おっぱい 特集。 【健康美人シリーズ】健康で美しい、お気に入りのおっぱいを手に入れる特集|書籍・ムック特集|書籍・ムック|主婦の友インフォス

【おっぱい特集】とっても気になる甘美な存在!! / 雑貨通販 ヴィレッジヴァンガード公式通販サイト

おっぱい 特集

まずは、おっぱいに関するデータを見てみましょう 右側が女性の悩みに関するデータ。 おっぱいが小さいことを気にする人が多いようです。 一方、左側が男性の注目しているポイントですが、多くの人が「形」の良さを求めていることが分かります。 男女でも、「理想のおっぱい」は違っているようです。 「ここなら正しい」という事はありませんが、均整がとれていて美しく見える理想的な位置の目安はあります。 この2つです。 クーパー靭帯が伸びてしまったり、おっぱい周辺の筋肉が衰えておっぱいが垂れ下がると、理想的なバランスから遠ざかってしまいます。 まずは鏡でどんな三角形ができるかチェックしてみましょう。 また、ブラジャーを長持ちさせるお手入れ方法もあります。 本特集では、そんなおっぱいとブラジャーに関する基礎知識の中から、ブラジャーの正しいつけ方についてご紹介しましょう。 ブラジャーは間違った着け方をしていると肩こりや息苦しさの原因になるほか、揺れからおっぱいを守れず、垂れや型崩れに繋がります。 正しい着け方は、上のイラストの通りです。 ただし、朝に正しく着けても、体を動かすうちにズレてきたり、ストラップが緩んでしまいがち。 トイレに行ったついでに直すなど、こまめに調整してください。 それでも違和感がある場合は、体型の変化や、ブラジャーの消耗によってブラジャー自体が合わなくなっていることが考えられます。 思い切って総入れ替えを行いましょう。 美乳を手に入れるケアをご紹介 「おっぱいを美しく保ちたい」 そう思う気持ちはみんな同じ。 オトナ女子のためのおっぱいケア手帖では、形や位置、ボリュームなど、 様々な悩みに関するケア方法を掲載しています。 体操やツボ、栄養素、生活習慣などたくさんある中から、本特集では美乳の土台作り「おっぱい外し」を紹介します。 集めて、外して、さする 簡単3ステップ おっぱい外しを行うと、ファッションによる締め付けや冷えが原因で大胸筋に張り付いたおっぱいが、本来あるべき場所に戻ります。 すると、張り付いていた分のボリュームが出てふっくらとし、形が整うのです。 さらに、血液やリンパの流れがよくなるので、触り心地もふわふわに。 血液によって全身に運ばれるホルモンがしっかり働くようになるので、子宮や卵巣が元気になり、生理のトラブルなども少なくなるでしょう。 母乳の質がよくなり、赤ちゃんが母乳をよく飲むようになったという報告もあります。 また、自律神経を整える効果もあるので、精神が安定するのです。 健康なおっぱいでいるための病気予防 生理前は、乳腺が増加しておっぱいが張り、痛みを感じやすくなります。 そして、生理が始まるとハリが落ち着き、痛みが治まってくるのです。 ところが、生理後も痛みが続く場合は、乳腺症の可能性があります。 乳腺症は乳腺疾患で最も多く、複数のしこりができやすい特徴があります。 しかし、良性のしこりなので心配することはありません。 また、授乳期間におっぱいが痛くなる場合は、乳腺炎の可能性が高まります。 細菌感染が原因で激しい痛みや高熱を伴うようであれば、抗生物質などでの治療が必要です。 おっぱいの痛みが気になったら、いつ、どれくらいの期間、どのように痛いかなどを記録しておきましょう。 長く続くようなら医師に相談し、症状の詳細を伝えてください。 理想のおっぱいを手に入れるには いかがでしたか? おっぱいをケアすることは、女性がより女性らしく、いつまでも美しくいるために役立つことでもあります。 美乳作りに役立つ習慣はたくさんありますが、一度にいくつも続けるのは大変です。 すぐに取り入れられそうなこと、楽しく続けられそうなことを、ひとつ、ふたつくらいから始めてみましょう。 小さなことでも、1カ月続けば自信につながります。 自然と習慣化できるようになったころには、効果も出てくるでしょう。 おっぱいを大切にいたわって、ぜひ理想のおっぱいを育ててください。

