シタデル ユニコーン。 【シタデル】セーフゾーンから近い鉄鉱石と塩の場所│きまぐれゲームプレイ日記

【CITADELシタデル】モンスター別ドロップアイテム一覧/まとめ│HowMew[ハウミュー]

シタデル ユニコーン

「シタデル 永炎の魔法と古の城塞 CITADEL 」をプレイしました PS4版。 20時間ほど遊びましたので、感想を書いておきたいと思います。 できるだけネタバレなしで書いています。 買おうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。 プレイヤーは魔法を使って敵と戦ったり、魔法生物をテイムしたり、ホウキに乗って空を飛んだり、巨大な城を建築することができます。 「ARK」や「7Days to Die」のように、コツコツと素材を集めて少しずつ裕福になっていくタイプのサバイバルゲームです。 「ARK」「7Days to Die」「コナンアウトキャスト」辺りが好きな方は、間違いなくハマると思います。 ほぼ同じプレイ感です。 ただしシタデルには、空腹や水分の概念がありません。 また、アイテムが腐るという概念もありません。 物が腐ったり、空腹や乾きを癒やすためにアイテムを使い、ある意味無駄なリソースの進退が面白いと感じる方には、若干の物足りなさを感じるかもしれません 但し、後述するPvPやテイム要素がこれを埋めてくれるかもしれません。 これを良いと感じるか悪いと感じるかは人それぞれです。 「マインクラフト」で素材をコツコツ集めたりブランチマイニングする時間が好きな方はハマるでしょう。 オープンワールドRPGを景色を見ながら移動したり、あそこに何があるだろう?と探索する時間を許容できる方にもオススメです。 一方で、FPSのように密度の濃い時間を過ごしたい方や、テンポよくストーリーが展開・スキルやシステム開放していかないと飽きやすい方、あるいは実生活が忙しくてあまりゲームに時間を割けない方にはオススメできません。 プレイ感としてはMMORPGに近いと思います。 ゆったりとした時間の流れを感じるゲームです。 シタデルは気づくと数時間が軽く消し飛びます。 数時間遊んだ割りにはゲーム内で得るものは少なく、こういったゲーム性は、 ・寝食を忘れて遊びふける人 ・時間の無駄と感じて辞める人 と両極端になります。 個人的にはこういうゲームは非常に好きでして、オススメの遊び方は、音楽を流したり・動画を流しながら、ゲームを遊ぶというものです。 是非試してみてください。 魔法はもちろん使えます。 全部で40種類ぐらいあり、攻撃魔法、回復魔法、補助魔法といった具合に色々と使い分けながら、冒険や戦闘ができます。 オンラインであれば他人と戦うこともできますし、仲間の補助を魔法ですることもできます。 また、ホウキを使って空を飛ぶこともできます。 空を飛びながらビーム魔法を撃って、敵と空中戦をするなんてこともできます。 ただ、やはりゲームのメインとなるのは、「ゆったりとした時間の流れで進むサバイバル」ですので、魔法をバンバン使う2Dアクションゲームのようにはなりません。 新しい魔法を覚えて、ちょうど次のボスにうまく効く、みたいな成らされているレベルデザインにはなっていません。 ドラゴンや妖精といった魔法生物をテイムすることも可能です。 こちらも「ARK」などでテイムを知っている人は想像通りのプレイ感だと思いますが、派手な魔法映画からゲームを想像すると、ちょっと違うかもしれません。 「ARK」や「コナンアウトキャスト」「Fallout」に近いと思います。 こういったタイプの建築にしては設置のバグや難しさがなく、初心者でも手軽に作れる印象です。 また、巨大な城を建築することもできます。 建築には素材が必要です。 基本的なものでは木や石ですね。 城を作るにはそれこそ、膨大な素材が必要となるのですが、サーバーごとに素材収集量に違いがありまして、1倍のNomal、3倍のFast、5倍のVeryFast、素材不要のFreebuildの4種類があるため、建築勢でもガッツリ遊べると思います。 