鬼滅の刃 193 ネタバレ。 最新ネタバレ『鬼滅の刃』192

鬼滅の刃193話ネタバレ考察!十三の型は無惨に通用しない?

鬼滅の刃 193 ネタバレ

鬼滅の刃193話のネタバレ ヒノカミ神楽の技が六つ繋がる の姿を見て「死の淵を垣間見た生き物はより強靭になると私は知っている」「炭治郎も死の淵で扉を開いたわけか」とは考えるが、それでも「には遠く及ばない」と考えており、まだ余裕を見せている。 では、ヒノカミ神楽の十二の技を一つずつ繋いでいく技だということが明らかになりましたが、炭治郎はようやくヒノカミ神楽の技を六つまで繋げることができるようになっていた。 しかし、それを実行するのは想像を絶するほどの負担を体に掛けており、炭治郎は四肢が引きちぎれるほどの痛みを感じていた。 必死で攻撃を続ける炭治郎だが、すでに技の精度が落ちており、もすぐに元に戻ってしまうほどに消耗してしまっていた。 無惨は9千年老いていた!? すでに消耗し切っている炭治郎だが、無惨にも異変が生じていた。 炭治郎の動きが精彩を欠いているにも関わらず、依然として炭治郎にトドメを刺せていないことを疑問に感じていた。 実は無惨の動きも遅くなっていた。 無惨は「人間に戻る薬を吸収させたに原因がある」と考え、無惨の中に残る珠世の細胞に問い質すことに。 当然珠世が無惨に素直に答えを教えるわけもなく、無惨は珠世の細胞に残る記憶を読み取り真相を探っていく。 珠世の記憶を辿ると、無惨が吸収した薬は複数のかけ合わせで作られていることがわかり、一つは人間に戻る薬、もう一つは老化の薬だということが明らかになった。 無惨が吸収した薬はなんと一分で五十年老化させることが可能な効果があり、この戦いの中で無惨は老化し続けていたのであった。 ただ、無惨は老化の進行を食い止めることに力が割かれ、柱や炭治郎になかなかトドメを刺し切れずにいたことがわかった。 老化の薬は3時間以上は作用しているので現在無惨は実に9千年老いており、頭髪が白くなっているのも老化が進行している証拠だった。 そんな無惨を尻目に、炭治郎はヒノカミ神楽の技をついにすべて繋ぎきることに成功する。 後はこれを夜明けまで続けることができれば炭治郎の勝ちです。 まとめ 以上、鬼滅の刃193話のネタバレでした。 今まで無惨の圧倒的強さを見せつけられてばかりでしたが、ついに無惨にも陰りが見えてきました。 ただ、炭治郎も完全に限界がきてしまっているようなので、そこがどう影響してくるのか気になるところです。 また、柱はどうなってしまったのでしょうか??もしかして死亡してしまっているキャラもいるのでしょうか??その状況も気になるところではあります。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』192

鬼滅の刃 193 ネタバレ

鬼滅の刃193話のネタバレ ヒノカミ神楽の技が六つ繋がる の姿を見て「死の淵を垣間見た生き物はより強靭になると私は知っている」「炭治郎も死の淵で扉を開いたわけか」とは考えるが、それでも「には遠く及ばない」と考えており、まだ余裕を見せている。 では、ヒノカミ神楽の十二の技を一つずつ繋いでいく技だということが明らかになりましたが、炭治郎はようやくヒノカミ神楽の技を六つまで繋げることができるようになっていた。 しかし、それを実行するのは想像を絶するほどの負担を体に掛けており、炭治郎は四肢が引きちぎれるほどの痛みを感じていた。 必死で攻撃を続ける炭治郎だが、すでに技の精度が落ちており、もすぐに元に戻ってしまうほどに消耗してしまっていた。 無惨は9千年老いていた!? すでに消耗し切っている炭治郎だが、無惨にも異変が生じていた。 炭治郎の動きが精彩を欠いているにも関わらず、依然として炭治郎にトドメを刺せていないことを疑問に感じていた。 実は無惨の動きも遅くなっていた。 無惨は「人間に戻る薬を吸収させたに原因がある」と考え、無惨の中に残る珠世の細胞に問い質すことに。 当然珠世が無惨に素直に答えを教えるわけもなく、無惨は珠世の細胞に残る記憶を読み取り真相を探っていく。 珠世の記憶を辿ると、無惨が吸収した薬は複数のかけ合わせで作られていることがわかり、一つは人間に戻る薬、もう一つは老化の薬だということが明らかになった。 無惨が吸収した薬はなんと一分で五十年老化させることが可能な効果があり、この戦いの中で無惨は老化し続けていたのであった。 ただ、無惨は老化の進行を食い止めることに力が割かれ、柱や炭治郎になかなかトドメを刺し切れずにいたことがわかった。 老化の薬は3時間以上は作用しているので現在無惨は実に9千年老いており、頭髪が白くなっているのも老化が進行している証拠だった。 そんな無惨を尻目に、炭治郎はヒノカミ神楽の技をついにすべて繋ぎきることに成功する。 後はこれを夜明けまで続けることができれば炭治郎の勝ちです。 まとめ 以上、鬼滅の刃193話のネタバレでした。 今まで無惨の圧倒的強さを見せつけられてばかりでしたが、ついに無惨にも陰りが見えてきました。 ただ、炭治郎も完全に限界がきてしまっているようなので、そこがどう影響してくるのか気になるところです。 また、柱はどうなってしまったのでしょうか??もしかして死亡してしまっているキャラもいるのでしょうか??その状況も気になるところではあります。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』193