次の

NHK「あさイチ」おっぱい特集またきわどいことしてる!が話題

おっぱい 特集

磯山さやか NHK「あさイチ」がまた話題になりました。 1月15日はおっぱい特集を放送。 「 またきわどいことしてる」が話題になってます。 内容は、バストとブラジャーの関係を中心にお女性の胸の悩みを特集していました。 女性の「垂れ乳」を解決するお悩み解決など、テーマがテーマだけに、番組の映像では、 女性の下着姿が登場し、重力でおっぱいが垂れるのかという実証やサイズが合わずに胸元が浮き上がるような実例画像もアップで放送。 この日のゲストは、特集テーマにあわせ、グラビアアイドルの磯山さやか(36)さんまで ゲストとして出演。 磯山さやかさんと言えば、水着やランジェリー姿などが人気の、ぽっちゃり系のグラドルです。 「朝からなにやってんの?」や「またきわどいことしてる」と話題沸騰中です。 NHK「あさイチ」といえば、朝のお出かけ前の時間に、ふさわしからぬ特集で話題を集めています。 以前も「セックスレス特集」や「脇あせを特集」などかなりの注目を浴び賛否両論の評価が ありました。 例えば「セックスレス特集」のときも、番組内で、女性達の赤裸々な生を声も紹介したり、夫婦の営みについてかなり踏み込んだ内容でした。 ネットでは「いい内容だった」といった感想もある一方、「母親と見ていて気まずくなった」といったものが多く書き込まれている。 一緒にみていた子供が、「お父さんセックスレスって何?」みたいな問題もだされていました。 しかし、内容は、お悩み解決系のためになる話題で、しっかり化学的検証もしているので ためになる情報ですが、時間帯がすこしヤバい感じです。 NHK「あさイチ」おっぱい特集またきわどいことしてる! のネット上の声 NHK「あさイチ」おっぱい特集またきわどいことしてる! のネット上の声をとりあげてみました。 おはよ 今朝のあさイチヤバい 私の事言われてるかと思って OoO; ドッキーンッ! ってしてもた 仕事行かなあかん時間になったから とりあえず録画しといた NHK「あさイチ」でおっぱい特集「またきわどいことしてる…」。 15日放送のNHK「あさイチ」では、「魅せるおっぱい」が特集。 女性の下着姿が登場し、サイズが合わずに胸元が浮き上がるような映像も。 ネット上も敏感に反応し、「またきわどいことしてる」 といった声が出たそう・・だって。 知ってる? こんな特集やって良いのか またきわどいことしてる。。 もっとオブラートつつんで まだ8時だよ?? (Twitterより引用).

