国税 クレジット。 【確定申告】所得税の納付は楽天カードで!クレジット決済でポイント還元|ゲッチャ!

国税をクレジットカードで納付する方法!メリット・デメリットを紹介|Tax Coffee

国税 クレジット

写真=PIXTA 法人税などの国税も、クレジットカードで納付できる。 個人名義のカードでも問題ない。 法人税をクレジットカードで納付することには、税金を一元管理できるなどのメリットがある。 この記事では、法人税をクレジットカードで納付するメリットや方法、注意点などを解説する。 法人税もクレジットカードで納付できる これまでは現金を用意して金融機関や税務署の窓口、あるいはコンビニなどで納付するしかなかった法人税だが、2017年1月からクレジットカードでも納付できるようになった。 法人税だけでなく、以下の税金もクレジットカードで納付できる。 ・申告所得税及び復興特別所得税 ・消費税及び地方消費税 ・地方法人税(連結納税を含む) ・相続税 ・贈与税 ・源泉所得税及び復興特別所得税 ・源泉所得税 ・申告所得税 ・復興特別法人税(連結納税を含む) ・消費税 ・酒税 ・たばこ税 ・たばこ税及びたばこ特別税 ・石油税 ・石油石炭税 ・電源開発促進税 ・揮発油税及び地方道路税 ・揮発油税及び地方揮発油税 ・石油ガス税 ・航空機燃料税 ・登録免許税(告知分のみ) ・自動車重量税(告知分のみ) ・印紙税 納付の方法は、「国税クレジットカードお支払サイト」で納付情報やクレジットカード情報を入力するだけなので簡単だ。 クレジットカードは法人名義である必要はなく、個人名義のカードも使用できる。 クレジットカードによる税金の納付には、支払いの手間が軽減される、あるいは現金支払いを繰り延べられるといったメリットがある。 決済手数料が発生するなど注意すべき点もいくつかあるが、クレジットカードによる税金納付は検討する価値があるだろう。 法人税をクレジットカードで納付する6つのメリット 法人税などの税金をクレジットカードで納付するメリットは、以下のようなものがある。 支払う手間や現金を持ち歩くリスクの軽減 最大のメリットは、支払う手間や現金を持ち歩くリスクを軽減できることだろう。 これまでは現金を用意し、金融機関や税務署の窓口、あるいはコンビニなどで納付書を用いて納付しなければならなかった。 しかし金融機関などに出向くには、時間も手間もかかる。 また現金を持ち歩くことになるため、盗難や紛失などのリスクもある。 それに対してクレジットカードによる税金の納付では、インターネットを利用するため手間は大幅に軽減され、現金を持ち歩くリスクもなくなる。 また自宅で24時間いつでも納付できるため、利便性が極めて高い。 税金を一元管理できるようになる 税金を一元管理できることもメリットと言えるだろう。 近年個人事業主や小規模法人は、クラウド会計ソフトを利用しているところが多い。 クラウド会計ソフトは、クレジットカードの利用明細をオンラインで読み取り、帳簿を自動的に作成してくれる。 これまで法人税などの税金は現金で納付しなければならなかったため、会計ソフトに個別に入力する必要があった。 クレジットカードで納付すれば他の勘定科目と同様、クラウド会計ソフトで一元管理できる。 手持ちの現金がなくても支払いができる 手持ちの現金がなくても納税できることも、クレジットカードで税金を納付するメリットだ。 クレジットカードでの税金納付では、手続きをした日が納付日になる。 したがってカード利用代金の引き落とし日が納付期限を過ぎていても、延滞税は発生しない。 つまりキャッシュアウトを繰り延べできるので、キャッシュフローに余裕が生まれるのだ。 分割払いも利用できる クレジットカードによる税金の納付では、分割払いも利用できる。 これも、大きなメリットと言えるだろう。 分割払いでは、3回、5回、6回、10回、12回、またはリボ払いを利用できる。 分割払いを利用するとカード会社に利息を支払うことになるが、キャッシュフローはさらに改善する。 ただし、ボーナス払いは利用できない。 ポイントやマイルも貯まることがある クレジットカードによる法人税などの税金納付では、ポイントやマイルが貯まることがある。 税金が多額になる場合には、これも大きなメリットになるだろう。 ただし税金納付でポイントやマイルが貯まるかどうかは、カード会社の規約による。 