養豚mix 伝説級。 ぶた図鑑

ようとん場MIX(ミックス)伝説級豚・謎かけや育て方!図鑑・系統図や豚のレア度

養豚mix 伝説級

ここでは、 今まで出荷したことのあるぶたを色別に見ることができます! 出荷したことのないものはシルエットで表示されています。 ぶたの下に星マークがありレア度が表示されているので、一緒に確認することもできますね! また、この画面でぶたをタップすると、詳細を見ることができます。 品種の名前・特徴・好物・放牧について・成長時間の目安・最高売上額・出荷総数・最高体重を確認できます。 品種名の下に書いてある特徴がそれぞれ面白いので、じっくり読んでみるのも良い暇つぶしになる思います。 ぶたの飼育中に暇があったら是非読んでみてください。 画像の赤丸部分に「裏があります」と言わんばかりの矢印が…! 黄色い枠内のどこかをタップすると、ひっくり返り「系統図」が出現します。 そのぶたがどのような交配で生まれてくることができるかの系統がまとめられています。 画像だと「恋愛豚」と「なにか」を掛け合わせると「マトンナ」が生まれる、ということです。 シルエットになっている穴を考察して埋めていくのも楽しみかもしれません。 系統図交換所について 中には系統図がないと出会うことの出来ないぶたがいます。 こちらの交換所では、 イベントハントチケットと引き換えに系統図を手に入れることができます。 系統図交換所で系統図を取得することで、 以前イベントハントでしか手に入らなかったぶたが交配によって作れるようになったり、伝説級豚の系統図がわかったりするなどのメリットが生まれます。 イベントハントチケットに余裕があれば是非交換してみてください。 品種 特徴 レア度 雑種 肌色 特別にはなれなかったが特別を作れるかもしれない。 豚が成りたい職業NO. 1に 無事就食が決まった主席豚。 これからの活躍に期待。 修行を積んで自分の店を開くのが夢。 なかなか出会いがないので早く豚小屋から出たい。 通称「すくい上げの豚乃鼻」。 ちゃんこ部屋出身、引退後は親方になるのが夢。 ベーコン向き。 洋ナシ体系といわれるのを気にしている。 忍び込んだ豚小屋での暮らしは新鮮で充実したものになったと満足気だった。 ぶたにも色々夢があったんだなぁとしみじみ…。 しかし、それでも出荷していかなければいけないのがこのゲームです。 シビアですね…!.

次の

ようとん場MIX(養豚場ミックス)攻略ぶた図鑑イベント伝説級

養豚mix 伝説級

まずは自分の養豚場に子豚を招きましょう! 与えられているポイントを使って子豚を入荷します。 最初は低いランクの子豚しか入荷できませんが、レベルが上がると高いランクの子豚も入荷できるようになると共に、レアな品種の子豚を入荷できる確率があがります。 レベルの上げ方やなぜレアな品種がよいのかなどの理由は、後ほどまた説明しますね。 子豚のお世話をしよう!放置しすぎちゃダメよ! 子豚を入荷したら、次はお世話をしていきます。 エサやり ご飯をあげましょう。 子豚によって好き嫌いが分かれている場合もあります。 しっかり子豚の好みを把握して、適切なご飯をあげましょう。 ……好き嫌いしてると大きくなれないぞ~(小声) うんぴを片付けよう 子豚も私たち人間と一緒です。 ご飯を食べた後はうんぴをします。 このうんぴを放っておくと子豚が病気になる原因になってしまいます。 うんぴをタップして掃除をしてあげましょう!.