次の

【おっぱいエロ画像】着衣をたくし上げた女の子たちのおっぱい特集www

おっぱい 特集

<目次>• とにかく胸を大きく見せて、谷間をつくって、派手で可愛い下着を身に着けて……なんて無理にがんばる演出はすでに過去のもの。 胸のサイズや形に悩むことなく、ありのままの自分のカラダを好きになる。 ランジェリー選びや考え方、そして日々の生活習慣で、女性が憧れるような美しいおっぱい「美バスト」を目指しましょう。 「下着は、日本人にとって毎日使うもの。 いわばパートナーなんですよね。 パートナーが最高であればあるほど、自分のテンションも上がります。 かわいくなかったり、肩が凝ったり、人に見せたくないと思うような下着を手放して、大好きなものを身につければ、きっともっとハッピーな毎日が過ごせるはず。 自分が好きな洋服を着て気持ちを高めるように、ランジェリーもそんな存在になってほしいと思います」と話す原田さん。 大きな胸を綺麗に見せるデザインと、こだわり抜かれた機能性を実現した「ivyy」のアイテムには大きな反響が寄せられています。 自身のカラダの悩みをネガティブに捉えることなく、個性として活かして、明るく前向きに突き進む原田さんのインタビュー記事はこちらから読むことができます。 生まれ持った自分の体をそのまま愛せればいいのだけど、なかなか難しいことも。 …… 胸が大きい人の悩みによりそう服「HEART CLOSET」 大きな胸の悩みを解消するのは、ランジェリーだけではありません。 「HEART CLOSET」は服の選び方をリデザインし、「胸のサイズから服のサイズを選ぶ」という新しい方法を提案しています。 今回新たに登場したアイテムも、下着を選ぶときのように「カップ数」と「アンダーバストサイズ」を選択するとバストサイズにフィットする着丈・袖丈の衣類をゲットすることができます。 詳しくは以下の記事でチェック。 こうした悩みを隠すために日ごろ取り組んでいることが、かえってコンプレックスを強調したり、体調を乱してしまったり、プロポーションを崩してしまったりすることも。 大きな胸を綺麗にみせるためには、バストを支えて、脂肪を逃がさないための下着選びや、カラダ全体のもたつきをなくすブラの着け方なども知っておくべき。 また、実は常日頃とっている「姿勢」も、大きなバストを綺麗に見せるために、気をつけたい要素のひとつ。 綺麗なバスト習慣を今日からあなたも始めてみましょう! 小さい胸が悩み……努力しても大きくならない。 そんな方は日々の何気ない習慣が胸を小さく見せたり、成長を阻害していたりする可能性も…… 睡眠で美しいおっぱいを目指すなら「ナイトブラ」がおすすめ さきほどもご紹介した通り、質の良い睡眠をとることが美しいバストを目指すために意識したい習慣のひとつ。 眠っている間は、寝がえりをはじめとして、さまざまな動きをしています。 当然、それに伴ってバストのお肉も揺れ動くわけで、何も着けていない状態でいると、脂肪が左右に流れやすくなります。 結果として、胸の形も崩れやすくなってしまうのです。 そこで、登場するのが「ナイトブラ」。 嫌な締め付け感、窮屈さはないものの、サイドの脂肪が流れないよう、やわらかくサポートしてくれるものを選ぶと良いでしょう。 こちらのページでは、ナイトブラの選び方から美しい形を維持するためのポイントまでを紹介しています。 育乳を目指すなら、就寝時にナイトブラを身に着けて。 質の良い睡眠とナイトケアで、バストを理想の大きさや形に近づけることができます…… 【1日3分】バストアップに効果が期待できるツボ 乳を極め、美を導く「オッパニスト」として活動する中野ゆうこさんが紹介するのは「バストアップ」のためのツボ押し。 健康的で綺麗なおっぱいを育てるには、血液を循環させて栄養をすみずみまで行き渡らせることも大事です。 息を吐きながらゆっくり5秒間押して、次に息を深く吸いながらゆっくり指を離します。 これを繰り返しおこないます。 バストを手で覆い、息を吐きながら、親指の腹で内側に向かって左右同時にゆっくり押し、次に深く息を吸いながら指を離していく。 これを繰り返しおこないます。 ゆっくり息を吐きながら左右同時に指の腹で圧をかけ、深く吸いながらゆっくり圧を緩め指を離す。 これを繰り返しおこなってください。 妊娠中や飲酒後、食後、体調不良のときは控えましょう。 バストアップに効果が期待できるツボを3つご紹介します。 