パソコン cd ドライブ 開か ない。 取り出しボタンを押してもドライブのトレイが開かない

取り出しボタンを押してもドライブのトレイが開かない

パソコン cd ドライブ 開か ない

パソコンのディスクドライブが開かなくなる事って実はよくあるんです。 パソコンを所有している方であれば、CDやDVDをディスクドライブに入れる事はよくあると思います。 ディスクドライブはソフトのインストールから音楽や映像を楽しんだりするのに必須の部分です。 ですがそれがある日、オープンボタンを押してもウンともスンとも言わない。 パソコンのトラブルって皆さん一度はあると思いますが、結構焦りますよね。 それではそのような状態になったらどうしたらいいのか? また、中にCDーROMやDVD-ROMを入れていた場合、取りだすことはできないのか? この記事ではパソコンのディスクドライブが開かない(出てこない)場合はどうしたらいいのかについて見ていきたいと思います。 Windowsの操作から開く 先ほども述べましたが、パソコンのディスクドライブのオープンボタンを押してもドライブが開かないという事態は結構あるんです。 ですが安心して下さい。 また、何らかの作業中でパソコンの方がディスクドライブを開ける事を拒否する状態になっている場合もあります。 もしそのように拒否された場合、だいたいは再起動すれば普通にオープンボタンで開きます。 それでもダメな時の対処法 ご紹介した方法を試してもダメなようでであれば、「強制イジェクトボタン」というものがあります。 私もこの症状に見舞われたときに調べまわって、強制イジェクトボタンの存在をはじめて知りました。 ディスクドライブの種類によって場所は様々ですが、ディスクドライブ周辺を探ってみると針の穴くらいの小さな穴があるはずです。 見つかったらまずは、この方法をおこなう前に必ずパソコンの電源を落としましょう。 電源を切った後、針やクリップなどのなるべく固くて折れにくいものを用意しましょう。 あとはそれを思いっきり強制イジェクトボタンの中に押し込んでやるだけです。 私の時ははかなり固くて、本当にこれであっているのか?と不安になりながらやりました。 結構な力をこめて押し込んで、ようやく開いたのを鮮明に覚えています。 どうやら原因は焼けつけを起こしていたようで、その後ディスクドライブが機能しなくなってしまっていました。 結局外付けのディスクドライブを一つ新しく用意することになりました。 こうゆう事態にならないようにするためには? 私の場合はこんなことになった原因に心あたりがありました。 当時ハマっていたPCゲームのCD-ROMを常にディスクドライブに入れっぱなしにしていた事です。 毎回起動のたびにCD-ROMを入れるのが面倒で、入れっぱなしにしたまま何度も起動とシャットダウンを繰り返していたのです。 当然PCの起動時には毎回読みこみ、ディスクドライブに負荷がかかっていたのですが当時は「どうせ読み込むんだからいいや」という感覚でむしろそのほうが便利とすら思っていました。 そして、そのゲームに飽きてからも私はそのCD-ROMをディスクドライブに入れっぱなしにしてしまっていたのです。 そうしたらある日、ふとパソコンを起動してもディスクドライブの起動音がしない事に気づきました。 開閉ボタンを押してもウンともスンとも言わないのです。 正直焦りました。 いくら飽きたとは言っても、お気に入りのゲームのCD-ROMが入ったままだったのですから。 もしも私と似たような感じでCD-ROMやDVD-ROMをディスクドライブに入れっぱなしにしている方がいらっしゃったなら絶対にやめておいたほうがいいです。 面倒でも毎回きちんと取りだしてしまいましょう。 おわりに いかがでしたでしょうか? ディスクドライブの開閉は、手動でおこなわなくてもWindowsの操作から開くことができます。 それでも開かない場合は強制イジェクトボタンを押してみてもいいと思いますが、どうしても大事なCDやDVDが入っている場合は、あれやこれやと触る前に一度お店で見てもらほうがいいかもしれません。 ディスクドライブはダメだったとしても、大切なCDやDVDが助かる可能性は高まります。 そしてできるだけ、ディスクドライブの中に入っているCDやDVDは毎回取り出しておきましょうね。 以上がディスクドライブが開かない時にできる対処法に関する記事になります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 スポンサーリンク•

