慶應 義塾 大学 コロナ。 【重要なお知らせ】新型コロナウイルス感染症について(本学の対応まとめ):[慶應義塾]

【徹底比較】東大・早稲田・慶應、大学間比較で見えてきたオンライン講義の真の実力

慶應 義塾 大学 コロナ

塾生の皆さんへ 慶應義塾大学は、新型コロナウイルス感染症が拡大する状況を踏まえて、春学期の授業をオンラインによって行うことを決定し、すでにオンラインによるガイダンス、履修申告を経て、本格的な授業が始まりました。 この間、政府による緊急事態宣言が出され、大学キャンパスも閉鎖されています。 依然として、新型コロナウイルス感染症の収束に向けた見通しは不透明であり、義塾でも、信濃町キャンパスでは、医学部・病院の関係者が昼夜を分かたず全力をあげて新型コロナウイルス感染症との闘いを続けています。 こうした状況の中で、塾生の皆さんは不自由を強いられており、特に新入生や、地方から上京し、あるいは海外から来たり、渡航困難な状況にある諸君は、生活の不便も重なって不安な日々を過ごしていることでしょう。 新学期開始に向けて、慶應義塾は学部・研究科を中心に教職員が一体となって、教育・研究・医療の水準を守り、皆さんが安心して学問に専念できる環境を整えるためにさまざまな対策を講じてきました。 例えば高等教育の将来を見据え、オンライン授業の質を高めるべくさまざまな施設・設備・情報システム環境の整備に義塾の人的・経済的資源を投入し、経済的理由でオンライン授業受講開始に必要な通信環境の整備が困難な塾生に対して、当面15,000円の補助金を支給することを決定しました。 また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による家計急変、あるいはアルバイト収入の減少などによって経済状況が悪化し、修学の継続が困難になった塾生に対しては、国の修学支援制度や学生支援機構などによる公的奨学金とは別に、 義塾が独自に備える、慶應義塾大学修学支援奨学金、2000年記念奨学金、慶應義塾維持会奨学金など総額約240億円の奨学基金を積極的に活用し、加えて、緊急に奨学金枠を5億円程度増額し、一人あたり最大40万円の経済支援を行います。 今後必要が生じれば、さらに支援策の拡大を続けます。 詳細は別途お知らせいたします。 経済的な支援だけではなく、精神的な不安や、さまざまな障害を抱える塾生への支援についても、新型コロナウイルス感染防止に留意しつつ、サポートを続けていきます。 慶應義塾は、すべての塾生が一人も取り残されることなく、学問に芸術にスポーツに積極的に取り組むことができるようあらゆる支援策を講じる決意です。 塾生の皆さんにも、慶應義塾の塾生として、そして一人の市民として品格と良識ある行動を求めます。 新型コロナウイルス感染症の拡大と共に明らかになってきたのは、医療関係者の努力、政府や企業、あるいは学校による組織的対策だけでは不十分であり、最良の対策は個々の市民の自覚と良識ある主体的な行動だということです。 誤った情報に惑わされることなく、何が正しい情報であるかを見極め、適切に行動する。 このことは課題の本質を見極め、解決法を創造する学問の作法にも通じます。 慶應義塾の創立者である福澤諭吉は、封建制の名残で人々が上に寄りすがり、上からの指示や命令に従順で、主体的に行動する習慣を持たないことを憂い、学問を修め、世の中の流行に惑わされず、主体的に行動できる独立自尊の精神を持った市民の育成をめざしました。 他者の指示や命令を待つのではなく、自ら考え自らの責任で行動できる市民の存在は、一国の成熟度を測る物差しでもあります。 慶應義塾は1858(安政5)年の創立以来、理念を共有する有志の協力による民間私立の学塾として、戦乱や災害などによる幾多の混乱と経営危機を乗り越え、日本を代表する総合大学に発展してきました。 危機のたびに義塾を支えてきたのは塾生(学生)、塾員(卒業生)、教職員からなる社中協力の力です。 慶應義塾の塾生は、単に学生であるにとどまらず、慶應義塾社中の一員です。 皆さんと共に力を合わせてこの危機を乗り越え、慶應義塾の独立自尊の精神と自由で大らかな学問の伝統を守っていきたいと願っています。

