マジック フライヤー。 パワーマジックフライヤーXL特典付きでの購入方法はコチラ|ダイレクトテレショップの放送予定時間を知りたい方はコチラ

焼き芋が自宅で簡単にできる!マジックフライヤーでさつまいもを焼いた評判!

マジック フライヤー

「パワーマジックフライヤーXL」で実際に調理してみた結果 始めに「パワーマジックフライヤー」の基本的な使い方をざっくりと説明しておきます。 使い方はとても簡単! 1. ボタンを押す レシピを参考に、「温度」「時間」を設定します。 4種類のプログラム設定があるので、1タッチでの調理も可能です。 完成! 熱風の対流循環により、ひっくり返さなくてもOK! (ひっくり返した方がよい場合もアリ)まるで油で揚げたように仕上がります。 食材を入れて、温度と時間を設定すれば、放っておいても大丈夫。 油で揚げ物をするときのようにずっと見張っていなくてよいし、コンロも使わないので、調理の間にほかの作業をやることができます。 じゃがいもだけで簡単「フライドポテト」 まずはじゃがいもを使って、フライドポテトを作ってみます。 カットしたじゃがいもを「パワーマジックフライヤー」の中に入れて、塩こしょうをまぶします。 バターを1切れ入れると、よりおいしい。 ボタンを押した後、4秒経過すると自動で加熱が始まります。 10分後に一旦取り出し、全体をゆすって混ぜます。 こうやって途中で混ぜることで、まんべんなく火が通ります。 調理プログラムが稼働中でも、途中で揚げ(焼き)加減を確認することができます。 再度セットすると、自動的に加熱が再開します。 調理終了のアラームが鳴ったら、完成!いい具合に焼き色がついたフライドポテトができました。 外はパリッと中はホクホクの食感で、芯が残ることなく中までしっかり火が通っていました。 じゃがいもだけで簡単に1品作れるのでいいですね。 これって油で揚げるとなると結構な手間なので、 入れるだけでできるのは本当に便利です。 いつもの「豚カツ」だけど油なしでカロリーカット 次は、豚肉を使って「豚カツ」を作ってみます。 揚げる前の、衣をつけるところまではいつも通りの工程です。 あとはできあがるのを待つだけ!(途中で1度裏返すとよりよい) できました。 きちんと焼き色がついていて、見た目は揚げた豚カツと変わりません。 衣はさくっと、お肉はやわらかく、中までしっかり火も通っています。 油で揚げた豚カツと比べると、 若干うま味が減るかな?という感じですが、 ヘルシーな味わいで、ジューシーさもちゃんとありました。 ダイエット中の方や揚げ物を控えないといけない方でも、おいしく食べられそうです。 失敗なし!「ハンバーグ」もふっくら焼ける 揚げ物以外も試してみよう!というわけで、次は、ハンバーグを焼いてみます。 ハンバーグのタネを作って、「パワーマジックフライヤー」に入れます。 あとは待つだけ。 できあがり!縦にふっくら盛り上がって、肉汁があふれんばかりです。 焼きムラにならず、中までしっかり火が通っているし、ふっくらジューシー!お店のような出来栄えです。 ハンバーグってフライパンで焼くと焼き加減が難しくて、中まで火を通そうとすると外側を焦がしたり、焦げないようにすると中が半生だったりと、なかなか難しいのですが、「パワーマジックフライヤー」なら熱風が全体に行き渡るので、放っておいても 焼き加減を失敗しません。 余分な油は落としてくれるので、カロリーも通常調理の2分の1以下になります。 これはスゴイ。 サクサクがよみがえる「お惣菜の温め直し」 さらにいいな!と思ったのがこちらの「お惣菜の温め直し」。 調理済みのものもよりおいしくいただけます。 買ってきて時間が経った、しなしなのかき揚げとエビフライを「パワーマジックフライヤー」に入れます。 できあがり。 包丁で切るとちゃんと「サクッ」と音がするくらい、サクサクの天ぷらによみがえりました。 中もちゃんと温かくてジューシーで、かなり 作りたてに近い食感です。 これは嬉しい! これまでお惣菜の揚げ物はトースターで温め直していましたが、外はカリッとできても中はべっちゃりしたりぬるかったりして、味がかなり落ちるんですよね。 