妊娠中期 血の塊。 流産?!妊娠中の出血!血の塊が出た時に考えるべきこと

生理で血の塊が出る原因は?レバー状で大きいときは病院へ行くべき?

妊娠中期 血の塊

はじめての妊娠はわからないことばかり…。 「来るはずの生理が遅れてるかも?」 「ちょっと出血したけどその後生理が続いて起こらないけど・・・?」 と困っている方も多いと思います。 妊娠を知らせるための出血である場合、おしるしと言われるものです。 着床出血というものです。 着床出血については以下の記事を参考にしてください。 ・ ・ ・ ・ どんな色?• 茶色く粘り気のあるおりもの状• うっすらとしたピンク色• 真っ赤な鮮血 妊娠初期症状として出欠がみられる確率は50人に1人くらいのようです。 体調がわるくて生理が短かったのかも?と翌々月なんとなく生理が来ないことに気が付くこともあるでしょう。 妊娠中の出血の原因を探る! 子宮や膣などに出来てしまったポリープが原因で出血 子宮内におきる腫瘍による出血 子宮頸管で細菌感染で膣や頸管で炎症が原因で出血 外陰部などに単純ヘルペスウイルスが潜伏して起きる出血 膣部びらん どんな感じなのか? 子宮の入り口、腟部の表面の粘膜が赤くただれる状態です。 皮膚が薄いため、炎症は不正出血が生じやすく、少量の出血がおりものに混ざることが多く見られます。 出典: 出血してしまったら・・どうしたらよいのか! ママはなにをしたらいいの?どう行動したらいいのかまとめてみました。 生理用ナプキンを利用しましょう。 大量に吸わないからいい・・・本数を減らしたからいい・・・・ということは全くありません。 吸った事による体内の影響が心配されるわけです。 血液や酸素が体内で少なくなるため、あかちゃんへ届く酸素や血液が少なくなります。 結果、あかちゃんは苦しい思いをすることになるわけです。 喫煙の影響で 流早産や常位胎盤早期剥離のリスクが高くなります。 受動喫煙の怖さ 受動喫煙は、本人が吸っていなくても、その回りにいる人にも影響があるというわけです。 先日、国会の証人喚問として呼ばれた方が、コルセットが手放せないと言っていました。 自分は吸わないのに・・・とのこと。 通勤時のおける喫煙により身体がぼろぼろになってしまったようです。 健康な人でもこのような事故になるのです。 児の出生体重の減少や低出生体重のリスクがあります。 早産のリスクも増えます。 出産日をカウントダウンして、喫煙以外の楽しいことを見つけましょう。 だめであれば、ママの見えないところで吸ってね。 受動喫煙による影響もあるので、しっかりニコチンが収まってからお部屋に入ってきて欲しいと思います。 喫煙場所も今では少なくなり環境は良くなっていますが、飲食場所ではまだまだ喫煙が見受けられます。 食事処は出来るだけ全面禁煙のお店を選んで下さい。 洗濯や買い物も自由にできないこともあります。 やったことのない作業を自宅でやらなくてはならないことがあります。 めんどくさいし仕事を終わってまた作業することはとても辛いことでしょう。 そこを何とか 助けてもらいたいのです。 生まれてくる私たちのかわいいあかちゃんを抱き上げることを夢見ながら。。。

次の

妊娠中期に出血が起きたらどうする?チェックポイントと気をつけたいこと|たまひよ

妊娠中期 血の塊

普段と変わりのない朝が来た。 トイレに行くと、ティッシュペーパーに鮮血が付いた。 便器内にもぽたぽたと血が落ちている。パニックになった。 「寝ときな」と夫に言われ、ベットに戻る。 すこーしお腹も痛い気がする。 心配そうな夫には、「大丈夫。今日受診してくるから。」と言い、 出勤してもらった。 7:45頃、病院に行き、産婦人科のK先生の診察まで救急外来のベットで 休ませてもらう。 8:30頃、先生が覗きに来て下さった。 「大丈夫だと思うけど、外来で診察してみよう。」 ゆっくり歩いて、外来まで行き診察をうけた。 『胎盤が子宮の入り口近くにあり、出血しやすい状態だから仕事は無理。』との事。 