家族などの国税も納付できる 家族などの国税も、クレジットカードで納付できる。 納付情報に家族などの情報を入力すれば、カード名義人と異なる人の税金でも納付できる。 これもメリットと言えるだろう。 法人税をクレジットカードで納付する5つのデメリット 法人税などの税金をクレジットカードで納付することには、デメリットや注意点もある。 決済手数料がかかる 法人税などの税金をクレジットカードで支払う際には、決済手数料がかかる。 決済手数料は最初の1万円までは76円(税抜)で、以後1万円を超えるごとに76円(税抜)かかる。 表にまとめると以下のようになる。 領収証が発行されない 法人税などの税金をクレジットカードで納付する場合、領収証は発行されない。 領収証が必要な場合は、金融機関や税務署の窓口で現金で納付しなければならない。 なお納税証明書の発行は、クレジットカードで納付手続をしてから3週間程度かかる。 カードの利用限度額を考慮しなければならない クレジットカードで納付できる法人税などの税額は、当然ながらそのクレジットカードの利用限度額以下だ。 クレジットカードの限度額が税額より少ない場合は、そのカードで納付することはできない。 なおクレジットカードで納付できる税金の限度額は、納付手続1回につき1,000万円までだ。 ネット上で変更や取消ができない クレジットカードでの法人税など税金納付に際して、誤って手続をしてしまってもネット上では変更や取消ができない。 その場合は、所轄の税務署に出向いて変更・取消の手続をする必要がある。 クレジットカードでは納付できない税金もある 地方税は、クレジットカードでは納付できない。 法人税などの国税はクレジットカードで納付できるが、地方税に関してはまだクレジットカードでの納付に対応していない自治体があるからだ。 法人税の納付で使えるクレジットカードの種類 法人税などの国税を支払うために使えるクレジットカードの種類は、以下のとおりだ。 Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARD 個人名義のクレジットカードでも法人税を納付できる 法人税などの税金を支払う際のクレジットカードは、個人名義のものでも問題ない。 「国税クレジットカードお支払サイト」においては、カード名義人の入力が求められることはないからだ。 法人税をクレジットカードで納付する方法 6つのステップ 法人税などの税金をクレジットカードで納付する方法は、以下のとおりだ。 納付書を用意する まず、法人税など税金の納付書を用意する。 納付情報は自分で入力する必要があり、誤って入力した場合は、変更や取消のために税務署まで行かなくてはならなくなる。 納付情報は、納付書を確認しながら間違いのないように入力しよう。 国税クレジットカードお支払サイトを開く 次に、国税クレジットカードお支払サイト()を開く。 「ご利用にあたっての注意事項」を確認する 国税クレジットカードお支払サイトの冒頭に、「ご利用にあたっての注意事項」が掲載されている。 内容は、以下のとおりだ。 ・領収証が発行されないこと ・クレジットカード納付の手続日が納付日となること ・納付手続の取り消しができないこと ・納税証明書の発行まで3週間程度かかること ・決済手数料がかかること 4. 納付情報を入力する 次は、法人税など税金を納付するにあたっての納付情報を入力する。 ・氏名(漢字及びカナ、法人税なら法人名) ・郵便番号 ・住所 ・電話番号 ・整理番号(納付書の右上に書かれている8ケタの数字) ・納付先税務署 ・納税項目(法人税) ・申告区分 ・本税 ・加算税 ・利子税 ・延滞税 ・課税期間 ・合計金額 などを入力する。 金額を間違えた場合、支払った税金は税務署で取消手続をすることで還付されるが、決済手数料は返金されない。 クレジットカード情報を入力する 次に、クレジットカード情報を入力する。 入力する内容は、以下のとおりだ。 ・カード番号 ・有効期限 ・支払い方法 ・セキュリティコード ・納付手続完了メール送付先メールアドレス 6. 納付手続完了メールを受け取る 以上の手続を終えると、納付手続完了メールが送られてくる。 