コンビニ スパークリング ワイン。 セブン

コンビニワイン比較!ローソン・セブンイレブン・ファミマ、おすすめはどれ?!

コンビニ スパークリング ワイン

スパークリングワインとシャンパンの違いとは シャンパンもスパークリングワインも、どちらも発泡性のあるワインである点は共通しています。 違うのは、シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方でのみ造られたワインをさしていること。 シャンパーニュとも呼ばれますが、ここではみなさんになじみのあるシャンパンと書かせてもらいますね。 ここではスパークリングワインとシャンパンの違いについて説明します。 スパークリングワインの種類 スパークリングワインは、国ごとによって名称が異なります。 ・プロセッコ: ・ランブルスコ: ・カバ: スパークリングワインには、大きく4つの製造方法があります。 ・トラディショナル方式 ベースとなるワインをガラス瓶に入れ、糖分と酵母を加えて密閉し、瓶内で再度発酵を起こさせる製法です。 ベースとなるワインを造るときの発酵を 一次発酵、スパークリングワインを造る際の瓶内での発酵を 二次発酵と呼びます。 フランスのシャンパーニュ地方で伝統的に行なわれている製造方法なので、「シャンパーニュ方式」と呼ばれることもあります。 ・シャルマ方式 瓶内ではなく、 密閉耐圧タンク内で二次発酵を行なう製造方法です。 短期間で多量に製造できるためコストを抑えられ、空気に触れないのでブドウのフレッシュな香りを残すことができます。 ・トランスファー方式 トラディショナル方式と同様に、瓶内で二次発酵を行ないます。 トラディショナル方式が瓶1本ずつ澱の除去を行なうのに対して、トランスファー方式では 大型タンクに一度移して、まとめて澱の除去を行なうという違いがあります。 ・ガス注入方式 ベースとなるワインに 二酸化炭素を吹き込むことで、発泡性のあるスパークリングワインを造ります。 ほかの製造方法と比べると、手間がかからない分、安価にできるというメリットがあります。 ほんのりとした赤みを持ったロゼ スパークリングワインは、イベントごとにピッタリ! ロゼ スパークリングワインについての詳しい情報はこちらから。 シャンパンの製造法 発泡性のあるワインは数多く出回っていますが、中でもシャンパーニュ地方で造られるシャンパンは、強い個性があります。 その個性を生み出しているのは、まず、白く石灰質であるという特殊な土壌。 栽培されるブドウは酸味とミネラルを豊富に含みます。 また、ブドウの品種も ピノ・ノワール種、ピノ・ムニエ種、シャルドネ種の3つだけがシャンパン造りで使用が許されています。 そしてなんといっても、シャンパーニュ製法という特殊な製法で造られていること。 シャンパーニュ製法とは、フランスの厳しいワイン法に基づいたもの。 その他のスパークリングワインの製法と比べて、最も手間隙をかけた製法です。 まず、シャンパーニュ地方での収穫は全て手摘み。 その後、ブドウを傷めないようにやさしく短時間で圧搾を行います。 発酵は2回行います。 一次発酵は、畑ごと、ブドウ品種ごとに分けて、樽やタンクで10~15日行ってから、貯蔵します。 そして、収穫の翌年2月頃に、各メーカーのブランドイメージに沿った調合が行われます。 シャンパンは いろいろな畑、いろいろな年のワインをブレンドしているということです。 だから、シャンパンのワインラベルには年号が入っていないんですよ。 お気づきでしたか? ただし、ブドウの出来がすばらしい当たり年には、その年に収穫したブドウだけでブレンドが行われて、年号が入ったヴィンテージシャンパンが造られます。 ミレジメと表記されますよ。 調合を行った後に、瓶詰めをします。 