お腹 ゆるい 原因。 納豆、塩麹、ヨーグルト。でもその腸活がトラブルの原因かも?

腹鳴とは!お腹が鳴る原因(ゴロゴロ、グウグウ、グゥー、ポコポコ)

お腹 ゆるい 原因

お腹がゆるくなる原因は何? 健康な便は適度に水分があり、スムーズに 排便てきます。 お腹がゆるくなると、便の水分が増えて しまい全体の9割が水になると 『水下痢』 と呼ばれる水のような便が出てくるのです。 通常皆さんが下痢と呼ぶのは、水分が 8割前後でいつもよりお腹が痛んだり お腹がゆるく感じるものなんですよ。 腸の運動が盛んになる お腹がゆるくなるのは、腸のゼン動 運動が過剰に働いてしまうので、 消化されたものがいつもり早くに 老廃物になるからです。 そうなると腸の中に水分が上手く吸収 できずに、老廃物として便と混ざり でてしまうのです。 お腹がゴロゴロしてゆるくなると 下痢になり排泄されるようになります。 急性胃腸炎 お腹がゆるくなる原因に胃腸炎が あります。 ウィルスや細菌が原因の食中毒に 食物アレルギーによる胃腸炎など でしょう。 免疫機能が、細菌やウィルスを関知 すると防御する為に働き、早く体の 外に出そうとします。 そうなると下痢を起こしやすく、 吐き気や腹痛も起こしやすく なります。 ノロウィルスやロタウィルスなども 胃腸炎で有名ですし、 お腹がゆるくなった途端に症状が悪化 するのも特徴です。 過敏性腸症候群 腸が元々弱かったりすると、ストレスに より腸の動きが過剰に活発になりお腹が ゆるくなります。 通常の下痢よりも、水っぽくなり しぶるような痛みが出てくる事も あるのです。 スポンサーリンク お腹のゆるいのを止めたい時には お腹がゆるくなれば下痢が起こります。 そもそも下痢は、体に吸収されるべき 水分が 同時に出ていっている状態です から水分補給は基本です。 お腹がゆるい時は、できるだけ 温かい 飲み物が良いので、白湯や番茶、常温 のスポーツドリンクなどをゆっくりと 飲むようにしてください。 冷たい飲み物は、余計に腸を刺激します ので小分けにして水分を取っていきましょう。 ウィルスでの下痢は病院に! お腹に細菌やウィルスが入り込んで 急性の胃腸炎を起こしている場合には、 下痢止めを使わずに直ぐに医療機関を 受診しましょう。 ウィルスや細菌を排出しようと下痢を 起こしていますから、無理に下痢止めを 飲むとウィルスや細菌が体内に残りやすく なります。 下痢止めを飲んでよい場合 冷えや食べすぎに飲みすぎ、過敏性 腸症候群の場合には下痢止めで止め ても構いません。 過敏性腸症候群はセロトニンを安定させる事 たびたびお腹がゆるくなると下痢止めは 欠かせません。 特に過敏性腸症候群の場合は 『いつお腹がゆるくなるか分からない』ので 水を飲まなくても下痢を止める薬が 主流で使われます。 セロトニンが過敏性腸症候群と深い 関係にあるのは、ストレスが原因で あらわれることから注目されています。 セロトニンは腸内でつくられるので、 お腹の調子を良くすることは精神的な バランスも取りやすく、ストレスを 溜めにくくします。 腸内が元気な人はストレスフリーで 元気でいられるのです。 ストレスだけでなく腸内環境が乱れると 色々と体調を悪くしてしまいます。 病院で治療をすれば、下痢や腹痛も治り ますが、日頃から食事や生活リズムを 整えておく事も忘れずに。 26ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: , ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ:• 4ビュー カテゴリ: , ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,.

次の

腹痛なしの軟便・下痢便が続くのが気になる。大丈夫!?