家で安静にするか入院するかと言われた。 出来れば入院は避けたかったけど、 やっと授かった大切な赤ちゃん。何かあってからでは大変なので、夫と相談の上、 大事をとって入院させてもらう事にした。 5月10日までの診断書が出た。数日様子をみて止血していたら週始めには退院できるだろうとの事だった。 少し無理をしてたのかな?赤ちゃんが休みをくれた、と思う事にした。 車椅子で病棟へ。 そして入院。 心細かった。実家に電話をしたら、母と伯母が来てくれた。 病棟師長(副看護局長)が覗きに来て下さった。 「早く帰っても自宅では安静に出来ないから長く入院していたら?」と。 (嫌だ~。早く帰りたい。・・既にこんな事を思っていた。) 出血は朝あったきりで止まっていた。 ウテメリン 張り止めの内服薬)1日3回 1錠ずつと フロモックス 抗生物質 1日3回 1錠ずつが処方された。 お腹は時々重いような、少し痛いようなそんな感じがしていた。 腰も重だるく、のどはよく乾く。張りはよくわからなかった。 4月23日にしてもらっていたおりものの検査の結果、 B群溶連菌(GBS)が出たらしい。 健康な妊婦の10%程度に常在菌として存在する菌で、出産の時に 赤ちゃんに感染すると問題になる菌。妊娠中に治療すれば大丈夫との事。 幸い入院しているので、しばらく毎日洗浄・消毒して膣錠を入れることになった。 私が病院の職員で、面会者があることを予測したK先生の配慮で、 「面会制限」 家族以外の面会制限 の札が掛けられてしまった。 夜、なかなか寝付けない。入院前は、あんなにいつも寝ていたのに。 4月26日 入院2日目) 起床後トイレに行くとティッシュに出血付着。 できれば、早く退院したい・・。でも、赤ちゃんの為、辛い事も我慢、我慢。 4月27日 入院3日目 朝から出血なし。下腹部痛少しあり。出血しないと残りの血液は残ったまま?? 出なくても良いものなんだろうか? K先生訪床 医師のコメント 少しの出血なので、そのまま吸収される事もある。椅子に座ると 腹圧がかかるので体を起こすのは良いが、寝ていた方が良いとの事。 「たれぱんだ」状態が良いらしい。入院時に空いていた個室が、 特別室 トイレ・浴室・流し台・ガスコンロ・ソファー設備)だったので、 室内のトイレに行くのと洗面と下膳の為に1日3回廊下へ出るのが私の運動。 H先生診察 洗浄・消毒・クロマイ膣錠挿入 医師のコメント 出血なし。 でも、まだ出血はするかも知れないけど、大丈夫と。 夕方、何か流出する感じがあったが、出血なし。溶けた膣錠?? お腹の違和感あり。痛いような・・、張ってるような・・・? 赤ちゃんの名前を再び考える。 女の子の候補は有るけど、男の子の名前も考えとかなきゃ・・。 夜中、目が覚める。朝方、津波に襲われる夢を見る。リアルだった・・。 4月28日 入院4日目 出血なし。入院してから排便回数が増えた。 軟便で、ガスもよく出る。フロモックス 抗生物質 のおかげ? お腹が張ったような感じがするのはそのせいかな? 食欲は今ひとつ。主食は食べられるので、病院食の味付け・料理法のせいか・・? 頭が痒くなってきた。洗髪したいよぉ。 日曜日で、夫が来てくれていたので、パズルをして過ごす。 1日寝ているので、夜になると背中・肩・腰が痛くて眠れない。 4月29日 入院5日目 起床後、トイレに行くと普通サイズのナプキン3/4程の薄い赤色の出血が あった。 腹部の感じはいつもと同じ。残っていた出血??だと良いけど。 10:30K先生診察 経膣エコー・洗浄・消毒・クロマイ膣錠挿入) 医師のコメント 出血のたまり具合は同じ位。出血は止まったり、出たりを繰り返すが、 週数が増えて胎盤がしっかり固定していくのを待つしかない。出血している間は 退院は駄目。 赤ちゃんの動きもあり、大きくなっている。帯下(おりもの)はほとんどない。 でも洗髪は介助で、と言われた。 4月30日 入院6日目) お見舞いにいただいたアレンジ花の痛んだ部分を捨て、生けなおした。 少し長く立っていたからか、お腹が痛い感じがした。 