クレジットカードによる法人税の納付に決済手数料がかかる理由 クレジットカードによる税金納付は、国税庁長官が指定した民間の納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)が利用者から納付の委託を受け、立て替え払いによって国に納付する仕組みになっている。 したがって、納付受託者が国へ税金を納付した後、利用者からクレジットカードの利用代金を受け取るまで、納付受託者は貸し倒れリスクを負う一方で、利用者は現金支払いの繰り延べという利益を得ることになる。 決済手数料は、このような納付受託者のリスクと利用者の利益を考慮し、納付受託者が決定している。 なお決済手数料は、国の収入になるものではない。 金融機関やコンビニ、税務署の窓口などからは、クレジットカードによる納付はできない。 納付手続内容を後日確認する方法は以下のとおりだ。 ・国税クレジットカードお支払サイトの納付手続完了ページの画面を印刷するなどして保管する ・送られてくる納付手続完了メールを見る 納付手続完了メールには、以下の内容が記載されている。 ・件名 国税のクレジットカード納付手続完了のお知らせ ・納付情報(納付区分番号、税額など) ・クレジットカード情報 (納税者のクレジットカード番号や氏名・住所などの情報は含まれない) クレジットカードの利用明細には、以下のような情報が記載される。 パソコンの推奨環境 ブラウザは、IE9以上、Firefox47以上、Chrome53以上、safari9. 1以上。 スマートフォンの推奨環境 ・iOS バージョン6. 0以上、safari200 ・Android バージョン4. 0、4. 1標準ブラウザ、バージョン4. 2、4. 4以上 Chrome、バージョン4. 一部の機種で、画面の描画崩れが発生する場合もある。 出典:国税庁『クレジットカード納付のQ&A』 確定申告書等作成コーナーまたはe-TAXからクレジットカード納付を行う際の手続方法 国税ホームページの「確定書申告書等作成コーナー」で申告書を作成した後、あるいはe-Taxを利用して電子申告・徴収高計算書データの送信あるいは納付情報登録依頼をした後に、「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスし、税金をクレジットカードで納付することができる。 その際の手順は、以下のとおりだ。 「国税クレジットカードお支払サイト」を表示する 確定申告書等作成コーナーを利用した場合は申告書を作成した後で表示される納付方法の案内画面から、e-Taxを利用した場合はメッセージボックスに格納される受信通知から、それぞれ国税クレジットカードお支払サイトにアクセスすることができる。 注意事項の確認 利用にあたっての注意事項などを確認し、納付手続を開始する。 クレジットカード納付を行う税金の情報の確認・入力 e-Taxの場合は以下の情報が引き継がれるので、これらの内容が正しいかどうかを確認する。 住所や氏名、電話番号、整理番号、納付税額の内訳などの情報は引き継がれないため、自分で入力する。 ・納付区分番号 ・納付先税務署 ・税金の種類 ・課税期間 ・納付税額 確定申告書等作成コーナーには情報が引き継がれないため、すべての項目を自分で入力する。 利用するクレジットカードの情報を入力 利用するクレジットカード番号や、納付手続完了メールの送信先アドレスなどを入力する。 入力内容の確認 入力内容を確認する。 納付手続を行った後はネット上で手続の変更・取消ができないので、慎重に確認しよう。 納付手続の確定 「納付」ボタンを押すで、納付手続が確定する。 納付手続が完了すると、なお納付済みとなった税金は、猶予などを受けることができない。 手続の完了 納付手続の完了ページが表示され、納付手続完了メールが送られる。 必要に応じて納付手続完了ページを印刷するなどして保管する。 出典:国税庁『クレジットカード納付のQ&A』 法人税などの税金はクレジットカード納付を検討しよう 法人税をはじめとする税金をクレジットカードで納付することは、「支払いの手間が軽減される」「キャッシュフローに余裕が生まれる」などメリットが多い。 「決済手数料が発生する」「領収証が発行されない」「クレジットカードの利用限度額の範囲でしか利用できない」などのデメリットはあるが、前向きに検討する価値はあるだろう。 文・THE OWNER編集部.