この時に、酵母と1Lあたり24gの蔗糖(しょとう)を加えます。 すると、瓶の中で2回目の発酵が起きるのです。 少し難しいですが説明しますと、酵母が糖をアルコールと炭酸ガスに分解することをアルコール発酵と言います。 瓶の中なので、炭酸ガスは逃げ場がなく、ワインの中に溶け込んで、シャンパンの泡になるという仕組み。 仕事を終えた酵母は 澱(おり)となって沈みます。 この澱とともに熟成させます。 この熟成期間も、ノンヴィンテージで 1年3カ月以上。 ヴィンテージものになると 3年以上熟成させます。 熟成を終えると、瓶口に澱を集めてから、澱を抜く作業をします。 澱を抜かないと、白く濁ったシャンパンになってしまうのです。 しかしこの澱を集める作業が大変。 昔は全て手作業でしたが、今では機械化が進んでいます。 最終作業として、澱抜きで少なくなった分と甘味の調整を行うためワインに糖分をまぜたものを加えて、コルクを打って針金で固定。 そして、ラベルを貼ればようやく終了です。 上記でご紹介した製法を守り、かつアルコール度数11%以上という規定を満たさなければ、シャンパーニュ地方で造られたものでもシャンパンと名乗ることはできないのです。 それほど貴重で特別なものなんですね! もちろん、シャンパーニュ地方以外で造られたスパークリングワインの中にも、高品質なものはたくさんあります。 うまくいけば、お手頃価格でシャンパンなみに高品質なスパークリングワインも手に入りますよ! シャンパンに合うおつまみについては以下のページでご紹介しているので、ぜひ興味のある方はご覧ください。 スパークリングワインの開け方 スパークリングワインの魅力はその発泡性!でも、開封時にはちょっと不便さを感じる方も多いのではないでしょうか。 お祝いの席でポンッ!と景気良く開けるのは一興ですが、粛々と進めたいセレモニーでは、ちょっと場違い感のある音ですよね。 あまり音をたてずにスマートに開けられるようになったら、スパークリングワインをどんな場面でも楽しめるようになります。 では、スパークリングワインをスマートに開けるには、どうすれば良いのでしょう? 開け方の手順はとっても簡単。 次のポイントを押さえてチャレンジしてみてください。 ・あらかじめボトルを冷やしておく ・ボトルは斜めに持つ ・コルクは最後までしっかりと押さえておく ・コルクではなくボトルをゆっくり回す スパークリングワインは炭酸ガスがたっぷりです。 コルクが飛んでいかないように、しっかりと冷やしておきましょう。 ストッパーのワイヤーを外す時も、コルクが飛びやすい瞬間です。 コルクが飛ばないように押さえながらストッパーを外し、ボトルのほうを回して開けます。 コルクが抜けてきたら、 少しコルクを傾けて、ガス抜きできる隙間を造りガスを逃がしてください。 ガスがコルクを圧迫しなくなるくらい抜けたら、そのまま完全にコルクを抜いて開封します。 これさえできれば、コルクが音を立てて飛び出すこともなく、静かにスパークリングワインを開けられますよ! スパークリングワインのおいしい飲み方 スパークリングワインをおいしく飲むには、何より温度が大切です。 良く冷やして飲むことで、泡も味もベストな状態で楽しめます。 辛口は 6~8度くらいに冷やして、スッキリとした味に整えましょう。 食前酒として飲むなら、 少し高めの8度くらいがおすすめです。 甘口の場合はより冷たく、 4度くらいに冷やして飲むと甘さがさっぱりしたものに変わります。 酸味とのバランスも良くなりますよ。 飲む時には、 ワインクーラーの用意も忘れずに。 開封後も冷たい状態で飲めるよう、スパークリングワインにはワインクーラーが欠かせません。 注ぐ時に雫が垂れないよう、乾いたナプキンでボトルの水滴を拭きとってからゲストのグラスに注ぐと、よりスマートです。 