歯科 矯正 ビフォー アフター。 【写真あり】アラサー歯列矯正1年後のビフォーアフター&思うこと

叢生(そうせい)・乱ぐい歯・八重歯の症例を大阪のヤマダ矯正歯科のビフォーアフターで紹介!の症例を大阪のヤマダ矯正歯科のビフォーアフターで紹介!

歯科 矯正 ビフォー アフター

2019. 23更新 歯列矯正を始めて3年半。 全ての矯正装置/ブラケットが外れました!!! 今後も保定装置を装着するので、歯科には定期的に通い続けますが、ブラケットやワイヤーを装着しての、大掛かりな歯列矯正は一旦終了となります。 わたしの経験が「歯列矯正を始めたいけれど、悩む・・・」という方の後押しになればと思い、今までの変化を画像公開。 もういいか、というわけで、 顔スタンプも取っちゃいました。 1年目のこと 上下とも表側矯正で、抜歯を一切しない【非抜歯矯正】でスタート。 当初は1年~1年半で終了予定と言われていましたが、より高い審美性を求めて、途中で抜歯矯正にシフトチェンジ。 期間が伸びますorz したり。 、というドラマもありましたね。。。 生きててよかったあ。 3年目以降 少しずつ終了に向かって調整が続き。。。 3年経つか経たないかくらいで、 見た目の大きな変化もなく、特に事件もなく。 まだかなあ、という感じでした。 では続いて、ビフォーアフター写真を紹介! 顔の変化の画像 開始当時との比較画像です。 前から(口元) 出っ歯だったのがもう懐かしい。 随分綺麗になりました。 以前はこのように口もとを「ニコっ」とさせるのに、一生懸命口を横に広げていましたが、今は力を入れなくても、このような表情が作れるように。 ほうれい線もそこまで気になりませんね。 ゼロじゃありませんが、歯列矯正のせいで増した、という事もない。 年齢並みという感じかな。 横から(口元) なぜかスタート時点の撮影が洗いざらしの髪&すっぴんのものしかなくて!!! もう、このまま公開します。 笑 ビフォーアフター要素が強まっていますが、わざとじゃないですよ。。。 当時はブログをやるなんて思ってもいませんでしたし。。。 ご了承くださいませ(?) 元々あごが目立ちにくい顔立ちでしたが、なんと、 あごができましたね。 くちびるが「きゅっ」と閉じ、Eラインの線上に、くちびるが乗りました。 前から(顔全体) ビフォーの漂うヤンキー臭・・・ 主人「なんか怖いね」 いや ほんと怖いwww 同一人物です。。 当時、白い服を着ていたので、アフターでも白い服を着てみました。 以前は出っ歯で、口がうまく閉じれなかったんですよね。 無意識だとどうしても口呼吸になっていました。 今は鼻呼吸ができるようになり、口角を上げて笑うことができます。 うれしいです。 あごの下の「うめぼし」も、今はほとんど目立たなくなりました。 にっこり笑ってみましょう。 印象が良くなりましたよね! さすがに現在のスッピンを晒す勇気はありませんがww 化粧なし時でも、顔が変わりました。 人生そのものも、大きく変化した3年半。 色々大変な事もありましたが、 私の良き変化を後押ししてくれたことは間違いありません。 【動画公開】動いてみた 動画も撮ってみたよ。 スタート時の歯型。 大事に取ってあります。 この時の歯並びも好きだったけど、今綺麗なった自分も好き。 みどりの歯列矯正をはじめから読みたい人へ 病院選びのヒント デートで気をつけること 歯列矯正の人気記事.

次の

叢生(そうせい)・乱ぐい歯・八重歯の症例を大阪のヤマダ矯正歯科のビフォーアフターで紹介!の症例を大阪のヤマダ矯正歯科のビフォーアフターで紹介!

