シャドー ル フュージョン シク。 遊戯王 捕食シャドール※アドバイスくださいデッキレシピシャドール【ビートダウン】

遊戯王 捕食シャドール※アドバイスくださいデッキレシピシャドール【ビートダウン】

シャドー ル フュージョン シク

4月19日発売!のDUEAに収録される新テーマシャドール 相手の場にエクストラから出たモンスターがいるとデッキ融合できるシャドールフュージョンの登場によりシンクロエクシーズを気軽に場に残したままにすることにかなりのリスクが生まれそうです。 シャドールの融合モンスターの素材が「シャドール+光、闇属性」なのでエクシーズやシンクロが場に残るデッキが流行っていれば(オピオンは無理)シャドールフュージョンとヘッジホッグとファルコンのセットをいろいろなデッキに出張させることもできそう。 そのモンスターを裏側守備表示でする。 このカードを墓地から裏側守備表示でする。 釣り上げたモンスターは裏側で出てくるのでそのままシンクロとはいかないが、自身がチューナーで通常召喚したモンスターとシンクロできるので放置されてリバースできたときのリターンは大きい。 裏のままブラロや狙撃などで破壊されるのに耐性があるように見えるが復活したターンはもう一方の効果が使えないのでそのまま攻撃されると破壊される。 裏のこのモンスターの横にモンスターを追加して激流葬を踏んで復活するときは裏守備が残って場が空かないので強め。 デッキから 「シャドール」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 デッキから「シャドール・ヘッジホッグ」以外 の「シャドール」モンスター1体を手札に加える。 影依融合 シャドール・フュージョン 8.2 通常魔法 「影依融合」は1ターンに1枚しか発動できない。 からされたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。 てきとうな光属性か闇属性と普通にした場合は3枚使って生み出すのが3枚分の3:3でしかも素材が揃わずシャドールフュージョンが腐る可能性も考えるとそこまで強くなさそう。 この効果で されたこのカードは、「シャドール」融合モンスターカードに記された属性の融合素材モンスターの代わりにできる。 このカードは罠カードとしても扱う。 そのカードを手札に加える。 (さらに融合やファルコンとのシンクロにつながる)。 一番エクシーズが充実していないレベル9なのはそういう意図がありそうである・・。 (今のところフュージョンしかないが強いカードが出るたびこのカードも強くなっていく。 ) シャドールフュージョンの素材として使うとそのままシャドールフュージョンを手札に回収できる。 相方がシャドールモンスターなら消費が3枚で4枚生み出す3:4でシャドールフュージョンを普通に打つ方法としてなかなか。 シャドールの融合モンスター共通の墓地のシャドールを回収する効果で回収するカードとしてもそこそこ。 シャドール・フュージョンを複数握ってもあまり意味がないのでヘッジホッグのサーチ先として欲しい場面はありそうでこれが絡むとシャドールの融合モンスターの回収効果を進化できるのがそこそこ。 そのカードを手札に加える。 エクシーズやシンクロの素材として墓地へ送られても使えるので詰めの場面や相手の打点が立っているときにやファルコンと少ない消費でヴォルカザウルスなどにシンクロエクシーズできるのが強そう。 デッキから「シャドール」カード 1枚を墓地へ送る。 そのモンスターを破壊する。 そのカードを手札に加える。 闇が足りているときはシャドールーツを落とし足りていないときは闇を落とすことでダムドの調整がしやすいところも良さそう。 などはある。 まとめ 相手がエクシーズやシンクロを出してこなければ優位に立てるデッキやエクストラのカードを出してこなくてもシャドールフュージョンで手札融合できるデッキと組み合わせると強そうに感じました。 シャドールの魔法も罠もサーチと回収の手段があるのでちょっと強いカードが出れば上がり幅が大きくて期待できそうなテーマだと思います。 okami-no12.