なので、あまりお惣菜の揚げ物は買わないようにしていたのですが、これだったら 味もおいしい(許せる)から、スーパーのお惣菜もメニューに加えられそう。 温め直したあとの油受けには、しっかり油が落ちていました。 お惣菜の揚げ物も、余分な油を落としてヘルシーにおいしくよみがえります。 お菓子も作れる「かぼちゃのケーキ」 最後に「パワーマジックフライヤー」でお菓子も作れるよ~という例で、かぼちゃケーキをご紹介します。 (略)完成したのがこちらです。 いい感じの盛り付け…(!)しっとりとなめらかな食感でした。 正直ケーキを焼くのは「パワーマジックフライヤー」じゃなくてもいいんじゃないか…という気がしないでもないですが(笑)、機能のバリエーションの1つとしてベイク調理も備わっています。 「パワーマジックフライヤーXL」のおすすめなところ、イマイチなところ 一通り「パワーマジックフライヤー」を体験してみて感じた、メリットデメリットをまとめました。 多機能な「時短」調理家電として優秀! 油を使わないでヘルシーに揚げ物が料理できるだけでなく、グリル、ロースト、ベイク調理も 1台でまかなえます。 食材を入れたあと放置しておけるので、これ1台で1品作っている間に、他の調理を平行して行えるから料理の 時短に便利! 1人暮らし~2人暮らしにちょうどいい量が作れる 1度に作れる容量が、「2食分~少なめ3食分」くらいです。 ハンバーグだと1度に作れるのは最大3つくらいかな?くらいのサイズ感。 一般的な家庭だとちょっと少なめに感じるかもしれませんが、 2人暮らしの我が家には ぴったりなサイズでした。 ちょっと多めに作れるので、 1人暮らしの方も意外とちょうどいいサイズのはず。 後片付け、お手入れが楽 油で揚げると油の処理や洗い物が大変ですが、「パワーマジックフライヤー」だと 「網かご」と「油受け」を洗うだけで済みます。 美味しさか?ヘルシーさか? 油を使わないからカロリーを大幅にカットできるのがメリットなのですが、逆に 油で揚げたものと比べると味が劣る面があります。 (おいしいことはおいしいのですがあっさりヘルシーな味になるので、揚げ物だと思って食べると別物感がアリ…) 味にこだわりたいときは、あらかじめ 食材に油をスプレーしたり塗ったりしておくと、満足できるものに! 美味しさとヘルシーさ、どちらを求めるかは使う人次第。 美味しさをとる場合は、もうひと手間必要になります。 収納に場所をとる よく言われるのは「5合用炊飯器と同じくらい」で、それなりに場所をとります。 キッチンだと存在感のある大きさです。 使い勝手を考えると置きっぱなしにしておきたいので、 置き場所が確保できるかが課題です。 それもアリかも。 他社ノンオイルフライヤー「ノンフライヤー」「カラーラ」との違いを比較 さて、ここで他社の有名なノンオイルフライヤー2製品と「パワーマジックフライヤー」を比較してみます。 対象はフィリップスの「ノンフライヤー(HD9227)」と、ショップジャパンの「カラーラ」です。 ノンフライヤー(HD9227) カラーラ パワーマジックフライヤーXL 外観 本体サイズ 横28. どの製品も「ノンオイルフライヤー」としての機能は十分備わっており、 どれを選んでも満足できる(差はない)かと思います。 小さな違いはいくつかあり、それらを比較すると、各製品について以下の特徴があります。 ノンフライヤー(HD9227) 本体が大きい(ー)、 音がうるさい(-) 容量が多い(+)、 シンプルデザイン(+)、 食洗機対応(+)• カラーラ 見た目がイマイチ(-)、 音がややうるさい(-) 食洗機対応(+)• パワーマジックフライヤーXL 食洗機非対応(-) 音が静か(+)、 おしゃれなデザイン(+)、 デジタルパネル(+) おわりに ノンオイルフライヤーには各社いろいろな商品がありますが、「パワーマジックフライヤーXL」の特徴としては、 音が静か・オシャレな見た目・操作パネルがデジタル、といった感じでしょうか。 肝心の調理機能は、他製品と差はほとんどないため、あとは好みで選んでもよさそうです。