女性ホルモンを活発にする「だん中(だんちゅう)」、乳腺を発達させる「天溪(てんけい)」…… ふんわりおっぱいをつくるコツ! 美バストを目指すなら これまで胸の演出といえば、「大きく見せる」「谷間をつくる」など、どこか不自然なものが多かった……。 そんな胸は、日々のライフスタイルやケアの積み重ねによってつくられていきます。 だからこそ、誰もが美しいおっぱいをつくることができるんです。 まずは美バストになる土台作りを始めよう 美バストをつくるためには、まずは土台作りから始めましょう。 良質な作物をつくるために、良い土や栄養が必要ですよね。 これはバストも同じです。 美しいバストを手に入れるには、良い栄養と、それらが胸のすみずみまで巡る土台づくりが大切。 【美バストに必要な4つの土台づくり】 美バストになるための土台作りとは。 春は、新陳代謝が活発になり、体に溜まった老廃物や毒素を排出し、リンパの巡りが良くなり、体が活動的になりやすい季節…… 「魅せる美バスト」を演出するために 美バストをつくることは、ただ胸を綺麗に見せるだけでなく、見た目年齢や体重、その人が持つ雰囲気を若々しく、おしゃれに演出することにつながります。 たとえば大切なのは「バストトップの位置」。 テレビや舞台で活躍する女優さんは、不幸な役や中高年女性の役を演じるときに、わざと胸の位置を下げ、姿勢を悪く見せることで、役を作ることが。 このようにバストの位置が下がると、老けて見えるだけでなく、疲れた印象を与えてしまうことが。 バストの高さによって、見た目年齢だけでなく、相手に与える雰囲気までも変わるのです。 こちらの記事では、他にも「魅せる美バスト」をつくるためのポイントを紹介。 美バストの作り方は簡単。 美バストになると、見た目年齢・体重・雰囲気までも、ぐっと若々しくおしゃれになります…… 美しいおっぱいを実現するブラジャーの着け方 自分の胸に対する悩みやコンプレックスがあっても、毎日長時間身に着けるランジェリーについては無関心……。 これではどれだけ美バストを目指して努力を重ねていたとしても水の泡です。 現在の自分のサイズに合ったブラジャーを正しく着けることによって、あなたのカラダは今よりももっと美しくなるはず。 繰り返しになりますが、大切なのは「自分に合ったブラジャーを選べているか」そして「ブラジャーを正しい方法で着けているか」ということ。 毎日ランジェリーを正しく、心地よく身に着けることが美バストへの第一歩となるのです。 詳しくはこちらの記事で紹介。 ブラジャーの正しい着け方をマスターし、習慣化するだけで美バストはもちろん、美しいプロモーションまでもが手にf…… バストの下垂を防いで、お胸美人を目指す 年齢を重ねていくにつれて下垂していくバスト。 だんだんと垂れていく事態を軽んじてはいけません。 「まだ大丈夫かな」と高を括っていると、気づいたときには形が崩れてしまっていた……なんてこともあり得ます。 加齢によってホルモンの分泌量が減ることで起こるバストの下垂。 ですが、原因はこれだけではありません。 普段の姿勢の悪さや、運動不足による筋肉の衰弱、急激な体重の増減なども大きく関与します。 もちろん、加齢やそれに伴うホルモンバランスの変化が悪いわけではありません。 ですが、もし年齢を重ねても「美バスト」を手に入れたいのであれば、日々のケアがなにより大切。 バスト下垂を防ぐケアのポイントはこちらで紹介。 バストの下垂は歳を重ねると自然と起きてしまうこと、避けられないこと、と諦めないで。 バストの下垂は日々の細かい努力で防ぐことができます…… 【オッパニスト直伝!】ふわふわバストを目指すデコルテケア 首から胸元にかけてのエリアのことを「デコルテ」と呼びます。 さきほど触れた「バストの下垂」はこのデコルテやバスト上部の削げから始まります。 デコルテは心臓近くに位置することもあり、大きな血管やリンパ管・リンパ節が集まっています。 そのため、デコルテ周辺が凝り固まっていると、栄養や酸素が運ばれにくくなり、ハリや柔らかさが失われてしまいます。 顔と同じくらいデリケートで年齢も表れやすいデコルテ。 念入りなケアで美しいふわふわバストを目指してみましょう。 「デコルテ」のケア、してますか? 美しいバストを持つ女性は、デコルテまでも美しいってご存知ですか。 運動時の激しい動きに伴うバストの型崩れや下垂、ダイエットによる胸痩せなど、ちょっとしたケアを怠るだけで、美しい胸から遠ざかってしまうような落とし穴があるのです。 