鬼滅の刃 193 ネタバレ

スポンサーリンク 縁壱の日の呼吸の型 重傷を負って意識不明となっていた炭治郎。 愈史郎の手当を受けて目覚めるまで、先祖である炭吉の記憶を夢で見ていました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 炭吉一家を訪れていた縁壱は、炭吉夫妻の前で日の呼吸を披露します。 妻のすやこが見たいとせがんだからです。 炭治郎は、炭吉の記憶を通して縁壱自身の日の呼吸の型を見ることができたのでした。 ほんのわずかな手首の角度の違いや、足の運びの違い、呼吸の間隔。 「正解の形」を実際に見ることで、伝え聞いているだけでは気づかなかった自分の無駄な動きの修正に役立ったのです。 日の呼吸の型は息を忘れるほど綺麗だったといいます。 剣をふるう時、縁壱は人ではなく精霊のように見えました。 あまりにも美しく、後に神楽として受け継がれた理由がわかると炭治郎は感じていました。 スポンサーリンク 炭吉一家の元から去る縁壱 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 数日間滞在したのでしょうか、やがて縁壱はまた旅立っていきました。 炭吉はまた遊びに来てほしいと言いますが、縁壱は黙って別れ際に耳飾りを渡します。 そのことで、もうここには来ないのだと悟る炭治郎。 炭吉も同様に思っていたようで、遠ざかっていく縁壱の物悲しい後ろ姿に向かって叫びます。 後に繋ぎます! 貴方は価値のない人なんかじゃない!! 何も為せなかったなんて思わないで下さい この耳飾りも日の呼吸も後世に伝える 炭吉が叫んだ言葉と全く同じことを炭治郎も考えていたからか、一瞬炭吉の顔が炭治郎と重なりました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 その言葉を、縁壱は「ありがとう」と受け取り、笑顔で去っていきました。 炭治郎は、自分たちの祖先を助けてくれた縁壱に、自分のほうこそありがとうと伝えたいと思っています。 縁壱がいなければ炭吉一家も鬼に殺されていました。 そうしたら、炭治郎も生まれてくることはできなかったのです。 そして、鬼の珠世を信じて逃がしたからこそ、今無惨を追い詰めることができている。 スポンサーリンク 十三番目の型の秘密 十二個の型は驚くほど正確に伝わっていました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 円舞 碧羅の天 烈日紅鏡 幻日虹 火車 灼骨炎陽 陽華突 飛輪陽炎 斜陽転身 輝輝恩光 日暈の龍・頭舞い 炎舞 縁壱が炭吉夫婦に見せた技はこの十二個だったのです。 かつての炎柱が縁壱から聞いた十三個めの型とは何だったのか? 型自体に十三個目はなかったのでしょうか? 炭治郎は、型の名前で気になっていたことがありました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 「円舞」と「炎舞」。 どちらも「えんぶ」と読みます。 同じ音の技名。 そして父炭十郎の言葉「正しい呼吸ができれば炭治郎もずっと舞える」 夜明けまでヒノカミ神楽を舞いつづけていた父・・・ そして今、改めて無惨の体のつくりを見て炭治郎は確信します。 日の呼吸の十二の型は繰り返すことで円環を成し、それ自体が十三個めの型となる!! スポンサーリンク 十二の型全てを繋ぐ!! これはつまり、無惨の攻撃をくぐり抜け、脳と心臓を夜明けまで斬り続けるということ。 円舞と炎舞でつながって、夜明けまで絶え間なく技を出し続けるのです。 これは・・途方もないことです!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 炭治郎は自ら、自分は縁壱や父炭十郎のような才覚はないと思っています。 しかも今は重症の身で、夜明けまで命がもつかどうかもわからない。 さらに無惨は、不利とわかれば体をバラバラにして逃亡することもわかっています。 それをどう阻止するか? 縁壱でさえできなかったことを、自分ができるのだろうか。 それでも炭治郎は、今自分にできることを精一杯やると、心を燃やします。 自分を鼓舞し、無惨に戦いを挑みました!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 無惨は、日の呼吸の型を正確に再現する炭治郎が縁壱と重なり 「亡霊が・・・!!」と叫びます。 先ほど柱たちを全滅させた時と同じ攻撃を炭治郎にもしかけました!! 傷を受けながらも即座に攻撃を見破る炭治郎。 みんながやられたのは、背中の九本の管と両腕以外にも八本の管を腿から出して高速で攻撃したからだと知ります。 立て続けにヒノカミ神楽の型を出す炭治郎。 そして、やっぱりつながる、そういうふうにできていると改めて確信したのです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 「繋ぎます 次は十二の型全てを」 次号に続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 192-193 話のまとめ 家族を亡くし、鬼狩りからも追放され居場所を失った縁壱。 温かい炭吉一家に滞在し、ほんの少し心が癒されたのではないかな、と感じました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 そして「始まりの呼吸」でありながら、後継者がおらず幻となっていた日の呼吸。 当時、縁壱は請われれば誰にでも日の呼吸を教えていたといいます。 にもかかわらず炭治郎の時代に伝わっていないというのは、無惨が後継者をことごとく消していたからでした。 それほどまでに日の呼吸を恐れていたのは、やはり他の呼吸にはないものがあったからだと考えられます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」192話より引用 他の呼吸にないものというのは・・・やはり十二の型すべてがつながるようにできていて、絶え間なく攻撃を続けられるという点でしょうか? それがすなわち「十三番目の型」。 しかし、この十三番目の型は明らかに体への負担が半端ないです!! 炭治郎自身も感じていますが、夜明けまで炭治郎の体が持つのかどうか、心配です!! これまで炭治郎の数々のピンチを救い、共に戦ってきた禰豆子。 今回も、必ず炭治郎のピンチを救ってくれると信じています。 禰豆子!!早く来て!!.

次の