次の

学閥王・慶應義塾「三田会」ばかりに権威と金が集中する理由

慶應 義塾 大学 コロナ

3月31日〜4月1日に実施された厚労省とLINEによる「新型コロナ対策のために全国調査」。 メインで関わる仕事は、臨床現場と連携して膨大なデータを分析する日本の手術症例データベース「NCD(National Clinical Database)」。 そこで得られるデータは臨床現場へフィードバックし、医療の質を上げるために活用する。 宮田はNCDだけで100以上のプロジェクトに関与している。 三井記念病院元院長の髙本眞一・東京大学名誉教授は、自身が立ち上げに尽力した「心臓外科データベース」(NCDの前身)に初期から参画する宮田の仕事ぶりを、こう評価する。 「東大の医療品質評価学講座で助教をしていた宮田君が手術症例から得られるデータのリスク分析を担ってくれたことで、医療データベースの仕事は飛躍的に進みました。 その後、全外科領域が加わるNCDへと発展して、日本の医療施設の外科症例、ほぼ全例を網羅するまでになった。 今や世界最大級の治療成績データベースに育っている。 ここまで発展したのは、宮田君のおかげですよ」 もう一つ、宮田の主軸となる仕事が、慶応大学殿町タウンキャンパス(川崎市)における、ウエルビーイング社会の実現に向けた研究、社会実装だ。 地域自治体や大学、企業と連携しながら、社会課題解決への新しいイノベーションを生み出していく。 宮田は言う。 「私はこれまでずっと、研究機関、企業、行政の人たちと膝を交え、『今、何が社会に必要なのか』をディスカッションしてきた。 そのディスカッションにおいて参加者に求められるのは、所属する組織のポジショントークではなく、社会の1人のメンバーとして、今何が必要かを誠実に考えることです。 データ収集の起点はそこにある。 そうした議論の土壌があったからこそ、新型コロナ対策としてのLINE調査実現につながったと思う」 PCR検査の外の実態把握する「プランB」 新型コロナウイルスのPCR検査は、当初海外の国に比べて検査数が圧倒的に少ないことが問題視された。 宮田は2月中旬の段階で危機感を募らせていた。 〈この様子だと、ウイルスが市中に入っていくシナリオは、かなりあるな。 その場合、実施数を絞られているPCR検査の外側の実態を把握するような『プランB』を立てていかないと、打ち手が少なくなる〉 これまでの自分の研究の主軸は感染症ではない。 でも、日頃から広く医療政策に関わる1人の研究者として、何か貢献できることはないか——。 宮田の脳裏に浮かんだのは、LINEの活用だ。 全国で8300万人の利用者がいるこのサービスを、「使わない手はない」と考えた宮田は、LINEには調査のプログラムの開発と実施、AWS(Amazon Web Service)には集めるデータの保管への協力を呼びかけた。 すると、ほとんど二つ返事で「無償で協力する」と両社からゴーサインをもらった。 同時に、北海道大学教授で厚労省クラスター対策班にいた西浦博にも構想を打ち明けると、「それ、絶対やったほうがいい」と賛同を得られた。 国より先に神奈川県に話を持ちかけたのは、迅速性を重視したからだと宮田は打ち明ける。 「いきなり国に話を持っていくと、契約や倫理審査やらさまざまなプロセスがあって、数カ月待ちとかになりかねない。 想定を超える感染力を持つ新型コロナウイルスの場合は迅速な施策が必須で、機を逃したら無意味になる。 入り口は、フットワークの軽い地方自治体がいいと」 コロナという差し迫る危機を前に、行政、企業、大学が三位一体となり、わずか1週間でプロジェクトチームを結成。 分析・研究を担う核になるのは、宮田率いる慶應大医学部の医療政策・管理学教室のメンバーだが、他大学からも、トップサイエンティストが「志で」集まった。 