朝食後、トイレの便座に座るとちょっと黒っぽい濃い色の出血がポタッと落ちた。 ナプキンには少しだけ薄い血液が付着。 8:15頃K先生訪床 「だんだんへっていくから静かにしておいて」とのこと。 10:00採血・K先生訪床 医師のコメント そろそろ出血が止まっても良い時期。 B群溶連菌(GBS)ガ出ていたので、 感染を起こしているといけない。念のため抗生剤の点滴をする。 長い目で見れば、上手くいくから・・と。 夕食後、発疹・掻み増強。上半身~上肢までに広がっている。 ナースステーションまで行くとH先生が来棟されていたので、診てもらう。 薬疹かもしれないので、ビクシリンは止めになる。フロモックス再開。 血液検査の結果では炎症反応は陰性だったとの事。 20:30すぎK先生訪床 夫がまだ病院にいたので、簡単に病状説明。 医師のコメント ウテメリンの点滴をしたほうが良いのかも・・と。 張りがないので、出血と痛みがなくなればウテメリンも止められるかも・・と。 11:00K先生診察(内診・洗浄・消毒・クロマイ膣錠挿入) 医師のコメント 張りを自覚していなくても、張っている場合もあるので、 点滴をした方が良い事もある。でも、点滴をはじめるとなかなかやめる事が出来ず、 やめたらその反動で、張ることもある。 もう少し内服で様子を見ていく。 清拭・洗面などの後、少しお腹が痛くなる。 夜中も・・。少し気にし過ぎ?? 5月2日 入院7日目)・・妊娠17週 入院がどうも長引きそうなので、特室から個室へ転室させてもらう。 部屋は狭くなったが、がらんとしすぎてなくて逆に良い感じ。 小さな洗面台がついているので便利。 トイレも目の前にある。 もし退院をしても、また出血すれば入院・・になるかもしれないから。 出血は、あっという間に消える人もいれば、 翌日にはまた出血がたまってしまっている人もいる。 私の場合は、今までの経過から行くともう少し時間がかかりそう、と。 午後、下腹部や左下腹部の辺りが、キュー・シカー・チク-という感じで痛くなる。 出血なし。手の振戦あり。 消灯前に体重測定をしてみる。入院前と変わらない。 安静にしていると、体重増加を気にしないといけないんだろう・・。 妊娠前と比べて、+1kg。 薬疹はほとんどひいたようなので、肩に湿布して寝よう。 日中、寝たままで読書をしたり、パズルをしたりしているので、肩がこる。 (おまけに以前から、肩こり持ちである 朝方、バスにぎりぎり間に合う夢を見た。中学時代の同級生が何人かいる。 もっと楽しい夢を見たいもんだ・・・。 5月3日 入院8日目) 脈拍 90~100回/分、右手の振戦あり。 ウテメリンの副作用が時々ひどくなるらしい。 出血なし。腹痛は時々ある。 10:10K先生診察 経膣エコー・洗浄・消毒・クロマイ膣錠挿入) 医師のコメント 血腫像縮小。出血なし。ウテメリンは腹痛のあることがあるので、続行。 シャワーの許可・・3回/週に。 安静にしているのも辛いけど、今まで治療を続けていた5年間に比べれば、 長くても後5ヶ月。短いじゃないか~。頑張るぞー!! 出血もなく、お腹もほとんど痛くないが、午後からズキンズキンと頭が痛い。 5月4日 入院9日目) ホッとした頃に突然やってくるくせもの・・。 下腹痛軽度。 8:15トイレで便座に座るとポタポタと濃色の出血 どろっとした感じの液状のもの あり。 下腹痛あり。 下腹部が硬く、今までより長時間続いている。 21:40腹部キリキリと痛い。 23:00ナプキンに小さく点状に出血あり。 ティッシュが薄くピンク色になる。腹痛は極わずか。 PM、高校時代からの友人達がお見舞いに来てくれた。 県外から来てくれた友人もいた。ゴールデンウィークにみんなで集まろう!と 約束していた矢先の入院だった。だから、みんなが病院まで来てくれたのだった。 みんな子持ちで、すっかりお母さんらしくなっている。 5月5日 入院10日目 トイレから帰室して、ベットに休むと腹痛軽減。 