開封済みのスパークリングワインを保管する時に注意したいのが、栓のしかたです。 長く放置するほどガスが抜けてしまうため、きちんと スパークリングワイン用のストッパーで栓をして、冷蔵庫で保管し早めに飲みましょう。 スパークリングワインでカクテルを作ろう そのままでも充分においしいスパークリングワインですが、アレンジを加えると、さらに楽しみ方が広がります。 スパークリングワインを使ってカクテルを作ってみましょう! ・ミモザ オレンジジュースがあれば簡単にできるカクテルです。 オレンジジュースとスパークリングワインの割合は 1対1なので、とても簡単。 夏にふさわしい爽やかなカクテルですよ。 ・キール・ロワイヤル カシスリキュールとスパークリングワインを混ぜれば、キール・ロワイヤルができます。 正式なレシピにこだわるなら、シャンパンを使用しましょう。 カシスの色合いが大人の雰囲気に。 甘みが抑えられたさっぱりとした味わいです。 ・ベリーニ 女性好みのオシャレなカクテルです。 ピーチジュース、グレナデンシロップを冷やしたグラスに入れてかき混ぜ、そこにスパークリングワインを加えて軽くステアします。 スパークリングワインの爽やかさに、ピーチジュースの甘みが加わった、飲みやすいカクテルです。 ・好みのフルーツを入れてサングリアに! イチゴや桃、パインなどの好みのフルーツを入れて、サングリアを作るのもおすすめ。 ホームパーティにもピッタリです。 炭酸とほど良い甘さ、そして酸味がさっぱりした飲み口を演出してくれるので、肉料理にも魚料理にも合います。 食事中だけでなく、おつまみを用意してじっくり夜のリラックスタイムに楽しむのもおすすめ。 どんな料理にも合うからこそ、和食でも洋食でもスパークリングワインは重宝します。 グラタンやローストチキンなどがっつり系のディナーに合わせるのも良し。 冶部煮(じぶに)や焼き魚など和食に合わせてみるのも良し。 こちらでおすすめのワインとともに、ぴったりのおつまみをご紹介します。 ぜひスパークリングワインと料理のいろんな組み合わせに挑戦してみてください。 シャンパーニュ・テタンジェ たまには贅沢にスパークリングワインの王道であるシャンパンを味わいたいなら、シャンパーニュ・テタンジェがおすすめです。 テタンジェ ブリュット レゼルヴ(参考小売価格:税抜6,700円)は、複雑に絡み合ったアロマの絶妙な調和を楽しむことができます。 2014年・2017年のノーベル賞晩餐会で提供されたこともある逸品。 また、2016年、女性審査員のみで行われる日本最大級のワイン審査会「サクラアワード」では、 最高賞のダイヤモンドトロフィーを受賞しました。 女性への贈り物にもぴったりです。 シャルドネ種、ピノ・ノワール種、ピノ・ムニエ種の3種のブドウによる繊細ながらフレッシュで調和の感じられる味わいです。 桃などの果実と白い花、ハチミツといった豊かな香りとともに、バターたっぷりのブリオッシュを思わせる酵母のクリーミーな香りもあります。 おつまみを合わせるなら、 新鮮な魚介類をたっぷり使った料理がおすすめです。 エビ・カニの濃厚な味をさっぱりと洗い流してくれるので、いくらでも食べられます。 より複雑さを楽しみたい方は、スモークサーモンとのマリアージュにも挑戦してみてください。 ピーラーで縦長のリボン状にそぎ、水にさらします(3分程度)えびは洗って水気を拭き、三つ葉はざく切りにします。 2.ボウルの中に天ぷら粉を入れ、冷水を加えて混ぜ合わせます。 その中に、2のえびと三つ葉を入れて混ぜ合わせます。 3.揚げ油をフライパンの高さ3センチくらいまで入れ、中温に熱します。 ごぼうの水気をペーパータオルでしっかりと拭き、ボウルに入れて片栗粉をまぶし、ひとつかみずつ熱した油の中に入れます。 うっすらと色づいてきたら裏返し、すぐに引きあげます。 