フォートナイト pc 選び方。 【フォートナイト】ゲーミングPCのメモリの選び方

フォートナイトに最適なおすすめゲーミングPC

フォートナイト pc 選び方

フォートナイトの推奨スペックと私のPCスペック フォートナイトは推奨スペックですら要求が低く設定されています。 最低スペック 推奨スペック CPU Core i3 2. 4GHz Core i5 2. 8GHz メモリ 4GB 8GB グラフィック Intel HD 4000 NVIDIA GTX 660 重視するところはこれくらい。 リアルタイムでプレイするゲームは 最低スペックでなく推奨スペックを満たすのが基本です。 じゃないとまともに遊べません。 今の私のPCスペックは、 CPU Core i7 2. 8GHz メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 950M お値段は13万いかないくらい。 (2017年当時) グラフィックチップを犠牲にしてCPUとメモリを積んだような構成で、「そこそこのゲームやったら動くやろw」と軽い気持ちで購入しました。 このノートパソコンでフォートナイトをプレイすると、 高画質設定だと30FPSすら出ません。 設定を下げて60FPS安定する感じ。 GTX950Mは推奨スペックのGTX660より性能が劣るようなので、仕方ないですね。 とは言え有名なプロプレイヤーでもガチガチの高設定でプレイしている人はほとんどおらず、設定を下げている人ばかりなのでその点は問題ありません。 ディスプレイのリフレッシュレートに注意! 普通にゲームをプレイする分には問題ないものの、性能的にはもっとFPSが出せるかもしれないのに、 ディスプレイが対応していないせいで60FPSしか出せなくなっています。 どんなにPCの性能が高くても、ディスプレイのリフレッシュレート以上のFPSは基本的に出せません。 FPSが高いほど画面がヌルヌル動くので、視点をブンブン振り回すフォートナイトはFPSの高い方が有利と言われています。 予算が許すならリフレッシュレートが120Hz以上のディスプレイ搭載のものを選びたいですね。 実はPS4にマウスとキーボードを繋げば、60FPSで普通にプレイできるんですよね。 記事執筆時点でPS4Proが4万前後、マウスとキーボードにヘッドセットまで合わせても、こだわらなければ5万で済むでしょう。 5万でノートパソコンを買おうと思うと、最低スペックギリギリで「フォートナイトがどうにか動く」程度のものしか買えません。 それだけPS4はスペックの割に価格が安いので、ゲームばかりする予定であればパソコンでなくPS4で十分です。 右上に出てるのがFPS。 設定LOWだと200近く出ており、十分すぎるほど要件を満たす事が分かります。 加えて1TBのHDDも初期装備なので、コスパ的にはコチラの方がお得ですね。 Crazy RaccoonコラボPCでフォートナイトがまともに遊べないとは言わせんゾ! 問題点として、スペック的には十分なんですけど、ディスプレイのリフレッシュレートが恐らく60Hzなので60FPSまでしか出せません。 120Hzリフレッシュレート採用のPCにはわざわざ書いてあるため、この記載が無ければ60Hzで間違いないと思います。 120Hzのノートパソコン パソコン工房にある120Hzのノートパソコンは5つだけでマイナーチェンジ版みたいですし、全部比較しちゃいましょう。 LEVEL-15FX095-i7-RNSS CPU Core i7 8750H メモリ 8GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 240GB HDD なし ベースとなる最も安価なモデルながら、CPUとグラフィックチップは前述のものより性能が上がっています。 近い条件でのプレイ動画がコチラ。 設定が定かではありませんが、影など重そうな設定を入れて、144Hzディスプレイの最大近くのFPSが出せています。 条件の似た別のパソコンで、低設定で120FPSくらいの動画もありましたが・・・(なぜか貼れない)いずれにしても120Hzなら十分なFPSです。 比較に戻りましょう。 LEVEL-15FX095-i7-RNSV (見た目は同じなので画像省きます) CPU Core i7 8750H メモリ 8GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 240GB HDD 1TB RNSSに1TBのHDDを増設したバージョン。 SSDの規格もSATAからM. 2に変わって速度アップしているようです。 LEVEL-15FX095-i7-RNSS-CR CPU Core i7 8750H メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 240GB HDD なし RNSSのCrazy Raccoonコラボモデル。 メモリが16GBに増えています。 LEVEL-15FX095-i7-RNRX CPU Core i7 8750H メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 250GB HDD なし Crazy RaccoonコラボモデルRNSS-CRのSSDがM. 2規格になったバージョン。 LEVEL-15FX095-i7-RNRVI CPU Core i7 8750H メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 250GB HDD 1TB RNRXに1TBのHDDを増設したバージョン。 どれを買うべき? 違うのはメモリ・SSD・HDDくらいなので好みで決めて問題無いですが、後悔しないようにと思うなら メモリ16GB・SSD512GB・HDD1TBにしておくと今後しばらく買い替える必要はないと思います。 (故障しない限り) ベースの価格が安いものをカスタマイズすれば同じようなスペックにできますが、だったらはじめからRNRVIを選んでSSDだけ512GBに増設したほうがお得なので、その点は注意してください。 私が今買うなら絶対にRNRVIを選んでSSD512GBに増設しますね。