10:00すぎH先生訪床 昨日の出血の事を話す・・・ 医師のコメント 私の場合は出血して子宮内の血腫が少しずつ減っていくパターンなのかも・・と。 連休明けの診察の時に、血腫の量が変わらないか、ぐんと減っているかは あまり期待せずに半々程度に思っておいて下さい・・と。 11:00トイレへ。ナプキンに極々少量の出血が付着。 ティッシュにも薄っすら色ずく程度。頭痛軽度。口渇あり。相変わらず、脈は速め。 とにかく夜は暑い・・。 昨日の夫の夢。・・・夫似の赤ちゃんを抱っこしている夢を見たそう。 かわいかったって。 出血も極少量、腹痛も強くはないので、 内診はしてもらわずに様子をみる事にした。 全前置胎盤の場合、帝王切開になると本に書いてあった。 私の場合は、入り口に近い所に胎盤がある前置胎盤。 この先、子宮が大きくなるに連れて、位置も変わるかもしれないそうだけど、 子宮口を覆ってしまう 全前置胎盤になる)事もあるんだろうか・・。 入院後、毎日1回ドプラーで児心音を聞く事ができる。 今日も赤ちゃんは元気に動いていたらしい。 15:05ナプキンに少量の出血付着。 17:00 〃 左の頬に大きな「しみ」発見。 妊娠中はストレスや貧血が原因で目立ちやすくなるらしい。 出産後は消えるそうなので、ひと安心。 5月7日 入院12日目 起床後、花の手入れをしていたら腹痛出現。やや硬くなった。これが張り?? PM、A先生に車椅子に乗せてもらって、外来へ。経腹エコー。 久し振りの病棟外の景色。看護師や先生とすれ違ったが、 眼鏡をかけてパジャマ姿で車椅子に乗っている私の事を気が付く人はいなかった。 医師のコメント 赤ちゃんの推定体重・・195g 心臓も4つの部屋が見える。手の指も見えている。 今は赤ちゃんは子宮の方に足を向けていて、 胎盤はちょうど私の腹部前面(下腹部)辺りにある。 性別は・・・わからない。 出血がどんな状態かは、経膣エコーでないとわからないとの事。 友人Mちゃんは、14週から性別がわかったそうだ。 どっちでも良いよ。元気に産まれて来てくれるなら・・・。 18:05ティッシュ・ナプキンに少量の出血付着。 20:15 〃 22:00 〃 5月8日 入院13日目) 朝食後、ナプキンに母指大の出血あとあり。 止血したと思って喜んだら、また出血。 いつまで続くんだろう。 ちょっとブルーになった! 10:30K先生診察(経膣エコー・洗浄・消毒・膣錠挿入) 医師のコメント 血腫・・大きさは変わらないが、少し大きく見えるところもある。 胎盤周囲から出血しやすいらしい。 赤ちゃんは元気で、成長もしている。 着床したのが、入り口に近い所だった。 胎盤がしっかりするまで様子を 見ていく しかない。 このまま安静続行で。 入院はあと1週間。 目立った出血などが 無くな れば、自宅安静で・・。 たぶん出産まで、仕事は無理。 何が悲しいのか、とても涙もろい1日。 いろいろ思い浮かべては涙ぐみ・・。 看護師Yさんの治療・妊娠 妊娠中毒症 ・出産の実体験を聞いて涙ぐみ。 テレビドラマの最終回を見て涙ぐみ・・。 友人と話していて涙ぐみ。 夫に、「パソコンしたい~」と言って涙ぐみ。 赤ちゃんが元気ならそれで良いと思っていたものの、出血も完全に止まらず、 どこにも行けないまま2週間経とうとしている。 ひょっとして、ずっとこのまま・・? もし、胎盤がこのまま低い位置にあれば、出産まで出血におびえながら 生活する事になるんだろうな。 突然出血して、流・早産とかになることは 無いんだろうか?もし、出産になれば、帝王切開になるんだろうか? ・・といろいろ考えてしまう。 今までは、看護師の仕事をしてきて気が紛れていたおかげで 辛い事を乗り越えてきたと思うし、HP・PCを通じての友人達との会話で 勇気付けてもらってきたけれど、それも出来ずに孤独な日々を過ごしている。 たかが、あと5ヶ月。 されど5ヶ月。 自由に過ごせる5ヶ月はあっという間だけど、制限のある5ヶ月は苦痛。 でも、赤ちゃんに出会える日が来る事を信じて頑張らなきゃね。 赤ちゃんを守れるのは私だけだもんね。 