次の

CDドライブが開かない原因や修理方法を分かりやすく解説

パソコン cd ドライブ 開か ない

DVDドライブが開かない原因は特殊な内容ではなく、起動しているソフトウェアやパーツが影響していることが多いです。 今回は、DVDドライブが開かない原因や修理方法を解説していきます。 ・ソフトウェアのロック ・ラベルシールの剥がれ ・そもそもの故障(プーリーベルトの劣化など) それぞれ見ていきましょう。 DVDを再生するためのソフトウェアがエラーなどによってロックをかけてしまうことがあり、この状態になると、DVDドライブの開閉ボタンを押しても反応しなくなります。 今使っているソフトウェアの設定や終了から、DVDドライブの開閉を試してみましょう。 それでもドライブが開かない場合は、パソコン設定の「DVD RW ドライブ」から開閉を試してみてください。 ラベルシールの粘着力はそこまで強くありませんが、プーリーベルトの緩みなど、他の原因と合わさってDVDドライブが開かないことが多いです。 数回ほど開閉を繰り返してみましょう。 DVDドライブはプーリーベルトがチェーンの役割になっており、ここが劣化で緩んでいると開閉できません。 強制イジェクトボタンでDVDドライブを開いてみましょう。 ・休止状態やスタンバイ状態になっている ・ソフトウェアのロック ・一時的なエラー ・BIOSの影響 それぞれ、原因を見ていきましょう。 パケットライティング機能を無効にしてから、DVDの取り出しを試してみましょう。 それでもDVDドライブが開かない場合、BIOSを初期化して試してみてください。 ソフトウェア関連の場合、今使っているソフトウェアの設定や終了でトラブルを解決できます。 しかし、そもそもパーツが故障している場合は、自分で修理をすることは難しいです。 まず、パソコンの電源をOFFにします。 次に、開閉ボタンの周辺にある小さな穴(強制イジェクトボタン)を針金などで突きます。 そうするとDVDドライブが開くので、あとは手動でドライブを引っ張り出せばOKです。 基本的にすべてのソフトウェアを終了してパソコンを再起動すれば、原因不明のトラブルは解決できることが多いです。 その他、ホコリなどでトラブルを起こしているケースもあるため、定期的にクリーナーで内部を掃除しておくことも意識しておきましょう。