次の

フォートナイトに最適なおすすめゲーミングPC

フォートナイト pc 選び方

フォートナイトの推奨スペックについて 項目 最低動作環境 推奨動作環境 CPU Intel Core i3 2. 4GHz Intel Core i5 2. 8GHz メモリ 4GB 8GB グラフィックボード Intel HD 4000 NVIDIA GTX 660 2GB AMD Radeon HD 7870 2GB 同じバトルロイヤルであるPUBGにくらべて 比較的ひくいスペックのPCでも動作できるフォートナイト。 最低動作環境にかんしては、もはや数年前のビジネスパソコンでも動きそうな気すらします。 最低動作環境のグラフィックボード「Intel HD 4000」。 こちらは正確にはグラフィックボードではありません。 CPUに内臓されているGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)というものでして、最近のグラフィックボードより遥かに性能が低いものです。 GPUのことを オンボードと言ったりもしますね。 フォートナイトはそんなオンボード搭載のPCでも一応プレイできるのですから、 他のゲームに比べると要求スペックはかなりゆるいです。 推奨スペックをみてみても、グラフィックボードはGTX 660となっていますね。 これは2012年に発売されたグラフィックボードでして、今となっては1万円ほどで買えるグラフィックボード。 (というより古すぎて取り扱い店舗が少ないです) フォートナイトを最高画質で動かそうと思っても、 それほどハイスペックなゲーミングPCは必要ないと結論付けれます。 フォートナイト用にゲーミングPCを買うときの選び方 ゲーミングPCの選び方について、より詳しくは以下の記事でまとめています。 パーツのことやスペックのことに知見がない方は、まずは関連記事をご覧下さい。 さて、最近のオンラインゲームの中では要求スペックはかなり低いフォートナイト。 ゲーミングPCを新調しようとした場合、フォートナイトの推奨スペックに合わせて買えばいいのかというとそうではありません。 なぜならフォートナイトの推奨スペック程度のPCでは、他のゲームプレイ時に カクつく可能性が大だからです。 今時の高グラフィックゲームで推奨グラフィックボードがGTX 660なんていうのは、まぁフォートナイトぐらいだと思います。 「フォートナイトが快適にプレイできて、他のゲームもそこそこにプレイ可」 上記を求めるのであれば、以下のスペックを基準にゲーミングPCを探しましょう。 CPU:i5〜i7もしくはそれ以上• グラフィックボード:GTX 1060相当以上の性能• メモリ:8GB以上 とくにグラフィックボードに関しては、GTX16シリーズを搭載したゲーミングPCがおすすめ。 16シリーズは10シリーズの後継機で、性能は高いながら価格は抑えられているからです。 では次よりフォートナイトのプレイにおすすめのゲーミングPCを紹介します。 フォートナイトのプレイにおすすめのゲーミングPC3つ 紹介するのは以下3つのゲーミングPCです。 CPU Core i5-9400 グラフィックボード GTX 1060 メモリ 8GB HDD 1TB SSD (なし) 価格 119,800 円(税抜) 主な特徴 価格を抑えながらGTX 1060というミドルスペックのグラフィックボードを搭載したモデル。 ライトユーザーに人気のPC。 公式サイト まずはマウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」からです。 G-Tuneの中でも 比較的安価なのをフォートナイト用おすすめPCとしてチョイスしました。 