スプラトゥーン2 かくれんぼ ルール。 【スプラトゥーン】かくれんぼのルールとオススメ隠れ場所一覧!【その1】

スプラトゥーン2

スプラトゥーン2 かくれんぼ ルール

射程も中距離程度までは届くため、 敵の短射程武器には一方的にキルを狙うことができます。 スライド中にジャンプをすることでスライドをキャンセルすることができる、ジャンプキャンセルというテクニックも存在し極めることで圧倒的に対面に強くなれます。 多少難度の高い武器ですが、慣れるとブラスター以外の ほとんどの短射程武器に対して有利に戦うことができるほか、敵遠距離武器に対しても傘を開いて敵のヘイトを稼ぐことで味方後衛にキルチャンスを与えることができます。 基本的には中衛で味方のカバーをしながら、インクアーマーをあげる動きが強力です。 抑えの際には、 塗り広げを意識してインクアーマーをためましょう。 理論値が出せるなら最強クラスの武器ですが、実際はかなり練度が必要で敵の隙を絶対に逃さないエイムと視野の広さが求められます。 サブのスプラッシュシールドとスペシャルのキューバンボムピッチャーも相性が良く、 シールドを置いてからボムピッチャーを吐くことで安全にボムピッチャーを吐き切ることができます。 二つのモードを使いこなすことで多くの役割をこなすことができる点で非常に強力です。 スペシャルのアメフラシも比較的どんな使い方をしても強い使いやすいスペシャルなので、初心者にもおすすめできます。 最強武器ランキングの選定基準 5つのルールを平均化して評価 当サイトの最強ランキングは、武器の評価を「ナワバリバトル」「ガチホコ」「ガチエリア」「ガチヤグラ」「ガチアサリ」の5つのルールで評価付けし、その評価を平均化した総合評価となっております。 各ルール毎のランキングは下記のリンクからご覧になれます。 関連リンク 総合ランキング 最強おすすめ武器ランキング ルール別最強武器ランキング• 掲示板 雑談コミュニティ• 対戦・協力コミュニティ• 速報・最新情報 アプデ・新要素の速報• amiiboの最新情報• フェスの最新情報• ランキング ルール別• 武器種別• オクトエキスパンションの攻略情報• お役立ち情報• お役立ち情報人気記事• 基本操作方法• テクニック集• アイテム・ポイント稼ぎ• 武器ごとの基本操作• 武器ごとの立ち回り方• オンラインプレイ関連• その他お困りの方へ• メンテナンス・エラー関連• ブキ(武器) メインウェポン• サブウェポン• スペシャルウェポン• その他武器情報• ギア おすすめのギア• 部位別の一覧• ブランド情報•

次の

スプラトゥーン鬼ごっこルール:SIGUMAのブロマガ

スプラトゥーン2 かくれんぼ ルール

普通のバトルが少しマンネリ化してきたら、フレンドを誘って かくれんぼで遊んでみましょう。 その際ルールで混乱しないように、 スプラトゥーンかくれんぼの基本ルールをまとめてみました! 記事: かくれんぼ基本ルール ・ プライベートマッチの部屋を作り参加者を集めます。 ・ホスト 部屋を作った人 は鬼になるイカを1人にしてチームを割り振ります。 鬼を2人以上にした時に参加者が混乱しないよう、 アルファは逃げる、ブラボーは鬼と決めておくと良いですよ。 ・鬼はローラー、バケツ、フデ等 バシャバシャ系ブキは禁止。 ・ ルールはホコを選択。 ホコは割っていもいいですが、持ってはいけません。 ・全員 マップを見るの禁止。 鬼は探す時に サブウェポン、スペシャルウェポンの使用禁止。 ・バトルがスタートしたら、逃げる側 アルファチーム はステージを塗りまくります。 ここでしっかり塗っておくと鬼に見つかりにくくなります。 鬼はみんなの動きが見えないよう後ろを向いて待機。 ・ 残り時間3分になったら鬼スタート。 ステージを塗りながら進み、怪しいところを索敵して隠れているイカを見つけてキルしましょう。 ・見つかったイカはリスポーン地点 スタート地点 から出てはいけません。 ・時間切れまでに全員見つけることができたら鬼の勝ちです。 うまく隠れるコツ 鬼がスルーしそうな通路の角や、鬼が進むであろう方向からは見えにくい物陰に隠れるのがコツです。 あえてあまり塗らないことで素通りさせたり… 塗りは関係のない場所にひそんでやり過ごしたり… 工夫して3分間を乗り切りましょう!ちなみに 隠れる人は一度鬼がスタートしたらその場を動いてはいけません。 オススメかくれんぼ動画紹介 かくれんぼといえばこの方です。 この方のかくれんぼ動画を見るとかくれんぼがやりたくて仕方なくなります! 以上、かくれんぼの遊び方でした。 びっくりするような隠れ場所を見つけて鬼に挑戦すると楽しいです。