続けて、2をお玉で1杯ずつすくって揚げ油に入れ、固まったら裏返します。 こんがりとした色になったら引きあげて、油をきります。 めんつゆを表示を目安に薄め、おろししょうがを添えていただきます。 ヴィニデルサ・ドゥーシェ・シュバリエ ドライ(参考小売価格:税抜1,480円) 味のランクは落としたくないけれど、もっとリーズナブルに日常使いできるものをお探しなら、ヴィニデルサ・ドゥーシェ・シュバリエ ドライはいかがでしょうか? シャンパンと同じ製造方法で造られた、 スペイン産のスパークリングワイン(カバ)です。 本物志向を手軽に楽しめるとあって、親しい仲間とのホームパーティにもぴったり。 ドライと表記されているので、キリッとした辛口を想像している方も多いかもしれませんが、実際は柔らかい甘味も感じられる、自己主張しすぎない「ほんのり」辛口のスパークリングワインなんです。 シャンパーニュ製法ならではのきめ細かな泡とともに楽しんでください。 スペイン生まれとあって、ぴったり合うおつまみは 地中海料理です。 パエリヤと合わせてお腹いっぱい楽しむのはもちろん、アクアパッツァとじっくり味わうのも魅力的。 白身魚と合わせる時は、地中海料理の基本、ケッパーでさっぱり味に仕上げたものが合います。 また、こちらもテタンジェ ブリュット レゼルヴのようにスモークサーモンとの相性もバッチリです。 たらはペーパータオルで水気をとり、バットに並べてAをまぶします。 Aをまぶしたら軽くもみ込み、タイム、イタリアンパセリ、にんにくをたらの上下において、下味をつけます(15分以上放置)。 2.あさりをこすり合わせるようにして洗い、ざるに上げて水気をきります。 浅い鍋、もしくはフライパンにたらを並べ、あさり、へたを取って縦半分に切ったプチトマト、1のタイムも加え、粗挽き黒こしょうを振ります。 沸騰後2分経ったら弱火にして、6~7分蒸し煮にします。 フタを取り、オリーブ油をかけ、塩気が足りないようであれば、塩を振ります。 ポール・ルイ(参考小売価格:税抜1,480円) ピンクとゴールドのラベルが可愛いポール・ルイも、手軽に楽しめるスパークリングワインの1つです。 見た目のキュートさだけでなく、その味わいも確かなものです。 1884年創業のフランス ロワール地方ソミュールの名門「 メゾン・ヴーヴ・アミョ」が手がけています。 フランスワインらしい繊細さは、泡までも柔らか。 かといって辛口らしさを損なっているわけではなく、しっかりと果実味を感じられる豊かさの中に、後味さっぱりのフレッシュな印象をもっています。 さわやかにとおり抜ける辛口は、 クリームチーズや スモークサーモンとも合います。 夕食後のリラックスタイムに軽く楽しむのにちょうど良い組み合わせです。 サーモンはそぎ切りに(りんごよりも少し厚め)。 玉ねぎは薄切りにして、水に数分さらし、水気をきっておきます。 2.アボカドソースを作ります。 皮と種を取り除いたアボカドをポリ袋に入れ、Aを加えて袋を閉じ、手でもんでペースト状にします。 なめらかなペースト状になったら、ポリ袋の端をはさみで切って、そこからソースが出るようにします。 皿に玉ねぎを全体的に敷き、水気をきったりんごとサーモンを交互に並べます。 その上からアボカドソースをかけ、塩、こしょうを振って出来上がり。 まとめ シャンパンはスパークリングワインの中でも、厳しい条件を守って造られたシャンパーニュ地方産のもののみが名乗ることのできる名前です。 ただし、シャンパーニュ地方以外で造られるスパークリングワインにも高品質なものはあり、おいしく楽しめるものがたくさんあります。 こちらで紹介したボトルの上手な開け方、おいしく飲むポイントを参考に、あなたもスパークリングワインを日常の楽しみに取り入れてみてくださいね。