アンケートフォームの開発はLINEのプログラマーチームが担った。 当初から、宮田の頭の中に調査の「完成図」はあった。 だが、前例のない調査だけに、そのイメージの共有には苦労した。 「雪玉が転がって弾みがついてからは速かったですが、最初のひと転がしまでは試行錯誤でした。 私がコンセプトを話しても、なかなか伝わらない。 だから今回は、『ユーザーの皆さんに、どういう文言でフィードバックをするのか』といった具体的な文言やプログラムの設計図も自分でも描きました。 独り相撲みたいなのを2イニングぐらいやった段階で、皆もストンと落ちたみたいで。 一つは3月5日に神奈川県でスタートし、その後、他の自治体にも広がった都道府県単位のプロジェクト。 LINE利用者の一人ひとりに自治体が取得した情報アカウントの「友だち」になってもらい、長期に渡って調査していく方法だ。 6月時点で25都道府県380万ユーザーが登録している。 データを取るだけの調査ではない。 「パーソナルサポート」としての役割を兼ねているところがポイントだ。 ユーザーは体調に変化があった場合に、アプリのチャットボットでの対話やいくつかの追加アンケートを通じて、「医療機関の受診をお勧めします」などと個々に合わせた情報が得られ、フォローアップが受けられる。 宮田はこのフィードバックにこだわった。 発熱というごくシンプルな指標を手がかりに、宮田ら分析チームは、公衆衛生学的観点から流行状況の輪郭を浮かび上がらせた。 神奈川県の調査では、発熱の症状を訴えた人の割合は、3月中旬にかけていったん下がった後に、下旬から上昇。 3月2日から行われた学校休校を皮切りに社会全体で自粛が行われたものの、桜が開花した3月中旬とその後の3連休で自粛が緩んだ、というような社会活動の量との連動を可視化する手がかりとなった。 「発熱=コロナの感染は意味しない。 でも、不確実な現実の中で多角的にデータを取りながらベターを探るのも、ゴールデンスタンダードなき時代には大事な実践。 実践の中で、改善策を常に回し続けていくということが必要ですよね」 ないデータは「取りに行くもの」 撮影: 竹井俊晴 もう一つは、厚労省の全国調査だ。 宮田が言うには、「スナップショットの調査」。 刻一刻と変化する状況の中で、その時点での発熱者や症状がある人がどれぐらいいるかを把握するために、プッシュ通知で一斉に調査を行う方式だ。 発熱の有無や職業など、ピンポイントの質問に絞る。 初回の調査では、4日以上発熱していると答えた人が全体の0. また、職業ごとの発熱者の割合も可視化。 長時間の接客を伴う飲食などの対人サービス業、外回りをする営業職などで平均の2倍近以上も発熱の症状があると分かった。 宮田が調査の構想段階から行政や企業を巻き込み、これまでにない規模での官民一体の調査を具現化したのは、「ないデータは、待っていないで取りに行くもの」と常々考えているからだ。 「我々データサイエンティストが有事に問われるのは、方法論など何もない中で最善を尽くそうとする意志です。 視界不良の中でルートを見つけ出す登山家みたいに。 新型コロナウイルスに関しては、誰もが未経験者。 どうしたら情報を得られるかという収集の方法からデザインして、自ら必要なデータを取りに行く。 そこの努力から始める必要がある」 宮田はなぜ、データによる「社会変革」を目指すのか? 2回目以降はその思想の源泉を追っていく。 (敬称略、明日に続く) (文・古川雅子、 撮影・竹井俊晴、デザイン・星野美緒) :上智大学文学部卒業。 ニュース週刊誌の編集に携わった後、フリーランスに。 科学・テクノロジー・医療・介護・社会保障など幅広く取材。 著書に『きょうだいリスク』(社会学者の平山亮との共著)がある。