次の

パワーマジックフライヤーXLのレビュー…唯一悪いところとオススメ購入サイトのご紹介!

マジック フライヤー

「パワーマジックフライヤーXL」で実際に調理してみた結果 始めに「パワーマジックフライヤー」の基本的な使い方をざっくりと説明しておきます。 使い方はとても簡単! 1. ボタンを押す レシピを参考に、「温度」「時間」を設定します。 4種類のプログラム設定があるので、1タッチでの調理も可能です。 完成! 熱風の対流循環により、ひっくり返さなくてもOK! (ひっくり返した方がよい場合もアリ)まるで油で揚げたように仕上がります。 食材を入れて、温度と時間を設定すれば、放っておいても大丈夫。 油で揚げ物をするときのようにずっと見張っていなくてよいし、コンロも使わないので、調理の間にほかの作業をやることができます。 じゃがいもだけで簡単「フライドポテト」 まずはじゃがいもを使って、フライドポテトを作ってみます。 カットしたじゃがいもを「パワーマジックフライヤー」の中に入れて、塩こしょうをまぶします。 バターを1切れ入れると、よりおいしい。 ボタンを押した後、4秒経過すると自動で加熱が始まります。 10分後に一旦取り出し、全体をゆすって混ぜます。 こうやって途中で混ぜることで、まんべんなく火が通ります。 調理プログラムが稼働中でも、途中で揚げ(焼き)加減を確認することができます。 再度セットすると、自動的に加熱が再開します。 調理終了のアラームが鳴ったら、完成!いい具合に焼き色がついたフライドポテトができました。 外はパリッと中はホクホクの食感で、芯が残ることなく中までしっかり火が通っていました。 じゃがいもだけで簡単に1品作れるのでいいですね。 これって油で揚げるとなると結構な手間なので、 入れるだけでできるのは本当に便利です。 いつもの「豚カツ」だけど油なしでカロリーカット 次は、豚肉を使って「豚カツ」を作ってみます。 揚げる前の、衣をつけるところまではいつも通りの工程です。 あとはできあがるのを待つだけ!(途中で1度裏返すとよりよい) できました。 きちんと焼き色がついていて、見た目は揚げた豚カツと変わりません。 衣はさくっと、お肉はやわらかく、中までしっかり火も通っています。 油で揚げた豚カツと比べると、 若干うま味が減るかな?という感じですが、 ヘルシーな味わいで、ジューシーさもちゃんとありました。 ダイエット中の方や揚げ物を控えないといけない方でも、おいしく食べられそうです。 失敗なし!「ハンバーグ」もふっくら焼ける 揚げ物以外も試してみよう!というわけで、次は、ハンバーグを焼いてみます。 ハンバーグのタネを作って、「パワーマジックフライヤー」に入れます。 あとは待つだけ。 できあがり!縦にふっくら盛り上がって、肉汁があふれんばかりです。 焼きムラにならず、中までしっかり火が通っているし、ふっくらジューシー!お店のような出来栄えです。 ハンバーグってフライパンで焼くと焼き加減が難しくて、中まで火を通そうとすると外側を焦がしたり、焦げないようにすると中が半生だったりと、なかなか難しいのですが、「パワーマジックフライヤー」なら熱風が全体に行き渡るので、放っておいても 焼き加減を失敗しません。 余分な油は落としてくれるので、カロリーも通常調理の2分の1以下になります。 これはスゴイ。 サクサクがよみがえる「お惣菜の温め直し」 さらにいいな!と思ったのがこちらの「お惣菜の温め直し」。 調理済みのものもよりおいしくいただけます。 買ってきて時間が経った、しなしなのかき揚げとエビフライを「パワーマジックフライヤー」に入れます。 できあがり。 包丁で切るとちゃんと「サクッ」と音がするくらい、サクサクの天ぷらによみがえりました。 中もちゃんと温かくてジューシーで、かなり 作りたてに近い食感です。 これは嬉しい! これまでお惣菜の揚げ物はトースターで温め直していましたが、外はカリッとできても中はべっちゃりしたりぬるかったりして、味がかなり落ちるんですよね。 