たぶん夢なんだけど、胎動を感じた。 「ポコ」って感じ。 夢でも良いから、赤ちゃんに会いたいな・・。 5月9日 入院14日目)・・妊娠18週 自分が治療して来て・・今、入院してみて、改めて看護の難しさを痛感する。 看護学校卒業後すぐに働いた産婦人科・小児科の混合病棟で働いていた頃・・ 患者さんに対して、心の看護が出来ていたかどうか・・。 無神経なこと言ってたんじゃないかな・・と反省。 自分が体験して初めてわかる辛さをしみじみと感じる。 たぶん、励まそうとして言った言葉でさえ、 患者にとっては励ましには聴こえない事もある。 患者は、想像以上に、神経質になっているんじゃないかと思う。 1人で、いろいろ考えている。 ゆっくり話を聞いてもらえたらな・・と思うこともある。 でも、なかなか話せないものである。 忙しいだろうって事もよくわかるから。 そんな時、患者である私の目の高さに合わせて、 椅子に座って話を聞いてくださった先生や、 しゃがみこんで今日の様子を聞いてくれる看護師の気持ちが嬉しかった。 本人は、そこまで意識していないかもしれないけど、 無意識にそうできる事って素晴らしい。 患者と目の高さをあわせる事・・看護の基本だと習ったな。 8:55排便前に少しだけ、薄茶色混じりのおりものあり。 お腹が時々ずしーんと痛い気がする。 17:40K先生訪床 医師のコメント 焦らずに、ゆっくりしておくように・・。 ずっと仕事は無理という事を、上司に言っておいた方が良い。 夕食時に、母が買ってきてくれたそばを食べ、給食のおかずのピーマンを 食べたら気持ち悪くなり、トイレで嘔吐。 その後、ご飯とほうれん草を食べた。 これもつわり??歯磨き途中も気持ち悪くなる。 5月10日 突然の入院の為、マタニティのパジャマ1着とショーツ1枚しか まだ購入していなかった。 普段のパジャマ・ショーツで間に合っていたから。 でも、入院中に、どんどんお腹が目立ち始め、ちょっときつくなってきた。 母のおかげで、着々とそろってきた。 この日は、腹巻式の腹帯を買ってきてくれた。 10:35K先生診察 消毒・洗浄・膣錠挿入) 医師のコメント 血管が豊富で少しの事で出血しやすい。 安静に。 良くはなって来ている。 5/15に診察をして、経過がよければ19日頃退院に。 今までは仕事で、1階から4階まで自由に動き回っていた。 同じ病院の中なのに、限られた範囲でしか動けない。 頭がずーんと痛い。 仰臥位も少しつらい。 お腹が苦しい。 胸焼けも続く。 その割に、差し入れのケーキは食べられる。 友人が持って来てくれた「わたしがあなたを選びました」の詩を読んで、 涙・・・。 妊娠中に読むとまた違うんだな・・・。 5月11日 入院16日目 朝から腰と頭が痛い。 10:00すぎA先生訪床 医師のコメント 血腫は残っているので、出るか吸収されていくか・・というところ。 古い血は赤黒くどろっとした塊の事もある。 そろそろ退院かと思っていたけど、19日かぁ・・と。 午後、時々だけど下腹部が硬くなった。 痛みあり。 18:00排便後、薄茶色のものやおりものみたいなものが少しティッシュに付着。 21:00 〃 5月12日 入院17日目 10:45排便後、ティッシュに薄い茶色のもの付着。 12:55 〃 時々お腹が硬くなる。 本日は2回。 児心音が速いと女の子の事が多い、とN助産師さん。 どっちかな? ぽっこりと膨らんだお腹を触り親になる事を実感する・・・。 長くてもあと5ヶ月で母になる。 5月13日 入院18日目 児心音、なかなか拾えず。 男の子かな?と別のN助産師さん。 時々、下腹部に痛いような、重いような感じあり。 5月14日 入院19日目 1日中、胃の辺りがドーンとしている。 5月15日 入院20日目 10:40K先生診察 経膣エコー・洗浄・消毒・膣錠挿入 医師のコメント 血腫減少。 以後は自宅安静で。 2週間以内くらいに胎動もわかるだろう。 明日以降、退院OK。 掃除・洗濯以外の家事OK。 座位OK。 買い物・仕事は駄目。 