スペックは表の通りでして、 CPUはi5・グラフィックボードはGTX 1060とフォートナイト推奨スペックよりも上をいきます。 そのため、フォートナイト以外のゲームもそこそこにプレイすることができるでしょう。 ただし、ゲームによっては画質を落とす必要が出てきます。 「ゲーミングPCの予算は10万円程度で考えている」 「とりあえずフォートナイトをプレイしたいから、そこまでハイスペックなPCはいらない」 そんな方におすすめのモデルですよ。 CPU Core i5-8500 グラフィックボード GTX 1660Ti 6GB メモリ 8GB HDD 1TB SSD 240GB 価格 109,980 円(税抜) 主な特徴 グラフィックボードはGTX 10シリーズの後継となる16シリーズを搭載。 10万円台前半で買えるゲーミングPCの中ではトップクラス。 公式サイト 続いて紹介するのは、ドスパラのガレリアシリーズから。 価格帯は10万円台前半ながら、スペック全体のバランスがとれた良モデルです。 そして、ポイントはグラフィックボードにGTX16シリーズを使っている点。 16シリーズは従来のGTX10シリーズ相当の性能を持ちながら、価格が安くなったグラフィックボードです。 そのため、これまでのGTX10シリーズを採用したモデルよりも価格ダウンして登場しているのです。 また、10万円台前半という価格帯のゲーミングPCにしては珍しく SSDもアリ。 GTX16シリーズに抵抗がないのであれば、非常におすすめのゲーミングPCですよ。 フォートナイトはもちろん、それ以外のゲームもほどほどにプレイできそうです。 CPU Core i7-9700K グラフィックボード RTX 2070 メモリ 8GB HDD 2TB SSD 512GB 価格 178,980 円(税抜) 主な特徴 ドスパラで人気No. 1のゲーミングPC。 スペックの高さと価格のバランスからコスパに優れるため、多くのユーザーから人気のあるモデル。 公式サイト 最後に紹介するのも同じくドスパラから。 これまで紹介してきた2つのゲーミングPCより価格はかなり上がります。 ですがその分、スペックは比じゃありませんよ。 まず、CPUはi7の第9世代を使用。 これ以上のスペックのCPUがゲーム推奨スペックになっていることはありません。 そしてグラフィックボードは、 NVIDIAの現行最高クラスRTX20シリーズを使用。 メモリ8GBなのがややおしいですが、16GBにカスタマイズしても20万円以内でおさまる見込みです。 いわゆるハイスペックPCが欲しいという方におすすめなのがこのガレリアXF。 フォートナイトをプレイするだけであれば明らかにオーバースペック。 しかし、最近のゲームはドンドン要求スペックがあがっていますから、良いPCを長期的に使いたい方にはピッタリでしょう。 筆者おすすめのフォートナイト推奨PCはこれ! ここまでフォートナイトの推奨スペックとプレイにおすすめのゲーミングPCを紹介してきました。 ゲーミングPCは3つ紹介しましたが、個人的におすすめなのは3つ目に紹介したです。 ガレリア XFはドスパラで人気No. 1のゲーミングPCであることと、ハイスペックのグラボRTX 2070を搭載していることが決め手となりました。 現状RTX 2070の性能をうわまわるグラボはRTX 2080と2080Tiのみ。 ですから、このPC1つで今後しばらくは最新のオンラインゲームをありのまままに遊べますよ。 とはいえ、ガレリアXFはフォートナイトだけをプレイすると考えた場合、オーバースペックもいいところ。 「とりあえずフォートナイトがプレイできたらよい」という方は予算10万円程度のゲーミングPCを検討しましょう。 ちなみに、10万円前後で買えるゲーミングPCは以下の記事でまとめています。