お腹 ゆるい 原因

2015年11月18日(水)にNHKで放送された 「ためしてガッテン」は、「ユルいおなかの新犯人! 下痢ピンチ解決スペシャル」でした。 突然襲ってきて、人生の奈落の底に突き落とすのが、「下痢」。 何の前触れもなく襲いかかってくるお腹のゆるみ・下痢って非常に厄介ですよね。 まだ近場にトイレがあればなんとかなりますが、最悪なのが例えば満員電車の中の身動きが取れない状況下で腹痛に襲われた場合や、近くにトイレがない状態で襲われた場合。 こんな悲劇的な状況で下痢のつらさが訪れた日には冷や汗やら涙目を通り越して、心は大号泣してますよね。 どこにも救いがない状況での腹痛は、神を恨む以外にありません(苦笑)。 今回の「ためしてガッテン」では、まさにこのお腹のゆるさ・下痢をもたらすとされる原因を追究し、その原因を真犯人として発表していました。 その真犯人とは、非常にありふれた食材たちに含まれている「糖」と、胆のうにためられている「胆汁」の2つ。 普段からお腹がゆるくて下痢しがちだという人は、この情報を頭の中に入れているだけでリスクヘッジすることにつながります。 また番組内では、腸の調子を整える朝ご飯のコツもレクチャーされていました。 以下、番組内で紹介された「下痢・ゆるいお腹の解消法」を簡単にまとめましたので、お腹のゆるさとおさらばしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください! 糖ゆるいお腹になってしまう原因のひとつは「糖」。 「糖」は、医療用の下剤としても使用されているほど、下痢を誘発する効果をもっています。 そのメカニズムは次の通り。 まず、下痢に関して大きく関わってくるのが小腸と大腸です。 小腸は分解酵素によって食べ物を分解し、体内に吸収してくれます。 この小腸の働きがナチュラルに行われている人はお腹がゆるくなりません。 しかし小腸の分解酵素の力が落ちてしまうと、糖は分解・吸収されることなく大腸の方に行ってしまいます。 すると大腸はその糖を薄めるために水分を出すため、大腸内が水浸しになってしまいます。 この大腸の水浸しの状態が、下痢につながっているというわけ。 すべての糖が下痢の原因になっているわけではありませんが、さまざまな糖の中には、小腸が分解しにくい種類のものが存在するんです。 具体的には牛乳などに含まれる「乳糖」と、小麦などに含まれる糖でできた物質である「フルクタンの仲間」、果糖や糖同士くっついた甘い物質が挙げられます。 これらの種類の糖を含んでいる食材としては、マンゴーや梨・洋梨、ハチミツ、ぶどう、りんご、アスパラ、チーズ・牛乳・ヨーグルトといった乳製品、ネギ、玉ねぎ、にんいく、ブロッコリー、大豆、パスタ、マッシュルーム、パンなどが該当します。 もちろん、これらの食材を食べた人全員のお腹がゆるくなるというわけではありません。 大腸が水浸しになるかどうかには個人差があり、大腸が過剰に反応する人が下痢になってしまうんです。 具体的には、月3回以上下痢で困っている人や、過敏性腸症候群の診断を受けている人は、これらの食材に注意する必要があります。 お腹をよく下す人は、自分に合わない食材を見極めるのが大切なんだとか。 胆汁ゆるいお腹になってしまうもうひとつの原因が「胆汁」になります。 「胆汁」とは「担のう」にたまっているもので、消化液の一種にあたります。 しかしこの胆汁が、とんでもない悪さをし、下痢を引き起こすトリガーになってしまうケースがあるんだとか。 普通胆汁の成分は脂の分解を終えると胆のうに帰るんですが、胆汁が胆のうに帰ることなく大腸に流されてしまうと、大腸はそれに反応し、大量の水分を出します。 すると、先の糖と同じように大腸内が水浸しになり、下痢につながってしまうというわけ。 こういった事態が起こってしまう背景には、胆汁の帰り道である小腸の末端の機能の悪化が挙げられます。 感染症や食あたりを何度も経験している人は、小腸の機能が低下し、胆汁が大腸に流れ込みやすくなっている可能性があります。 胆汁は夜の間に胆のうにたまり、朝ご飯をキッカケにして大量に出てしまうため、朝ご飯のあとに胆汁を起因とした下痢に襲われるケースが多いとのこと。 胆汁の下痢の特徴としては、下痢止めの薬が効かないということが挙げられるので、さまざまな下痢止めを試しても効果が感じられない場合は、胆汁による下痢を疑った方がいいとのこと。 胆汁による下痢の特徴のもうひとつが、食後1~2時間後に下痢になること。 このあたりが見極めの鍵になってきます。 胆汁による下痢は、自分である程度コントロールできるのがポイント。 例えば食事のタイミングを早める、あるいは遅らせることで、出社途中などの危険な時間帯に腹痛に襲われるリスクを減らすことができます。 また朝の食事量を少し減らすというのも有効。 量を減らすと、単純に胆汁が減るので、大腸への刺激が少なくなってくれます。

