行政書士 予備校 おすすめ。 行政書士試験に独学1ヶ月で合格した勉強法・おすすめテキスト

【行政書士試験】合格までの勉強法★全て教えます!!

行政書士 予備校 おすすめ

司法試験、司法書士試験、行政書士試験など多くの資格試験の受験を経験してきましたが、法律系資格に合格するためには、マスターすべき項目がハッキリしています。 「それらを全てマスターできれば合格、できなければ不合格」、資格試験に合格することは、実はとてもシンプルなロジックなのです。 でも一般の資格スクールのカリキュラム体系では、経済的な理由でカリキュラムを全て受講できない受講生もでてきます。 どの資格スクールであっても、「用意しているカリキュラムを全てマスターすれば必ず合格できる」のですが、全てのカリキュラムを継続的に受講するには、多額の受講料を用意する必要があり、しかも、受験に失敗した場合は、翌年も同様に大きな負担を強いられることになります。 こうした従来の体系では、受験生はいつまでたっても、マスターできていない論点を継続的に克服していく「シンプルな学習」ができません。 藤井予備校の「月額制サービス」は、1ヶ月3,480円で藤井予備校のカリキュラムを全て無制限に受講することができます。 これにより金銭的負担が大幅に解消され、全カリキュラムを継続的に受講することが可能になります。 行政書士試験は、正しい法律の学習法を継続すれば必ず合格できる資格です。 多くの受験生がこのサービスを活用し、行政書士合格を手にされることを強く願っています。 藤井 慎哉 「月額制」は、以下の条件に当てはまる行政書士受験生だけの「お得な割引サービス」です。 1 10ヶ月間以上、月額制サービスを継続できる方。 2 紙ベースのテキストではなく、PDFファイルのテキストで行政書士合格に向けた学習が可能な方。 3 ダウンロードした教材の「横流し行為禁止」「再販売禁止」を遵守できる方。 <注意> 10ヶ月経過前の受講解約は可能ですが、その場合、「割引対象外での購入扱い」として返金計算をおこないますので、ご注意ください。

次の

行政書士試験におすすめの予備校(通学)