すぐにでも帰りたいところだが・・ 夫は休めないらしいので、土曜日に退院する事になりそう・・。 夜中、熟睡できなかった。 朝から頭痛あり、だんだん増強。 アイスノンを貸してもらい、ずっと寝ていた。 お昼前には、ズキズキ痛むほどにまでなった。 入院してから、1番ひどい頭痛。 胃の辺りがもやもやして、食欲も無かったので、昼食が来てもそのまま寝ていた。 腹部全体がキリーッと痛かったけど、いつの間にか眠ってしまっていた。 14:00頃、目が覚めたら頭痛は軽減していた。 昼食の摂取量を聞きに、担当看護師訪床。 「頭痛時の指示をもらったので、また言ってね。 こんなに時間がたったら、治るってー。 もっと早くに欲しかった。 14:10トイレに行くと・・・ ナプキン1/2程に薄黄色っぽい透明の液体と、薄い色の血液が付着。 ぺらぺらとした感じの小さな膜状の赤いものが1ケ落ちた。 退院目前なのに・・とか、何が起こっているんだろう・・とか、 これからもこういうことがあるんだろうか・・と思ったら、涙が出てきて 1人で泣いていた。 この日、手術を受ける患者さんがおられて、先生もスタッフも忙しそうだった。 ナプキンは、しばらく誰かに見てもらっとこうと思って、残しておいた。 でも、今すぐにナースコールを押して来てもらうほどでもないか・・と思って、 担当看護師が来てくれるのを待っている事にした。 でも・・待ち人来たらず。 食器を返しに行った帰り、H先生に廊下で出会ったので、出血した事を言った。 医師のコメント お腹が痛かったときに、収縮して出血したのかな? 今日は静かにしておくように・・。 「泣かんでも良いよ。 心配せんでも大丈夫やから。 」と先生は言ってくださった。 ずっと静かにしてるのに。 安静にしていても同じだ!と感じてしまうのだった。 透明っぽい液体の事は言いそびれてしまった。 帰室後、鏡を見たら目が真っ赤になっていた・・。 診察してみるとの事。 退院できるかな・・。 また延びるかな?嫌な予感、外れますように。 17:00すぎK先生診察(破水反応検査・経膣エコー・洗浄・消毒・膣錠挿入 医師のコメント 液体は、破水ではなかった。 血腫の増大なし。 残っていた血液かな? 出血する間は、退院は無理。 3~5日間だけでも延期にした方が良い。 炎症止めのために、明日から毎日薬剤 ミラクリット の付いたタンポンを入れる。 私と同姓の人が、あと2人入院中との事。 カヨコさんと、ミヨコさん。 ややこしそう・・・。 診察や、配膳の時に名前を確認される。 21:00腹部どーんとしている。 頭痛もわずかに残っているが、薬を飲むほどではない。 朝のアイスノンがひんやり気持ち良かったので、そのまま借りておく事にした。 5月17日 入院22日目 6:40トイレに行くと、ティッシュに赤茶色の出血少量あり。 下腹部、どーん・ずーんとしている。 8:00ティッシュにやや粘調なおりものに、 薄茶色~オレンジ色が混じったようなものがつく。 8:20朝食の為に座っていると、キューッと腹痛あり。 10:00ティッシュにやや粘調なおりものに、 薄茶色~オレンジ色が混じったようなものがつく。 10:30K先生診察(経膣エコー・洗浄・消毒・膣錠とミラクリットタンポン挿入 医師のコメント 前置胎盤あるいは前置血管。 子宮の入り口に胎盤や血管がある。 着床が胎盤の近くになってしまった。 出産前には、胎盤の位置が変わるかもしれないが、すぐにという訳には行かない。 出血したり、しなかったりがしばらく続くかも。 炎症止めのミラクリットタンポンを挿入。 5時間後に自己抜去を、とのこと。 タンポンは初めての経験。 そんなに違和感は無い感じ。 退院が延期になったことは残念だけど、赤ちゃんのことを1番に考えて・・我慢。 15:30タンポン抜去。 お腹と頭が少し痛い。 20:30右側臥位で寝ていたら、お腹の中の前の方を物が通った感じがした。 もにょもにょ・むにゅーという感じ。 腸が動くのとは違う、不思議な感覚。 頭痛は軽減。 