肺炎 は うつる のか。 肺炎ってうつるの!?風邪と思っていたら肺炎だった!

肺炎になるとどうなるの?

肺炎 は うつる のか

スポンサーリンク 肺炎といえば日本人の死亡原因の4位に位置する恐ろしい病気ですが、風邪をこじらせてしまったり、人からうつることも多く、割と身近な病気であるといえます。 まず、肺炎には大きく分けると 細菌性、 ウィルス性、 マイコプラズマの3種類があります。 細菌性は比較的症状が重く、高熱がでたり激しい咳をともない、子どもや高齢者がかかると入院しなくてはならない場合も多くあります。 ウィルス性は比較的症状が軽いのが特徴で、咳や発熱、鼻水がでたりしますが短期で治るものがほとんどです。 マイコプラズマもウィルス性同様、症状は咳、発熱、鼻水などで短期で治ることが多いですが咳が続くことがあります。 咳をしていると周りの人にうつるのではないかと心配になりますが、肺炎にはうつるものとうつらないものがあることはあまり知られていません。 スポンサーリンク 風邪をこじらせた肺炎はうつりにくく、 マイコプラズマやインフルエンザによるものはうつりやすい肺炎です。 感染経路は咳やくしゃみ、空気感染がほとんどなので、流行時にはマスクの着用や手洗いうがいを心がけることで感染のリスクを減らすことができます。 日ごろから栄養や睡眠をしっかり摂り、抵抗力をつけることも重要です。 また細菌やウィルスが体に入ってすぐに肺に入ってしまうわけではなく、一度喉に留まるので、湿度を適切に保ち喉を守ることも予防に効果があります。 喉を守るという点では禁煙も大事なポイントです。 もちろん予防接種も効果があります。 特に高齢者や小さな子どものいる家庭ではワクチンの接種も積極的に検討すべきです。 スポンサーリンク.

次の

肺炎で会社は休めない時はどうする?うつるから診断書あればOK?

肺炎 は うつる のか

うつりやすい肺炎とうつりにくい肺炎の違い! 肺炎というと、すぐ「死」に直結するような病気のイメージを持つ人は少ないのではないでしょうか。 咳や発熱が長く続いて病院へ行ったところ肺炎と診断され、抗生物質を処方されて大人しく寝ていれば、割とすぐに快方に向かうと思っている方も多いと思います。 しかし、 肺炎は日本人の死亡原因の4位という位置におり、さらに高齢者においては死亡原因のトップとなっています。 肺炎はとても身近に「死」を考えさせられる病気だということが、これらの結果から改めてわかりますよね。 さらに肺炎は自分が患っても人にはうつすものではないと思っていませんか? 実は 肺炎の中には、人に うつしてしまうものもあります。 それを知らずにいると、あなたも誰かに肺炎をうつしてしまうことになってしまうのです。 風邪が原因の肺炎や、誤嚥が原因である場合はうつることはありませんが、インフルエンザやマイコプラズマ、肺炎球菌によるもの、以前に世界中で爆発的な感染者を増やし、人々を恐怖に陥れたSARSは人から人への感染があります。 また、肺炎球菌は若くて健康な体の時は菌を保有していても発症しませんが、免疫力が落ちると発症の恐れがあります。 特に高齢者と子供は注意が必要です。 まとめ 咳や発熱、倦怠感があり「風邪かな?」と思いつつも、それをこじらせた覚えがないのに症状が酷くなっていく場合は、肺炎を疑うのがよいかも知れません。 勿論、必ずしも肺炎だというわけではなく気管支炎などの可能性もありますが、風邪と大きく違うのは症状が長く強く出ること。 肺炎は人にうつすかも知れないという意識を持って、早めに病院へ行きましょう。 肺炎に関する記事.

次の

肺炎はうつるってほんと?!知っておきたい「肺炎」の種類と感染有無

肺炎 は うつる のか

家族の一人が 肺炎にかかってしまった時、 または子どもがよく遊んでいる友達が肺炎になったことを知った時、 患者のことを心配しつつ気になるのは他の人に うつる危険があるかどうかです。 肺炎には 潜伏期間がありますから、 その間に接触していたためにうつっているかも? または家族に広がってしまうかも? という 心配があります。 photo-ac. photo-ac. 風邪をこじらせると肺炎になることがありますし、 高齢者の方などは誤嚥から肺炎になることもあります。 また、薬やカビ、アレルギーの影響で肺炎になることもあるのですが、 こういった肺炎は人にうつる可能性は ほとんどありません。 その反対に人にうつりやすい肺炎は、 肺炎の患者がする 咳から広がります。 咳の中にはウイルスや細菌が入っており、 周りの人が呼吸をするときに そのウイルスや細菌を吸い込んでしまうことで 広がっていきます。 人にうつりやすい肺炎は、 インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、 そして 肺炎球菌や SARSです。 photo-ac. 肺炎に感染した場合の 潜伏期間はどのぐらいなのでしょうか。 肺炎に感染した場合の潜伏期間は、 マイコプラズマ肺炎を例にあげますが 2週間から3週間と非常に長い期間となっています。 その中で人にうつす危険のある時期は、 発症の8日前からです。 潜伏期間中に肺炎かもしれないと思われる症状が出れば用心できるのですが、 残念ながら潜伏期間中には特に何かの症状が現れることはありません。 症状がなければ 感染したことに気が付かないことが多いですから 潜伏期間中の患者から新たな患者が生まれてしまうことは多いです。 肺炎のウイルスは濃厚に接触する機会が多いほど感染しやすいですから、 特に一緒に暮らしている家族間では 知らない間に広がって続けて 肺炎になってしまうということはよくあります。 会社や職場の場合は濃厚に接触することがありませんから肺炎は広がりにくいのですが、 学校や幼稚園、保育園に通っている子どもたちは お互いに接触が多いことから肺炎にうつされてきます。 その後、肺炎にかかった子どもを 看病している母親に 肺炎がうつるというパターンはよくある形です。 子どもが学校などからもらってきた肺炎が広がって、 最後には家族全員が肺炎になってしまうということにはならないように、 子どもの様子が少しおかしかったり、 すでに家族の誰かが肺炎になっている場合は、 マスクや手洗い、うがいなど出来るところから用心が必要ですし、 他の人にこれ以上広げないためにも 少しでもおかしいと思ったら すぐに病院に行って調べてもらうことが必要です。 どの肺炎もすべて人にうつる危険があるわけではありません。 しかしうつる肺炎の中でも最も多い マイコプラズマ肺炎などは、 潜伏期間中は自覚症状がなく、しかもその期間が長いことから 流行しやすいです。 風邪がひどくなって肺炎を併発したのであれば人にうつす危険は少ないですが、 風邪を引いていたわけでもないのに 急に肺炎の症状が現れたとしたら、 これは人にうつす危険のある肺炎の可能性が高いです。

次の