オンライン系のサバイバルゲームでは、建築で嫌がらせをするということができてしまいます 通行止めをするなど。 しかしシタデルでは、建築物はどこでもいくらでも作れますが、自分の所有とできるのは一箇所 一定範囲内 だけです。 建築物に玉座というものを置いて、自分のものと宣言します。 これ以外の場所に作られた建築物は自由に破壊できるので、嫌がらせは起きえず安心です。 シタデルは、「マインクラフト」のように様々なブロックを組み合わせて建築物を建てる、といったタイプではありません。 マイクラで色んな素材やブロックを使って、それらしく魅せるのが好きな方には、シタデルの建築は大味に感じると思います。 その他に一人で遊ぶシングルプレイも可能です。 PvPは他人を攻撃できるだけでなく、他人の建築物も攻撃できます。 そのため、かなりシビアなプレイ感になります。 出くわした魔法使いと1対1の魔法バトルになる。 そんな絵に描いたようなシーンに出くわすこともありますし、いわゆる強キャラにボッコボコにされて、すべて奪われる、といったことも起こります。 これに対する防衛策として、「教団」というグループを組むこともできます。 この辺りのPvPはシビアなオンラインゲームで遊んだことのある方には、楽しい!心折れる のが楽しい と思えると思います。 嫌すぎるという方はPvEがオススメです ゲーム内に登場する動物やドラゴンやユニコーンといった魔法生物をテイムする要素があります。 テイムは「ARK」ほどシビアではありません。 かなり楽に短時間でテイムできます。 ただし、テイムした生物を維持する要素があります。 食料をあげないと逃げてしまう。 テイムした生物はレベル上げをすることも可能で、名付けと合わせて育てる楽しみがあります 最も殺されると復活しませんが。 この辺りのテイムの維持が、最初に述べた空腹・乾きシステムに物足りなさを感じる方には埋め合わせになると思います。 それでも物足りなければ、PvPで他人に奪われる緊張感や、破壊されゆく建築物の維持も楽しめると思います。 ただJAPANサーバーではなく、海外サーバーに入れば問題ありませんし、昼間にプレイできる人であればそもそも関係ありません。 ログイン戦争で最も影響を受けるのは、「フレンドと同じサーバーで遊びたい方」だと思います。 数人のフレンドと魔法使いサバイバルをしたい方には、 正直言いまして、現時点ではオススメできないゲームです。 おそらくフレンド全員が同じサーバーに接続することはできないでしょう。 ただし、これらのログイン戦争は、昔からMMORPGを遊んでいた方には慣れっこだと思います。 発売日直後や大型アップデート後に多いだけで、1ヶ月もすれば落ち着きますので、様子を見て買うのが良いと思います。 フレンドなしで一人で遊ぶ人にはオフで遊べます。 オンで一人で まわりは他人 遊ぶ人は、比較的人が少ないサーバーを選ぶのがオススメです。 シタデル。 シタデルはこれらのゲームよりも大味というか、よりアーリーアクセスっぽい感じがありますが、サバイバル系のゲームとしては十分すぎるほど面白いです。 サンドボックス型のゲームで「マインクラフト」や「テラリア」を楽しんでいた方にもオススメです。 ただし、マイクラのベータ版をやっているかのような感じがありますし、より玄人向けのゲームである覚悟は必要です。 Steamでアーリーアクセスの独特な雰囲気が好きな方にもオススメです。 開発途中のゲームのような、荒削りだけどプレイヤーが介入できる部分が多い、遊んでいてそんな感じを受けます。 このレビュー、見る人が見るとなんてつまんなそうなゲームなんだ。 と思えますね 汗。 しかし見る人が見ると、なんて面白そうなゲームなんだ。 と思えると思います。 そんなあなたには買って間違いないゲームだと思いますよ。 私は、実生活に影響するので封印した方がいいかも・・なんて思い始めてます。 面白い?つまらない?ゲームを遊んだ正直な感想 ネタバレなし 」でした。 楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。 スポンサーリンク.