次の

コンビニソムリエ(自称) が選ぶセブンイレブン、 おすすめワイン5選!

コンビニ スパークリング ワイン

絶対に後悔させない!スパークリングワインおすすめ5選 絶対に後悔させない!スパークリングワインおすすめ5選• 2019. エノテカ編集部• 昇り立つ美しい気泡、どんな料理とも寄り添ってくれ、ワインが苦手でも飲める方が多いスパークリングワインは世界的に消費が急上昇しています。 日本でも贈り物やパーティー、普段使いまで、目にする機会が多いワインではないでしょうか。 今回はそんなスパークリングワインの中から、ソムリエが絶対に後悔させない!と自信を持っておすすめするコスパ抜群の5銘柄をご紹介します。 シャンパンとスパークリングワインの違い ランキングを発表する前に、知っておいて損はないスパークリングワインにまつわるお話をします。 それは、「スパークリングワインとシャンパンは、厳密に言うと実は違うもの」ということ。 スパークリングワインは、発泡性のワイン全般のことを指す総称。 一方シャンパンは、スパークリングワインの中でも一握り。 フランス・シャンパーニュ地方で、法律によって定められた厳しい規定をクリアしたワインだけが名乗れる呼称なのです。 昔からシャンパンは高品質で知られており、フランス・シャンパーニュ地方以外のスパークリングワインでも、シャンパンと名乗れば売れるため偽物が横行しました。 それを防ぐためにこのような法律が定められています。 スパークリングワインとシャンパンの最も大きな違いは製法。 発泡性のワインを造る方法はいくつかありますが、シャンパンは伝統的方式(瓶内二次発酵)と呼ばれる製法で造らなければなりません。 この製法は発泡性のワインを造る方法の中で、最もコストと手間がかかります。 そのため、シャンパンは高品質ですがやや高価なのです。 スパークリングワインとシャンパンは、同じものだと思っていませんでしたか? レストランやワインショップでソムリエにシャンパンを注文したら、高価なワインを提案された。 なんてことがないように覚えておいて損はありません。 スパークリングワインの種類 上のスパークリングワインとシャンパンの違いを聞いて、より疑問が増えた方もいるのではないでしょうか。 「じゃあ、スプマンテって何?」と思った方のために、シャンパン以外のスパークリングワインの分類をいくつか書いてみました。 下の表をご覧ください。 国 スパークリングワインの総称 種類 フランス ヴァンムスー 、 イタリア 、 スペイン エスプモーソ ドイツ シャウムヴァイン 上記表のとおり欧州各国でそれぞれ呼び方が異なり、スプマンテはイタリア産スパークリングワインの総称にあたります。 また、プロセッコやカヴァはシャンパンと同じく、特定産地で規定をクリアしたスパークリングワインのみが許される名称です。 絶対に後悔させないスパークリングワインおすすめランキング それでは本題の、絶対に後悔させないおすすめのスパークリングワインを発表します! 5位 エスパス・オブ・リマリ・ブリュット・スペシャル 最初にご紹介するのは、チリ最大手のコンチャ・イ・トロが造るスパークリングワインです。 チリで最も冷涼な地域の一つリマリで造られるこのワインは、チリワインのフルーティーなイメージを覆す、キリっとした辛口仕。 価格も手頃で、何本か自宅にストックしておきたい1本です。 いかがでしたか?数多のシャンパンを飲んだソムリエが、「絶対に後悔させない」と自信を持っておすすめするスパークリングワインたちでした。 ランキングはこれで終わりですが、ここからはスパークリングワインを飲む際のアドバイスを二つほどお伝えします。 よろしければ、お付き合いください。 スパークリングワインの開け方 一つ目は、スパークリングワインの開け方についてです。 お祝いのシーンでは派手な音を立てる抜栓で演出することもありますが、コルクを飛ばすのは危険です。 フォーマルな席では音を立てずにスマートに抜栓しましょう。 スパークリングワインの抜栓は、特別な道具は不要ですので慣れてしまえば簡単。 以下のポイントを意識しましょう。 ボトルの首の辺りにキリトリ線とつまむ部分があるので探してください。 ここで針金と王冠を外してしまう方が多いですが、外す際にコルクが飛び出すと危険です。 完全には外さずに、そのまま次の作業へ進みましょう。 左手とコルクの間にナプキンなど布を被せることで、より安全に開けられます。 以上を意識するだけで、スパークリングワインは簡単に開けられます。 どうしても上手く開けられないという方は、飲む前にボトルを数日静置する、よく冷やす、ということを心掛けてください。 スパークリングワインに適したグラス 次に、スパークリングワインを飲むグラスについてのアドバイス。 スパークリングワインというと、下図のような細長いフルートグラスをイメージする方が多いと思いますが、香りを楽しんで美味しく飲みたいのなら、白ワイングラスのような形がおすすめです。