歯科 矯正 ビフォー アフター

歯列矯正のビフォー・アフター写真 私は4年半にわたり、歯列矯正をしていました。 矯正治療をしてその時に写真をもらったので ビフォー・アフター写真を紹介したいと思います。 まずは正面からの写真です。 こちらは 矯正前の写真。 続いてこちらが 矯正終了後の写真。 不正咬合の代表的な例だと思うんですけど前歯と八重歯の隣の歯が手前側に引っ込んでしまっています。 スペースがないので歯が重なっている感じですね。 特に写真の左側の歯は全く見えない状況。 前歯の隣に八重歯が生えているような感じになっちゃっています。 今改めて写真を見返すと、本当に歯並びが悪いなと思います。 私の場合はちょっとずれているというより、 完全に歯が二枚重なっている状況なので、かなり歯並びが悪い部類に入ります。 参考: 最初の診察の時に 「重度不正咬合」と書かれた記憶もあるので(苦笑) ただ、このぐらいの歯並びの人がみんな矯正終了まで4年半かかるのかというと、そんなこともないと思います。 ここまで悪くても2、3年で終わる人もいると思います。 私は30代になってから本格的な矯正治療を始めたので、治りが遅かったというところもあるかもしれません。 カウンセリングの時の説明で印象に残っているのは、 「歯は粘土に埋まっているようなもので自由自在に歯並びを治すことは可能ですよ」と言われたこと。 確かにこんなにズレていても最終的に歯が動いていくのって、歯茎の柔軟性があるからなのかな、と改めて感じさせてくれました。 口の中からの写真で比較 続いて口の中から撮影した写真も、もらったので紹介します。 まずこちらが 矯正前の写真。 抜歯する前の写真を見てもらうと、手前側にずれている歯がよくわかりますね。 スペース的に全然間がないので抜歯抜きで歯並びを治すのは無理と言われました。 最近は抜歯しない矯正治療など話題になっていたりしますが、それはある程度スペースが確保できる人の話。 ほとんどの人は結局歯を抜かないと歯並びを直せないので、歯を抜くことになると思います。 そしてこちらが歯を抜いて、 矯正が終わった後の写真です。 ご覧のように上の歯は本来14本生えていますが、12本になりました。 ほとんどの人は上だけで歯を2本抜くことになると思います。 不思議なもので、歯が2本減ったのに完全に隙間がなくなっちゃうのがすごいですよね。 別に奥歯が前に出てきたとか、そういうこともないのに。 正確に言うと微妙に隙間があるところもあるんですけど、見た目以上はほとんど隙間がない感じになります。 そして下の歯もバランスを考慮して歯を抜く人が多いはずです。 健康な歯、歯並びが悪くない歯を抜く 私はとにかく見た目を良くしたいという気持ちだったので、健康な歯を抜くことにそこまで抵抗はありませんでした。 でも 「虫歯で治療した歯とか、欠けちゃった歯を優先的に抜けばいいのに」と思っている人もいるかもしれません。 先生の話では、そういったことも全く考慮しないわけではないそうですが、基本的に歯を抜くところは決まっているそうです。 上記、 色のついたところが抜く歯です。 よく「見た目がドラキュラっぽいから八重歯が嫌」という人がいます。 しかし 八重歯は他の歯と比べて重要度の高い歯。 八重歯があることで噛み合わせがしっくりケースが多いです。 そのため、基本的に八重歯は矯正治療の際の抜歯対象になりません。 参考: 八重歯があることで噛み合わせが安定することが多いため、どの矯正歯科に行っても八重歯を優先的に抜こうと考える先生はいないと思います。 とはいえ、八重歯を抜かない矯正がないわけではないので、「私は八重歯が嫌なので八重歯を抜いて治療してください」と言えば検討してくれると思います。 ただその際、上記紹介したようなデメリットも必ず言われると思うので、そこを了承した上で歯を抜くか決めてみてはいかがでしょう。 矯正歯科は必ず最初に見積もりなどのお金の話以外に、どんな矯正が考えられるのか説明してくれます。 自分にとって将来にわたり満足できるような矯正治療を提供してくれるところを選んでみてください。 関連ページ: 腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶならから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

次の

【大人の歯列矯正1302日目】顔の変化を公開!アラサー歯列矯正3年半のビフォーアフター画像

歯科 矯正 ビフォー アフター

矯正器具をつける前日に撮った写真 でも矯正ってものすごく高いし、自分にはそんな余裕一生ないなって思っていたんですよね。 (4人兄弟で、子供の頃も親にはゼッタイ頼めなかった) そして矯正なんてしようと思うことなく、いつの間にかアラサーと言われる年齢に。 けれど、初めて行った歯医者で初めて事実を突きつけられ、事態は一変しました。 「矯正、一度も考えたことないんですか?」とディスられた? んです。 今まで一度もプロ(歯医者)から、歯並びの話題をふられたことがなかったので、衝撃でした。 「あ、やっぱり私って本当にプロから見ても出っ歯なのね」と。 (おそい💦) それがきっかけで、歯列矯正を決意! そこから矯正への長い道のりがスタートしました。 上の前歯2本の角度が内側に向いた• 前歯全体が後退してきた• 抜歯跡が狭まってきた• 下の歯のガタガタ感がなくなった 確実に変わったのが、 上の前歯の角度! 横から見るとすごく飛び出ていたの前歯が、内側に収まりました。 前歯の大きさ自体は変わっていないのに、 向きが内側に入っただけで前歯が小さく見える。 前歯の主張感がかなり減りました💮 横から写真を撮られても怖くない!! 抜歯後もだんだんと狭まってきました。 左側よりも、右側の方が狭まるスピードが早いです。 まだまだ先は長そうですが、だいぶ隙間が目立たなくなってきたので変化を実感しています。 また、地味にガタッとしていた下の前歯(V字で並んでいた)もほぼまっすぐになりました。 1年で、 後は抜歯跡が埋まるのを待つだけ、という状態になりました。

次の