次の

スプラトゥーン2

スプラトゥーン2 かくれんぼ ルール

実装済みのステージ一覧• ステージ毎の立ち回りまとめ【簡易版】 チョウザメ造船 チョウザメ造船は、足場の地形が変わりやすく、金網も多いので慣れるまでは事故死しがちなステージです。 ステージの地形変化を利用してうまく立ち回れると理想的です。 ホッケふ頭 ホッケふ頭は、前作同様に中央での一騎打ちが行われるステージです。 敵・味方ともに通り道は2ラインのみなので、敵が前線で戦っている間に、どれだけ裏取りして塗れるか、どれだけ中央の取り合いに勝てるかが重要となってきます。 バッテラストリート バッテラストリートは、注意エリア以外で敵がインクを塗るのが難しいステージとなっています。 そのため、中央は交戦状態になりやすいです。 両サイドの金網を使って裏取りも出来るステージなので、中央部分をなんとしてでも取るようにすれば、勝利することが出来ます。 海女美術大学 海女美術大学は、味方・敵陣に高台があるのが特徴的です。 やはりこのステージも、中央部分の長方形エリアを取れるか取れないかで勝率が変わってきます。 チャージャーが味方にいると強く、有利に立ち回ることが出来ます。 ガンガゼ野外音楽堂 ガンガゼ野外音楽堂は、中央の開けている部分で一騎打ちを重ねていくステージです。 自陣の塗りは絶対に忘れないようにして、あとは中央の攻防戦を制することで勝利できます。 中央が取れなくても、敵が戦いに気を取られているうちに敵陣に回り込んで塗ることで、形勢逆転も狙えます。 基本的に中央は攻防戦になりやすいので、状況に応じて中を攻めるのか、外を攻めるのかを変えていく必要があるステージです。 フジツボスポーツクラブ フジツボスポーツクラブは、かなり癖の強いステージとなっています。 段差が非常に多いため、高低差で負けるとやられてしまいがちです。 塗りをする際は上に注意しながら塗っていくことで、無駄死にを避けることが出来ます。 タチウオパーキング タチウオパーキングは、前作同様に塗り役とキル役で分かれた立ち回りがオススメです。 自陣の道は全て塗っておくことをしておけば、中央部分で塗り勝った時、敵陣を少しでも塗れた時に勝てる確率が上がってきます。 マンタマリア号 中央が広く、見晴らしのいいステージです。 ステージ中央のマスト(柱)を壁にして立ち回る事が多いで傾向にあります。 奥行きのあるステージなので、マルチミサイルやハイパープレッサーが決まりやすいのが特徴です。 エンガワ河川敷 自陣敵陣を確実に隔てるような巨大な遮蔽物がなく、簡単に侵入や裏取りができ、同時にされやすいです。 スロープや小さな段差が多く存在するので、一部の攻撃が当てにくい特徴もあります。 モズク農園 ステージ中に金網ルートが設けられている特徴を持ちます。 イカに慣れず、インクを使わない移動になることから、裏取りされていることに気づいにくいステージでもありますが、金網の性質上、ヒト状態での侵入になるので、裏取りする側にもリスクのあるステージです。 関連リンク•

次の