次の

国税の支払いでマイルが貯まるおすすめ法人カード

国税 クレジット

領収証書は発行されません。 領収証書が必要な方は、最寄りの金融機関又は所轄の税務署の窓口で納付してください(窓口ではクレジットカードによる納付はできません。 クレジットカード納付は、国税庁長官が指定した納付受託者に立替払いを委託する手続です。 クレジットカード納付については、国税通則法により、納付手続が完了した日をもって延滞税や利子税を 計算することとなっておりますので、法定納期限内に当サイトにおいて納付手続が完了していれば、クレジットカード利用代金の引き落とし日が法定納期限よりも後になった場合でも延滞税等は発生しません。 なお、法定納期限後に当サイトでの納付手続を行った場合には、延滞税等が発生することがあります。 当サイトにおいて納付手続が完了すると、その納付手続の取消しはできません(誤って納付手続をされた場合は、後日税務署から還付等の手続を行うことになりますので、所轄の税務署へご連絡ください。 納付手続の完了後、その納付手続により納付済となった国税については、納税の猶予等を受けることはできません。 クレジットカード納付をしてから、納付済の納税証明書の発行が可能となるまで、3週間程度かかる場合があります。 納付税額に応じた決済手数料がかかります 最初の1万円までは76円 消費税別 、以後1万円を超えるごとに76円 消費税別 が加算されます。 また、分割払い・リボ払いの場合は、別途各カード会社の定める手数料が発生する場合がありますので、ご利用の前にカード会社へお問い合わせください。 なお、決済手数料は国の収入になるものではありませんので、誤って納付手続をされた場合、還付等の対象にはなりません。 申告所得税及復興特別所得税 消費税及地方消費税 法人税 法人税(連結納税) 地方法人税 地方法人税(連結納税) 相続税 贈与税 源泉所得税及復興特別所得税(告知分) 源泉所得税(告知分) 申告所得税 復興特別法人税 復興特別法人税(連結納税) 消費税 酒税 たばこ税 たばこ税及たばこ特別税 石油税 石油石炭税 電源開発促進税 揮発油税及地方道路税 揮発油税及地方揮発油税 石油ガス税 航空機燃料税 登録免許税(告知分) 自動車重量税(告知分) 印紙税 国際観光旅客税 国際観光旅客税(告知分)• 申告所得税及復興特別所得税• 消費税及地方消費税• 法人税• 法人税(連結納税)• 地方法人税• 地方法人税(連結納税)• 相続税• 贈与税• 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)• 源泉所得税(告知分)• 申告所得税• 復興特別法人税• 復興特別法人税(連結納税)• 消費税• たばこ税• たばこ税及たばこ特別税• 石油税• 石油石炭税• 電源開発促進税• 揮発油税及地方道路税• 揮発油税及地方揮発油税• 石油ガス税• 航空機燃料税• 登録免許税(告知分)• 自動車重量税(告知分)• 印紙税• 国際観光旅客税• 国際観光旅客税(告知分).