次の

フォートナイトの推奨スペックを解説:低スペでも動く軽いゲームです

フォートナイト pc 選び方

どれがいい?ゲーミングPCの選び方 初めて買う方にとって、どのメーカーのどのゲーミングPCを買えばいいのか分からないと思います。 そんな方のために、以下の表を作ってみました。 特定のゲームのみをプレイするならそのゲームの推奨スペックを参考に選ぶことができますが、いずれ違うゲームもプレイするなら今後数年間現役で使えるスペックのゲーミングPCを選ぶべきです。 予算的には最低でも10万円は欲しいところ。 ただこれは本体の価格なので、モニタやキーボード、マウス、スピーカーを持っていない方は別で購入が必要です。 選ぶときはメモリ・グラフィックボード・CPUに注目し、予算と相談しながら選んでみてください。 Fortnite(フォートナイト)の必要スペック・推奨スペック CPUやグラフィックボードは複数の企業の製品がピックアップされるため、性能の比較が容易でないことがあります。 ひとつの指標としてドスパラの性能比較ページのURLを掲載しておきます。 CPUの性能を比較したい場合は、こちらのページが参考になります。 () グラフィックボードの場合は、こちらが参考になります。 () まずはいわゆる「 必要スペック」や「 最低スペック」と呼ばれるものについて見ていきましょう。 これはゲームがこのスペック以上であれば動作する、もしくはスムーズに動作すると公的に判断されているスペック表です。 4 Ghz RAM 4GB GPU Intel HD 4000 PC Intel Iris Pro 5200 Mac 上記の表はいわゆる 必要スペックと呼ばれるものです。 やはりPCでゲームをするときに気になるのは、 CPU・メモリ・グラフィックボードの3点でしょう。 ちなみに必要スペックはかなり低く設定されており、この基準をクリアできないゲーミングPCはないので、次の項目である推奨スペックを参考にしてください。 必要CPUIntel製のCore i3シリーズが設定されており、クロック周波数は「2. 4GHz」以上となっています。 現在市販されている多くのCPUが2. 5GHz以上のクロック周波数の製品となっているので、低いスペックでも動作すると言えます。 必要メモリ(RAM)4GBとされています。 これはむしろゲームをプレイする環境を想定すると少ないため、OSなど他の状況によってはやや重くなる可能性があります。 最低でも8GB、できれば16GBは欲しいところです。 必要グラフィックボード(GPU)「Intel HD 4000」ならびに「Intel Iris Pro 5200」は、いわゆる「内蔵グラフィック」と呼ばれるものです。 CPU自体にグラフィック機能を搭載させたものであり、これが必要スペックに掲載されているということは「内蔵グラフィックの性能がよければ、グラフィックボードは必要ない」と捉えることができます。 ただゲーミングPCでオンラインゲーム等を楽しむにはグラフィックボードは必須となり、内蔵グラフィックのみだと快適なプレイができないと考えていいでしょう。 8 Ghz メモリ 8GB GPU Nvidia GTX 660 AMD Radeon HD 7870相当のDX11対応GPU GPU RAM 2GB ストレージ 22GB以上の空き容量 こちらの表は 推奨スペックです。 必要スペックと見比べてみると、OSとストレージ以外はグレードアップしたパーツが求められます。 推奨スペック的には一昔前のゲーミングPCでも動作することから、比較的軽いゲームだと言えます。 ただこのスペックだと快適にはプレイできないので、なめらかに動作(快適に)するためにはもう少し高性能なスペックが必要です。 なめらかに動作するにはフレームレートが重要です。 基本は60fps以上ですが、144fpsは欲しいところ。 フォートナイトなら240fpsでも動作できるゲーミングPCが安く手に入るので、そこが狙い目です。 推奨CPUIntel製のCore i5シリーズで、クロック周波数が「2. 8GHz」以上のものとなっています。 必要スペックのときと異なり、いくつかのi5製品は周波数「2. 8GHz」を満たしていないものがありますので、注意しなければいけません。 たとえばi5-7500Tは2. 7GHzの製品であり、クロック周波数が基準を満たしていません。 購入予定のゲーミングPCのCPUが要件を満たしているか確認しましょう。 推奨メモリ(RAM)フォートナイトの推奨メモリは8GBです。 同時にソフトを動かしたり、ゲームプレイしながらボイスチャットや画面録画、配信をするなら16GBは欲しいところです。 基本的にカスタマイズする際に優先するのはメモリです。 これをケチるとパソコンの動作が遅くなり、ストレスとなるため注意しましょう。 推奨グラフィックボード(GPU)「GTX 660」または「Radeon HD 7870」が設定されています。 ドスパラのNVIDIA製グラフィックボードの比較ページを見ると、「GTX 660」のスコアは「159」、同じくNVIDIA製の「GTX 1050」は「231」を示しているため、 安価なGTX 1050でも十分に動作することが期待できます。 