コード ギアス r2 打ち 方。 コードギアスCC(シーツー)

コードギアスR2 打ち方・リール配列【最速ボーナス察知手順】追記

コード ギアス r2 打ち 方

8 ・リベリオンアタック時ART突入率 ・リベリオンアタック時ART突入率に設定差あり ・レア役、ボーナス成立時に書き換え抽選あり 設定 当選率 当選率(全込み) 1 21. 9% 30. 4% 2 22. 7% 31. 2% 3 24. 2% 32. 5% 4 27. 0% 35. 0% 5 30. 1% 37. 8% 6 32. 8% 40. 3% ・ART直撃当選率 ・ART直撃当選率に設定差あり 設定 通常時 高確時 1・2 0. 8% 1. 6% 3・4 1. 2% 3. 1% 5・6 1. 6% 4. 2 ・ART引き戻し ・ART引き戻し当選率に設定差あり 設定 当選率 1 12. 5% 2 13. 3% 3 14. 1% 4 15. 6% 5 17. 2% 6 18. 図柄狙い、中リール適当押し 【対応役:チェリー・チェリーチャンス目】 ・右リール中段にC.C.

次の

コードギアスR2 CCver.スロット新台解析、攻略、天井ハイエナ、ボーナス重複、小役確率など

コード ギアス r2 打ち 方

ver(Aタイプ)」の打ち方はこちらでまとめていきます。 「コードギアスR2 C. 打ち方解説 ・ハイパーBIG、ノーマルBIG中は技術介入に成功することで最大枚数を獲得可能。 ・MB中は技術介入に成功することで設定示唆演出が発生する場合あり。 ・RT中にギアスマークが出現した際に適当打ちすると、パンク役が入賞してRTが強制終了してしまう可能性あり。 通常時の打ち方 1. 中段チェリー停止時は、中・右リールに 白7狙い。 角チェリー停止時は中リールを適当打ちし、右リールには 赤7を狙う。 上段スイカ停止時は中リール、右リールともに 白7を目安にしてスイカ狙い。 中段スイカ停止時は中リールに 白7狙い。 スイカテンパイ時は右リールにも 白7を目安にしてスイカ狙い。 スイカ非テンパイ時は右リールに 赤7狙い。 下段白7停止時は、中・右リールは適当打ち。 絵柄の下側」・・・リーチ目 右チェリーの取りこぼしに注意 新台の「コードギアスR2 C. ver」のレア小役獲得手順は上記の通り。 左リールに角チェリーが出現した場合は中リールを適当打ちしつつ、右リールには赤7を目安にしてチェリー狙い。 角チェリーは左リールではなく、 右リール枠内に停止した場合に払い出しが得られるため、しっかりと目押しをするクセを付けておいてくださいね。 ボーナス成立を察知したら、右リール下段付近に 白7を狙う。 上段に青7が停止したら、左リール下段にチェリー上の 白7をビタ押しする。 左リール下段に青7が停止して青7がテンパイしたら、中リールには 青7を狙う。 左リール上段に青7が停止したら、中リールには 青7を狙う。 左リール上段にスイカが停止したら、次ゲームで 手順4以降の打ち方を実践する。 中リール中段に 赤7狙い。 中段に赤7が停止したら、左リール下段にも 赤7を狙う。 左・中リールに赤7がテンパイしたら、右リールにも 赤7を狙う。 左リール上段に白7が停止したら、右リール下段に 青7を狙う。 4コマスベって左リール上段に青7が止まった場合は青7MBとなるため、中リールにも青7を狙えばOKです。 また、右リール下段に白7が止まらず青7が上段までスベってきた時は、今度は左リール下段に白7をビタ押しします。 そして、4コマスベって左リール下段に青7が止まった場合は青7BIGとなります。 なお、右リール下段に白7が止まって左リール上段にスイカが止まった場合は、手順4以降の打ち方を実践してください。 ボーナス中の打ち方 【ギアスBIG中】 ・全リール適当打ちで消化。 【ハイパーBIG・ノーマルBIG中】 1. 11枚役獲得後は順押し適当打ちで消化。 ver」は、 ギアスBIGを除いた全てのボーナス中に簡単な技術介入要素が盛り込まれています。 RT中の打ち方 1. 基本的には通常時と同じ打ち方で消化すればOK。 押し順ナビ発生時はナビに従って消化。 絵柄を狙え! 」カットイン発生時はナビに従いつつC. 絵柄を狙う。 白7を狙ってパンク役入賞を回避 RT中の打ち方に関してですが、基本的には通常時と同じ打ち方で消化すれば問題ありません。 押し順ナビや「C. 絵柄を狙え! 」カットインが発生した場合は、画面の指示に従って消化しておきましょう。 RTを消化するにあたって注意しておきたいことは、 入賞することでRTが強制終了する可能性のあるパンク役の存在です。 ギアスマーク出現時にはパンク役orレア小役成立の合図なので、絶対にパンク役を入賞させてしまわないよう慎重に消化してください!! とは言え、いずれかのリールに白7を狙っておけばパンク役入賞を回避することができるので、 通常時と同じようにしっかりと白7を狙って消化している限りはパンク役が入賞してしまうことはありません。