5月18日 入院23日目 朝目覚めて、赤ちゃんが動くかを確かめるべく、じっとして待つ。 むにゅー・もにょ・・と小さいけれど昨日と同様の感じがする。 お臍よりも少し下の前方に。 10:25K先生診察(洗浄・消毒・膣錠とタンポン挿入 医師のコメント 出血なし。 PM時々、下腹部痛あり。 座っていると必ずといって良い位にお腹がじわーっと 痛くなり、張ってくる感じがする。 5月19日 入院24日目 朝から少し頭痛あり。お腹もずーんとしている事がある。 11:00K先生診察(洗浄・消毒・膣錠とタンポン挿入 医師のコメント 出血なし。夜眠れないと言ったら、早く帰れるようにしよう!と。 入院は、あと1週間。 昼食後、左下腹部が痛くなる。 夕食後にもお腹が張ってくる。 昼間お昼寝したせいか、夜にはやっぱり目が覚める。お腹も少し痛い。 5月20日 入院25日目 9:40A先生診察(洗浄・消毒・タンポン挿入 医師のコメント 張りは体質? 副看護局長、訪床。 でも、やっぱり自宅が1番! 15:00~16:00まで頭痛続いていた。でも、薬を飲むほどは痛くない。 21:55消灯を過ぎて、頭痛があった。 K先生が「眠前に痛い時は薬を飲んでみて」と言われていたので、 カロナール 鎮痛剤)を服用。 お腹もよく張る。 5月21日(入院26日目 9:15H先生診察(洗浄・消毒・タンポン挿入 後頭部~頚部まで、頭痛あり、カロナール服用。 10:05頭痛軽減。腹部キューッと痛くなり、硬くなった。 10:35頭痛まだある。ズキズキする。 11:15お腹が張る。 12:45昼食後に排便があり、その後気分が悪くなって嘔吐した。 夕食後にも嘔吐。 張り・腹痛は昨日に比べて、少なく感じる。でも30分程座っていると張ってくる。 頭痛・張りがあるので、寝ていることが多い。 夫がMDプレーヤーを持って来てくれた。 赤ちゃんに良く聞こえるようにスピーカーをお腹の前に置いた。 脈は相変わらず速め。80~100回/分代。 いつもお酒を飲んで酔っ払っているような状態。 5月22日 入院27日目 10:45K先生診察(経膣エコー・洗浄・消毒・膣錠とタンポン挿入 医師のコメント 退院OK。 25日に決定。 1時間に1回程度の張りであれば問題ない。シャワーも毎日してOK。 今日は張ることが少ない。 試しに30分座って本を読んでみた。 大丈夫だと思っていたが、横になるとお腹がキューッと硬くなった。 やっぱり静かにしている方が良いのかな? 歩いた後、少しお腹が痛くなった。 尿の回数もいつもより少なめだったかな。 空腹感も感じるようになった。食欲あり! 5月23日 入院28日目 0:00過ぎから6:00過ぎの訪床まで、熟睡できた。 夢を見ていた。掃除をしていて、その後にモーニング娘みたいなグループと 踊っていた。夢の中でもお腹の赤ちゃんを気遣っていた。 AM1回だけお腹が張った。ゴロゴロして、パズルをしてたんだけどな・・。 12:15H先生診察(洗浄・消毒・タンポン挿入 PM時々お腹が張る。でも回数は減っている。 5月24日 入院29日目 朝トイレに行ったら、洋式トイレが空いていなくて、和式トイレに入った。 帰室後、お腹が少し張っていた。和式は良くないらしい。 11:30K先生診察(洗浄・消毒・膣錠とタンポン挿入 医師のコメント 明日、診察(膣錠とタンポン挿入)後に退院OK。 貧血が少しあるため、鉄剤(フェロミア50mg 1日1錠)追加となる。 ウテメリンは1日4錠のままで続行。 もし、出血があれば、病院に連絡する事。 1時間以内の外出OK。 静かに家の中で過ごす事。 通院は近くなので自分で車の運転をして来てもOK。 でも、しないほうが良い。 5月25日 入院30日目 数日前から、荷物を少しずつ持って帰ってもらっていた。 残っていた荷物を少し整頓する。 10:00K先生診察(洗浄・消毒・膣錠とタンポン挿入 医師のコメント ウテメリンは動悸がひどいようなら、4錠から3錠に減量してもOK。 妊娠初期の順調さに油断していました。 でも、1ヶ月の入院だけで済んで良かった・・・。.

