不幸 が あっ た 時 の 正月。 年末身内に不幸の場合の年賀状 危篤や急逝で喪中はがき間に合わない?

不幸があった場合の神棚封じ~親族の範囲と神を封印する理由と作法~ | 神棚と日本

不幸 が あっ た 時 の 正月

スポンサーリンク 神棚は喪中の間お供えや参拝はどうする? まず結論から言うと、 家庭内で不幸があったときには、神棚には一切触れてはなりません。 お供えや参拝、掃除など、いかなる行為も慎まねばならないのです。 なぜかというと、神道では 死を「穢れ」(けがれ)とする概念があり、 忌み嫌うからです。 穢れとは、死が汚れているという意味ではなく、「気枯れ」とも書き、 「死 = 気が枯れた状態」であると捉える考え方です。 また、身内に不幸があると人は悲しみに暮れて落ち込むものですが、 そのように遺族が深く悲しみ、そして暗く沈んでいるような状態も、 死と同様に気が枯れている状態 =「穢れ」と考えます。 したがって、不幸があった家は家庭全体が穢れている状態であり、 その 穢れを身に纏った状態、すなわち気が枯れている状態で、 神棚の神様に接してはならないとされているわけです。 このため、身内に不幸があった家庭では、 「神棚封じ」といって、中におわす神様に穢れが及ばないように、 神棚の正面に半紙を貼り、封印するのが正式な作法です。 具体的なやり方は、神棚の扉をすべて閉じ、お供えや榊を撤収し、 しめ縄に白い半紙を貼り付けて、神棚の正面が隠れるように封じます。 画鋲などで穴を開けないよう、テープや糊で固定して下さい。 この神棚封じも、本来は第三者に行っていただくといいのですが、 最近は遺族が行うということも多くなっているのが実情ですので、 他に誰もいなければご遺族で臨機応変に対応しましょう。 そして、封印後は一定期間が経過するまで神棚に触れてはなりません。 参拝や掃除など、全ての行為を慎むようにしてください。 スポンサーリンク 神棚の喪中の期間はいつまで? 神棚封じを行った後は、いつその封印を解けばいのでしょうか? 喪中といえば一年間では?と言われる方も多いですが、 神棚の封印期間は忌中の間になります。 「喪中」と「忌中」は明確に違い、 忌中とは、一般的に五十日祭(仏式の四十九日法要)までを言い、 喪中でも、忌が明ければ神様と接することが許されます。 したがって、忌が明けたら神棚を封印している半紙を取り除き、 その後は、お供え、参拝、掃除など、普段通りに行って大丈夫です。 上記のように、50日祭が終わるまで神棚封じを行うのが一般的ですが、 こういった忌中や喪中などのような昔からのしきたりや習慣に関しては、 地域や家庭ごとに独自の風習があったりすることがあります。 明治時代には太政官布告「服忌令」という法律があり、 故人との関係ごとに細かく服忌期間が法律で定められていました。 例:父母50日、夫 30日、妻 20日、兄弟姉妹 20日など。 しかし現在は廃止されていて、服忌に関する法律はありませんので、 それぞれの地域、ご家庭ごとに決められた習慣があればそれに従い、 特別になければ、50日祭を区切りと考えて差し支えありません。 神棚のお札の交換は喪中の時はどうする? 神棚に納めている御札は、毎年お正月に新しいものに交換しますが、 忌中にお正月を迎える場合はどうしたらいいでしょう? 忌中で神棚に触れるのは、タブーを侵すこととわかってはいても、 かといって、お正月に御札の交換をしないということもまた、 別の意味で失礼なのではないかと思ってしまいますよね。 これは非常に迷いやすく、多くの方が悩むところですが、 これには明確な答えがあります。 神棚の御札の交換は、忌が明けてから行うのが正しい作法です。 いかにお正月でも、忌中に神棚に触れてはならないのです。 したがって、 忌明けまでは御札の交換も行なってはならない、 ということです。 また、そもそも忌中には神社の参拝も慎まねばなりません。 そのため、新しい御札をいただきに行くこともできませんので、 その意味でも御札の交換は忌が明けてから行うことになります。 お焚き上げやどんど焼きなどが、多くの神社で1月15日頃に 行われるため、それまでに御札の交換をしなければいけないと 勘違いされている方もいますが、そんなことはありません。 古神札を納めることや、新しい御札をいただくこと、 そのどちらもいつでもできますので、忌が明けるまで待って、 それから神社へお参りして御札を交換するようにしましょう。 まとめ 喪中の神棚の取り扱い方について書きましたが、 疑問点は解決できましたでしょうか? 簡単にまとめると、家庭内で不幸があった場合は、 50日祭が終わる忌明けまでは、神棚を半紙などで封印します。 忌明け後は、封印を外して普段通りお供えや参拝ができます。 忌中にお正月を迎える場合、正月といえども神棚には触れず、 忌明けまで待って御札の交換を行うのが正しいやり方です。 神棚は、家の中にある小さな神社であり、 神様がおられる神聖な場所ですので、決して粗末に扱わず、 神道の作法に則って正しく取り扱いましょう。