次の

Windows10で光学ドライブのトレーが開かない時の対処方法

パソコン cd ドライブ 開か ない

DVDドライブが開かない原因 パソコンでDVDを見たいのに、肝心のDVDドライブが開かなくなったなどのトラブルに遭遇したことはありませんか。 そんな困ったDVDドライブが開かないトラブル。 一体なにが原因で開かなくなったのでしょうか。 まずは原因からみていきましょう。 例えばCDやDVDの書き込み作業をおこなっているときや、ソフトウェア側のエラーが発生してしまった場合などは、ロックがかかってしまうことがあります。 これはDVDドライブも例外ではありません。 例えば、プーリーベルトが緩んでいたり、故障していたりすればDVDドライブどころか、開け閉めもできなくなることでしょう。 また、パソコン内部にほこりが溜まっていたりすると、DVDドライブがうまく起動しなかったりすることもあります。 こういった原因はDVDドライブが開かないだけでなく、うまくDVDを読み込めない原因にもつながりますので注意してください。 DVDドライブが開かない原因別の対処法 DVDドライブが開かなくなってしまったとき、中にDVDが入っている場合、早く取り出してしまいたいことでしょう。 またいつまでもDVDドライブが開かないまま放置するというわけにもいきません。 そこでDVDドライブが開かなくなってしまったときの対処法をご紹介します。 一旦書き込みを終了させれば取り出せるかもしれません。 Windows上での操作を以下では説明します。 再起動させるときはアクセスランプが消えている状態で、起動中のアプリを全部消してから再起動させます。 DVDドライブが開かない原因も不要な電気が溜まっていることが原因かもしれません。 起動しているアプリや作業を全て終わらせてから一度パソコンの電源をきり、周辺機器を取り外してから放置をすることで放電ができます。 この場合は一度、ドライバーが正常に更新されているかどうかの確認をしてみてください。 更新されていなければ、一度更新をしなおしてみましょう。 DVDドライブの起動もこのBIOSを使っておこなわれるため、このプログラムに異常があれば正常に動作しないことも。 BIOSの不具合でDVDドライブが開かない場合は一度BIOSを初期化してみるのも手段です。 しかし、BIOSを初期化するということは、パソコンを購入前の状態に戻すということになります。 もしこの手段を取る場合は、データのバックアップを忘れないようにしましょう。 大切なDVDが取り出せないときの対処法 パソコンから操作してもDVDドライブが開かない場合、物理的にDVDドライブを開けて中身を取り出すほかありません。 しかし、むやみに開けてしまい、パソコンまで壊すなんて自体はなるべく避けなければいけません。 なるべくパソコンを壊さないようにDVDドライブを取り出す方法をご紹介します。 強制イジェクトボタンを利用する パソコンについているDVDドライブには強制的にドライブ内のDVDを取り出せる、強制イジェクトボタンというものがついています。 この強制イジェクトボタンは直径1㎜ほどの穴で、イジェクトボタン(DVDドライブを開け閉めできるボタン)の近くについていることが多いです。 この強制イジェクトボタンを針金などの細い棒で押してみましょう。 こうすることで強制的にDVDドライブを開けることができますよ。 強制イジェクトボタンで開かない場合 強制イジェクトボタンで開かない場合はDVDドライブが本格的に故障している証拠です。 無理やりあけようとすればDVDドライブが破損してしまうことがあります。 また、中にDVDが入っている場合はDVD自体を傷つける結果にもなるでしょう。 安全にDVDを取り出したい場合は修理業者に依頼して取り出してもらってください。 自宅でできるDVDドライブのお手入れ方法 DVDドライブが開かないトラブルや、読み込めないトラブルを避けるためにも、DVDの日々のお手入れが大切になってきます。 DVDドライブはパソコン内部に内蔵されているため、内部を開けて掃除をしなければいけないのかと思われがちですが、簡単な方法でDVDドライブを手入れする方法があります。 それがDVDドライブを掃除してくれるクリーナーです。 DVDドライブにこのレンズクリーナーを入れるだけで、きれいに掃除ができますよ。 DVDドライブはもちろん、CDコンポやDVDプレイヤーにも使えるためぜひ、一度試してみてくださいね。 故障した場合は素人が自分で修理することも難しいため、業者に依頼して修理してもらいましょう。 しかし、業者に依頼するといっても、気になることといえば費用のこと。 万が一修理するとなれば、家計にとっては予定外の出費となります。 出ていく金額をある程度把握しておく、なるべく費用を安く済ませたいと思われる人にも向けて、修理費用についてご紹介します。 DVDドライブの修理費用 DVDドライブの修理費用は業者によって違いがありますが、目安として費用を挙げるなら……。 DVDドライブ:約15,000円~ BDドライブ:約15,000円~ 正確な費用を知りたい人は一度見積もりを依頼しよう 前述した通り、修理費用は業者によって違いがあります。 また、DVDドライブの故障原因や具合によって高くつくこともあるので、正確な費用を把握しておくためにも、一度業者へ見積もりを依頼してみましょう。 より安く納得できる業者にお願いしたい人は複数の業者に見積もりを依頼するのも手段ですね。 まとめ DVDがなかに入っている状態で、DVDドライブが開かないトラブルにあってしまえば「一生中身が取り出せないのか」と焦ってしまうことでしょう。 そんな場合でも一度落ち着いてみて、今回ご紹介した対処法を参考に解決を試みてください。 どの方法でもDVDドライブが開かない場合は、DVDドライブ側に問題があるかもしれません。 故障の可能性もあるので、その場合は一度業者に相談してみてくださいね。 (この記事は2019年3月6日に加筆・修正しています).

次の