行政書士 予備校 おすすめ

予備校はこんな人におすすめ 勉強を続ける自信のない人 独学の場合、勉強するもしないも自分次第です。 サボろうと思えばサボれてしまうわけです。 予備校を利用したとしても同じこと、と思うかもしれませんが予備校の場合、独学よりも費用がかかります。 予備校は得られるものも大きいですが、サボればその代償は大きいわけです。 勉強をサボることはお金を捨てることと同じになるので、高い費用を払ったことを考えればそんな気は起こらないでしょう。 自宅で勉強できない人 受験勉強は自宅ですることが多いと思いますが、子供がいたり、スペースがなかったりと勉強する環境がない人もいるでしょう。 予備校によっては個別ブースでDVDなどを利用して講義を受けることができます。 誰にも邪魔されずに自分のペースで学習することができます。 短期合格したい人 予備校を利用したからといって必ず短期合格できるわけではありませんが、独学の場合、勉強の管理を自分でしなければならず、うまくいかなければ勉強が長期化してしまうこともあります。 モチベーションも低下し、最悪の場合、受験をやめてしまうことにもなりかねません。 おすすめの予備校は伊藤塾 行政書士試験対策としても開業の面からしてもメリットの多い予備校ですが、数ある学校の中からどれを選べばよいかわからないという方もいるでしょう。 しかし、どの予備校を選んだからといって大きく失敗するということはないと思います。 どの予備校も受験生が合格できるように日々、研究し改善し続け質の高い講義やテキストを用意し受験生の合格の為に熱い指導を行ってくれます。 その中でも、一番おすすめする予備校は です。 法律業界では知らない人はいないほど有名な学校なので、名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 では、なぜ伊藤塾なのか。 伊藤塾をおすすめする理由を紹介していきます。 伊藤塾は法律系専門の予備校 伊藤塾は司法試験、司法書士試験、行政書士試験、公務員試験といった 法律系資格専門の予備校です。 他の資格も扱う総合的な予備校が多い中、法律系専門の予備校は稀有です。 総合的な予備校の場合、資金や人材の関係上どうしてもその力が分散されてしまいます。 しかし伊藤塾は法律系試験専門の予備校なので、その分野に特化することにより、集中的に資金と人材を投入することができます。 資金と人材を集中して投入できるということは、それだけその分野の研究や対策が打てるということです。 従って、法律系試験を目指すなら数ある予備校のなかでも伊藤塾の右に出るものはいないと言って過言ではなく、伊藤塾をおすすめする最大の理由です。 伊藤塾行政書士OB・OGの会 秋桜会の存在 秋桜(コスモス)会とは、伊藤塾の講座で合格した実務家 1,300人以上が会員となっている伊藤塾行政書士 OB・OG の会です。 こういったOB・OGの会があるということも、伊藤塾をおすすめする理由です 行政書士として成功するには様々なネットワークを形成していくことが大事です。 特に開業当初、大事になってくるのは行政書士同士のネットワークです。 仕事や実務のことを相談しあったり、仕事を紹介しあったりと、そのネットワークを形成しておくメリットが多いからです。 初めは、支部や単位会の研修会や情報交換会などでネットワークを拡げていくことになると思いますが、その取り組みへの力の入れようについては、支部や単位会によって様々です。 なかには、あまり積極的にそうした取り組みを行っていないところもあります。 そうした支部に在籍することになると、なかなか自分でネットワークを形成するのは難しいものです。 そんな、要望に応える形で実現されたのが秋桜会です。 同じ釜の飯を食ったなか、という気持ちもあってか伊藤塾のネットワークは固い絆で結ばれています。 支部や単位会の垣根を超えたネットワークを形成できる、というのも魅力のひとつです。 行政書士の業務は全国どこの依頼を受けても構いませんから、例えば、隣県の行政書士とのネットワークを形成しておくのも仕事に繋がる可能性があるので非常にメリットがあります。 法律家として活躍している人材が多い 伊藤塾は、法律系試験専門の予備校として多くの法律家を輩出してきました。 行政書士のみならず、弁護士、司法書士、公務員といった様々な分野で多くの方が活躍しています。 行政書士は他士業から仕事を紹介されることも多い為、他士業とのネットワークも大事です。 伊藤塾は法律系専門の予備校なので、行政書士の他にも、弁護士や司法書士など他士業の方ともネットワークができることも、おすすめするポイントです。 交流会などでも同じ伊藤塾出身者なら自然と会話も弾むでしょう。 行政書士の業務は他士業との関わりも必要となってくるので、伊藤塾出身の法律家が多いということも自身の活動において、大いに役立つと思われます。 個別指導 伊藤塾では「個別指導」を重視し、校舎担任制を採用しています。 これは 教室受講でもweb受講でも、どちらでもです。 これは受験生にとって非常に大きなメリットです。 担任講師が講義からカウンセリングまで一貫してサポートしてくれます。 