次の

身内に不幸があった場合の正月のおせちについて教えて頂きたいのですが年賀...

不幸 が あっ た 時 の 正月

最近は家族葬などが増えてきてあまりお通夜や葬儀に参列する機会もめっきり減りました。 しかし突然知人や友人から「身内に不幸があってお通夜とお葬式がある」と電話やメールがあった時とっさにどんな言葉を相手にかけますか? 意外と「・・・・」と絶句してしまいがちです。 身内に不幸があった人にかける言葉(メール含む)や挨拶 突然の身内の不幸に相手も深く落ち込んでいることでしょう。 それくらい身内との別れは辛いものです。 相手の気持ちを思いやって優しく接してあげてくださいね。 身内に不幸があった人にかける挨拶や言葉として一般的なもの 言われてみれば何度も聞いたことがある言葉なのですが、こちらも動転していてすぐに思いつかないかもしれませんが一般的な具体例はこんな感じです。 「なんと言っていいかわからないけど・・・(沈黙)」 「よくがんばったよ」 「無理すんなよ」 「辛かったね」「辛いよな」 「できることがあったら言ってくれ」 「今度おいしいもの食べに行こうぜ」 「いつでも都合の良い時を言ってくれ!話、聞くから」 「今はゆっくり休んで」 「俺は(私は)いつでもあなたの味方だよ」 「みんなわかってるよ」 「ちょっとひと息ついてみたら」 「なんとかなるよ!」 「大変だったね」 「大丈夫?元気出してね。 」 ひょっとしたら通夜式や葬儀の受付に困って連絡してきたのかもしれません。 そのあたりの気持ちも汲み取って「なにかできることがあれば遠慮なく言ってくれ」というのも相手にとってはうれしい言葉かもしれません。 身内に不幸があった人にかける言葉(メール含む)や挨拶でNGワード 身内に不幸があったご家族様にかける言葉としてふさわしくNGワードもありますから気をつけてくださいね。 直接ストレートに「死」を表現する言葉 「死亡」「死んだ」 不幸が重なる?続く?ことを連想させる言葉 「重ね重ね」「ますます」「再び」「返す返す」「皆々様」 宗教上不適切な言葉 「浮かばれない」「迷う」(仏教) 「冥福」「供養」「成仏」「大往生」(神道・キリスト教) お通夜・葬儀の際にはあまり具体的な死亡理由は聞かない方が良い 意外とデリカシーの無い人も少なからずいるものです。 通夜・葬儀の時にはひどく落ち込んでいるのが当たり前です。 そんな状況で根掘り葉掘り死亡理由を聞くのもいかがなものでしょうか? 身内に不幸があった親族ならばまだ心の整理もついていないのにそんな説明をするのは辛いものです。 