次の

絶対に後悔させない!スパークリングワインおすすめ5選

コンビニ スパークリング ワイン

こんにちわー。 金魚です。 既に、夏日があるほど本格的に外に飛び出したい季節到来。 皆様いかがお過ごしですか? 5月のGWに金魚家は一家総出で海へ遊びに行ってたのですが、爽やかな海風に「あぁ~しゅわしゅわワインが飲みたーい」と、思ったんです。 が!! フルボトル&グラスといったら、グラスに砂は入るわ、クーラーボックスにボトルは入らないわで、 入るのかーい 入らないのかーい とてんやわんや。 と、いう話を友人のカフェでしていたら居合わせたお客さんがこんな事を教えてくれました。 「コンビニで飲みきりサイズの蓋つきのワイン缶売ってるわよ」と。 なんでも、赤、白、スパークリングまで各種揃っているとか。 なっ なんですと!!? 今日もワイン部隊員としては、チェックせずにはいられませんっ! と、いうわけで(毎回前置きが長くすみませんっっうう)、イマドキのコンビニワイン。 どれも、290ml~300mlの飲みきりサイズで、キャップ付きです。 まずは赤から 裏ラベルコメント モンデ酒造株式会社:プティモンテリア ルージュ:ライトからフルボディ5段階評価の4 ぶどう品種:カベルネソーヴィニヨン・メルロー:アルコール度数12. 5% 輸入ワイン使用 木イチゴやカシスを思わせるエレガントな香りとともに、心地良い果実味と豊かなボディーがやわらかく広がります。 裏ラベルコメント モンデ酒造株式会社:ジ・オクタンス カベルネソーヴィニヨン ライトからフルボディ5段階評価の4~5 ぶどう品種:カベルネソーヴィニヨン:アルコール度数13. 5% オーストラリア カシスやチェリーを思わせるフルーティーな香りと共に、心地良い酸味と渋みのバランスがよいオーストラリア産赤ワインです。 裏ラベルコメント モンデ酒造株式会社:プティ モンテリア ブラン 辛口~甘口5段階評価の2~3 ぶどう品種:ソーヴィニヨンブラン・ペドロヒメネス: アルコール度数12. 5% 輸入ワイン使用 マスカットや洋なしの香りが華やかに広がり、搾りたての果汁をおもわせるやわらかい果実味がワイン全体を引き立てます。 裏ラベルコメント モンデ酒造株式会社:ジ・オクタンス シャルドネ 辛口~甘口5段階評価の1~2 ぶどう品種:シャルドネ: アルコール度数12. 5% オーストラリア トロピカルフルーツやハニーの華やかな薫が広がり、フレッシュで口当たりのいいオーストラリア産辛口白ワインです。 裏ラベルコメント モンデ酒造株式会社:プティ モンテリア スパークリング 辛口~甘口5段階評価の2 ぶどう品種:ソーヴィニヨンブラン・ペドロヒメネス・シャルドネ アルコール度数:12% ワインから生まれるやわらかい泡が爽やかな柑橘香と豊かな果実味を心地よく調和し優雅なひとときを演出します。 裏ラベルコメント メルシャン:ワールドセレクション スパークリング ぶどう品種:オーストラリア産シャルドネ 輸入ワイン アルコール度数:11% ・・・・・・・・・・・・・ 個人的感想 オクタンスの赤の舌にしっかりと感じる渋みや、モンテリアのスパークリングのきめ細かい泡立ちに、あなどれない!と思いました。 いい感じですよ。 新幹線の中での移動中のお供にも、お手軽ワインを飲みながら読書が出来るし、ピクニックや女子会でも、コンビニに立ち寄り、さくっ!と買って、バックにぽんっと入れて持ち運べる、お手軽サイズがいいですね。 利点をまとめてみました。 外のシチュエーションで、風があったり、でこぼこの場所でも、 いちいち蓋が出来るから=倒れても平気。 飲みきりサイズだから手軽。 飲み心地は、普段楽しんでいるデイリーワインとさほど変わらないレベルかも。 貴方も、コンビニ缶ワイン。

次の