次の

新型コロナウイルス感染症対策に係るお願い

慶應 義塾 大学 コロナ

懇親会でキス写真流通? 男同士でキス週刊文春引用 週刊文春によると・・・ 慶応病院(慶應義塾大学病院)で、10名を超える新型コロナウイルスの感染者が出た問題で、 その一因が研修医約40名が開いた懇親会だったことが「週刊文春」の取材でわかった。 懇親会が開かれたのは、3月26日。 小池百合子・東京都知事が緊急会見で外出自粛を要請した翌日だった。 研修の修了を受けて、慶応病院の研修医約40人が都内のダイニングバーで「お疲れ様会」なる懇親会を開催。 関係者によれば、 会は三次会まで続き、最後はカラオケだったという。 出席者の中に新型コロナウイルスの感染者がいたとみられ、クラスターが発生。 これまでに、懇親会出席者のうち少なくとも8人がコロナウイルスの陽性反応を示している。 4月6日、「週刊文春」編集部が事実確認の取材を申し入れると、慶應義塾広報室は「新型コロナウイルス感染症に関する慶應義塾大学病院の状況につきましては、本日中に当院ウェブサイトで公表させていただく予定です」と回答。 夜21時50分過ぎに、北川雄光病院長名で、事実関係を認めた上で、以下のような謝罪コメントを掲載した。 「 当院では、全ての教職員に対して会食を行わないよう再三再四厳しい注意を行ってまいりました。 例年行っております初期臨床研修(研修医課程)の修了式を集合する形で実施することも取りやめ、その後の懇親会も行わないよう注意喚起を行ってきました。 今回の初期臨床研修医のとった行動は、患者さんを守るべき医療者として許されない行為であり、医師としての自覚が欠如していたと言わざるを得ません。 初期臨床研修医の指導を行う大学病院として今回の事案を大変重く受けとめております。 ご迷惑、ご心配をおかけした関係の皆様、社会全体に深くお詫び申し上げますとともに、初期臨床研修医には引き続き厳正な注意と指導を行ってまいります。 なおかつ・・・ 「週刊文春」スクープ速報で報じた慶応病院(慶應義塾大学病院)研修医による懇親会で新型コロナウイルス集団感染が起こりましたが、この懇親会の場で、研修医たちがキスなどの濃厚接触を繰り返したり、会の開催について口止めしていたことがわかった。 〈今回ですが、慶應でコロナインシデントがあったため ・ SNSへのアップをしない ・医療従事者であることを言わない ・手指衛生をする でお願いいたします〉 会場となったダイニングバーの店員が、当日の様子を語る。 「 予約は個人名で、40人ほどの貸し切りでした。 他の予約はキャンセルとなったのに、あの子たちの予約は残っていた。 かなり酔っ払って騒いでいたので、大学生のグループかなと思いました」 「週刊文春」が入手した当日の写真には、女性が手に持ったタルトを男性に食べさせている写真に加えて、男同士で口と口を突き出して接触しているものや、男性が別の男性の首に手をまわしてキス。 さらに、2人の男性の頭を第三者が手で押さえてキスさせているカットもあった。 ・・・とのことですが、自粛要請が出されていて、それも医者になる方々の行いとしてどうなのか、怒りの声が飛び交っています。 場所は東京都内のダイニングバーでの「お疲れ様会」懇親会というなの(コンパ)を開催。 三次会まで続き、最後はカラオケだったようです。 3月26日小池東京都知事が緊急会見で外出自粛要請した翌日に、40人で「お疲れ様会」会食、ダイニングバー、カラオケの三次会まで。 一方で、慶応大学病院の研修医40名会食者から18名も感染者だして・・・やってることが矛盾している。 — 健人(kent) macchojijii なんの「お疲れ様?」 国難ともいえる状況で、各病院では医療従事者が昼夜を問わず感染との恐怖と戦いながら患者をケアしているのに。 研修医のくせに生意気なんだよ!! 全員実名報道しろ。 — Four Drachma Coins cakey6115 医師の研修を受ける前に、一般常識やモラルを身につけるべき。 — macmac777 macmac777 多くの福祉職の人々は、自分が感染しないようにと、息を詰めるような毎日を送っている。 休日も当然自粛。 先日の岐阜大学病院の医師といい、今回の件といい、どうなっているのだろうか?一部の問題医師が起こしたことと信じたいのだが…。 分からないわけではない。 でも、守るべきものが増えていくにつれ、それを抑制しようという理性も強くなるのだけどね。 ふつうはね。 慶応大の研修医、様々な出身大がいることでしょう。 言葉は悪いが馬鹿か。 時期などの詳細は知らないけれど、責任感がないとしか言えない。 これは擁護できないし、何で誰も止めるドクターがいない?ひたすら反省し、家でコロナのpubmedでも読んで下さい。 — ryyo ryyo68298245 慶応大学病院 ダメだね 医学部の時から 事件起こしても お咎めなしできた お坊ちゃん研修医? 医療従事者という自覚が ないんだね。 また、世界の笑者だ。 — yuka miehamama 関連記事はこちらです!もうやめて…クラスター!! コロナ関連記事です まとめ 研修医という立場での行いに世間は怒りをぶつけていますが、あたりまえでしょう・・・という声が飛び交っています。 それも、お別れ会という名のコンパだとするならば、お相手の女性の方々もコロナ陽性ということではないでしょうか。 4月9日にキス写真の流通がされたら・・・もう終わりですね・・・と話題されていますね。 感染経路は伏せられているので、証拠は見つかりませんでしたが、慶応大学付近のダイニングバーやカラオケなのではないかと予測されているようです。 動向を追います・.

次の