GPU RAMは、必要スペックには掲載されていませんでしたが、グラフィックボード用のメモリのことを指します。 先ほど例に挙げたGTX 1050はVRAMが2GBと3GBがあります。 どちらも必要スペックの「2GB」を満たしているため、 GTX 1050以上のグラフィックボードを搭載していれば、スムーズに動作すると言えるでしょう。 ただ先程も紹介した通り、より快適にプレイするなら144fpsや240fpsを出せるゲーミングPCがおすすめです。 次の項目では現時点でおすすめできるフォートナイト用のゲーミングPCをランキング形式でご紹介します。 フォートナイトで240fpsプレイするなら間違いなくコスパ最強の1台。 パーツはほとんどが上位クラスを採用されており、ほとんどのゲームで快適動作が保証できるスペック。 メモリは16GB、ストレージはNVMe SSDということもあり、OSやソフトの起動もかなり速いです。 フォートナイト単体で起動するには余裕なため、同時配信などにも対応できます。 ただ240Hzのゲーミングモニターが高額なので、144Hzのゲーミングモニターから初めてみることをおすすめします。 GALLERIA XFのベンチマーク測定は以下の実機レビュー記事をご覧ください。 144Hzのゲーミングモニターをお持ちでなければ、以下の記事を参考にしてください。 ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。 月々3000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。 基本構成でメモリ16GB、ストレージも512GB NVMe SSDと2TB HDDを搭載しているため、カスタマイズ不要で15万円台から購入できます。 もう少し予算があれば、1位で紹介したガレリア XFやAXFといったガレリアシリーズの人気定番モデルがおすすめですが、快適かつ安定した動作環境でフルHDゲーミングするならガレリア AXVがコスパ面でも優秀です。 時期やキャンペーンによって値引きや各パーツの無料アップグレード対象となるので、よりお得に購入できるゲーミングPCとしておすすめです。 GALLERIA AXVのベンチマーク測定は以下の実機レビュー記事をご覧ください。 144Hzのゲーミングモニターをお持ちでなければ、以下の記事を参考にしてください。 このゲーミングPCのいいところは、バランスがとてもよく値段も据え置きだというところです。 費用を抑えつつしっかりとゲームを遊びたいときにうってつけでしょう。 CPUには、現在人気の第3世代Ryzenの「Ryzen 5 3600X」が使用されています。 安価でもコストパフォーマンスが高く性能がいいのが特徴です。 グラフィックボードには「GeForce GTX 1660 SUPER」が使われているので、高画質で楽しめるゲームも多くなっています。 メモリは16GBで、この価格帯では多い量です。 ミドルレンジ帯としてはバランスが整っているのが特徴ですので、ゲームだけでなくネットブラウジング目的にも使えます。 フォートナイトやオーバーウォッチなどのゲームであれば、フルHDの高画質でも無理なく遊べるでしょう。 黒い砂漠であれば、(MIDDLE)が以下のようになっています。 ・CPU:Intel Core i5 3. 具体的には、新しい世代のCore i5「i5-9600」より本ゲーミングPCのCPU「Ryzen 5 3500」の方がベンチマークスコアが高スコアです。 グラフィックボードに至っては、本ゲーミングPCの「GTX 1660Ti」が「GTX 750Ti」や「GTX 760」の倍以上のスコアとなっています。 「GALLERIA RT5」は黒い砂漠を中程度の画質で安定してプレイできる、ミドルレンジ帯の良質なゲーミングPCです。 【おすすめ】ドスパラ ガレリアシリーズのグレード表から選ぶ ガレリアシリーズにはXF、XT、ZZ、RT5などのグレードが型番としてついています。 いろんなグレードがあり迷うところですが、以下の表を見てもらえれば、どれくらいのグレードなのかわかりやすいと思います。 価格と型番、性能で選べるので参考にしてください。 表は横スクロール可能です。 4KやWQHD、144Hzの高解像度、高フレームレートでゲームがしたいならRTX2070以上が欲しいところです。 格安機であっても、メモリを16GBにしたり、カスタマイズすることで高性能化できますよ。 普通にプレイする分にはフルHDで60FPS程度で遊べるGTX1660Tiがおすすめです。 元々GALLERIA XFはドスパラで長きに渡り人気No1のゲーミングPCです。 新筐体バージョンになり、冷却性能や使い勝手、見た目も良くなっています。 今なら上位のCPU Intel Core i7-10700、メモリ16GB、512GB NVMe SSDとなっています。 最新のハイエンドグラフィックボードである「GeForce RTX 2070 SUPER」を採用しており、このスペックが16万円台〜ならコスパ最強です。

次の