講義内容の質問や、受験期間中の不安や悩みの解消まで、的確にアドバイスをしてくれます。 学習方法やスケジュールの立て方なども相談できます。 講師がサポートしてくれるということはもちろん大事なのですが、一番大切なのは 自分のことをきちんと理解してくれている講師がサポートしてくれるということです。 的確なアドバイスをする為には、総合的にその人の事を理解していなければなりません。 伊藤塾では一貫して講師がサポートしてくれます。 これが受験生のモチベーション維持に繋がり、勉強を続けていけるのです。 こういった、身近に相談できる相手がいるというのも伊藤塾をおすすめする理由です。 高い的中率 伊藤塾は本試験の的中率がとても高いです。 過去には、本試験において模試と同じ内容の問題が57問中52問出題されたこともあります。 法律系試験専門の予備校である強みがここにも活かされています。 本試験を徹底的に分析、研究し、講義やテキストなどに反映させています。 法律系試験専門であることから、その分析力は他の追随を許さないほどの高さです。 また伊藤塾のテキストは本試験の300満点中260点も的中させる内容になっています。 つまりテキストをしっかりと勉強していれば260点取れるということです。 伊藤塾の模試は、解説も丁寧に掲載されていますので、予備校の利用を考えていないという人も伊藤塾の模試は受験することをおすすめします。 得点に結びつくカリキュラム 行政書士試験合格において必要なのは、合格基準点を上回るよう得点することです。 つまり、知識を持っていても、いざ試験でその知識を発揮できなければ意味がありません。 試験において得点する為には、アウトプットできるように訓練することです。 試験に失敗するひとつの要因として、このアウトプット不足が挙げられます。 特に予備校や通信講座を利用していない独学の受験生などの場合、どうしてもインプット中心の勉強になりがちで自身でバランスをとってアウトプットを行うことが、なかなか困難です。 伊藤塾では、講義やテキストなどによるインプットと、問題集や演習などでのアウトプットを繰り返す「スパイラル学習法」を導入しています。 これにより、アウトプットの訓練ができ学んだ知識を自然に定着させ、試験でもその知識を発揮させることができます。 段階的に組まれた学習カリキュラムにより勉強した知識を徐々に、しかも確実に定着させ試験で得点できるよう実践的な知識へと変えていきます。 合格後を考えた取り組みを行っている 伊藤塾には、他の予備校にはない合格後を考えるという理念があります。 資格というものは取って終わりではなく、むしろ資格取得したときがスタートです。 単に試験に合格するだけでなく、真の法律家として活躍していくためのプログラムが伊藤塾にはあります。 私はこの理念とその取り組みに対して心から共感します。 試験に合格することはもちろん大事ですが、本当に大切なのは合格後に行政書士として羽ばたいていくことだと思います。 しかも、こういった取り組みは行政書士試験合格後のみならず合格前にも行われ、受験生に合格した後を具体的にイメージしてもらい、それを実現するために今何をすべきなのかを考えてもらうために様々な取り組みを行っています。 行政書士試験合格の為だけの指導ではなく、法律家としての人材育成を理念としているところも伊藤塾をおすすめする理由です。 まだあるおすすめ予備校 LEC東京リーガルマインド LECは大手総合資格予備校です。 行政書士試験などの法律系資格だけでなく、簿記・会計系や福祉・医療系、不動産系など様々な資格に対応しています。 LECは本校と提携校を含め、全国展開しています。 日本全国津々浦々というわけではありませんが、主要都市はもちろん地方にも展開しています。 模試を受ける際は自宅ではなく、教室など会場で本番さながらで受けた方が良いので近くに校舎があると助かりますね。 また有名な講師である横溝慎一郎先生が在籍しているのがLECです。 大手資格学校だけあって他にも多くの優秀な講師陣が在籍しています。 資格学校TAC TACもLECと並ぶ大手総合資格予備校で全国各地に展開してます。 市販テキストで人気の「合格革命」シリーズを出版しているのがTACです。 予備校の活用法 予備校の活用法としては通学や講義だけではありません。 模試 予備校の模試は是非、活用して欲しいと思います。 各予備校では本試験を研究して、できるだけ多く的中させることに取り組んでいます。 なので、予備校を受講しない人も模試だけは受けておくことをおすすめします。 単科講座 予備校の受講コースはセットになっているものが一般的ですが、単科講座や科目別講座などもあります。 記述式や一般知識など、苦手分野を中心に個別で受講する活用法もあります。 最短で合格したいという人は、こういった講座を利用していくと良いでしょう。 様々な情報が流れていますので、色々と悩むこともあると思います。 しかし、そこに時間をかけ過ぎるのは非常に勿体ないです。 失敗を恐れていては何も始まりません。 失敗を恐れて何も始めないことこそが失敗であると私は思います。 自分の判断を信じて、勇気を持って一歩踏み出しましょう!.