なので、あまりお惣菜の揚げ物は買わないようにしていたのですが、これだったら 味もおいしい(許せる)から、スーパーのお惣菜もメニューに加えられそう。 温め直したあとの油受けには、しっかり油が落ちていました。 お惣菜の揚げ物も、余分な油を落としてヘルシーにおいしくよみがえります。 お菓子も作れる「かぼちゃのケーキ」 最後に「パワーマジックフライヤー」でお菓子も作れるよ~という例で、かぼちゃケーキをご紹介します。 (略)完成したのがこちらです。 いい感じの盛り付け…(!)しっとりとなめらかな食感でした。 正直ケーキを焼くのは「パワーマジックフライヤー」じゃなくてもいいんじゃないか…という気がしないでもないですが(笑)、機能のバリエーションの1つとしてベイク調理も備わっています。 「パワーマジックフライヤーXL」のおすすめなところ、イマイチなところ 一通り「パワーマジックフライヤー」を体験してみて感じた、メリットデメリットをまとめました。 多機能な「時短」調理家電として優秀! 油を使わないでヘルシーに揚げ物が料理できるだけでなく、グリル、ロースト、ベイク調理も 1台でまかなえます。 食材を入れたあと放置しておけるので、これ1台で1品作っている間に、他の調理を平行して行えるから料理の 時短に便利! 1人暮らし~2人暮らしにちょうどいい量が作れる 1度に作れる容量が、「2食分~少なめ3食分」くらいです。 ハンバーグだと1度に作れるのは最大3つくらいかな?くらいのサイズ感。 一般的な家庭だとちょっと少なめに感じるかもしれませんが、 2人暮らしの我が家には ぴったりなサイズでした。 ちょっと多めに作れるので、 1人暮らしの方も意外とちょうどいいサイズのはず。 後片付け、お手入れが楽 油で揚げると油の処理や洗い物が大変ですが、「パワーマジックフライヤー」だと 「網かご」と「油受け」を洗うだけで済みます。 美味しさか?ヘルシーさか? 油を使わないからカロリーを大幅にカットできるのがメリットなのですが、逆に 油で揚げたものと比べると味が劣る面があります。 (おいしいことはおいしいのですがあっさりヘルシーな味になるので、揚げ物だと思って食べると別物感がアリ…) 味にこだわりたいときは、あらかじめ 食材に油をスプレーしたり塗ったりしておくと、満足できるものに! 美味しさとヘルシーさ、どちらを求めるかは使う人次第。 美味しさをとる場合は、もうひと手間必要になります。 収納に場所をとる よく言われるのは「5合用炊飯器と同じくらい」で、それなりに場所をとります。 キッチンだと存在感のある大きさです。 使い勝手を考えると置きっぱなしにしておきたいので、 置き場所が確保できるかが課題です。 それもアリかも。 他社ノンオイルフライヤー「ノンフライヤー」「カラーラ」との違いを比較 さて、ここで他社の有名なノンオイルフライヤー2製品と「パワーマジックフライヤー」を比較してみます。 対象はフィリップスの「ノンフライヤー(HD9227)」と、ショップジャパンの「カラーラ」です。 ノンフライヤー(HD9227) カラーラ パワーマジックフライヤーXL 外観 本体サイズ 横28. どの製品も「ノンオイルフライヤー」としての機能は十分備わっており、 どれを選んでも満足できる(差はない)かと思います。 小さな違いはいくつかあり、それらを比較すると、各製品について以下の特徴があります。 ノンフライヤー(HD9227) 本体が大きい(ー)、 音がうるさい(-) 容量が多い(+)、 シンプルデザイン(+)、 食洗機対応(+)• カラーラ 見た目がイマイチ(-)、 音がややうるさい(-) 食洗機対応(+)• パワーマジックフライヤーXL 食洗機非対応(-) 音が静か(+)、 おしゃれなデザイン(+)、 デジタルパネル(+) おわりに ノンオイルフライヤーには各社いろいろな商品がありますが、「パワーマジックフライヤーXL」の特徴としては、 音が静か・オシャレな見た目・操作パネルがデジタル、といった感じでしょうか。 肝心の調理機能は、他製品と差はほとんどないため、あとは好みで選んでもよさそうです。