次の

妊娠初期に出血の中に血の塊?

妊娠中期 血の塊

妊娠中の出血の原因とは?流産の可能性はある? 妊娠中の出血の原因は、 妊娠の時期によっても変わってきますが、 正常な場合は出血は起こりません。 ですから、 出血をするということは 何らかの原因があるとされています。 出血の種類によっては、 流産の危険性もあるので、 慎重に対処しなければなりません。 原因として考えられるのは、 妊娠超初期のときは胎児の染色体異常ですが、 その他の原因は、• 絨毛膜下血腫 じゅうもうまくかけっしゅ• 化学流産• 切迫流産• 子宮外妊娠 異所性妊娠) 妊娠している時期に関係なく、 血の塊がでたら流産の可能性が高くなります。 ですが諦めるのは早いです。 早期に対処すれば、 流産になることは十分に避けられるので、 必ず医師の言うことは守ってくださいね! この場合、医師から言われることは、 「絶対安静」と言われるでしょう。 絶対安静とは、、、 約2週間程度、自宅でトイレとお風呂以外は 通常ずっと寝たきりの生活ということです。 切迫流産 などが考えられるので、病院に連絡しましょう。 ピンクや赤色のおりものの場合でも、 出血があったら医師に伝えてください。 妊娠初期には出血はよくあることなので、 流産にならないためにも、 しっかりと早期に対処しておくことが大切です。 少量の出血がある場合は、 絶対安静をすすめられるでしょう。 自己判断はしないで、医師の指示に従うことが 胎児の安全性を守るためでもあるのです。 腹痛がある時はどうしたらいい? 腹痛がある場合は、 横になって休むことが一番です。 また、以下の症状が一緒に起こると 危険なので病院に連絡を入れましょう。 お腹の張り 妊娠初期の腹痛やお腹の張りは、 子宮の収縮が起こっている状態です。 流産などの危険を伴うこともあるので、 早めの対処が必要です。 子宮膣部びらん• 子宮頸管ポリープ• 子宮外妊娠• 胞状奇胎 などが原因かもしれません。 特に、 子宮外妊娠と 胞状奇胎は、 放っておくと危険なので出血が続くのであれば 早めに病院に行きましょう。 自宅で安静にしても、 出血や腹痛が治まらない場合は、 病院で診てもらいましょう。 また、激痛や大量出血の場合は、 すぐに病院へ連絡を入れることです。 安定期のころと妊娠後期の出血の原因をまとめたので、 頭の中に入れておくといいでしょう。 まとめ 妊娠中の出血には、 色々な病気が関わってくることが 分かりましたね。 少量の出血の場合は、 安静にしていても出血が治まらなければ、 病院へ行くことに、、、 血の塊があったり、腹痛を伴う場合は、 すぐに病院へ連絡を入れるようにしましょう。 また、 出血や腹痛やお腹の張りがあり 治まったときでも、 医師には伝えておくことが必要ですよ。 出産までの間は、 何が起こるか分かりません。 そのとき、そのときに起こることを 対処しながら無理なく生活していきましょう。

次の