バストの揺れを防ぐ「スポーツブラ」 女性が運動をするときに注意してほしいのが「バストの揺れ」です。 バストの揺れは、下垂やサイズダウンの大きな原因になることも。 これは、バストの位置をキープして支えてくれる「クーパー靭帯」の損傷によるもの。 クーパー靭帯はコラーゲンの束繊維でできており、一度伸びたり、切れたりすると修復することはできません。 さらにそうした損傷に伴う痛みは一切感じないため、知らず知らずのうちにバストの下垂や型崩れが進んでしまうことがあるのです。 運動時に着用し、バストをしっかり支える「スポーツブラ」は、クーパー靭帯を傷つけないためのもの。 ノーブラやカップ付きのインナーでは、バストに大きな負担を与えてしまいます。 自分に合ったものを選ぶためにも、素材や機能性、形などはじっくりと考えて、試着も必ず! バストは年齢が重なっていくにつれて柔らかくなっていきます。 そのため、トレーニングをする際はサイズに関係なく、バストを安定させることで下垂や型崩れを防ぐウェア選びが必要です。 ダイエットをしていて胸から痩せる、本当は胸の肉は落としたくないのに、なぜか胸からそげてしまう……胸はキープしたまま、落としたい部分だけ落とす…… 「垂れバスト」を予防する筋トレ術! 女性のバストは9割が脂肪で構成されているため、胸を鍛えることで筋肉に厚みが出ることがあっても、ふわふわ度がアップするわけではありません。 「サイズアップをさせたい」という目的には不向き。 ですが、胸筋はバストの土台となる筋肉です。 バストを支える筋肉を鍛えることで、重力に負けない胸をつくることができます。 ツンとした上向きの美しい胸を目指すのであれば、筋トレは非常に効果的です。 そのためには、正しいトレーニングを知っておく必要があります。 自己流でやりすぎてしまうと、逆にカラダのラインが乱れてしまうことも。 自分に合った方法、無理のない回数や感覚で美バストトレーニングに挑戦してみましょう。 筋トレに「バストアップ効果」はあるのでしょうか。 トレーニングジムでバストを鍛えている女性を見かけます…… 美しいおっぱいを育てるために大切な食事のハナシ ふわふわおっぱいを育てるためには、栄養バランスの優れた食事は必要不可欠。 バストアップ効果が期待できる! ということで、ひとつの食材ばかりを食べるのはNG。 それでは、一体どのような食事を心がければ良いのか。 美バストづくりに嬉しい「栄養」と「レシピ」のお話を紹介します。 バストアップしたい人は知っておきたい栄養素 栄養素はお互いが助け合って効果を発揮するものが数多く存在します。 普段何気なく口にしているものでも、バストにも嬉しい変化をもたらす助けになることが。 バストにハリと潤いを与えるビタミンA 春菊、大葉、モロヘイヤ、にんじん、ピーマン、ほうれん草、ニラ、魚卵、レバーなどの食材。 ホルモンバランスを整えるビタミンE アーモンド、あん肝、魚卵、アボガド、大根の葉、かぼちゃ、赤ピーマン、魚介類などの食材。 コラーゲンの再構築を助けるビタミンC オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系アセロラ、パセリ、ブロッコリー、ピーマン、ホウレン草などの食材。 美バストの維持に役立つビタミンB群 ウナギ、豚肉、魚卵、レバー、卵黄、緑黄色野菜などの食材。 ホルモン分泌を促進するタンパク質 大豆、豆乳、納豆、豆腐などの大豆製品肉類(赤身、ささみ)、魚類、卵、乳製品(チーズ、牛乳、ヨーグルト)などの食材。 女性ホルモンが活発に働くように促す「ミネラル」 ひじきやワカメなどの海藻類、魚貝類などの食材。 大切なのは、これらの栄養素をバランスよく、そして美味しく楽しく「継続」して食べること。 栄養の役割を知って、美しく健やかなバストづくりにチャレンジしましょう。 「色気がある」という言葉はよく聞くが、女性から見て色気があるのはどんな女性なのだろうか。 そして、それは一朝一夕で手に入れられることなのか…… おっぱいをふんわり演出して、女性の色気を身に着ける 今の時代、理想とされているのは、大きい・小さいといったサイズに関係なく、ふんわりと美しい胸「美バスト」です。 よく「胸を大きくしたい」という女性の相談を聞きます。 ですが、それって一体誰のためなのでしょうか? もしもそれが男性のためであるならば、無理をして大きく見せようとする必要はありません。 大切なのは、今のあなた自身が美しく、自分が「好き」「気に入っている」と思えるようなカラダづくり。

次の