次の

‎「ようとん場MIX」をApp Storeで

養豚mix 伝説級

はじめに ウォーキング・デッド サバイバルへの道をダウンロードしてゲームをスタートすると、いきなりストーリーが開始されます。 まったく意味が分らないまま、あれやこれやとレベル5くらい、ストーリーは5エリアくらいまでチュートリアル的に展開してます。 その頃にはウォーキングデットファンならハマっていると思います。 ドラマから興味を持った人は「あれ?」と思うかもしれませんが、どうやら原作がゲームのメインストーリー部になっているようです。 ですが、ドラマでもお馴染みのキャラが登場するのでドラマからの人も納得の内容です。 入門編 ゲームシステムは自分でキャラクターを集めてストーリーを進めるタイプのシュミレーションロールプレイングゲームです。 キャラクターを育て町を発展させて行きます。 ストーリーはメインとなる「ワールドマップ」と、サイドストーリーの「ロードマップ」に分かれています。 他にもレベル10以上で解放される「サバイバルロード」は自分のキャラクターの実力を試す趣向の違ったミニゲームです。 それにスカベンチャーというミニゲームもあり、盛りだくさんの内容で一気に覚えるのは大変かもしれません。 対人戦(襲撃と戦争) ウォーキングデッドといえば対人戦です。 普段から襲撃エネルギーを使い、他のキャラクターを襲撃して対戦する事が出来ますが、ファンクションというコミュニティーに参加していると、戦争イベントに参戦することが出来ます。 対人戦のシステムで物資を奪うということなのですが、取りつ取られるつつなので、レベルが高いから物凄く奪えるという事ではありません。 襲撃した相手は自動で反撃を行ってくるので、同じレベル同士だと殆ど勝てるようにもなっています。 ファンクション(ユーザーコミュニティー) ゲーム中、ユーザー同士で助け合ったりできるコミュニティーのことで、参加しているとサポートキャラを借りたり、戦争に参戦することも出来ます。 ユーザーのコミュニティーなので、リーダーや雰囲気があるので自分のあったファンクションに参加すると良いでしょう。 ただ参加制限をしてたりするファンクションもあったりします。 仮に参加しても脱退はいつでも出来ます。 自分もで作成できますが、参加人数が8人以上居ないと戦争に参加できないので、やはり人数の多いファンクションに入って、サポートキャラを使える状況を作っておくのが良いでしょう。 戦闘システム 戦闘は自チーム対多数のウォーカーと戦うウォーカー戦。 サバイバーや他のユーザーと戦うキャラ戦の2種類があります。 キャラによってはリーダースキルがあり、リーダーにすると戦闘を有利にする効果を得ることが出来ます。 戦闘でリーダーが倒れてもリーダースキルが切れることはないので、リーダースキルを持ったキャラを必ずリーダーにしましょう。 キャラクターの育成 開始直後に課金でスターターパックを購入するとかなり楽になります。 とにかく手持ちのコインでゲーム内のお店でキャラクターキャップを買えるだけ買っておきましょう。 キャラクターには特性があり、特性が同じでないとアドレナリンラッシュというスキルを上げるチャンスが与えられません。 通常のレベルアップは食料を消費して基本能力を上げられますが、グレードが上がって行くと消費食料が多くなり、後からアドレナリンラッシュを上げようという気が失せてしまいます。 なので初めからアドレナリンラッシュを上げることを心がけて同じペルソナで最大10人を消費してレベルを上げるようにしましょう。 アドレナリンラッシュレベルが最大になってから普通に上げれ良いのです。 高レベルの対人戦や高ステージではアドレナリンラッシュが勝負の分かれ目となります。 キャラのレベルアップ キャラクターのグレード、星の数によってレベルの上がり方に大きな違いがあります。 アンコモンは2回しかグレードアップできのナイに対して、伝説級は5回もグレードアップできます。 取得した時点のグレードは1、これをゲーム中ではティア1と呼びます。 超レア級のキャラがMAXになると厳密にはティア4の超レアと呼びます。 第4形態=ティア4と覚えていれば良いでしょう。 このサイトについて ウォーキング・デッド サバイバルへの道へをプレイして集めたデータを掲載しております。 また感想なども記載しております。 これからゲームを始める方やプレイ中の方のお役に立てれば幸いです。 ステージごとの食料・資材・サバイバーの数はリーダースキルや出現敵キャラによって違いが生じます。 もしお気づきの点がありましたら、それぞれのページからコメントで報告してください。 注意 このサイトに掲載されているデータはアップデートなどで変更が入ったりして違いが生じます。 加えて個人の有志で掲載しているため、その全てを保障いたしません。 あくまでもゲーム攻略の参考としてください。

次の