また必ずしも病気や事故とも限らないので相手が話し出すまではその話題に触れないでおく心配りも大事です。 相手が自分に身内に不幸があったことを言わない? ならあえて声かけせず弔電だけにしてあげるのも優しさ 今の時代 さまざまな親子関係・兄弟関係・親戚関係があるものです。 あえて自分の身内に不幸があったことを言わない?という方もいます。 またなにかの事情であなたに伝わらなかったのかもしれません。 身内に不幸があってもそんな素振りもみせず普段通りに振舞っているのなら あえてなにも聞かずに知らないふりをしてあげるのも優しさではないでしょうか? いろいろと聞きたいこともあるでしょう。 でもそこをぐっとこらえて相手から話してくれるのをじっと待ってあげてください。 あえて 『儀礼的な弔電だけにする』のもひとつの優しさかも? 電話やメールがかえって身内や家族を亡くした相手に負担をかけることもあります。 メールをもらえば「返信しなければ?」と思うかもしれません。 電話の連絡が来たら、親など身内が「亡くなった状況(病名など)や理由(秘密にしていたこと)を説明しなければいけない」と思うかもしれません。 これってかなり辛いことなんです。 私も父親の葬儀の時にはそう感じました。 私が代表を務めている会社が参加している業界団体では慶弔見舞金があり、従業員がよかれと思ってすぐに私の父の死亡を伝えました。 そこから参加各社に葬儀の通知が行くことになっていることに気が付きませんでした。 すると取引関係者(父の葬儀も伝えていない)からの連絡や通夜の参列が殺到してしまいました。 わざわざ連絡してくれたり参列してくれた方には感謝の気持ちしかありませんが、何度も何度も父が亡くなる病名や介護の状況を説明することはとても辛かったです。 親の介護や看取りで自分自身の 「もっとできたんじゃないか?」という後悔 「ほんまにお父ちゃんが死んでしもた」という悲しみ それを何度も繰り返し話すのは本当に辛いのです。 ですから、 メールや電話はあえて遠慮して弔電だけにしてその場をそっとしてあげるというのもひとつの優しさじゃないかな?」とも思います。 確かに儀礼的な弔電だけでは 「こっちの気持ちが伝わらない?」 「なんとか元気を出して欲しい!なんとか励ましてあげたい!」 と考えるのもわかりますが儀礼的な弔電だけでも当事者にとっては十分伝わるものです。 今はこんなに簡単にインターネットから弔電も送れます。 身内が亡くなってバタバタしている相手に負担をかけないようにしてあげるのもよいかもしれません。 弔電には安くて便利なネット専用弔電配達サービス| がすすめです。