次の

パワーマジックフライヤーXLのレビュー…唯一悪いところとオススメ購入サイトのご紹介!

マジック フライヤー

もくじ TV通販の ダイレクトテレショップって魅力的な商品が多いですよね。 しかも放送終了後30分以内なら価格もグーンと安くなります。 遠く離れた地域に住んでいるご両親や家族の方にプレゼントされる方も多いのですが、すぐに購入せずにちょっと考えたい時ってありますよね。 そしてほしいなって思ったときにはその番組がいつやっているのかわからなくないですか? そこで 放送予定を調べようと思って新聞やネットのヤフーテレビガイド、雑誌のテレビガイドやBS放送予定表などを調べますよね。 しかしダイレクトテレショップの放送時間が分かっても何の商品かについての情報ってなかなか見つかりませんよね。 インターネットで「ダイレクトテレショップ 放送予定」ダイレクトテレショップ 放映時間」などいろいろ検索してもなかなか見つけることはできません。 そこでごく一部のダイレクトテレショップの放送予定表を見ることができる番組表をこちらで検索してわかる範囲で毎日更新していきます。 テレビ局の都合で予定が変わることがあります。 ) わざわざ番組表を見に行っていつ放送しているのか探さなくてもこちらでいつ何の商品を紹介するのか 随時更新していきますのでぜひ参考にしてみてください。 (現在更新しています:放送30分以内でなくてもこちらのページからダイレクトテレショップに行くことでクーポンが発行されテレビと同額の値段で購入することができます。 ) 遠く離れた地域に住んでいるご両親や家族のために購入される方も放送日時と放送局を記載する際に参考にしてもらえたらと思います。 各商品の放送予定時間は随時更新していきます。 放送30分以内でなくてもクーポンゲットで安くなる商品 こちらのページからダイレクトテレショップに行くことで放送30分以内でなくてもクーポンを使用することで価格が安くなります。 下記のように放送日時と放送テレビ局を選ぶだけなんです! 放送日時は10分前、20分前、30分前というたった3つの項目から選びます。 放送テレビ局は BS日テレ BSTBS BSアサヒ BSフジ BSジャパン BSその他 地上波各局 CS各局 から選ぶだけですのでもし東京に住んでいて大阪で放送されている時間帯であれば地上波各局という項目を選べば放送終了後の30分以内の割引サービスを受けることができます。 地上波ならどこでもいいんですね^^ ダイレクトテレショップの公式サイトでは割引が適応されるページと適応されないページがありますが、こちらのWEBからですと上記の商品は皆割引が適応されたページに行きますのでご安心ください。

次の