次の

国税をクレジットカードで納付する方法!メリット・デメリットを紹介|Tax Coffee

国税 クレジット

クレジットカード納付とは 概要 国税の納付に際して、インターネット上でのクレジットカード支払いの機能を使って、国税庁長官が指定した納付受託者であるトヨタファイナンス株式会社に、立替払いを委託することができます。 これまでも地方自治体によっては住民税などの地方税をクレジットカードで納付することができましたが、2017年より国税の納付においても可能となりました。 通常の納付とは異なり受託者が代行するという形を取るため、手数料が1万円ごとに税別76円かかる、手続き完了後に納付代金が引落とせなければ国でなくクレジットカード会社から請求が来るといった違いが生じます。 また、クレジットカードでの納付は税務署窓口や諸機関では行えず、指定サイト「」とを通してのみのサービスとなっており、こちらで24時間対応を受付けています。 納付できる税 該当する科目は以下の通りです。 なお、本税とは別に、もしくはそれに加えて、加算税や延滞税などの附帯税も納付することができます。 申告所得税と復興特別所得税• 消費税と地方消費税• 法人税(連結納税を含む)• 地方法人税(連結納税を含む)• 相続税• 贈与税• 源泉所得税と復興特別所得税• 源泉所得税• 申告所得税• 復興特別法人税(連結納税を含む)• 消費税• たばこ税とたばこ特別税• 石油税• 石油石炭税• 電源開発促進税• 地方道路税• 揮発油税と地方揮発油税• 石油ガス税• 航空機燃料税• 登録免許税(告知分のみ)• 自動車重量税(告知分のみ)• 印紙税 利用可能なクレジットカード 該当する種類は以下になります。 Visa• Mastercard• JCB• American Express• Diners Club• TS CUBIC CARD 注意点 クレジットカード納付の場合、基本的には通常のクレジットカード払い(一括・分割払いなど)と同じように使用できますが、いくつか注意すべき点があります。 一回性 1度クレジットカード経由で納付すれば次回以降も自動的にクレジットカードから引き落とされるわけではなく、毎回手続きを行う必要があります。 1手続き1カード 1度の納付振込みに複数のクレジットカードを用いることはできず、複数回に分けて手続きする必要があります。 限度額 1枚のクレジットカードの納付上限額は、1,000万円未満でかつそのクレジットカードの限度額までです。 変更・取消しはネット手続き不可 インターネット上の手続きによる変更や取消しはできず、税務署まで行く必要があります。 この際にも手数料は還元されません。 手続き完了=納付完了 引落とし(クレジットカード会社の規定によります)が納期より後になった場合でも、納期までに納付手続きが完了していれば延滞税等は発生しません。 1手続き1科目 複数科目をまとめて手続きすることはできず、科目毎に分けて行う必要があります。 後日サイトで内容確認不可 納付手続が終了した時にサイトに表示される納付手続完了ページ画面と、受託者から届く納付手続完了メール以外に、後日納付内容を確認する手立てはありません(問合わせなどはできます)。 手続き後は猶予非対象 納付手続きが終了した後には、納付済となったその科目に関して納税の猶予等を受けることはできなくなります。 領収書無し 領収証書は発行されません。 領収書が必要な場合は、クレジットカード納付以外の方法によって納付します。 証明書の発行時期 納税証明書の発行が可能になるまで、3週間程度納付から遅れる可能性があります。 クレジットカード納付の方法 直接「国税クレジットカードお支払サイト」から手続きする場合 トヨタファイナンス株式会社が運営する専用サイト「国税クレジットカードお支払サイト」にアクセスし、直接手続きを行います。 国税庁のウェブサイトから当該サイトのリンクをクリックするか、確定申告書等作成コーナーで、納税額のある申告書を作成した際などに表示される納付方法の画面からアクセスすることができます。 以下は、その後の手順です。 注意事項の確認 画面に表示される告知に目を通します。 納付手続きする科目の情報を入力 課税期間、申告区分、税額などが該当します。 クレジットカードの情報を入力 クレジットカードの番号、納付手続完了メールの送信先アドレス(任意)などが該当します。 入力内容の確認• 納付手続の確定 納付手続完了ページが表示されます。 後日納付手続き完了メールが届き、決済が行われます。 e-Tax経由で「国税クレジットカードお支払サイト」から手続きする場合 e-Taxで電子申告・徴収高計算書データを送信したか、納付情報登録の依頼をした後に、メッセージボックスから当該サイトにアクセスできます。 以下は、その後の手順です。 注意事項の確認 画面に表示される告知に目を通します。 納付手続きする科目の情報を確認 e-Taxから引き継がれた課税期間、申告区分、税額などの情報が正しいかどうかを確認します。 クレジットカードの情報を入力 クレジットカードの番号、納付手続完了メールの送信先アドレス(任意)などが該当します。 入力内容の確認• 納付手続の確定 納付手続完了ページが表示されます。 後日納付手続き完了メールが届き、決済が行われます。 クレジットカード納付のメリットとデメリット 現在利用可能な他の納付方法は、以下の通りです。 これらと比べて、クレジットカード納付は長所と短所があります。 ダイレクト納付(e-Tax)• インターネットバンキング等• コンビニ納付• 振替納税• 窓口納付 メリット• 支払い日を先延ばしできる クレジットカード会社の規定にもよりますが、多くの場合は納付額の引落としが納付期日よりも後になるため、事実上、支払い日を先延ばしにすることができます。 ポイントがたまる 通常のクレジットカード払いと同様、ポイントがたまります。 また、クレジットカードの利用額が増えれば、信用を積めたり使用限度額が引き上げられたりする可能性もあります。 24時間対応 窓口などに駆け込む必要がなく、納期ギリギリでも支払いを終了させることができます。 また、自宅やオフィスから出ずに納付できるため、思いついた時にすぐ行えます。 なお、e-Taxには利用可能時間の制限があるのでご注意ください。 分割払いやリボ払いができる クレジットカード会社の規定にもよりますが、国は一括払い、分割払い(3回、5回、6回、10回、12回)、リボ払いに対応しています。 これらを利用する場合、一括で払わなくて良くなる分猶予が生まれます。 デメリット• 手数料がかかる 1万円ごとに76円(税別)の手数料がかかるため、今までの手数料がかからない、もしくは低額であった納付方法よりは割高と言えます。 納税証明書の発行が遅い 納税証明書が必要なときに発行できないといった事態に陥るおそれがあります。 詐欺に騙される可能性がある インターネットを介するため、詐欺サイトに間違えてアクセスしてしまう可能性をゼロにはできません。 もしクレジットカードの情報を取られてしまうなどすれば、大事になります。 関連記事: ・ ・ ・ ・ まとめ 通常の納付よりは少々煩雑になりますが、詳細を押さえておけばクレジットカード納付にはメリットがあります。 特に引落としを遅らせられる点などは、使いこなせば財務上の助けになることもあり得ますので、検討してみるのも手ではないでしょうか。

次の