次の

喪中の正月。お供え(鏡餅)・料理・門松は用意して良い?

不幸 が あっ た 時 の 正月

最近は家族葬などが増えてきてあまりお通夜や葬儀に参列する機会もめっきり減りました。 しかし突然知人や友人から「身内に不幸があってお通夜とお葬式がある」と電話やメールがあった時とっさにどんな言葉を相手にかけますか? 意外と「・・・・」と絶句してしまいがちです。 身内に不幸があった人にかける言葉(メール含む)や挨拶 突然の身内の不幸に相手も深く落ち込んでいることでしょう。 それくらい身内との別れは辛いものです。 相手の気持ちを思いやって優しく接してあげてくださいね。 身内に不幸があった人にかける挨拶や言葉として一般的なもの 言われてみれば何度も聞いたことがある言葉なのですが、こちらも動転していてすぐに思いつかないかもしれませんが一般的な具体例はこんな感じです。 「なんと言っていいかわからないけど・・・(沈黙)」 「よくがんばったよ」 「無理すんなよ」 「辛かったね」「辛いよな」 「できることがあったら言ってくれ」 「今度おいしいもの食べに行こうぜ」 「いつでも都合の良い時を言ってくれ!話、聞くから」 「今はゆっくり休んで」 「俺は(私は)いつでもあなたの味方だよ」 「みんなわかってるよ」 「ちょっとひと息ついてみたら」 「なんとかなるよ!」 「大変だったね」 「大丈夫?元気出してね。 」 ひょっとしたら通夜式や葬儀の受付に困って連絡してきたのかもしれません。 そのあたりの気持ちも汲み取って「なにかできることがあれば遠慮なく言ってくれ」というのも相手にとってはうれしい言葉かもしれません。 身内に不幸があった人にかける言葉(メール含む)や挨拶でNGワード 身内に不幸があったご家族様にかける言葉としてふさわしくNGワードもありますから気をつけてくださいね。 直接ストレートに「死」を表現する言葉 「死亡」「死んだ」 不幸が重なる?続く?ことを連想させる言葉 「重ね重ね」「ますます」「再び」「返す返す」「皆々様」 宗教上不適切な言葉 「浮かばれない」「迷う」(仏教) 「冥福」「供養」「成仏」「大往生」(神道・キリスト教) お通夜・葬儀の際にはあまり具体的な死亡理由は聞かない方が良い 意外とデリカシーの無い人も少なからずいるものです。 通夜・葬儀の時にはひどく落ち込んでいるのが当たり前です。 そんな状況で根掘り葉掘り死亡理由を聞くのもいかがなものでしょうか? 身内に不幸があった親族ならばまだ心の整理もついていないのにそんな説明をするのは辛いものです。 また必ずしも病気や事故とも限らないので相手が話し出すまではその話題に触れないでおく心配りも大事です。 相手が自分に身内に不幸があったことを言わない? ならあえて声かけせず弔電だけにしてあげるのも優しさ 今の時代 さまざまな親子関係・兄弟関係・親戚関係があるものです。 あえて自分の身内に不幸があったことを言わない?という方もいます。 またなにかの事情であなたに伝わらなかったのかもしれません。 身内に不幸があってもそんな素振りもみせず普段通りに振舞っているのなら あえてなにも聞かずに知らないふりをしてあげるのも優しさではないでしょうか? いろいろと聞きたいこともあるでしょう。 でもそこをぐっとこらえて相手から話してくれるのをじっと待ってあげてください。 あえて 『儀礼的な弔電だけにする』のもひとつの優しさかも? 電話やメールがかえって身内や家族を亡くした相手に負担をかけることもあります。 メールをもらえば「返信しなければ?」と思うかもしれません。 電話の連絡が来たら、親など身内が「亡くなった状況(病名など)や理由(秘密にしていたこと)を説明しなければいけない」と思うかもしれません。 これってかなり辛いことなんです。 私も父親の葬儀の時にはそう感じました。 私が代表を務めている会社が参加している業界団体では慶弔見舞金があり、従業員がよかれと思ってすぐに私の父の死亡を伝えました。 そこから参加各社に葬儀の通知が行くことになっていることに気が付きませんでした。 すると取引関係者(父の葬儀も伝えていない)からの連絡や通夜の参列が殺到してしまいました。 わざわざ連絡してくれたり参列してくれた方には感謝の気持ちしかありませんが、何度も何度も父が亡くなる病名や介護の状況を説明することはとても辛かったです。 親の介護や看取りで自分自身の 「もっとできたんじゃないか?」という後悔 「ほんまにお父ちゃんが死んでしもた」という悲しみ それを何度も繰り返し話すのは本当に辛いのです。 ですから、 メールや電話はあえて遠慮して弔電だけにしてその場をそっとしてあげるというのもひとつの優しさじゃないかな?」とも思います。 確かに儀礼的な弔電だけでは 「こっちの気持ちが伝わらない?」 「なんとか元気を出して欲しい!なんとか励ましてあげたい!」 と考えるのもわかりますが儀礼的な弔電だけでも当事者にとっては十分伝わるものです。 今はこんなに簡単にインターネットから弔電も送れます。 身内が亡くなってバタバタしている相手に負担をかけないようにしてあげるのもよいかもしれません。 弔電には安くて便利なネット専用弔電配達サービス| がすすめです。

次の