次の

遊戯王 ソウルフュージョンの相場と買取価格 レヴィオニアが高い

シャドー ル フュージョン シク

ダンボール戦機 「シャドールシファー」 レビュー ダンボール戦機から「シャドールシファー」のレビューです。 『ダンボール戦機W』、『LBX列伝 History of Justice』に登場するLBX。 神谷コウスケの機体。 ディテクターとして世界に戦いを挑んだ山野博士が、神谷コウスケのLBX「ルシファー」を強化改良した機体。 背面の大型ブースターは全面的に改修されており、直線軌道における大幅な推力向上が図られている。 原型となった機体から大胆なイメージチェンジが図られてはいるが、神谷コウスケの美意識に敵ったのか、洗脳から解放された後も彼の愛機として稼動。 神谷コウスケ自らの手によってよくメンテナンスされており、 特にコアスケルトンはイノベーターの実験機として採用されていたAXシリーズの系譜のものに交換されている為、 その性能は2056年現在で生産されているLBXにも引けを取らない。 基本装備は「ヘルズエッジ」と「魔王クエイサーシールド」。 新たに開発された「魔王弓フィーニス」はスタンフィールインゴットすら貫く事が出来る強力な性能を誇る。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 ・ヘルズエッジ ・魔王クエイサーシールド ・魔王弓フィーニス用パーツ プロポーションをグルリと。 シャドーらしく機体色が黒くなったルシファー。 ただクリアーな大型ブースターの存在でむしろ豪華にも。 各所アップ。 本体の基本部分はルシファーの流用。 クリアーパーツが配置されている部分が主に新規造形。 機体色の黒はパーツ割+足りない部分はシール補完されており、素組みでも十分過ぎるほどの仕上がりです。 通常版が無いので、代わりにハイパーファンクション版のルシファーと。 馬鹿でかい翼が無くなったので、機体としてはコンパクトにまとまりましたね。 ただカラーリングが正反対になってしまったので、今回は下半身を借りる事が全く出来ないのが残念。 以下、可動範囲の紹介。 首の可動。 二重ボールジョイント接続。 どの方向へも良く動きます。 胴の可動。 腰部が軸接続。 回転のみ。 肩・腕の可動。 肩はボールジョイント接続、上腕が上下スイング+軸回転。 肩アーマーは上腕を挟む形で取り付け。 真上には90度ほど上げられます。 肘は単純スイング。 引き出しても写真ほどしか曲がりません。 手首はボールジョイント接続。 腰部アーマーの可動。 サイドがボールジョイント接続。 下半身の可動。 股関節はボールジョイント接続。 開脚は十分、腿上げは90度まではいきません。 膝は単純スイング。 ここも引き出してようやく写真程度。 足首はボールジョイント接続。 飛行ポーズ重視なのか、後への可動域が広いボール軸になっています。 旧シリーズの関節なので、最新キットに比べると可動域が狭い部分も。 まぁでも動く方ですけどね。 立て膝は少し辛い。 以下、仕様や武装の紹介。 コアパーツはクリアー製で、表裏にシール。 背部ブースターは段違いのジョイントで、軸接続とボールジョイント接続。 ただボールジョイントがユルッユルで、かなり接着剤を盛ってやるなどしないとプラプラです。 ヘルズエッジ。 クリアー製の刃がかなり大きく、迫力のある剣。 魔王クエイサーシールド。 緑の部分はシール再現で、そのままでも見栄えは良いです。 ただグリップと手のサイズが合っておらずユルユル。 魔王弓フィーニス。 クエイサーシールドの黄色い部分以外を使用して組み立てます。 シールドのグリップも使われているので、両手持ちが可能。 かなりのボリュームがあり、装飾も多い派手な弓。 以下、適当にポージング。 烈伝の追加装備の魔王弓が迫力あっていいです。 Nシティ大捜査線。 まさかこんな形でこの機体がキット化されるとは。 この回のバトルにはもう1機いたわけですが、結局あれはキット化されませんでしたね(苦笑 ディテクター。 この並びだとシャドールシファーのボス感がスゴイ(笑 以上、ダンボール戦機のシャドールシファーのレビューでした。 烈伝シリーズの最新作であるものの、2作目Wにも登場したシャドールシファー。 ルシファーの流用キットですが、新規造形にクリアーパーツがふんだんに使われているのが派手で良いですね。 武装も従来と剣と盾に加え、烈伝で追加された大型の弓がまた迫力があって良いです。 オリジナルのルシファーよりも武装が増えているので、プレイバリューは上がってますね。