次の

軟便・下痢の原因|おなかの悩み相談室|大幸薬品株式会社

お腹 ゆるい 原因

広告 そもそも「軟便」とは? そもそも軟便というのは、 便の水分量が通常70%程であるのに対し、80~90%程度と多く含まれている便をさします。 軟便になると、排便しても残便感があってなかなかすっきりしませんし、拭き取りにくく便器を汚してしまうため、長期間続くと厄介なうえ、病気が潜んでいる可能性だってあります。 軟便とよく間違われるのが下痢です。 軟便と下痢の違いは、便の水分量の違いです。 軟便は、便自体は柔らかいものの形は確認することができ、下痢は便の色がついた水状の便です。 原因により「運動亢進性」「分泌性」「浸透圧性」の3つに分けられます。 軟便の原因と、原因別で異なる状態 軟便になる原因は様々です。 食べたものなどに含まれる水分は大腸が吸収しますが、 大腸の働きが不十分だと、水分をきちんと吸収できずに水分の多い軟便になるのです。 また、便の色やニオイによって原因や症状などが違うため、便の状態別の原因を見てみましょう。 ペースト状 便の色はそのままでペースト状の軟便のときは、 消化不良や食あたり、ストレスや冷えなどが原因です。 粘液状 便が粘液状なのは、腸の粘膜が傷んでいるために起こります。 ペースト状の軟便同様に、 消化不良や食あたり、ストレス、冷えなどが原因です。 血便 便に血が混じっている血便は単に痔による出血のケースもありますが、 大腸炎や潰瘍、赤痢、感染症による食中毒などが考えられます。 タール便 タール状の 赤い便は 胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどが原因です。 白い便 便の色が白っぽい、もしくはグレーっぽい場合は コレラやロタウイルスなどが原因です。 このように一言で軟便といってもその原因は様々で、特に病院で治療の必要がないものから、早急に受診をした方が良いものまでありますので、自分の便の状態をしっかり観察することが大切です。 また 日に何度も便意をもよおケースでは、過敏性腸症候群も疑われます。 過敏性腸症候群とは気にしすぎることで腸が過敏になって軟便や下痢を引き起こすこと。 原因は主にストレスで、大人だけではなく小学生でも発症します。 広告 続く軟便を改善する方法 病気でない軟便はセルフケアで改善できます。 食生活の改善 軟便のほとんどは暴飲暴食など食生活の乱れによって起こります。 軟便が続くようなら、 暴飲暴食、刺激物を避けるよう食生活を改善していきましょう。 できるだけ消化に良いものを摂取するようにして、冷たいものを避けて常温のものを摂取するように意識してください。 お腹を温める 薄着などによってお腹が外から冷えると内臓も冷えてしまい、腸の運動が活発になります。 便の流れが速くなり、大腸での水分吸収機能が低下するため軟便になります。 ストレスをためない ストレスがたまると自律神経の働きに影響を与え、内臓機能は停滞して腸内環境が悪くなります。 現代社会でストレスをためずに生活をするのは不可能ですから上手に発散していきましょう。 軟便のときに控えたい食べ物 軟便が続いているとき、控えたい食べ物をご紹介していきます。 脂っこい食べ物や脂肪分の多い肉類、牛乳、果物は軟便の症状を長引かせたり悪化させる恐れがあるので控えてください。 淡白な白身魚や脂肪分が少ないささみ、ひれ肉を選び、野菜もしっかり茹でて柔らかくし、消化を手助けするよう工夫することが大切です。 軟便が長引くときに何が原因かわからないときには、食生活の記録をつけるのがおすすめです。 こまかくその日一日どんなものを食べたかを記録すれば、自分の食生活の傾向が目に見えてわかります。 そのうえで徐々に食生活を改善していけば軟便も改善されます。 腸内環境を整えよう 軟便を根本的に予防改善しようとするなら、腸内環境を整えることが必要になります。 これは、軟便を予防改善するだけでなく、美肌に導き、アンチエイジング効果を得られるほか、免疫力を高めることもできます。 腸内環境が整った状態は、善玉菌と悪玉菌のバランスが取れていて、善玉菌の方が優位に立つようになっています。 いろいろな要因によって腸内環境が乱れると、そのバランスは崩れ、悪玉菌が優位になってしまうのです。 善玉菌を増やすためには、善玉菌の餌となる食品の摂取や、直接善玉菌を摂取することが必要です。 食品では、 食物繊維やオリゴ糖が含まれたものがよいでしょう。 ビフィズス菌などの善玉菌を直接摂取するには、 ヨーグルトやサプリメントを利用するのが効果的です。 また適度な運動を取り入れることも腸内環境を整えることに繋がります。 運動すると全身の血行が良くなりますね。 もちろん腸を含む内臓の血流も良くなりますので腸の動きも活性化します。 食事や適度な運動で腸内環境を整え、軟便を根本から予防していきましょう。

次の