次の

コードギアスR2 打ち方・リール配列【最速ボーナス察知手順】追記

コード ギアス r2 打ち 方

有効ラインは中段・右上がり・右下がりの3ラインのみ。 これはとても重要なので必ず頭に入れておきましょう。 一般的な5ラインと違い、上段・下段ラインは無効です。 中リールは中段だけが有効ラインなので、上段まで引き込める範囲で押しても取りこぼしてしまいます。 小役狙いやボーナス最速揃えの際は、これを考慮する必要がありますね。 では次いでリール配列を見てみましょう。 ・左リールは赤7と白7、白7と青7がそれぞれ近い。 ・中リールは赤7と青7が比較的近い。 ・右リールは赤7と白7、白7と青7がそれぞれ近い。 これらが最速揃えのヒントになります。 なお、中リールは青7と白7も近いですが、有効ラインは中段だけなので、両方の7絵柄を1度にフォローすることは不可能です。 手順の途中で小役が揃ったら、同じ手順を再度実践してください。 左リール第1停止の小役狙いでチェリーが停止したら、必ず右リールにチェリーを狙いましょう。 揃いとの同時当選 ギアスBB・ハイパーBB ノーマルBB確定 ロングフリーズ発生時はギアスBB確定で、スイカやC. 揃いとの同時当選は全てノーマルBB以上確定となっています。 スイカやC. 揃いから煽りが始まったら、MBの可能性はナイと覚えておきましょう。 もちろんリプレイが揃ったら、同じ手順をもう1度繰り返しましょう。 なお、ボーナス成立後のリプレイ確率はGRT中のリプレイ確率より低いので、GRT中は逆にハズレが頻発するとボーナスを期待できます。 ここから逆押し小役狙いを紹介していきます。 まずはメリット・デメリットから。 「右チェリー」だということを忘れ、右リールを適当打ちしてしまうのが原因です。 従来のシリーズも右チェリーであれば反応できるけど…もう立派なオッサンですわ。 これから紹介する手順なら、俺みたいなうっかりオッサンでもチェリーこぼしを防げます。 ただし、リプレイの種類は判別不可になるので注意。 現状、判別の必要はなさそうですが、もし「ギアスリプレイの同時当選確率に設定差が判明」なんてことになったら、大人しく機種ページの小役狙い手順を実践しましょう。 とりあえず「ラクに打ちたい」という方に向けた手順です。 揃いからのGBB出現率 高設定ほど優遇 RT50G中の無限RT昇格確率 高設定ほど優遇 ベルカウンタ・最上位ケタが奇数(10、30、70など)時 カード表示抽選 設定 基本カード 合算 チャンスカード 合算 1 75. 7 8. 0 9. 3 9. 2 10. 0 11. 2 12. 4 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 - 1. 12~ 99. 6 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 - - 11. 8 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 - - 100. 9 ボーナス期待度 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 1 0. ゼロ部屋演出 7. ルーレット演出 34. 図柄が揃った場合はBB濃厚 C.

次の