次の

【遊戯王 高騰:影依融合(シャドール・フュージョン)】シャドール規制緩和の影響

シャドー ル フュージョン シク

みなさんこんにちは、ダルクです。 個人的にはかなり楽しみな商品ですが、などを見ていると 意外と賛否両論で驚きました。 様々なニーズがあるので賛否両論になるのは当たり前なんですが、ツイートを見ていると批判的な意見が半分ぐらい見受けられます。 シャドールスト環境に入るの?問題 2. シャドールスト新規少なすぎ問題 3. シャドールスト再録弱い問題 4. シャドールストは買うべき? … 1. シャドールスト環境に入るの?問題 ツイートを眺めていると「シャドールスト今の環境に勝てないじゃん」という批判意見をチラホラ見ました。 問題外な意見だと思いますが、スト3つ買って環境入りしたらそれはそれで批判されますよね。 3000円そこそこで組めるデッキが環境入りしたら他の商品の売れ行きにも影響するので、そこまでのものはどう考えても作られないです。 理想的なパワーバランスとして、3つ買えば十分遊べる。 手札誘発などを買って強化すれば環境デッキにも勝てるかも…ぐらいが適正だと思います。 … 2. シャドールスト新規少なすぎ問題 こちらが最も批判の対象となっている点です。 今回のスト、シャドール新規はなんと5枚です。 (融合体1、メインモンスター3、魔法罠1) ここ最近のスト(等)と比較するとやや少ないですが、かわりになどがイラスト違いだったり強化パックがシク確定だったりと豪華な仕様になっています。 確かに既存のシャドール使いが新規の少なさを批判するのは理解できますが、まずはシャドールがスト化した経緯を改めて思い出しましょう。 シャドールがストになったのは「ストテーマ投票」で1位になったからですね。 この問題を語る上では、このストテーマ投票の趣旨を考え直す必要があります。 多くの方は「テーマの強化」を期待したようですが、今回のストの収録内容を見ると 「普段組めないテーマをスト化してもらって絶版再録を確保しつつ新規も多少貰える」ぐらいの気持ちで臨む必要がありそうです。 今回の投票は初の試みだったので、使用者の多かったシャドールが1位になったかと思いますが、今回の現実を踏まえてスト投票2回目があったら 「現状使用者の少ないテーマ」または 「スト投票の機会に強化を貰わないとデッキを組むことが難しいテーマ」に投票すべきでしょうね。 第一回スト投票のリストに上がったテーマでいうと 「霊使い」「バルバロス」「」などのあえてマイナーどころをチョイスするのが本当のスト投票の主旨だったのかと思います。 後から言っても仕方のないことですが、この反省を次回に活かしましょう。 … 3. シャドールスト再録弱い問題 チラホラ見かけた意見に「影繋がりで夢幻泡影再録しないかな」みたいな意見がありました。 たしかに最近のストには「灰流うらら」やら「増殖するG」のような必須系カードが再録されたのでそろそろ夢幻泡影の再録も期待されるころだと思います。 期待するだけならいいのですが、実際再録されなかったからといって批判したり商品自体を否定するのはお門違いです。 今回のストに関しては再録だけならかなり優秀で、シャドールパーツは全て再録されており、ハーピィの羽箒、超融合、マスマティシャンのようなシングルで値段のつく汎用カードもしっかり入れてきています。 また、現状再録のなかった汎用優秀カードである「醒めない悪夢」「迷い風」なども入っているのでパーツ取りという観点で否定する理由は無いかと思います。 … 4. シャドールストは買うべき? とりあえず批判対象となっていた3点について簡単に所見を書きました。 買うべき?問題に関しては個人的には買わない理由は無いと思っています。 買わない人は 「既にシャドールを組んでいる人」ですかね。 既に組んでいる人はシークレットのシャドールや新規カードをシングル買いすれば十分ですからね。 買うべき人は当然シャドールデッキの無い既存YPとこれから始める新規の人です。 手札誘発などを入れなくても3つ買えば十分遊べる仕様で、尚且つイラストアドも強いので3000円そこそこで準ガチデッキが1つ増えると思えば絶対買うべきですよね。 … 今回は以上になります。 色々と意見があるかと思いますが、個人的には楽しみな商品です。 しかし、そもそもストテーマ投票のラインナップにシャドールを入れる必要があったのか疑問に思います。 リンクヴレインズパックやレギュラーパックで強化されているテーマに関しては、わざわざこういったイベントのラインナップにする必要はない気がしますね。 2回目のスト投票があったら、 「マイナーテーマのテコ入れ」」なのか 「過去の強テーマを返り咲かせる」のか、しっかり方向性を示したラインナップにしてもらいたいと思います。 このたびアカウントを新たに作成しました。 主にブログ更新情報を発信します。

次の