次の

行政書士通信講座・予備校比較

行政書士 予備校 おすすめ

1.合格者が最も多い学校 合格者が多いということはその専門学校に行けば合格の可能性は高くなり、また合格者が多ければ多いほど多くの方が利用しているということになります。 そして、合格者が最も多いのが伊藤塾です。 伊藤塾は合格者の50%以上を占有していることから、「合格可能性」で考えるのであれば伊藤塾を選ぶのがいいでしょう。 伊藤塾に次いで多いのはLECですが、ツイッターによる司法書士合格者アンケートではLECが最も多い結果となっている事からLECは伊藤塾にも負けていないといえるでしょう。 2.講義は分かりやすいか? LECは入門者にも定評がある分かりやすい講義を実施しており、法律の勉強が初めての方でも嫌にならずに勉強を続ける事ができるでしょう。 3.講座・コースは充実しているのか? 合格者が多い専門学校はそれだけ講座やコースにお金をかけることができます。 アウトプットに特化した講座や受験経験者が苦手としている講座などが充実している事になります。 ただ、1つのコースだけであっても合格者を出している学校もあるので一概には言えないところもあります。 この点においても 伊藤塾は司法書士の専門学校で最も多種多様な講座を用意しています。 ただ、この3つの視点で選ぶと 講座代がどうしても高くなってしまい経済的に厳しいという方もいらっしゃるでしょう。 そこで、ここでは「 費用が安いランキング」と「 おすすめのランキング」の2つのランキングを紹介します。 ただ、 安い場合はそれ相応の理由があり、それを許容する必要があることは知っておかなければなりません。 安くてみんなが合格しやすい学校があればみんなその学校に行くはずです。 下記にて2つのランキングを紹介しますが、学校は通学と通信の2種類があります。 司法書士におすすめの専門学校ランキング 1.「受講料が安い」専門学校ランキング 受講料が安い順のランキングとなります。 インターネットの場合は1回の授業で多くの受講生に対して配信することができるため、学校側も費用を抑えることが可能です。 そのため授業料金は 大手と比較すると半額以下となっており、また通信の場合は学校に行く 手間をかけないメリットやいつでも 聴きたいときに視聴できるという2つのメリットもあるなど安さだけでなく 受講しやすいのも魅力です。 料金から選ぶとなると大手である伊藤塾やLEC以外ということになるでしょう。 そうすると、アガルート、ユーキャン、資格スクエアの3つから選択する事になりますが、通信講座で有名なユーキャン以外のアガルートや資格スクエアといった学校についてはご存知のない方もいらっしゃるでしょう。 そこで、受講料金が安い3校について学校の特長等を見てみましょう。 また、3校とも 通信に特化した専門学校となっています。 ユーキャン ユーキャンの司法書士講座は最近新しく出来たばかりであり、また司法書士という難関資格において 動画等なしで学習をするとなるとユーキャンでも勉強は厳しいものがあるでしょう。 資格が難しいほど講師の動きを見ながら勉強をすることで五感が刺激される事で 理解や記憶の定着といったものも大きく異なってくるでしょう。 現時点においては実績が乏しい事から現時点においては見送ったほうが無難かと思いますが、多くの受講生が利用することで講座の内容も変わってくるかもしれません。 ただ、過去において例えば行政書士の資格をユーキャンの講座で学習をして合格したというのであれば、あなたはユーキャンの講座があっているのでユーキャンを候補の1つにいれるといいでしょう。 アガルート 現在伸びている専門学校で特に 難関資格に強い専門学校として有名です。 また、最近は知人やツイッターなどでもアガルートの教材を利用している方を見かけるようになりました。 ただ、利用しているのは行政書士の受講生であり、司法書士受講生はほとんど見かけないのが現状となっています。 資格スクエア こちらも伸びている専門学校であり、上記2つの違いは 法律に特化した専門学校だということです。 資格スクエアが特に強いのは国内最難関の司法試験であり、多くの受講生が利用しています。 また、評判もかなりいいですね。 法律に強い特徴を持っており、また書店においても資格スクエア代表の 鬼頭氏の書籍も多くあります。 司法書士の専門学校で安さを重視した場合、資格スクエアは他校より頭2つくらい抜け出ているといってもいいでしょう。 その理由は2つあり、1つは講義視聴中は通常講義録・レジュメを使用しますが、資格スクエアは講義を視聴しながらパソコン・スマホなどを使って講義録・レジュメにマーカーや追記などを入れる事で自分だけの オリジナルレジュメを作る事ができます。 ちょっとしたことのように感じるかもしれませんが、今後何度も見ることを考えると理解や暗記において 非常に有用になります。 そして、もう1つはアウトプットの強化です。 そして、この解答の仕方によって次出題される問題が異なってきます。 苦手な問題・理解していない問題が重点的に出題されるようなシステムになっており、何度もそのような問題に触れる事で苦手な問題をはっきりと認識する事ができるようになります。 早期発見によってテキストを何度も繰り返し見たりすることでバランスよく勉強をする事で合格へ確実に進むことができるようになっています。 司法書士試験の択一式問題は基準点が非常に高いのであいまいな知識のまま直前期を迎えてしまうとその年の合格はほぼないと思った方がいいでしょう。 択一式で高得点を取るためには早い段階から正確な知識を身につける必要があります。 その大きな理由は通学講座は通信講座より合格率がかなり高いからです。 どれを選んでいいのか分からない方は・・ 通学できるのであれば必ず通学講座にしましょう。 また、事情(通学圏内にないなど)によってどうしても通学できないというのであればやむを得ず通信講座を選ぶという事になります。 そして、 金銭的に無理でないのであれば伊藤塾やLECを選択するのがいいでしょう。 どうしても厳しいという方は資格スクエアを選ぶといいでしょう。 専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

次の