次の

【シタデル】暗黒のプラズマの入手方法とクラフトアイテム

シタデル ユニコーン

新しいコンテンツ追加 シタデルのパッチ1. 03ではバグ修正だけでなく、新たな要素も追加されています。 ・序盤から終盤までプレイできるクエスト型のストーリー実装。 ・ペットのアイテム生成:ペットが時間経過とともに自身に関連するアイテムを排出。 ・チュートリアル刷新。 ・装備の染色システム実装。 ・ペットの染色システム実装。 ・新たなサイドクエスト実装。 ・サーバー設定でレイド時間実装。 ・テイムした馬のセカンドアビリティとしてヘイストを実装。 ・攻城塔のシールドへのダメージを5倍にしました。 また、襲撃者の石のバフ対象となり、シールドへのダメージを最大で25倍にしました。 ・ダメージを受けることで建築物の見た目が変化するようになりました。 出典: 「ストーリーがない」と言われていたシタデルですが、チュートリアルも兼ねたストーリークエストが実装されました。 クエストを辿ることによってシタデルでのサバイバルの仕方や世界観などを知ることができます。 サイドクエストはチュートリアルクエストを一歩進めた感じの作りとなっていました。 これまでゲーム内で説明されなかったテイムの仕方などが説明されるようになり、騎乗用の道具なども報酬で貰えるようになっています。 また、武器や防具を好きな色に染められる染色システムも追加。 装備だけでなくペットも好きな色に染色できます。 記載されていないところでは、 ペットの名前が後でも変更可能になりました。 ゲームプレイ関連の修正内容 魔法の効果や敵の体力、ドロップ率などにも修正が加えられています。 ・攻城塔の威力を2倍にしました。 大理石の壁を5時間で破壊します。 ・以下の4つの魔法について、攻城ダメージを下方修正しました:コンセントレイトストーム、ブリザード、ガイザー、アルカナストーム ・回復魔法の調整:回復オーラはバフに基づいた回復になりました。 自然魔法の光線は味方を追尾するようになり、軽いバフを付与するようになりました。 ・ネクサスストーンのレシピを変更しました。 ・タンパク質変換機でミルクが生成されるようにしました。 ・飛行装備の重量を調整しました。 ・3段階目のターレットの威力とコストを2倍にしました。 ・アルカナ、火炎、光明、氷雪属性の投射魔法の速度を上方修正しました。 ・荒天属性の投射魔法については、速度を下げる代わりに、威力を上方修正しました。 ・暗黒属性の投射魔法については、クリティカル発生率、クリティカルダメージ、速度を上方修正しました。 ・絨毯や絵画における改良布の必要量を少なくしました。 ・コンセントレイトストームがNPCの動きや投射物をブロックする問題を修正しました。 ・ジャイアントイーグルの戦闘能力を調整しました。 ・料理レシピのレア度を調整しました。 ・クロウベリーワインのレシピを調整しました。 ・高レベルの装備や飛行装備のレシピで必要レア素材を少なくしました。 ・バークスキンの防御力上昇効果を増やしました。 ・テフラのドロップアイテムを調整しました。 ・テフラの味方モンスターの数を調整しました。 ・鳳魂の城塞におけるNPCの体力を2倍にしました。 ・大部分のボスの歩くスピードを速くしました。 ・血魂と龍魂の城塞にて、NPCの体力に様々なバフを追加しました。 ・ボス素材で作れる専用装備を強化しました。 ・レベル40以上のモンスターの体力を増やしました。 ・ブリザードの範囲半径を若干小さくしました。 ・アルカナストームとブラストのダメージ乱数を調整しました。 最大威力は若干低下しますが、平均的なダメージは増加しました。 ・小さな猪から降りづらい問題を修正しました。 ・フェニックスライジングのマナコストを増やし、チャージ消費を増やしました。 ・フィールドの宝箱から入手できる非ボス系武器のレシピを調整しました。 ・飛行装飾品を調整しました。 ・ユニコーンの血のドロップ率を増やしました。 ・襲撃者の石のアクティベート時間を4時間にしました。 ・クリスタル洞窟外側の建築禁止ゾーンを若干広くしました。 ・PvP倍率を削除する代わり、回復魔法がより効果的になるように調整しました。 ・アイテムのレア度を調整しました。 ・龍魂の城塞のドラゴンを地上に降ろしました。 出典: ほかにもパフォーマンス・エフェクトなど細かい部分に修正が加えられています。 シタデルアップデート内容まとめ パッチ1. 03でチュートリアルクエストが改善され、メインストーリーとなるクエストも追加されたことによって、新規の方が入りやすくなったのではないかと思います。 最初何をしたらいいのか分からない・分かりにくい部分が補われてきたのは良い点ですね。 発売から3カ月以上経ちますが、新たな要素の追加などで少しずつ遊びやすくなってきたのではないでしょうか。

次の

シタデル序盤やってみた!

シタデル ユニコーン

廉価版 海外版トロフィー オンライントロフィー 有 備考 コンプ時間:• 一部トロフィーはオフライン シングルプレイ ではアンロックを確認できないため、オンライントロフィー有とした。 一心同体• 教団の作成はシングルでも可能。 地面に落ちているオブジェクト クロウベリー・ルーンクリスタルなど を1個としてカウントする。 ルーンクリスタルと石が大量にあるセーフゾーンや洞窟を巡ると良い。 宝石をみんなに!• トロフィー表記は1,000個だが表記ミスのため実際は250個でアンロックする。 奪い尽くす者• シングルプレイの場合20個開けてもアンロックしない。 おそらく不具合。 空中を旋回している個体を狙う場合、洞窟にいる個体が壁に引っかかるので比較的やりやすい。 元から地上にいる個体はプレイヤーが箒や飛翔薬で飛び上がらない限り地上にいるためそちらを対象とするのもあり。 フェニックスはプラヴノ洞窟 マップ北方、FT拠点ハイヘイヴンから北北東 の個体を狙うと良い。 竜殺しの聖戦• 対象はインフェルノドラゴン。 出現ポイントは以下。 テイムしたモンスターや教団員などプレイヤー以外で討伐するとカウントされない可能性がある? 要検証 ため、 確実に稼ぎたい場合はシングルかつ完全ソロプレイを推奨。 空中を旋回している個体は暗黒魔法 光線 のペトリファイを当て続けることで動きを止めつつダメージを稼げる。 サーバ設定でプレイヤーダメージ補正を0. 6倍、防御力補正を5倍に変更、回復用ポーションを大量に用意すると楽。 穢れた魂• 対象は黒いユニコーン。 出現ポイントは以下。 白い個体と黒い個体どちらが出るかはランダムのため、念の為両方倒すことを推奨。 対象はパイラント。 出現箇所はインフェルノドラゴンとほぼ同じだが以下のポイントでも確認。 製品情報•

次の