使うなら、上の写真のUSBのボックスの黒い方の端子(AUDIO OUTと記載のある端子)からスピーカにつないぐのがベストのつなぎ方なのです。 カラオケマイクの音遅延に関しては、こちらにも記事を投稿しています。 しかし、カラオケをするには音量が小さいですし、パソコンの機種によっては声が遅れて出てくる可能性もあります。 ですので、スピーカーは絶対に別につないだほうが良いです。 また、後述のように、テレビとパソコンをHDMIケーブルで接続するとテレビからも音が出ますが、それも遅れの原因になる場合があります。 ですので、上記の写真のUSBのボックスの AUDIO OUT端子から取り出したアナログ出力を受けられる、AUX端子付きなどのスピーカーから再生しましょう。 例えば、こんなスピーカーが良いかと思います。 (ソニー SONY ワイヤレススピーカー SRS-ZR7) ちょっとお高いですが、オーディオ入力端子が付いています。 さらに、スマホの音楽を無線 Bluetooth で鳴らすなど、他の用途にも使えます。 しかも大音量対応。 もちろん、もっと大きな本格的なオーディオシステムでもよいです。 要は、先程のUSBボックスのアナログ端子の音声を出力できるアンプ・スピーカーにつなげばよいのです。 テレビにつないじゃおう パソコンにRGB端子やHDMI端子が付いているかと思います。 一方、最近の液晶テレビは、録画機やゲームを接続するために、 HDMI端子が付いているのが普通。 また、テレビのモデルによっては、パソコン接続専用として、 RGB端子(PC端子)が付いているテレビもあります。 この端子を利用して、パソコンを大画面テレビにつないで、カラオケ映像は大画面でみちゃいましょう! パソコンとテレビの両方に同じ規格の端子があれば、以下のようなケーブルをつなぐことで、パソコン画面をテレビに映せます。 これで、カラオケ気分がアップすること間違いなしです。 HDMIケーブル RGB D-SUBケーブル ブラウザ画面で、以下のようなダイアログが出たら、「実行」を押してインストールを開始します。 インストールは手順に従って、「次へ」を押して進みますと、インストール中画面が出てきます。 右上のピンク色の「ログイン」ボタンを押すと、ログイン画面が出てきますが、一番下の「今すぐ会員登録する」を押して見ましょう。 ブラウザが立ち上がり、専用ページが現れます。 必要事項をご記入の上、会員登録します。 マイクとカラオケの音量調整 マイク音量が大きすぎたり、逆にBGMが大きすぎて、歌いにくい、という事があるかと思います。 カラオケ@DAMアプリでは、 マイクとカラオケのバランス調整ができます。 画面の上部の帯状に並んだボタンから、「カラオケ設定」を選びます。 「カラオケ設定」画面では、カラオケ音量、マイク音量の他、 カラオケの歌い手が自分の歌に酔うために必要な、エコーの調整も可能です(「エコー音量」で調整)。 サンプルを再生してみよう ログインしていない状態、つまり、 未契約の状態でもカラオケを数曲、無料で楽しむことができます。 と言っても、数曲しか無いので、自分の知っている曲で無かった場合は、歌えないのですが。。。 画面上部の帯状のボタンの中から、「曲をさがす」をクリックすると、上手のような、サンプル曲再生ボタンが表示されます。 こちらから、数曲サンプル曲を選ぶことができます。 私の大好きなスピッツの「チェリー」を選んでみましょう。 「予約」というボタンを押すと、画面の左側に下記のような、予約リストに一件登録されました。 「スタート」ボタンを押すと、「チェリー」が再生されますので、熱唱してみましょう! 採点機能が本格的! おうちカラオケ DAMの醍醐味は、なんと言っても、採点機能です。 採点機能を使って、 子供とカラオケ対決ができてしまうのです! カラオケボックスと同様の「精密採点」をご家庭で楽しめるのは素晴らしいです。 予約画面で「予約」ボタンを押す前に、下記の図のような 「コンテンツ」のところで、「精密採点Win10」を選択して下さい。 一度選択すると、それ以降の予約では常に精密採点Win10が選ばれた状態になります。 しかし、アプリを閉じてもう一度立ち上げたときは、再度選択する必要があるので注意が必要です。 精密採点は予約の時に選択する(一度やればOK) 採点してみた!(娘と競う) まずは、父から。 コブクロの蕾を熱唱。 おうちカラオケ DAMコブクロ で、中3娘の松田聖子の「瞳はダイアモンド」。 やるなー。。 まとめ 外に出かけずに、家族のカラオケ大会。 採点機能付きの「おうちカラオケ@DAM」なら、カラオケボックスに行かずとも、自宅で手軽に夢がかないます。 お金を気にせずに何曲でも歌えるのです。 その方法は、Windows 10の パソコンと必要な機材の準備すること。 サービスは、カラオケボックスのカラオケ機器でおなじみ「第一興商」が提供しています。 カラオケコンテンツはネット配信。 その為、最新の曲も利用できるのも嬉しいです。 是非、ご家庭を、いつでも使える本格カラオケボックスにしてみてはいかがでしょうか。

次の